カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018年最初の収穫期を迎えたコーヒー農園ツアー催行

先日、首都ボゴタ近郊のコーヒー農園ツアーを催行しました。コロンビアにおけるコーヒーの収穫期は概ね5-6月の中間収穫期、そして10-11月の本収穫期の年二回あります。

Img_3530 Img_3519 Img_3501

ボゴタから南へ約2時間の所にあるこのコロマ・コーヒー農園でもいよいよ今年最初の収穫期を迎えています。三月下旬に日本から20名以上の団体をご案内した際には赤い実が殆どありませんでしたが、この日は真っ赤に色付いた実が鈴なりでした。

Img_3499 Img_3497 Img_3511

園内にはコーヒーの木々だけではなく、直射日光に弱いコーヒーの木を守る為に植えられているバナナやオレンジの木々なども見られます。また、ある所(秘密)にはカカオの実(中画像)も見られます。通常コーヒー生産地帯とカカオ生産地帯は標高帯が異なっているのですが、こちらは農園側が趣味で植えたものが実をつけています。そして右画像は最初色付けしたのではと思いましたが、とても素晴らしい色合いの花(名前が分かりません)も見つけました。

Img_3522 Img_3506 Img_3496

まだ園内全域の木々には至っていませんが、それでも3月の時に比べれば赤い実を付けた木々の数が多くなってきました。いよいよこれから「見頃」となります。5月下旬であれば一面が赤い実で一杯になる事でしょう。

Img_3525 Img_3528 Img_3526

ツアー終了後、園内にあるカフェ兼売店にて自社焙煎したコーヒーと自社製造のコーヒーリキュールを頂き、 まったりとした一時を過ごしました。現在このコロマ・コーヒー農園ツアーを日本語ガイドで催行しているのは当社ANDES TOURSのみです。これから見頃を迎えるコーヒー農園ツアー、お申込みお待ちします。

|

Avianca航空国内線ボゴタ空港発着ターミナル変更と新ラウンジ紹介

コロンビア国内最大・そして中南米各国に幅広い路線網を持つAvianca航空のボゴタ空港における国内線発着ターミナルが2018年4月29日(日)より全路線ターミナル1(T1・通称エルドラドターミナル)となります。

今まで長年、路線によってターミナル1とターミナル2(T2・通称プエンテアエレオ)に分かれていた為、路線の乗り換えなどでは両ターミナル間を連絡バスを利用して移動する必要がありました。これが解消され、全路線ターミナル1発着となります。

Img_3383_2 Img_3364_2 Img_3365

それに伴い、国内線ラウンジも規模が大幅に拡大し、新しくオープンしました。場所は71番ゲートから近い、出発フロアの上に位置しています。

Img_3370 Img_3358 Img_3361

新ラウンジはとても広く、目測では以前のラウンジの五倍程度に拡大し、席数も大幅に増えました。旧ラウンジは特に早朝の時間帯には座る席がなかった事もありましたが、とても快適な空間になっています。画像右は個室スペースです。ラウンジ内ではWifiサービスもありますので、 ここでパソコンを使って仕事をする事も出来ます。

Img_3354 Img_3372 Img_3373

この新ラウンジは先日のカルタヘナ出張時に初めて利用しました。驚いたのは国内線ラウンジにも関わらず、パン各種やサラダ・スクランブルエッグその他などしっかりした朝食を取る事が出来るメニューが揃っている点です。その事を知らずに自宅からおにぎりを持ち込んだのですが、次回は不要と分かりました。国内線ラウンジでこれだけ充実した内容を提供する所は勿論ボゴタ空港のみです。

Img_3381 Img_3379 Img_3380

ラウンジ奥には何とサイフォンを使って作る「本格コーヒーバー」もあります。確かではありませんが、この日は朝6時半頃からオープンし、ラウンジ内放送で「出来立てのコーヒーが飲めます」とアナウンスがありました。この日提供されたコーヒーは何と、最高級品種の「ゲイシャ(エチオピア原産の"ゲシャ"の亜種)」でした。まさに「至福の一杯」でした。

Img_3376 Img_3377 Img_3378

更には国内線ラウンジにも関わらず゜「シャワールーム」もあります。この日利用している人はいませんでしたが、タオルを貸し出し荷物を預かるクロークのような空間も設置されています。

Img_3362 Img_3363 Img_3375

夜には酒類を提供する「バー」のような場所もありました(左画像)(現時点で酒類を提供するのかは未確認) 国内線ラウンジにしては随分立派な施設になりました。私にとって今後の国内線利用が楽しみになる空間です。

|

コロンビア・カルタヘナ港客船ターミナル初紹介

先月に続き世界遺産を持つ港町・カルタヘナに日帰り出張しました。今回の出張目的は年間を通じて多くのクルーズ船が寄港する「カルタヘナ港」客船ターミナルの視察と関係各所との打ち合わせでした。世界遺産のカルタヘナ旧市街地区などを紹介・投稿したブログなどは多数あると思いますが、カルタヘナ港客船ターミナルを詳しく紹介するのは私が初めてではないかと思います。

Img_3424 Img_3425 Img_3452

カルタヘナ港客船ターミナルは貨物エリアと繋がっています。この日は91,740tの客船「Norwegian Star」(左画像)と66,000tの「Marina」(中画像)の2隻がが同時に寄港・接岸していました。 右画像は別の場所にて打ち合わせた際に撮影したものです。カルタヘナ港が客・貨両用の港である事が分かります。クルーズ客船は4隻まで同時に接岸出来るようです。

Img_3434_4 Img_3428_3 Img_3435  

こちらは第2岸壁に接岸中のNorwegian Starです。近づくと9万トン超えの船体は巨大で、その姿はまるで大きなビルのようでした。 画像には多くの乗客の姿があります。接岸後上陸し、船体に横付けした各ツアーバスに乗り込んで数時間のカルタヘナ観光をする・それが寄港地ツアーです。

カルタヘナ港には「クルーズ年度」というものがあり、2017年のクルーズ年度(2017.07~2018.06)の間には230隻のクルーズ客船と満員ベースで約48万人の乗客が寄港というデータがあります。カルタヘナは今やコロンビア国内最大の観光地であるのは間違いありません。

Img_3440 Img_3438 Img_3421

桟橋から約100mの所にあるのが客船ターミナルエリアです。ここには乗客の方々を迎える様々な施設その他があります。中画像は桟橋から出ているカルタヘナ湾ミニクルーズ船(有料)、そして右画像は1時間US$3(2018年現在)で限定エリアにて使用可能なWifi用のアクセスPINを販売しているカウンターです。

Img_3399 Img_3401 Img_3415

ターミナルエリアは高い木々が生い茂るオアシスエリアになっていて、そこには中画像に見られる「アマゾンインコ」や、昨年末に私がグアヒラ半島で遭遇した「ベニイロフラミンゴ」の姿がありました。アマゾン・そしてカリブエリアに生息している鳥類が間近に見られる素晴らしい場所です。この他にもとても大きな羽根を広げる「クジャク」その他多数の鳥類がここに集結しています。

Img_3408 Img_3411 Img_3409

ターミナル内にはクルーズ船乗客向けに常設している土産物店があります。コロンビアの民芸品や特産のエメラルド・お菓子やコーヒー豆など豊富な品揃えでさすがといった印象でした。支払いはドル現金・各種クレジットカード(JCBは不可)などが可能です。

Img_3414 Img_3418 Img_3417

「コーヒーの国・コロンビア」らしく、コロンビアが誇る一大カフェチェーン・Juan Valdez(ファン・バルデス)の店舗も併設しています。コーヒー豆だけではなく、Juan Valdezグッズなどもあり、コロンビアのお土産としてお勧めです。

この客船ターミナルエリア、立ち入る事が出来るのはクルーズ船の乗客・ツアー関係者・そして港湾関係者のみです。私自身何度もカルタヘナを訪れながら今回初めてこの客船ターミナルエリアに立ち入りました(勿論事前申請が必要です)後日、ここで仕事をする事になる為の事前視察でしたが、とても有意義なものになりました。

|

南米コロンビア・観光地として注目の兆し

今週は日本から添乗員を含む観光ツアー団体のお客様をお迎えしました。一団体としてはここ数ヶ月では最も多い人数でした。

Img_33291 Img_33301 Img_33321

今回のツアーではボゴタ及び近郊のコーヒー農園・そしてシパキラ岩塩坑道などをご案内しました。その間ずっとガイド業務を行っていましたが、業務優先で結局撮影したのは民芸品マーケットとボゴタ空港でのみでした。

現在コロンビア国内は雨期に入りつつありますが、皆様ご滞在中は幸運にも全く雨にたたられる事無く、全ての日程を無事終了しました。

Img_3333 Img_3335 Img_3336

こちらはコロンビア滞在最終日、航空会社のチェックインを終えて出国審査場へ向かう皆様です。かなりの大人数でしたので何かあっては大変でしたが、トラブルなど全くなく全ての旅程を終えてホッとしました。皆様もコロンビアについて事前のイメージとは異なる印象を持たれた事と思います。

Img_3328 Img_3325

こちらは「小料理あらい」特製おにぎりです。今回のツアー団体の為にせっせと「22個」用意しました。 ただのおにぎりと異なるのは日本で調達した「のりフィルム」を使用する事で、コンビニおにぎりのようにおにぎりと海苔が分かれ、食感がパリパリとしたものになります。こちらは事前にリクエストを頂ければお作りします。このようなサービスを提供しているのはコロンビア国内では私がガイドをするツアーだけです。

お客様からは「コロンビアにもコンビニがあるんですか?」と聞かれました。確かにコンビニはありますが、さすがにおにぎりは売っていません coldsweats01coldsweats01

私は現在南米コロンビアで唯一の日本人旅行・観光業関係者という事でいわば独占状態にありますが、決して驕る事なく日々サービスの向上を目指しています。昨年あたりからコロンビアへの日本人観光客の方々をお迎えする機会・人数共に増えてきており、ほぼ間違いなく注目の兆しがある事を実感しています。

|

クルーズ船寄港地・カルタヘナ出張

コロンビア・カルタヘナと言えばカリブ海沿いの古都であり、世界遺産の町でもあります。その他に日本人の方々にはあまり知られていないのが「クルーズ船寄港地」としての町です。このカルタヘナには年間を通じて非常に多くのクルーズ船が寄港します。そんなカルタヘナに日帰り出張してきました。

Img_3172 Img_3171 Img_3178

カルタヘナへの着陸直前に機内からクルーズ船を見る事が出来ました。後から知りましたがこの船はドイツから来訪したものでした。右画像は年間を通じて非常に多くのクルーズ船が寄港するカルタヘナ港です。

Img_3221 Img_3202 Img_3223

ここは「ボベダス」と呼ばれている民芸品市場です。その昔は武器・弾薬庫、そして一時は刑務所としても使用されました。23の区画があり、中には民芸品店などが軒を連ねています。クルーズ船運航会社が主催するツアーではほぼ全てこのボベダスを拠点とします。上空から見えたドイツのクルーズ船乗客の団体と鉢合わせになりました。

Img_3197 Img_3200 Img_3201

ここは23の区画の一つ「闘牛博物館(Museo Taurino)」です。 博物館というよりもちょっとしたカフェのような空間です。

Img_3226 Img_3229 Img_3230

ボベダスにしばらくいた所、ちょうど他のグループ向けの観光馬車による旧市街地区巡りツアーに遭遇しました。観光馬車は通常夕方から夜にかけて運行するのですが、このようにクルーズ船乗客向けツアーとしてチャーターされる事もあります。この日カルタヘナ港に接岸したのはドイツのクルーズ船だけだったようです。

Img_3216 Img_3217 Img_3218

ボベダスの前・そして旧市街地区の中にはコロンビア特産のエメラルド製品を販売している店舗が数多くあります。客の大半はクルーズ船乗客ではないかと思います。

Img_3235 Img_3238 Img_3243

別の場所に移動した所、またしても馬車ツアーに遭遇しました。何台チャーターしたのか分かりませんでしたが、おそらく相当数借り切った筈です。旧市街の小道・そして右画像は通称「馬車広場(かつてはここが馬車の発着地でここで客待ちをして乗せていました)」と時計門を通過していきました。

Img_3260 Img_3262 Img_3276

今回は観光ではなく日帰り出張だった為にカルタヘナ滞在時間が限られ、その間に慌ただしく昼食を取りました。この店は私が手配するカルタヘナツアーで日本人の方々を御案内している所です。カルタヘナと言えばカリブ海が目の前にありますから当然シーフードという事で、いわゆるセットメニュー(スープ・1プレートのメイン)を注文しました。ジュースは「コロソ(Corozo) 」と呼ばれるカリブ海地域でよく見かける赤い実を使ったものです。このコロソジュースは首都ボゴタで飲む事はまず不可能です。

そして午後からは新市街・ビーチ地区に移動して業務を行いました。右画像に見える高層の建物は、左が現時点でカルタヘナ最高級のホテル・ハイアットリージェンシー、右がコロンビア資本のホテルチェーンEstelar(エステラール)グループのホテルEstelar Cartagenaです。今回は短い滞在時間でしたが、非常に有意義な出張となりました。

Img_3309 Img_3315 Img_3317

ここからは「おまけ」の投稿です。業務を終えてボゴタへの帰路の画像です。予め得ていた情報では、Avianca航空のボゴタへのフライトは「ボーイング787」による運航という事で楽しみにしていたのですが、いざ搭乗という事で目の前に現れたのはB787ではなく二発エンジンの「エアバスA330」あれれ???という感じでした。エアバスA330も長距離線用として使用されています。ビジネスクラスのシートは・・・うーん、「普通」ですね。日系航空会社では10年以上前に使用していた長距離線用シートといった感じです。

そして夕刻のカルタヘナから無事飛び立ちました。右画像を拡大すると青い機体が見えます。ちょうどKLMオランダ航空が駐機中でした。KLMはアムステルダム~ボゴタ~カルタヘナというトライアングルルートで運航しています(2018年3月現在)

|

コロンビアで先住民族に会おう!

TBSで17日に放映された「世界ふしぎ発見!」はコロンビアの先住民族と黄金文化でした。昨今コロンビアを題材に放映された番組の中では一番まともだったような気がします。

Img_1573 Img_1570 Img_1572

左画像は番組のキーワードにもなった「エル・ドラド(黄金の男)」の全身想像図です。Cacique(カシケ)と呼ばれた先住民族の部落の王が全身に金製品をまとっていた想像図です。ここから「エル・ドラド」の伝説が生まれました。

中・右画像は番組中に現地の先住民の男性が手に持っていた「Poporo(ポポロ)」と呼ばれる壺です。これは金で出来ていていずれも上に穴が開いています。ここから砕いた貝殻とコカの葉を詰め、金の棒で突いて先に付着したものを舌に乗せて飲み込むと幻想の世界・いわゆるトリップした状態になったのです。つまりはコカインの原型ですね。

今回紹介された先住民族は標高5,000m超の雪山・シエラネバダの麓に住んでいるタイロナ族・若しくはコギ(Kogi)族です。コギ族が住んでいる地域には「Ciudad Perdida(失われた都市)」という一角もあります。そこはペルー・マチュピチュによく似た場所です。今回紹介された事で「あの場所に行ってみたい」「あの先住民族に会いたい」と思った方もいるかもしれません。しかし、現地へ行くには拠点となる町・サンタマルタから車やバイク・馬やロバなどを使って何日もかかりますので容易ではありません。

Img_2443 Img_2595 Img_2642

コギ族の集落へ行くのは容易ではありませんが、シエラネバダの周辺にはこの他にもArhuaco(アルアコ)族やWayuu(ワユー)族など、多くの先住民達の姿を見る事が出来ます。このうち、最大の先住民族が以前ご紹介したグアヒラ県に多く住むWayuu族です。グアヒラ県都・リオアチャまでは空路約1.5時間、現地に着けばすぐにWayuuの人々に出会う事が出来ます。

Img_1345 Img_1349 Img_1439

首都ボゴタから空路約2時間、ブラジル・ペルーとの国境エリアのアマゾン川流域にも未だ多くの先住民族の人達が暮らしています。普段は洋服を着ている人々が多いですが、顔立ちは紛れもなく先住民です。アマゾンツアーの拠点となるレティシアからボートを使った日帰りツアーを利用すれば、容易に先住民の人々に会う事が出来ます。

今回の番組放映で日本では全くと言えるほど知られていないコロンビアの先住民族と黄金文化を知って頂けた事と思います。コロンビアは紛れもなく「先住民族の宝庫」でもあります。

|

Avianca航空ボーイング787ビジネスクラス

日本出張一時帰国から戻りました。滞在中は寒風の中で取引先その他を訪問しました。11月に続いての一時帰国でしたが、日本はやはり良いですね。

Img_2744 Img_2741 Img_2745

前回の投稿でご案内しました通り、 出張一時帰国に際してはコロンビアの航空会社AviancaとANAを利用しました。このうちAviancaは最新鋭のボーイング787-8型機でした。画像は別の日に撮影したものです。ANAのビジネスクラスについては多くの方が紹介していますが、AviancaのB787ビジネスクラスを紹介している方は殆どいないと思いますので、今回私が紹介します。

Img_3120 Img_3128 Img_3149

B787のビジネスクラスシート配列は1-2-1で中二席は内側に、窓側席は外側に向かって斜めに配置されています。毛布とふかふかの枕は常備されていて、毛布がくしゃくしゃになっていますがシートはフルフラットになります。

Img_3123 Img_3124 Img_3125

最新鋭の機材のシートですので電動式のシートは左画像に見えるパネルで動かします。パネルの左横にはヘッドセットが収納されています。足元の部分は何故か狭まっていて、フルフラット状態にした状態では身長180cmの私にとってはかなりきつかったのが正直な感想です。

Img_3135 Img_3138 Img_3157

約7時間のフライトでは二回機内食が提供されました。夜行便だったという事もあり内容は軽めで、特筆すべきものではありません。深夜前後に飛行する場合にはどの航空会社のビジネスクラスの機内食も軽めですよね。

Img_3142 Img_3153

このB787のフライトでの最大の特徴は高高度を飛行する事です。離陸から一時間で既に高度39,000フィート(約11,900m)に達し、巡行飛行ではついに41,000フィート(約12,500m)まで達しました。ANAの太平洋線ではボーイング777でしたが、こちらの巡航高度が約35,000フィート(約10,700m)でしたので、B787の優れた性能が一目瞭然でした。

飛行中に巡航高度をいちいちチェックするような奇特な人はまずいないと承知していますがcoldsweats01coldsweats01 高度41,000フィートまで達すると何が違うかと言えば、気流の影響が少なくなり揺れが殆どありません。それでも時折ごく軽い揺れはありますが、それは車よりも快適で殆どはピクリともせずに巡行飛行しています。これはまさに「別世界」でした。

コロンビアを代表する航空会社であるAviancaの客室乗務員の方々は好感が持てるサービスをしてくれます。日系航空会社ほどではありませんが、少なくとも米系航空会社のサービスよりは優れていると思います。という事でのご紹介でした。

|

コロンビアへのツアー、続々と催行予定

元日から日本人観光客の方々をお迎えし続けています。先週は12名の団体をお迎えしました。このツアーは中米各国を巡り、最後の訪問国が南米コロンビアという18日間の日程でした。こちらがツアー内容です→クラブツーリズム・魅惑の中南米7カ国大縦断の旅18日間

Img_20180119_052624599 Img_20180119_051256070_1

こちらがボゴタでの宿泊ホテルでした。三日間皆さんのガイドを行い、満足されて帰国の途に就かれました。

Img_20180119_0920312351 Img_20180119_0920443311 Img_20180119_1638319661

画像は首都ボゴタ郊外にあるコーヒー農園・そしてシパキラ岩塩坑道での一コマです。12名の団体のガイドとなると個人ガイドよりも正直大変ですので、 撮影した画像はごく僅かです。皆さん長旅の末の最終訪問国・コロンビアでしたが楽しまれたようです。このツアー、既に2月・3月の催行も決定しています。コロンビアは全7カ国のうちの一カ国ですが、相当高額のツアー代金にも関わらず既に先まで催行決定というのは驚きです。

この他、先週は個人でのお申込みによるツアーも催行しました。

Img_2890 Img_2893 Img_2895

ツアーガイドを行うと、時に有難い事に恵まれます。左画像はボゴタ市内プライベートガイド中に中央市場を観光した際、この日は大根・白菜・生しいたけなどが並んでいた為、ちゃっかり買い物をした成果です。翌日の「小料理あらい」メニューは「特製おでん」でした coldsweats01 大根・玉子・ちくわを元に朝方に作って夜まで置いたところ、大根と玉子が染みていい色になっていました。おでんにしいたけはあまり入れないと思いますが、あえてエイッと入れてみた所、とても濃厚なダシが出て「まいう」でした。

中画像は前述の団体ツアーのお客様からの頂き物です。コロンビアが最終訪問国であった事もあり、不要になったインスタント日本食を頂いたものです。そして右画像は観光ツアーとは別件で、日本から当地へ出張で来訪された旧知の方からの「日本のおみやげ」です。これで一気に「日本の味」が増えました。

Img_20180112_1529167451 Img_20180112_1530013641

こちらはボゴタ市内観光中・大統領府で偶然出くわした「国旗降納式」の様子です。勿論偶然でしたのでお客様は大層喜ばれていました。

三月には既に複数の日本人団体客をお迎えする事が決まっており、四月からは新たに複数の「南米コロンビアツアー」が募集販売されます。私自身、忙しくなりそうです。頑張らないと。

|

2018年注目の都市、コロンビア・ボゴタ

昨年末から立て続けに日本より観光で来訪されたお客様方のアテンドが無事終わり、ホッと一息つきました。とはいえ、今週も個人・団体のアテンドがあり、忙しい日々が続きます。

Img_2860 Img_2863 Img_2864

こちらは首都ボゴタの観光名所の一つである「モンセラーテの丘」での光景です。頂上部分までの移動はケーブルカー利用でしたが、我々が乗り場駅に着いた時点ですさまじい数の外国人観光客の姿があり、英語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語などが飛び交い、そしてスペイン語圏の他国からの個人・グループで展望台付近もごった返していました。

私は昨年末に「南米コロンビアが観光地として注目の兆し」と題した投稿をしました。全くの偶然で、この記事を投稿した数日後に有名ホテル予約サイト「ブッキング・ドットコム」が「2018年に人気が出そうな世界の旅先10都市」を発表し、その中にコロンビア・ボゴタが選ばれた事を知りました。下記をクリックすると記事が出てきます。

ブッキング・ドットコムが「2018年に人気が出そうな世界の旅先10都市を発表」

私がこの記事を目にしたのは間違いなく自分の記事を投稿した後でしたので、予感が当たりそうな気配です。それほど、ボゴタを訪れる外国人観光客は激増しています。

Img_2865Img_2869 Img_2880

左・中画像は「金博物館」での一コマ、そして右画像は昼食メニューです。この日は「サンコチョ(Sancocho)」という名のスープにしました。金博物館・そして昼食を取ったレストランでも相当数の外国人観光客の姿がありました。10年前にボゴタに住んでいた事がある方々からすれば、外国人観光客で溢れかえっている首都ボゴタの観光地を見たらびっくりする事でしょう。

他方、先日投稿の通り日本からの観光客数は増えてはいますが、現在もまだブームと言えるほど激増している訳ではありません。理由の一つとして、事実ではありますが未だにゲリラ関連や事件・殺人・誘拐など、良くない事案だけを取り上げて恐怖心を煽っているケースが見られるのは残念な事です。そういうケースに共通しているのは、良いニュースは殆ど取り上げない事です。

年末年始に観光で来訪された方々は一様に「事前のイメージで来てみたら、コロンビアは全く違う国だった」という感想でした。勿論、コロンビアでも他国と同様観光中に一般犯罪に遭う可能性はゼロではありません。しかし首都ボゴタ・そしてコロンビアは確実に変わってきています。一人でも多くの日本人観光客がこの国を訪れる事を願ってやみません。

|

観光地としての南米コロンビア

2018年元日から一週間が経ち、既に二組目のお客様をお迎えしています。前回と同様、こちらも日本からビジネスクラスご利用で当地コロンビアに来訪され、コロンビア国内を周遊観光中です。かつて一度だけ、プライベートジェット機(shine)で来訪されてカルタヘナを観光された後、南米周遊旅行に発たれた某社会長ご夫妻をアテンドした事はありますが、グループツアーではなく個人(ご夫妻)ご旅行でビジネスクラス・コロンビア国内五つ星ホテルご利用というケースは年間を通じてもあまりありません。時代は随分変わりました。今月中旬にはやはり日本から、今度は団体ツアーのお客様方をお迎えする事になっています。

Img_2843 Img_2846 Img_2848

現在コロンビア国内周遊旅行中のお客様は当地在住の日本人女性を専属ガイド(主業務は各観光地におけるスペイン語ガイドの通訳)として同行周遊させるという手配です。しかも同行ガイドと共に各所高級ホテルご滞在・各観光地でも現地ガイドによるプライベート観光となればそれなりの金額になります。とはいえ、年始からお迎えしたいずれのお客様も「コロンビアを旅行してみたかった」とのご意見で、とても有難いコメントです。

という事で、お客様は現在専属ガイドと共に周遊旅行中で現在まで順調で、つかの間ではありますがこれで一息ついた感があり、自分にとって「正月が来た」という気分です。昨年来訪されたお客様から頂戴した大吟醸日本酒を、好物の「高野豆腐の含め煮」を作って美味しく飲み、残っている餅をおしることして作って食べ、カレーも作ってみました。私は食べる事も好きですが、味は別として作る事も嫌ではありません。

Img_2681 Img_2495 Img_2444

昨年末にはグアヒラ県を訪れ、日本人の方々には全くと言えるほど知られていないこの地の素晴らしさを知る事が出来ました。今年から日本の複数の旅行会社が「南米コロンビアツアー」の販売を開始しています。検索サイトで「南米 コロンビア ツアー」と検索すれば複数のツアーをご覧頂けます。

全てのツアーではありませんが、大半のツアーで当方はガイドとしてお客様をご案内する事になります。20年間ひたすら地道に観光地としてのコロンビアを紹介し続けた成果が少しずつではありますが出てきています。

Img_2173 Img_2175 Img_2193

今年、コロンビア政府も「観光立国」を目指すべく、予算を増やしたとのニュースを目にしました。コロンビア国内で最も外国人観光客が訪れているのが、画像のカリブ海沿いにある「カルタヘナ」です。旧市街地区は世界文化遺産に登録されており、とても多くのクルーズ船が寄港する地でもあります。

これはあくまでも私個人の考えですが、新市街地区に広がっているビーチの砂は白砂ではなく、黒っぽいもので一部は波により浸食されています。これを「白砂のビーチ」にすれば劇的に観光客が増えるのは確実です。

美しい白砂の海岸で有名なメキシコ・カンクン。ここはメキシコ政府の肝入りで莫大な量の白砂を沖合から運んで構成している「人工の砂浜」である事はあまり知られていません。度々来襲するハリケーンによって白砂が流されてしまう度に、沖合で白砂を採掘してあの海岸に並べている訳です。それは「マイアミビーチ」も同様です。人工の白砂浜を造る為には相当のコストがかかりますが、それによって国内外から多くの観光客が押し寄せており、観光関連収入で元は十分取れているようです。

カルタヘナには元々世界遺産の旧市街地区があり、そこに隣接しているのがビーチです。この海岸を白砂にすれば世界中から観光客が来訪するのは間違いないと思います。

Img_2327 Img_2672 Img_2675

とはいえこれはあくまでも私の個人的な意見であり、そこまでしなくてもカルタヘナの沖合・ロサリオ諸島までボートで行けば美しいカリブの海に出会えます。また、前述のグアヒラ県あたりまで行けばやはり自然の美しい海岸がいくつもあります。

観光地としての南米コロンビアの魅力・今年も皆さんにご紹介していくつもりです。

|

より以前の記事一覧