カテゴリー「旅行・地域」の記事

コロンビア国内観光地の穴場・グアヒラ半島

先日催行したインスタライブ・南米コロンビアオンラインツアーの中で少し話題になって改めて思い出しました。現在はコロナ禍で国外からコロンビアを訪れる人はいない中、当面はコロンビア在留邦人の方々向けのご案内になろうかと思います。
Img_2327 Img_2329 Img_2336
カリブ海に面しコロンビア最北端・そして南米大陸最北端にある「グアヒラ半島」ここは数年前に一度特集としてご案内した事があります。コロンビア在留邦人の方々の多くはカリブ海沿いの観光地というと「カルタヘナ」や「サンタマルタ」を訪れた事がある方は多いと思いますが、グアヒラ半島(グアヒラ県)を訪れた方はまず滅多にいないのではないかと思います。グアヒラ県都・リオアチャは首都ボゴタから空路約1.5時間、空港からリオアチャ市内まで約20分という近さです。
Img_2568 Img_2565 Img_2566
リオアチャの町には高級ホテルはなく、日本人の方々にとりあえずお勧め出来るのは一軒のみです。これらの画像はホテル最上階・レストラン&バーエリアから撮影したものです。リオアチャの海岸・そして右画像は南米大陸最北端・グアヒラ半島方面です。リオアチャとその周辺はカリブ海沿いの観光地ながら訪れる観光客はまばらで、それが故に私は「コロンビア国内観光地の穴場」としてお勧めします。
Img_2683 Img_2603 Img_2591
リオアチャではコロンビア国内最大規模の先住民族・ワユー(Wayuu)族の人々に簡単に接する事が出来ます。ワユーと言えば昨今日本でも販売されていてファンが多い手編みのバッグ「ワユーバッグ」の名で知られている事でしょう。ワユー族の女性が一つ一つ編み上げるバッグは民芸品の域を超える素晴らしい逸品です。リオアチャの町の海岸に面したメインストリートでは日中、ワユーの女性がこれらのバッグを路上に並べて販売しています。ワユーのカラフルなバッグがストリート一杯に広がる光景は見ているだけでも素晴らしいものです。ワユーバッグファンなら一日いても飽きないのでは。それ程数多くのワユーバッグを見る事が出来ます。その他、リオアチャ市内にある「市場」でもワユーバッグがずらっと並んでいます。
Img_2433 Img_2436 Img_2428
グアヒラの複数の観光スポットはリオアチャから数十分で行けるのも大きな魅力です。そのうちの一つ・「カマロネス(Camarones)」はカリブ海に面した海水の湖で、ここでは手作りの帆を立てた手漕ぎ船に乗りながら湖を巡る事が出来ます。湖とは言え水深は浅く、右画像で分かりますが大人の膝上位しかありません。それが故にボートから落ちても溺れる事はなく、あまりに浅い為に船外モーターが使えず帆で推力を出し手漕ぎをしています。
Img_2483 Img_2488 Img_2495
「カマロネス」というのは「小エビ」という意味なのですが、それはカリブ海に面したこの浅い水深の湖に多くのエビがいる為です。その為エビ漁が盛んで、その小エビを求めて野生の「フラミンゴ」の集団も訪れます。運が良ければこのフラミンゴの集団に遭遇する事も出来ます。これは本当に運次第です。その為確実にフラミンゴに会えるという保証は全くありませんが、会えた時の感動は今でも思い出せます。

この他にもリオアチャから半島へ向かって30分位の所にある「Mayapo」のビーチは美しく、コロンビア在留邦人の方々がご存知のカルタヘナやサンタマルタのビーチよりも綺麗です。人の姿が少ない分落ち着いていて且つ白砂のビーチでのんびりする事が出来ます。
リオアチャ・そしてグアヒラ半島は三連休でも十分楽しめるコロンビア国内観光スポットです。当社ANDES TOURSではホテル・ツアーなどをアレンジしています。

|

第四回インスタライブ南米コロンビアオンラインツアー催行(9月4日)

首都ボゴタ・そして第二の都市メデジンからの二元中継となった第四回インスタライブ・南米コロンビアオンラインツアーを催行しました。
Img_20210904_121544_295 Img_20170715_0627403091_20210905065101 Img_20170715_0623186251_20210905065101
今回は初の二元中継という事で本番の前に二回リハーサルライブを行いました。メデジン側は市内の観光スポット「ヌティバラの丘」からの中継で組みましたが意外な事に丘の頂上付近は電波の状態が悪く、リハーサル中何度も回線が切れたり映像が止まるなど、予想しなかった事態を把握する事になりました。唯一一ヵ所だけ二回のリハーサルでは電波が安定して途切れなかったので、ここから中継する事で決定しました。
Img_8532 Img_8533
ボゴタ側の私はメデジンの側の回線が切れた場合に備えて今回も旧市街地区でスタンバイし、小説「百年の孤独」で有名なノーベル文学賞作家、ガルシア・マルケスの名を冠した文化センターを起点とする配信で決定しました。このガルシア・マルケス文化センターは、彼が晩年を過ごしたメキシコとコロンビアの友好の証として建てられたもので、設計は「曲線建築」で有名な故ロヘリオ・サルモナが手掛けたものです。
Img_8539 Img_8538 Img_8541
これまでの前三回は全て私が一人で映像配信とガイドを兼務した為、ライブ中は視聴者の方々のコメントなどは一切見る余裕がありませんでした。今回は二元中継で二人のトーク形式となった為、頂いたコメントに回答する余裕が出来ました。次回以降も二元中継形式で配信した方がこちらとしても負担が減るのでそうする事にします。

ライブ自体はメデジン側について予定していなかったヌティバラの丘からのメデジン市内全景を配信する事が出来たのは幸運でした。想定していなかった分嬉しい誤算でした。その代わりというか、場所を移動した際に通信障害が発生したあおりでこちらボゴタ側も音声が途切れる事態となりライブを一旦中断・再接続の上何とかまとめる事が出来ました。今回のオンラインツアーは結果として総計40名近い方々が視聴され、この種のツアーとしては盛況だったのではないかと思います。次回のインスタライブ・オンラインツアーの日時及び配信場所についてはまだ未定ですが、いずれ催行するつもりです。お楽しみに。

|

日本時間9月4日9:30PMよりインスタライブにて第四回コロンビアオンラインツアー催行

前回の投稿から間が開きました。先日催行した第三回インスタライブ南米コロンビアオンラインツアーは、当初予定よりも時間が長くなりましたが無事終了しました。いつも頭の中で台本を作ってライブ当日に配信していますが、話の途中で予定よりも時間がかかりそうだと察して途中から焦ってしまいました。。。とは言え何とか終えた感じです。
Web-_2982021_145839_wwwfacebookcom
という事で、次回第四回目は再び観光スポットの紹介という事で日本時間9月4日9:30PM(コロンビア時間同日7:30AM)からインスタライブ南米コロンビアオンラインツアーを催行します。今回は初めて首都ボゴタ&第二の都市メデジンからの二元中継を行います。

Img_20170715_0623186251 Img_20170715_0627403091
これまでは一人での配信でしたが、今回は初の二元中継という事で事前にリハーサルライブで映像と音声の確認をしていますが、もしかすると当日に画像の乱れがあるかもしれません。その点はご容赦下さい。それではインスタグラムにてkenichi_arai_bogotaをフォローの上ご視聴下さい(無料配信)

|

日本時間8月20日9:30PMよりインスタライブにて第三回コロンビアオンラインツアー催行

先日の第二回目に続き日本時間8月20日9:30PM(コロンビア時間同日7:30AM)より第三回インスタライブ南米コロンビアオンラインツアーを催行します。少しずつ慣れてきたかもしれません。
Web-_1382021_224231_wwwfacebookcom
今回もこれまでと同様インスタグラムにてkenichi_arai_bogotaをフォローの上ご視聴下さい(無料)予定では開始10分前位から映像と音声の確認を行いますので、コメントやご質問等はツアー開始までに頂けますとご返答が可能です。オンラインツアー開始後は配信に集中しますのでコメント等はほぼ見る事が出来ません。
Img_8474 Img_8472 Img_8471
今までの二回はいわゆる観光スポットをご案内しましたが今回はこれまでとは異なり「コーヒー好き」の方向けの配信です。コロンビア全国コーヒー生産者連合会(FNC)本部と全国展開しているカフェチェーン「フアン・バルデス(Juan Valdez)」カフェから生中継で配信します。高品質で知られているコロンビアコーヒー、そしてFNC関連会社が運営しているカフェの店内と取扱商品等をコーヒー業界の方々向けというよりも一般向けにご紹介します。当日はコロンビアコーヒーでも飲みながら夜の一時にご視聴頂けますと幸甚です。

|

第二回インスタライブ南米コロンビアオンラインツアー催行(8月6日)

先日に続き8月6日に第二回インスタライブ南米コロンビアオンラインツアーを催行しました。第一回目はインスタライブも初めて、オンラインツアーも初めてで戸惑う事が多々ありましたが、今回は自分の中では初回ほどの混乱はありませんでした。

Img_8177_20210812092801 Img_8174 Img_8175_20210812092801
二回目の今回は首都ボゴタの旧市街歴史地区の小道とボリーバル広場をご案内しました。第一回目もそうでしたが路上での配信はスマホをひったくられる危険性もある為、今回も車両が通行出来ない場所を選んで配信しました。それでも直前まで不安でしたが早朝という事もあり人通りが少ない中で無事ツアーを完了しました。
Img_8488 Img_8203_20210812093201 Img_8493
こちらはボリーバル広場、そして国会議事堂・カテドラルです。画像は全て事前に撮影ししたものです。このエリアは車両通行止めとなっていて、且つ警察官の姿も散見出来ましたのである程度安心して撮影・配信出来ました。
インスタイブ南米コロンビアオンラインツアーは視聴無料・私が一人でガイドとカメラマンを兼務しています為、スマホ画面の映り具合を自分でチェックしながらご案内するというなかなか難しい技が必要ですので、自分で何を話しているのか一瞬分からなくなる事もあったり(苦笑)言わなければならないポイントを言い逃す事もあったりしましたが、とりあえずは何とかまとまったように思います。

視聴無料という事もあって最低限ですが経費だけが出ていくこの南米コロンビアオンラインツアー(笑)今後も「コロンビアを知って頂く」事を最優先に配信していきたいと思っています。いずれはスポンサーを募って首都ボゴタ以外の場所もご案内出来れば自分にとっては好都合です。次回をお楽しみに。

|

日本時間8月6日9:30PMよりインスタライブにて第二回コロンビアオンラインツアー催行

先日史上初めて日本語による「コロンビアオンラインツアー」を催行しました。ちょうどオリンピック期間中という事で皆さんの目は「世界」に向いているかもしれませんね(笑)そんな最中ですが日本時間8月6日9:30PM(コロンビア時間同日7:30AM)より前回と同様インスタライブにてコロンビアオンラインツアーを催行します。
Web-_282021_143449_wwwfacebookcom
今回も前回と同様Instagramにてkenichi_arai_bogotaをフォローの上ご視聴下さい。予定では首都ボゴタ旧市街・歴史地区からお届けします。歴史ある建物と小道を散策しながらという設定での配信です。今回も無料配信という事で前回と同様私がカメラマン兼ガイドをしますので映像がぶれたり突発的なトラブルに見舞われる可能性もあります。その際には笑ってお許し下さい。

|

南米コロンビアオンラインツアー初催行(2021年7月24日)

先日告知していました「南米コロンビアオンラインツアー」7月24日に初催行・無事終了しました。日本語による史上初めてのコロンビアオンラインツアーという事で、何より通信回線にトラブルが生じてツアーがキャンセルとなる事を一番心配していましたが切れる事は全くありませんでした。
Img_8224 Img_8228 Img_8223
記念すべき第一回目のコロンビアオンラインツアー、場所は「パロケマオ中央市場」からの生中継でした。日本時間夜9時からという遅くもなく早くもない時間帯に合わせると当地コロンビアは朝7時だった為、ご紹介出来る観光スポットは限られていました。その中で特にオンラインツアーは女性の視聴率が高いという事もあって「フラワーマーケット+フルーツマーケット」からの中継と決めていました。今回のオンラインツアーはインスタライブ形式により誰でも無料で視聴出来るようにした事もあってか、予想を上回る方々にご視聴頂きました。
Img_8144 Img_8145
通常オンラインツアーは一人あたり数百円から数千円という有料で参加を募り配信していますが、今回はまずコロンビアを知って頂く事を最優先にして無料配信としました。その為経費節減をする意味で私がカメラマンとガイドを一人でこなす事としました。通常のガイド業務はこちらから説明するとお客様から何かしらの反応があり、その場で質問なども受けたりするのですが、インスタライブ形式はこちらから一方的に話すのみでご参加された方々から「声」による反応は全くない為、いつもと異なるいわゆる無反応に戸惑いも感じました。私的には撮影とガイドを一人でこなす事で精一杯でツアーをどのように評価頂いたのか、今でも全く分かりません。しかしながら大失態はしなかったと思っています。

第一回目・初のコロンビアオンラインツアーを無事催行出来た事で次回二回目の布石になりました。一度経験して次回はこうすれば良いという判断も出来ました。次のコロンビアオンラインツアー、日程はまだ決定していませんが既に企画を練っています。お楽しみに。

|

日本時間7月24日9:00PMよりインスタライブにてコロンビアオンラインツアーを催行

ちょうど三ヶ月前になります。同じオンラインツアー催行を企画しましたが直前に発出された夜間外出禁止令の影響で中止となってから三か月、コロナワクチンの接種を完了しボゴタ市内の反政府デモ活動の影響は全くなくなった事もあり、改めて日本時間7月24日9:00PM(コロンビア時間同日7:00AM)からインスタライブにて「コロンビアオンラインツアー」を催行します。
Web-_1872021_14348_wwwfacebookcom
通常オンラインツアーは一定代金のお支払いによりご視聴が可能ですが、今回は史上初めて南米コロンビアから日本語による生中継ツアーを行うという事もあり、無料でご視聴頂けます。Instagramよりkenichi_arai_bogotaをフォローの上ご覧下さい。尚、インスタライブ自体が初めてである事、観光スポットからの生中継ですが予期せぬ事態も予想されますので予めご了承下さい。オリンピックのどさくさに紛れての催行となります。

|

☆(情報)ダラス空港内にてPCR検査+日本政府様式の陰性証明書取得可能(60分以内)

ボゴタからダラス(DFW)経由で帰国される方が昨今増えています。7月1日よりPCR検査の検体採取方法がそれまでの「鼻咽頭ぬぐい液」及び「唾液」のみから「鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体」についても有効となり、検査可能機関が増えました。
(日本政府所定のPCR検査陰性証明書取得が望ましい事は変わりなくこちらを入手する事が前提です)

その後ダラス経由で日本へ御帰国される際、証明書の記載内容に問題が発生した場合、ダラス空港内の検査機関にて検査(有料)から最短60分以内(RT-PCR法)で日本政府所定様式のフォーマットによる陰性証明書入手が可能という情報を得ましたのでご案内します。


|

メキシコ在住日本人の方々、南米大陸・コロンビアを訪れてみませんか

コロナワクチン接種を完了されているメキシコ在住日本人の方々、コロンビアは南米大陸各国の中で唯一入国に際してPCR検査陰性証明書取得不要・国内移動制限もありません。メキシコとの間でしたら両国往来に陰性証明書の取得不要で御旅行が可能です。
Bog_plaza-bolivar Bog_monserrate1
首都ボゴタや世界遺産の町カルタヘナなどでは歴史ある町並みが未だ多く残っています。数百年の時を経た古い街並みを散策してみてはいかがでしょうか。
Img_20171101_110457978 Img_20171030_161933789_hdr_20210703094701
カルタヘナの町の前に広がるカリブ海はほぼ最南端、南米大陸北端に近い場所でもあります。
Img_3854 Img_1395
その他、アマゾン地帯や広大なコーヒー畑など多様な地形を待つコロンビアはこれから乾期・一年を通じて最も観光に適したシーズンを迎えます。首都ボゴタ在住の日本人ガイドはコロナワクチン接種を完了しています。南米大陸・コロンビア、御来訪をお待ちします。

|

より以前の記事一覧