カテゴリー「文化・芸術」の記事

コロンビア民芸品博覧会2018

毎年12月に行われる「コロンビア民芸品博覧会」今年も行ってきました(12月15日まで開催)。この博覧会ではコロンビア各地で伝統的に作られている手工芸品が首都ボゴタに集まる滅多にない機会です。

Img_4768 Img_4769 Img_4770

コロンビア民芸品博覧会には国内各地の優れた手工芸品の他、それらを作る先住民の人々も首都に集まってきます。普段ボゴタで先住民の人々の姿を見る事は滅多になく、その点でも貴重な機会です。博覧会では展示品を購入する事も出来、いわゆる掘り出し物も見つかります。

Img_4774 Img_4771 Img_4777

こちらはコロンビア最北・グアヒラ半島一帯に昔から住んでいるコロンビア国内最大(最多)の先住民族・Wayuu族の女性が編むバッグの数々です。カラフルなこのデザイン、私は当初これは機械編みかとおもっていましたがそうではなく、現地の女性が一から手編みをして二週間前後から一カ月もの時間をかけて作る秀作です。Wayuu族は子孫を残し、手提げバッグその他の手工芸品を作る技術を持つ女性優位の社会です。

昨今このWayuuバッグは日本でも販売されるようになりました。手先が器用なWayuuの女性ですので、デザインや色合いなどの好みを伝えれば希望に応じたものを作ってくれます。Wayuu族は普段県都リオアチャからかなり離れた砂漠地帯などに住んでいて首都に来ることなど滅多にありません。その点で彼女達と商談も出来る絶好の機会がこの博覧会です。

Img_4778 Img_4779

実の所、この民芸品博覧会会場では作品(商品)を撮影する事はあまり好ましくないようで、先住民族をあからさまに撮影したり、秀作を撮影していると拒否される事もあります。その為撮影した画像は多くありません。その中でとても質が高い品々を幾つか紹介する次第です。画像はカリブ海に近い内陸部の先住民族が葦の茎を使って編み上げている壺その他です。壺についてはとても大きなものもあり、独特のデザインと共に優れた逸品と言えます。

Img_4782 Img_4784 Img_4785

このコロンビア民芸品博覧会には先年からJICA(国際協力機構)が支援している「一村一品」プロジェクトも出展しています。左からLa Chamba(黒陶器で有名)、Tuchin(葦の茎を使って編み上げたブレスレットやソンブレロで有名)、Mompox(世界遺産の町、フィリグラーナという金・銀を非常に細かく加工した品で有名)です。JICAの一村一品プロジェクトはこの他国内の複数地域において展開しています。こちらのブースはパビリオン6の入口付近にあります。

Img_4781 Img_4780

こちらはエクアドルとの国境に位置するナリーニョ県で伝統的に作られている「モパモパ」です。左側の作品ですが、カラフルな色は塗装しているのではなく、実は「モパモパの木」の樹液を煮詰めて色付けし、手と口を使って薄く延ばしたものを小さく切っては素材に貼るという非常に手間のかかる工程の集大成です。コロンビア国内に現存する民芸品(手工芸品)の中でもとりわけ芸術性の高い秀作です。

壺や皿の周りを囲んでいる色の部分は全て事なる色のモパモパの樹液膜を切り貼りしたもので、中サイズのもので約一万円前後、大きく色使いの多彩な秀作ともなれば一点数万円します。右の黒い物体・これがモパモパの木の樹液の塊(かたまり)で、これを煮ながら色を付け、その後手と口を使ってグイっと薄い膜にした後に小さく切って使います。

現在、モパモパの木が減りつつある事、モパモパ職人の数も減ってきている為、将来的にこのモパモパ細工は消滅の危機に瀕しているようです。その点でとても希少価値のある逸品です。

Img_4787 Img_4788 Img_4789

会場にはフードコートもあり、コロンビア国内で作られる伝統食品などを味わう事が出来ます。中画像は先住民族・コギ(Kogui)族が作っているオーガニックコーヒーです。白い帽子を被った男性こそがまさにコギ族の方です。現地に行くと本当にこのような姿をしたコギ族に出会う事が出来ます。そして右画像は珍しいヤギの乳を使ったチーズその他の製品販売コーナーです。

コロンビアの優れた手工芸品は一部を除いて日本人の方々には全く知られていません。しかしながらこの国、実は「隠れた民芸品大国」なのです。

|

コロンビア・ボゴタに日本紹介の発信基地「日本センター」オープン

この度首都ボゴタに日本の文化・伝統その他を紹介する発信基地となる「日本センター(Centro del Japon)」がオープンしました。

Img_4760 Img_4739 Img_4759

日本センターは市内中心部(セントロ)からほど近い「ロス・アンデス大学(Universidad Los Andes)」敷地内にあり、地上三階・地下一階で構成されています。大学敷地内とはいえ一般の方々も自由に出入り可能な造りになっています。

Img_4746_2 Img_4749_2 Img_4744_2

こちらは一階フロア部分です。私はオープンから数日後に訪れました。奥には相談コーナーのような場所が設置されています。

Img_4747 Img_4748 Img_4752

今後のセンターの運用方法についてはこれから決まっていくものと思われます。日本文化の紹介や日本語教室、そしてイベントなどが行われる事でしょう。現在はコロンビアへの移住の歴史をパネル写真や当時の品々の展示で紹介しています。ちなみにコロンビアへの移住が正式に始まったのは1929年からでした。

Img_4741 Img_4742 Img_4743

二階部分には戦前・戦後当時使用されていた品々や新聞その他が展示されていました。その中で私が最も興味深く・且つ感慨深く拝見したのが左画像のパスポートです。これは1935年(昭和10)・戦前に発行されたものです。

私の祖父が生前外務省在籍時、若き外交官として1929年(昭和4)にブラジルへ渡り、在サンパウロ日本総領事館で移住領事業務兼ポルトガル語通訳官(長崎出身でした)をしていた当時のパスポート(一般旅券)はこのようなデザインだったのかとしばし感慨に浸りました。

Img_4756 Img_4755

地下部分には着席人数で約100名収容可能なサロンがあります。この日は何かの講義を行っていました。今後この日本センターを通じて多くのコロンビア人の方々に「日本」を知って頂ければと願っています。

|

日本で初めて南米コロンビアの竹を採用された建築家・隈研吾氏デザインの新国立競技場A案採用決定

タイトル通り、私が輸出した南米コロンビアの竹・グアドゥア(Guadua)を日本で初めて採用して頂いた建築家・隈研吾氏がデザインした新国立競技場A案が採用決定との報に接しました。

隈氏から先年、仲介業者を通じて「コロンビアの極太の竹を使いたい」とのお申し出があり、青山の隈事務所で打ち合わせを行って以来相当の年月を経て再会したのが昨年2014年11月でした。その時の投稿が下記です。

日本有数の建築家・隈研吾氏が講演でコロンビアを訪問

隈事務所で氏を交えた打ち合わせの際にコロンビアの竹の使い方を伺ってびっくりしたのが思い出されました。当地ボゴタでの再会後、約一年の時を経てビッグプロジェクトの設計をされる事を喜ばしく思います。隈先生、おめでとうございます。

|

コロンビア国内最大の民芸品博覧会Expoartesanias2015関連手配受付中

少々早い話ですが、12月4日から17日まで首都ボゴタの国際見本市会場Corferiasにてコロンビア国内最大の民芸品博覧会「Expoartesanias2015」が開催されます。Expoartesanias2015の公式サイトは下記をご参照下さい(スペイン語のみ)

Expoartesanias2015公式サイト

Img_5057 Img_5052 Img_5053

画像は全て昨年2014年のExpoartesaniasで撮影したものです。このコロンビア民芸品博覧会Expoartesaniasには国内各地から優れた民芸品の数々が集まる最大の機会です。展示される民芸品の数々は一点数万円相当もする秀作もあり、単なる民芸品の域を超える素晴らしいものもあります。

Img_5054 Img_5104 Img_5105

左から、カリブ海に近い地域に住む先住民の伝統工芸品・手編みの肩掛けバッグ、国内最南部・ナリーニョ県特産のモパモパの木の樹液を煮詰め、色付けした後に手と口で大きく延ばした後に切っては貼るという作業の集大成作、そして右画像は葦の茎を細かく裂いたものを編み上げた壺の数々です。

Img_5108 Img_5059 Img_5102

当社ANDES TOURSではこのコロンビア民芸品博覧会Expoartesanias2015に合わせ、ホテル宿泊・会場への移動車両手配・買い付けや出店業者との商談に必要なガイド・通訳手配などを承っています。民芸品愛好家・そして民芸品販売業者の方々、お問合せ・手配お申込みお待ち致します。

Img_5078 Img_5065 Img_5071

ちなみにこの民芸品博覧会Expoartesanias開催中、コロンビアの伝統食も堪能する事が出来ます。こちらも国内各地から珍しい食品なども含め出店されます。コロンビアの優れた伝統工芸品と食文化を視覚・味覚で楽しまれてみては如何でしょうか。

|

2014年外交団夫人の会バザーのご案内

毎年恒例となっていますコロンビアに公館を持つ外交団夫人の会主催のバザーが今年も開催されます。

日時 6月7日(土)  10:00AMから4:00PMまで
場所 Museo de El Chico 地図は→こちら(昨年までと場所が異なります。御注意下さい)
入場料 12歳以上の方につきお一人様20,000コロンビアペソ

普段味わえない世界各国の料理、滅多に手に入らない名産品などが並びます。私も楽しみにしています。尚、今回の会場付近には駐車場がありません。車での来場は困難ですのでご注意下さい。

「2014.pdf」をダウンロード

|

コロンビアの国花・カトレア(蘭)の魅力

首都ボゴタから南へ車で約2時間のフサガスガ市にある「コロマ・コーヒー農園」は、以前から皆さんにご紹介している筆者お勧めの「コロンビア観光スポット」です。

Img_3798 Img_3806 Img_3819

ここではコーヒーの木々の他に、もう一つ目を惹くのが画像の「カトレア(蘭)」です。このコロマ農園では太い木々のあちこちにこのカトレアが"着生"(寄生とは言わないのだそう)しています。その姿はとても可憐で、さすが「洋ランの女王」と呼ぶ人もいるほどです。

このカトレアはコロンビアの「国花」にもなっています。つい最近まで私は園内に咲くこのカトレアについて詳しく調べていませんでしたが、ふとしたきっかけで"Trianaei(トゥリアネー)"と呼ばれるこのカトレア原種が、実は1842年にここフサガスガで初めて「発見」された事を知りました。その根拠となる下記の記事をご紹介します。

Cattleya Trianaei

Img_7047 Img_7048 Img_3804

洋ラン愛好家の方々の中では、このTrianaei(トゥリアネー)は大輪の花を咲かせ、且つ長持ちするカトレア種として人気が高いらしく、そのトゥリアネーがここコロンビアのフサガスガ市において世界で初めて発見されたカトレア原種だったとは驚きました。

フサガスガ市は標高約1,600mにあり、温暖で過ごし易い気候です。ここでは観葉植物などを生産する園芸農園が多数あり、それらは首都ボゴタに運ばれていきます。そんな気候帯のフサガスガはカトレアの群生地でもあるようです。

例えば、フサガスガ市中心部の大通りに林立する「電柱」、ここにも何と野生のカトレアが着生しているのです。時に電柱から花開くカトレアには、一瞬目が釘付けになります。

カトレアファン、そしてトゥリアネーファンの方々、是非とも「発見の地・コロンビア」で、コーヒーの木々と共にこの美しい花々をご覧になられてみては。周囲はのどかな風景が広がり、それは素晴らしい場所です。コロマ・コロンビアコーヒー農園観光には当社ANDES TOURSが企画・催行しているツアーを是非とも御利用下さい。

園内でのカトレア見学については、野生で着生している為にいつも必ず咲いているとは限りませんが、大輪の花に遭遇した方はラッキーです。

首都ボゴタからのコロマ・コーヒー農園日帰り見学ツアー(毎日催行)

|

トヨタ「夢の車アート・世界コンテスト」でコロンビア人少年がファイナリスト入り

世界70ヶ国以上の国と地域で毎年開催されている「トヨタ・夢の車アートコンテスト」で、年齢別部門のファイナリスト10人の中にコロンビア人少年Dilan Gonzalez君(10)が選出されました。この夢の車アートコンテストは勿論日本でも、そして当地コロンビアでも毎年実施されているものです。詳しくは下記をご参照下さい。

トヨタ・夢の車アートコンテストサイト

Img_11692Img_11732Img_11742

こちらは日本で行われる表彰式に出席する為の渡航前打ち合わせ時の様子です。トヨタ・コロンビア社より特製のバッグが贈られました。

Img_11761Img_11791

日本への出発当日の模様です。当日はCARACOL TVの「Sabados Felices」という番組が取材に来ていました。どうやらコロンビア国内コンテストの時点から取材していたようです。一行は無事に日本へ旅立ち、表彰式に臨む事が出来ました。

当社ANDES TOURSは今でこそコロンビア国内ツアーも手掛けていますが、元々は企業・個人向けの航空券予約・販売を主業務としており、訪日手配業務も当社の受託事案です。今回の一行の訪日航空券も当社が手配を受託させて頂きました(JTBグローバルマーケティング&トラベル・JTBGMT社より受託)。

今回の手配でDilan君へ航空券に「夢」を乗せて日本までお届けした事をとても嬉しく思います。また、トヨタ様並びにトヨタ・コロンビア様にはこのような機会を与えて頂きました事に御礼申し上げます。来年は、我が子達もコロンビア国内コンテストに参加させようかと考えています。小さなお子様をお持ちの読者の皆様も、来年は是非トヨタ・夢の車アートコンテストに応募してみて下さい。

|

コロンビアを代表する建築家、ロヘリオ・サルモナの建築物を訪ねて

先日ご案内通り、日本からご来訪中のお客様と共に、コロンビアを代表する建築家である"ロヘリオ・サルモナ(Rogelio Salmona)が手掛けた建築物の数々を視察しました。

Img_1170 Img_1190 Img_1184 ヴィルヒリオ・パルコ公立図書館(Biblioteca Publica Virgilio Barco)です。ここは首都ボゴタ最大の面積を持つ「シモンボリーバル公園」に隣接した建物です。

実の所、私はこの公立図書館に初めて足を運びました。サルモナ独特の、円形・そして流れるようなラインが特徴の建物です。また、建物を貫くように「水の流れ」が表現され、よく整備されています。建物に丸みがある分、直線・直角の建物よりも落ち着きがあります。それにしても首都ボゴタには実に数多くの図書館がある事に驚かされます。その点でボゴタ市民は恵まれているように思います。

Img_1201 Img_1231 Img_1243 先日ご紹介しました旧市街地区にある「ガルシア・マルケス文化センター(Centro Cultural Gabriel Garcia Marquez)です。こちらも円形・流線型の建物です。

このガルシア・マルケス文化センターは今まで何十回と「通り過ぎた」事はありますが、興味と関心を持って内部に入ったのは今回が初めてでした。

Img_1272 Img_1274 こちらもボゴタ旧市街地区にある「ヒメネス通りの景観」です。これもサルモナが手掛けたものです。

この場所はそれまで車が行き交う通りでしたが、2000年にトランスミレニオ新交通システムが開通した際、ここを通行止めにして水の流れを表現しています。これも流れるようなデザイン、そして所々に丸みがあります。

Img_1291 Img_1277 Img_1278 左画像手前に見えるのが「サンタマリア闘牛場」そしてその向こうの高い建物が、サルモナが手掛けた「パークタワー(Torre del Parque Residencial Complex)」です。

場所によっては闘牛を見る事が出来る環境にある、緑に囲まれたこのアパート群も彼が手掛けたもので、彼は実際住んでいたそうです。

Img_1262 Img_1259 大統領府からほど近い場所にある「国立公文書館(Archivo General de la Nacion)です。建物全体を撮影する事は出来ませんでしたが、内部に入るとぐるっと囲むよう、完全な円形に設計・建築された造りにサルモナらしさを感じました。

公文書館という建物というよりも、やはり一つの「芸術作品」ですね。

まだ他にもありますが、代表的なものをご紹介しました。

|

ボゴタ旧市街地区、ガルシア・マルケス文化センターで「日本人形展」開催中

昨日日本から来訪されたお客様の為に、コロンビアを拠点に活動したラテンアメリカを代表する建築家であったロヘリオ・サルモナ(Rogelio Salmona、1927-2007)が手掛けた建築物を、数日間御案内します。

サルモナが手掛けた建築物のうち、後年のものは建物全体が丸みを帯びていたり、流れるようなデザインが特徴です。そして建物の中の「水」のエリアがとても美しく感じられます。この「サルモナの建築物」については、また改めてご紹介します。

Img_1214 Img_1208 ボゴタの旧市街地区にあるこの「ガルシア・マルケス文化センター(Centro Cultural Gabriel Garcia Marquez)も典型的なサルモナ監修建築物の一つです。カテドラルから1ブロック東にあるこの建物内で、2011年9月30日まで国際交流基金・在コロンビア日本大使館主催の「日本人形展」が開催されています。ちょうど良い機会でしたので、見学してみました。

Img_1216 Img_1217 コロンビアの首都ボゴタは「文教都市」と称される事があります。市内には図書館や文化・教育施設が数多くあり、このガルシア・マルケス文化センターも、ノーベル文学賞作家である彼の名をそのまま命名しただけあり、実に立派な施設です。

この中で開催中の日本人形展ですが、ユニークだったのは展示会場まで「草履」の足跡で順路を案内しているのです。

Img_1238 Img_1232 Img_1218 展示会場も「サルモナ風」の曲線美を活かした造りです。同じ建物でも丸みを帯びていると直線のものよりも落ち着く感じがします。この中に数多くの日本人形やこけし、羽子板などが多数展示されています。

私とお客様、双方にとって「偶然」だった日本人形展ですが、日本文化の質の高さを改めて認識しました。

Img_1236 Img_1237 Img_1222 コロンビアにおいてかつて日本人形の数々を展示した催しがあったのか記憶にありません。実は私の実家がある町は「人形の町」として江戸時代から有名な所です。久しぶりに日本人形の姿に触れました。

私の実家は日本人形とは関係ありませんが、通学の途中の道沿いには数々の日本人形店が軒を連ねており、そういう意味では日本人形には昔から接していました。

Img_1225 Img_1226 Img_1227 そしてご覧の通り、こけしや羽子板なども展示されています。日本の伝統文化の素晴らしさですね。

ボゴタ在住の皆様、そして期間中にボゴタを訪れる方々、是非ともこの日本人形展を御鑑賞下さい(入場無料)

Img_1209 Img_1210 ガルシア・マルケス文化センターの最上階から望むボゴタ旧市街の町並み、こちらもなかなかのものです。当社ANDES TOURSでは、通常の旧市街地区観光の他、このような「寄り道」をしてちょっとした見所も御案内しています。

|

コロンビアコーヒーイメージキャラクター"Juan Valdez"誕生50周年

メデジン市の紹介を続ける前にちょっと話題を変えます。
コロンビアと言えば何と言っても「コーヒー」を思い浮かべる人が多いと思います。世界第三位の生産量を誇るコーヒー豆の産地・コロンビアにある国の機関が「国立コーヒー生産者連合会(FNC)」で、そのFNCが創り上げたイメージキャラクター・それが"Juan Valdez(ファン・バルデス)です。

Img_6520 このJuan Valdezが今年で「50才」の誕生日を迎え、8月26日にサントス大統領も出席し、FNC本部前にある直営カフェテリア"Juan Valdez Cafe"にて「誕生50周年式典」が行われました。サントス大統領も元はと言えばこのFNCに在籍していた「コーヒー業界関係者」であり、古巣の行事に大統領として出席されて感慨深かったのではないかと思います。

Img_6524 こちらが式典が行われたJuan Valdez Cafe1号店(多分本店だと思います)です。先日ご紹介した"JW MARRIOTT BOGOTA HOTEL"の一角にあります。撮影したこの日には「世界を駆けるJuan Valdez」と題して、まさに世界中で撮影されたJuan Valdezの写真が掲げられていました。ちなみにFNC本部とこのカフェテリアは当社から徒歩すぐの場所にあります。

Img_6523 こちらがJuanValdezを演じている「カルロス・カスタニェーダ」さんです。彼は2007年からキャラクターを演じており、彼で「3代目」です。現地の典型的なコーヒー農民の姿で、世界中で行われるコロンビアコーヒーのキャンペーンには必ず姿を現わします。

Img_6521 そしてこちらが先代のカルロス・サンチェスさんです。このサンチェスさんは実に36年もの長きに渡りJuan Valdezを演じ続けました。ちなみに隣には「ロバ」がいますが、このJuan Valdezとロバの組み合わせで一つのイメージキャラクターとなっています。ですので、ロバは世界中どこにも「ついて行く」事になっています。

しかし何故ロバが一緒か・・・それはコロンビアではコーヒーの木々は車が立ち入れない急な斜面に沿って植えられており、収穫した実が一杯詰まった籠や麻袋を運ぶのに、今でもロバや馬などの存在が欠かせない為です。

ところで、私自身今の今まで知らなかったのですが、このお伴のロバ・実は「メス」で"Conchita(コンチータ)"という名前がちゃんとあるのだそうです。

Img_6522 この画像の左に「ロゴマーク」がありますが、ここにはJuan ValdezとロバのConchitaの姿がありますよね。これが正式なものです。Juan Valdezが登場して以来、コロンビアコーヒーの宣伝・イメージアップにつながっている事は間違いありません。そしてこの50年間でコロンビアコーヒーは品質・生産量共に飛躍的向上を遂げました。

我々日本人も趣向の変化で今や世界トップクラスの「コーヒー消費大国」に位置付けられていますね。当地では業界最大手の三菱商事を始め、伊藤忠商事・丸紅・三井物産など大手総合商社各社が日本へのコーヒー生豆輸出を手掛けています。

Juan Valdezのオフィシャルサイトはこちらです。トップページにはやはりロバも一緒です。皆さんもコロンビアへお越しになられたら、是非とも「本場のコーヒー」を堪能して下さい。

Juan Valdezオフィシャルサイト

|