カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

一時帰国中

お客様・取引先には予めご案内していましたが、今年三回目の日本一時帰国中です。その度毎に用事が多々あり、のんびりと休んでいる場合ではありません。

Img_20171117_130649838Img_20171117_130819526Img_20171117_135605051_hdr1

こちらは合羽橋道具街にある提灯(ちょうちん)問屋さんでの一コマです。画像に見られる提灯は一つ約一万円もするもので、こちらを調達しました。これらを無事持ち帰れば、後日ボゴタ在住の方々は目にする機会がある筈です。お楽しみに。そして右画像は「アメ横」での昼食時の画像です。

Img_20171120_110100105Img_20171120_110204623_hdr1Img_20171120_110435657_hdr1

こちらは所用で出向いた丸の内での光景です。皇居に通じる道沿いのいちょう並木が見事に色付いていました。良い時期に帰ってきたと感動しました。

Img_20171121_1100485861Img_20171121_1102193021Img_20171121_142155227_hdr1

左・中画像は横浜での打ち合わせ時に撮影したものです。左画像は横浜港で、画像をクリックすると拡大します。港には来年6月カルタヘナに寄港する客船「飛鳥II」が偶然停泊していました。この日の打ち合わせはこの飛鳥クルーズに関連するものでした。中画像をクリックすると富士山が見えます。とても素晴らしい姿でした。

この他、コロンビアの観光に関する打合せ・商談に関する事案が多々あり、限られた一時帰国滞在中、多々足を運んでいます。何しろ現在コロンビア国内で常勤している日本人旅行業関係者は唯一私一人という事もあり、お陰様で各所からコロンビア旅行・観光手配に関するお話しを頂いています。その事もあり、私自身に課せられた使命の重さを感じています。

|

コロンビア在住20年

先週は業務出張で国内各地へ出張しました。コロンビアへの日本人来訪者数は決して多くありませんが、昔よりは格段に増えている事を実感しています。

Img_20170716_111148144

そんな中、旅行業という仕事で南米コロンビアへ入国してから20年という節目の日を迎えました。早20年・まだ20年、色々な思いはあります。昨今は多忙な日々の中、あっという間の20年です。偶然と言えばそうなのかもしれませんが、先日某大手総合商社元会長(現顧問)ご夫妻のコロンビア再訪に伴い、二度目のガイドをさせて頂きました。その時ご夫妻に帯同された方、この方こそが私が当地コロンビアで旅行業の仕事を始めて一番最初のお客様でした。まさか20年という時を経て再会するとは思いませんでしたので、非常に驚きました。

私がこの仕事でコロンビアへ渡る前、霞が関にある某所で当地コロンビア情勢を伺った際のコメントは「コロンビアで旅行会社ですか?止めた方がいいですよ」「我々が生きている間にあの国が平和になる事は絶対ありません」という忠告・全否定の言葉に半ば打ちのめされた事を今でもはっきり覚えています。それから20年を経てこの国・コロンビアが現在どのような状況か、それは当地在留邦人の方々であればお分かりの事でしょう。

確かに当時は大変な状況でした。ニュースでは連日ゲリラによるテロ・誘拐などが報じられ、私自身強盗に襲われて額に拳銃を突き付けられて死を覚悟した事もありました。

20年という年月の中で私が胸を張って誇れるのは、この国で一貫して旅行業に従事してきた唯一の日本人である事です。現在もコロンビア国内で常勤している唯一の日本人旅行業者である事に変わりはなく、その点は自分を褒めたいと思っています。

前述の某大手総合商社にお勤めの方(当時コロンビア駐在)に初めてお取引して頂いた事は今でも忘れていません。この地に来てしばらく当地在留邦人の方々に営業をしていましたが、「何だあいつは。胡散臭い奴だ」という感じで全く相手にして頂けなかった期間を経て、ある時目をかけて頂いた方のお取次により段々とお客様が増えていきました。20年の時を経て、現在は忙しい日々を送らせて頂いています。当方・並びに当社ANDES TOURSを御用命頂いています方々。また、過去にお取引頂きました方々へこの場を持ちまして厚く御礼申し上げます。

Img_20170716_131351819Img_20170716_133220579Img_20170716_135026898

数日に及んだ出張を無事に終え、在住20年という節目の日を迎えた事から、お祝いという事でスペシャルランチを頂きました。現在のボゴタには複数の日本食レストランやラーメン店・カレー店その他選択肢が数多くあり、米(カリフォルニア米)・味噌・醤油・納豆その他の日本食材も最低限のものは手に入ります。

昔はそれらの入手が極めて困難で、例えば米などは老舗の某日本食レストランから高値で買うか、若しくは日系人が多いカリから食感が似たような米がボゴタに出回ると買っていましたが、袋の中には小石などが混ざっていたりで大変でした。味噌や醤油その他の食材などは隣国パナマやマイアミなどに旅行したついでに調達した事もしばしばでした。現在首都ボゴタに在留されている方々は、その点では恵まれていると思います。

私が当地コロンビアへたどり着いた当時は独身でしたが、それから後に日本人の妻を伴侶とし、子供にも恵まれました。独身の時には日々の暮らしが大変な上に治安も悪く苦労しました。結婚後もなかなか大きな仕事に恵まれませんでしたが、現在では当地在留邦人のお客様相手の仕事の他、当初10年ほどは全くなかった国外から来訪される日本人の方々の受け入れ手配も格段に増えています。

私にとって20年は単なる一つの通過点です。振り返れば懐かしいですが、状況は常に変わる為、前を向いている必要があります。仕事のスタイルも昔とは全く異なっています。私自身は現在営業をしない事にしていますので、お取引して頂ける方々には極力尽くす・それが私の立ち位置です。コロンビア在住30年目も迎えられるのかは自分にも予想がつきませんが日々有意義に過ごしたい、それのみです。

そして当ブログ「南米コロンビア・雲と星が近い町から」も来年3月で10年を迎えます。南米コロンビアに関するブログで、継続的・且つタイトルを変えずに続けているのは唯一このブログだけではないかと思います。記事自体は自分の勝手な意見・主張その他も盛り込んでいますが、継続し続けている事・これは他の誰にも出来ていない事と自慢できるものです。

これからも一日一日を踏みしめて過ごしていきたいと思います。

|

個人日記・もうすぐ夏

先週まで二週連続してガイド業務がありましたが、この週末はのんびりと過ごしています。とはいえ今週は宿泊を伴うガイド業務がありますので体調には留意しないと。。。当地ボゴタはどうやら雨期が終わりそうで、いよいよ「夏」を迎えます。南米大陸とは言え首都ボゴタは「北半球」に位置していますので(北緯約4度)、いわゆる夏になります。

実は先月からある疾患を抱えていて、医師の話ではストレスが原因ではとの事。自分では全く自覚していないのですが、仕事をしていて時に「これはちょっと厳しいな・・・」という状況も確かにあります。ストレスフリーで過ごしたいのは勿論ですが、お客様があってこその自分の生活です。

私自身のストレス解消法の幾つかは、週末に約2~3時間をかけて家中の掃除をする事、それも休みなしで一心不乱に(笑)ただひたすら無心ですので全てを忘れ、終わって綺麗になった状態で自己満足していますcoldsweats01。そして自己流で料理をする事でしょうか。

Img_20170708_1315177151_2Img_20170708_144548440_hdr1

そんな中ですが、先週は日本製のノートPCを入れたパソコンバッグを肩から掛けて歩いていた所突然肩掛けベルトが外れバッグごと地面に落としてしまい、自宅で立ち上げた所途中以降進まなくなってしまいました。これにはかなり凹みました。型としては古いですが貴重な日本製PCです。怒りのやり場もなく呆然としました。

そこで「ボゴタのアキバ」とも称するPC関係専門のモール・UNILAGO(ウニラゴ)内のノートPC修理専門店に駄目元で持ち込み、診断してもらいました。最初は「うーん、どうかな」という感じでしたので諦め半分でしたが、「ハードディスクの状態をチェックする」との事で依頼した所「大丈夫・HDは生きている」との事で、結果は息を吹き返して戻ってきました。日本製PCはもう一台ありますが、やはり一台だけでは心もとないので助かりました。

これからボゴタに着任予定の方々、UNILAGOでは症状にもよりますがパソコンの不具合に関する修理や付属品などが入手出来ます。修理に関しては店の人間とのスペイン語でのやり取りが必需です。という事でかなり凹んでしまった状況から一転して救われ、突然発生した問題が解消されました。

Img_20170618_2002154971Img_20170708_201325873_11Img_20170708_201355335_21

自分では自覚がないまま時にストレスを溜め込んでいるようですが、食生活には極力気を付けています。現在は一人暮らしの生活を続けている中で、基本は自炊・それも和食中心で自分で作ります。「小料理あらい」メニューの幾つかの画像です。

左から、鶏肉を使った肉豆腐、中画像は偶然豆腐が重なっていますが別の日に作った豆腐とエビ・キクラゲに甜麺醤+豆板醤を加えた炒め物、そして右画像はチリ産生サーモンのアルミホイル蒸しです。これらは調味料である甜麺醤と豆板醤以外は全て当地で入手出来る素材を使ったものです。

ネギは日本のそれに比べて細く香りが強いです。豆腐はおそらく台湾人が作っているらしいとの事でかなり固く、いわゆる冷奴として食するのには不向きですが、熱を加えて調理すると食べられます。そしてチリ産サーモンは生の状態で販売している店舗があります。私はこれをフライパンに水を張り、塩・胡椒をかけてネギを添えてアルミホイルに包んで蒸し、ライムを絞って醤油をかけたものがお気に入りです。

Img_20170709_070941313_11Img_20170709_1026102441

朝食はこんな感じで毎日ご飯・味噌汁が基本の和食です。パンは朝食としては滅多に食べません。南米コロンビア・それも山奥にあるボゴタでの生活ですが、米・味噌・醤油・カットわかめ・納豆などは当地でも手に入ります。納豆はそもそも私が販売店に対して輸入を強く持ちかけて上陸させた経緯があります。そんな事で私は朝晩米食の生活ですので、お米は右画像の50ポンド(約23kg)入りのカリフォルニア米を購入しています。ちなみに日本米は当地では事実上輸入禁止措置が取られています。画像のお米は日本米には当然劣りますが、気にしなければ普通に食べられます。

という事で当地ボゴタでの食生活は最低限何とかなる事をご紹介しました。

|

日本一時帰国中

しばらく更新が滞りました。お客様方や取引先には予めご案内していましたが、出張を兼ねて現在日本滞在中です。三月に続いての一時帰国という事で、今回も僅かな日数での滞在となります。

Img_1894Img_1897Img_1895

ボゴタから東京までは途中経由で飛行時間は約20時間。加えて約6時間の乗り継ぎ待機時間がありますので、ラウンジでシャワーを浴びて体を休める事をここ二回の一時帰国で続けています。今回は前述の通り出張が絡んでいる為、航空券手配の為の予約システム運用やプレゼン用の資料作りも出来るので、空港ラウンジは重宝しています。

Img_1898Img_1900Img_1903

今回も太平洋線は「日本の翼」ANA利用です。出張の成果次第では年内にあと一回以上日本へ一時帰国する可能性もありますので、エコノミークラスで我慢です coldsweats01 とは言えさすが日系航空会社。機内食で焼魚やおかゆが出るなど、食事の内容・味・サービス全般にわたりとても質が高い事に感心します。

Img_1906Img_1907Img_1909

日本語での機内番組も当然内容豊富で、その中で発見してしまったのが我々バブル全盛期世代には不朽の名番組だった「東京ラブストーリー」なぜこの番組が機内で見られるんだ・・・と絶句しながらも思わず見入ってしまい、最終回編では隣の視線を気にしつつ大粒の涙を流してしまいました。成田からの戻り便でも見てしまう事でしょう。

Img_20170525_1057380171Img_20170525_1057554031Img_20170525_1423563601

出張を兼ねてという事で、短い日本滞在時間の成果を残すべく歩き回りました。そのうちの一つが我が母校・・・ではありませんが上智大学訪問です。こちらは既に決定している事案に関しての打ち合わせという事で、コロンビアにおける受け入れ側にもなっている私が直接コロンビアの現地事情等の説明を行いました。

そして横浜にも足を延ばしました。こちらはまだ結果が分かりませんが、少なくとも直接出向いて打合せが出来た事だけでも前進・日本一時帰国した意義がありました。今年は「攻めの営業」を目指しています。

Img_1936_2Img_1935_2Img_1937

一時帰国中、日中は出張絡みでの仕事、夜と明け方はコロンビア側の御客様対応の仕事という事で、時差が絡んでの仕事をしているのでとてもゴロゴロと過ごしている暇はないですね coldsweats01 日曜日に至ってやっとコロンビア側の仕事もなく、のんびりとした朝を迎えました。前回一時帰国の際には枯れていた下草は濃い緑となっていて、時期としては良いタイミングでの帰国です。気候も適度な暑さですね。あと数日、日本滞在を楽しみます。

|

セマナサンタ(聖週間)2017

久しぶりの投稿です。4月に入り、日本では新年度になって生活スタイルが変わった方も多いと思います。私も故あってこの4月から今までとは異なる生活が始まっていて、今後このブログの更新頻度が時々落ちるかもしれません。

今年もまたセマナサンタ(聖週間・復活祭・イースター)を迎え、四連休となります。今年はブラジルを発生源とし流行中の黄熱病がコロンビアにも少なからず影響しています。コロンビア国内では現時点で黄熱病は流行していませんが、予防措置的な理由から中南米の複数の国々からの入国・或いは渡航に際して予防接種証明書(イエローカード)の携帯・提示義務が課せられており、コロンビア国内でも国立公園域内・そして一部地域への立ち入りの際にはやはり必要となっています。昨年もやはりブラジルを発生源として大流行した「ジカ熱」に続き、今度は黄熱病と、なかなか大変です。。。

Img_20170408_110055688_hdr1Img_20170408_1104091361Img_20170408_1111533641

久しぶりに首都ボゴタ最大の市場・パロケマオ(Paloquemao)に行ってみました。ここはボゴタ市内観光ツアーの際に立ち寄る事もあるスポットです。私が独自に企画・催行し始めた時にはまばらだった外国人観光客の姿が昨今ではかなり増えています。

今年から始まった税制改革のあおりでいわゆる消費税率がアップした影響がかなり出ており、市内のスーパーで売っている野菜その他も値上げが続いています。そんな事もあってこのパロケマオ中央市場は以前にも増して活況ではないかと思います。ここでは白菜や大根その他のアジア系野菜も市価より相当安く手に入るのが有難いです。

Img_20170408_110712658_hdr1Img_20170408_1112415601

敬虔なカトリック教徒は聖週間の中でも特に聖金曜日には赤身の肉を食べないというしきたりがある事から、この期間に出回るのが画像のマント・或いは敷物のように見える魚の干物です。タラなどの海の魚もあれば、画像のようなナマズ・若しくは世界最大級の淡水魚・ピラルクなどの干物もあり、その匂いたるや強烈です。四季がない当地ボゴタでこの干物臭を感じると「ああ、セマナサンタだ」と分かります。

Img_1786Img_1787_2Img_1791

私は敬虔なカトリック教徒ではありません。が、魚介類を使った一品と言われればその一つは「たこ焼き」でしょうか。はっきり言ってこじ付けですが(笑)私は関東出身の人間ですが、時にはたこ焼きが食べたくなったりします。さすがにボゴタでたこ焼き器は売っていませんので日本から持ち込む必要がありますが、これさえあれば当地でタコは手に入りますので自分でたこ焼きが作れます。この時はたこ焼きを作りながら画像撮影と慌ただしかったので、大きさや形がバラバラになってしまったのはご愛嬌です coldsweats01

Img_1780Img_1778

昨今では当地ボゴタでも様々な日本食材が手に入るようになってきました。画像はアメリカ産の焼きそばセットです。日本食材取り扱いで有名な某店に試験的に送られたもので試食を依頼されたので頂いてしまいました happy01 粉末ソース付きの焼きそば、味は確かに焼きそばでした(笑)

Img_1782Img_1784

こちらも同じアメリカ製の「たい焼き」レンジでチンするタイプです。お茶と一緒に頂いてみました。。。確かにたい焼きです(笑)こちらの方もごく少量入荷したようですので、ごく一部の方のみに試食して頂き、反応を確認したいようです。たい焼きを食べている間、コロンビアではなく日本にいるような錯覚を覚えました(笑)

このセマナサンタに旅行されるお客様もいらっしゃる為、私は基本的にボゴタ待機か日帰り小旅行程度になります。

|

日本一時帰国を終えてボゴタへ

ちょうど一年ぶりの一時帰国、短い滞在でしたが有意義に過ごす事が出来ました。

Img_20170322_1553182831Img_20170322_1832059631Img_20170321_1514225441

左画像は妻の実家の「ご近所さん」です。ここは都心から電車で一本・一時間以内の場所ですが、まだこのような昔ながらの旧家が残っています。

中画像は大した事ではなく、滞在中に食べた中華料理です。日本はいつでもどこでも美味しい食事が出来るのがとても有難いです。コロンビアは自国料理以外は総じて高く、しかも営業時間が限られているので、日本の食文化の素晴らしさを改めて感じています。

右画像は取引先へ挨拶に伺った際に立ち寄った銀座の風景です。私が日本で働いていた頃は折しもバブル絶頂期、銀座はホームグラウンドのような所でした。あの頃を懐かしく思い、歩いてみました。

Img_20170323_0954494741Img_20170323_0958425321

今回の一時帰国では久しぶりに日系航空会社(ANA)を利用しました。やはり日本の航空会社は良いですね。機内食やサービス全般に「向上心」を感じ、とても感心しました。帰りがけにもボーイング787の姿がありました。義弟がこの機の担当機長だったかは分かりません(笑)

今回の一時帰国では色々と収穫がありました。具体的な校名は控えますが、今夏には日本の複数の大学から首都ボゴタの某有名私大へのスペイン語短期留学プログラムが決定し、当方(当社)は期間中のコロンビア国内旅行を企画・催行させて頂く事になりました。

当社ANDES TOURSは今やコロンビア唯一の日本人常駐・公認旅行会社として、今年から新たに某私大へ「コロンビアでスペイン語を学ぶ」プログラムも新たに事業の一つとして取り組んでいきます。

|

日本一時帰国中

しばらく更新が滞りました。一部の御客様方には事前にご案内していましたが、現在ちょうど一年ぶりに日本一時帰国しています。日本の年度末の最中でもありますので、休暇中とはいえ時折自宅で仕事もしています。

Img_1744Img_1748Img_1760

今回は久しぶりに日系航空会社(ANA)利用です。やはり日本の航空会社は良いですね。成田空港到着時、隣のスポットにはボーイング787が駐機中でした。義弟がこの機の担当機長だったのか、目視では確認出来ませんでしたcoldsweats01

今年はコロンビアに流れ着いてからちょうど20年という節目の年です。当初10年以上は日本を含む国外からのお客様をお迎えしたのは年間を通じて片手で数えられるほどでしたが、今や毎月観光や商用などでご来訪される方々をお迎えしている身分になり、感慨深いです。今回の一時帰国は私用が主な目的で、こちらも節目の年になりました。

Img_1761Img_17651Img_1766

私・妻の実家共に都心からほど近い所にありますので、行き来をしながら過ごしています。3月とはいえまだ肌寒く、妻の実家の表庭の下草はまだ茶色です。ちょうどお彼岸にかかったという事もあり、お仏壇に線香を供え、神棚にて天照大御神に帰国の報告をしました。

Img_1768Img_1762_2Img_1772

今の時期は梅の花が満開になっています。表庭・前の敷地の梅の木々が見頃です。そして裏庭には小粒のキンカンの実が鈴なりです。日本の四季を実感しています。

コロンビア(ボゴタ)においていわゆる駐在員ではない、日本人社会の底辺にいる私は贅沢な生活が出来る身分ではなく、日々質素倹約をしています。その反動もありますが、僅かな期間での一年ぶりの一時帰国中、思い切り羽を伸ばしたいと思います。

|

ANAメキシコ線就航/ボゴタが暑い/黄熱病流行の兆し

かねてから決定していたANA(全日空)メキシコ線、ボーイング787によりいよいよ就航します。

Img_8328 Img_8243 Img_8234

日本の航空会社が中南米に路線を就航させるのは、先年にJAL(日本航空)がメキシコ線・サンパウロ線から撤退して以来久しぶり、ANAとしては初という事で、コロンビアを含めメキシコ以南の国々への日本人の方々の移動も増える事を期待しています。

予定では当方義弟もこのボーイング787担当機長の一人としていずれメキシコ線にも乗務、皆様の旅のお供をする事になります。中画像右が義弟です。宜しくお願いします(左側の恰幅の良い方(失礼)が機長のように見えますが、この方は副操縦士です)ボーイング787には義弟乗務のフライトを含め何度か乗りました。中型機ながら快適ですね。

Img_1141 Img_1143

二番目のお題「ボゴタが暑い」です。この所標高2,600mの首都ボゴタは暑い日が続いています。先日2月8日には最高気温25.1度を観測しました。これは観測史上過去60年間で最高だったようです。私は今までコロンビアを訪れたお客様に「高地のボゴタでは最高気温が25度を超える事はまずありません」と説明していましたが、新記録によりそうも言えなくなりました。これも地球温暖化の影響かもしれません。

Img_20170211_14210908611Img_1145_2

そして三番目のお題「黄熱病流行の兆し」です。昨今ブラジルを発生源とする「黄熱病」が流行しており、南米諸国への拡大が懸念されています。コロンビアでは2017年2月現在、発生及び流行は確認されていませんが、ここへ来て中南米の複数の国々では特に南米諸国からの入国に際して黄熱病予防接種証明書(イエローカード)の提示を求めてきています。

日本で黄熱病の予防接種を受けるには予約が必要、且つ接種まで時間がかかるような話を聞いています。当地では例えばボゴタ空港エル・ドラドターミナル内Avianca国内線チェックインカウンター付近にて毎日8:00-13:00、14:00-17:00の間に接種が可能です。料金は73,100コロンビアペソ(約2,900円)となっています。

尚、イエローカードは以前は接種後10年間有効でしたが、現在では生涯有効となっています。ですので、以前接種してから10年以上経過した方のイエローカードもそのまま使えますよ☆前述いずれのデータも2017年2月現在

|

2017年・ボゴタ日本人学校きさらぎ(如月)祭

毎年二月第一週末の日曜日にボゴタ日本人学校で開催されるイベント・きさらぎ(如月)祭が今年も行われ、盛況・且つ成功裏に終了しました。きさらぎ祭はボゴタ在住日本人の方々や関係者などが集う最大のイベントです。

きさらぎ祭自体はボゴタ日本人学校PTAが主催するもので、子供達をボゴタ日本人学校に通わせている我が家はPTA関係者としてこの6年間で5回、このイベントの運営に関わってきました。私自身は三年連続で金券販売と売上集計担当、四年目はPTA会長、昨年のブランクを経て今年は雑用係として勤労奉仕しましたが、今回のきさらぎ祭をもって妻共々PTA関係者としては最後の奉公となりました。

Img_1118 Img_1119 Img_1120

近年ではこのきさらぎ祭への来場(入場)者数は増加の一途で、それに伴い売上・収益金も増えています。収益金は日本人学校運営に必要な備品その他の寄付に充てられています。日本の小・中学校ではPTA役員になる可能性はかなりの確率かと思いますが、ここでは家庭数そのものが少ない事もあり、私自身も会計監査から始まって会計・副会長兼会計・そして会長と、結局全部の役職を経験しました coldsweats01

Img_1122 Img_1123 Img_1124

このきさらぎ祭には企業・団体・一般店舗様などが店舗を開設され、手作り品などを販売して頂いています。以前は出店数が少ない年、そして運営に関わるPTA関係者の数が少なく苦労した(大変だった)事もありましたが、今年はどれも問題なかったように思います。

Img_1125 Img_1127 Img_1128

この記事に掲載の画像は全てきさらぎ祭開始前にサッと撮影したものです。これが全てではなく店舗数はもっと多かったです。今回も毎年の如くゆっくりと買い物など出来た訳もなく、結局手(口)に入れたのはたったの二品のみでした(泣)

Img_1129 Img_1130 Img_11311

一部の方々にはご紹介しましたが、今回私は当地では有名な日本食材店の社長夫妻をこの場に招待し、日本の味や当地在住の日本人の方々のお顔を知ってもらいました。とはいえ、私自身も当地在住の日本人の方々全てを存じ上げている訳ではありません。正直今回来訪された日本人の方々(と思われる方も含め)の半数近くは存じ上げませんでした。

ただ、日本食材店社長夫妻としては今後も日本食材及び日本人の方々をもっと取り込みたいという意向をもっているので、きさらぎ祭はとても良い機会だったようです。

私自身は前述の通り、妻と共に今回のきさらぎ祭が運営側である学校PTA関係者としては最後の場となりました。夫婦で当地に住み始めた頃はボゴタ日本人学校へ子供を通わせる事など全く考えていませんでした。それが親として学校に関わり、そして今年度をもって終わる事となり、感慨深いものがありました。

|

お客様からのお土産とボゴタの夜景

この間新年を祝ったばかりの1月もあっという間に終わろうとしています。今月は私的な事で新年早々大きな変化がありました。今の所は順調です。そして仕事の方は1月から好調で、5グループ・計80名超の航空券予約手配を承り、うち日本行きが約20名近くという嬉しいスタートを切っています。

Img_1103 Img_1106 Img_1110

そして先週は日本からのお客様を立て続けにお迎えし、有難い事に「日本のお土産」を頂戴しました。左から知る人ぞ知る名店「エス・コヤマ」のチョコレート、中は大阪の老舗「松前屋の昆布煮」と著書、そして右画像は「狭山茶」です。普段お客様からお土産を頂戴する事はそんなにない中、立て続けに頂きとても有難いです。しかも全てが重なっておらず、良い組み合わせです(笑)

エス・コヤマの小山氏はパティシエとしてはかなり名の知られた方で、コロンビア産カカオを使ったチョコレートも手掛けています。有難く味わってみると、チョコレート独特の苦みが口の中に残らずスッとした味わいです。さすが名パティシエ監修のチョコレートです。

松前屋の昆布煮は初めて頂きました。大阪(関西)風という事もあり、関東の佃煮に比べるとあっさりとした味ですね。これはご飯が進みます。

Img_1108

昆布煮と共に頂いた著書ですが、こちらは京都大学農学博士、そして大阪にある国立民族学博物館(民博)名誉教授の山本紀夫様から頂戴しました。ご自身の著書を頂戴したのはこれが初めてです。山本教授は農学博士である傍ら「高地研究所」を主宰され、アンデスに関わって来年で50年という超エキスパートです。

今回のコロンビア旅行では、カリブ海沿いの町・サンタマルタから近い標高約5,700mの雪山、クリストバル・コロン山の撮影と、国内南部にある世界遺産登録のサン・アグスティン石造遺跡見学、そしてボゴタにある金博物館に展示されている金製品の撮影が目的でした。コロンビア旅行最大の目的であったクリストバル・コロン山撮影にあたっては、上空からの撮影が上手くいくようにビジネスクラス・窓側を手配した所、往復共にバッチリ撮れたと喜ばれていました。

今回のコロンビア旅行の成果は来年に岩波書店からアンデスに関する書籍として発刊予定との事で、今から楽しみにしています。

Img_1074 Img_1076 Img_1079

そしてエス・コヤマの極上チョコレートを頂戴したご夫妻もまた大阪からのご来訪でした。シパキラ・岩塩坑道、そしてボゴタ旧市街地区のプライベートツアーをお申込み頂きました。

三つの画像の中で右画像は薬草と数種類のたっぷりフルーツを煮込んだ「アロマティカ」と呼ばれているお茶です。コロンビアと言えばコーヒーですが、コーヒーはいつでも飲めるのに対してこのアロマティカ屋台は早朝や夕刻の一時・ほんの僅かな時間しか営業しません。どこからともなく現れて、フルーツたっぷりのお茶を売った後に去って行きます。

Img_1081 Img_1086 Img_1087

勤続20年のリフレッシュ休暇を利用してコロンビアを含む南米旅行で来訪されたご夫妻をお迎えしてのこのツアー最大の見せ場は、夕暮れから夜にかけての大都会ボゴタ展望でした。私個人的には真っ暗な夜景よりも陽が落ちてから夜になっていく時間が一番美しいと思っています。この日は時間がちょっと押していた為にモンセラーテの丘に到着した時間が若干遅くなりましたが、それでも夕暮れ時に間に合いました。

Img_1083 Img_1085 Img_1092

私のカメラは高性能ではないのでこれが限界でしたが、それでも何とか撮れました。これが首都ボゴタの夕暮れ時の姿です。この日は好天に恵まれ、視界がクリアでした。お客様にもご満足頂けたようです。

コロンビアのオプショナルツアー・現地ツアー、当社ANDE TOURSではそれぞれのご要望に合った個性的あるツアーをご提供しています。

|

より以前の記事一覧