カテゴリー「スポーツ」の記事

侍ジャパン惜しくも連覇を逃す、それでも彼らはサムライだった

予選ラウンド・そしてスーパーラウンドを全勝で突破し決勝に臨んだ我が侍ジャパンでした。

Img_4612Img_4616_2 Img_4618

決勝の相手は予選ラウンドで快勝したメキシコでした。前回大会でも勝利しており、侍ジャパンにとっては負けられない相手でした。しかしこの日の侍ジャパンはそれまで8試合で比較的好調だった打線がメキシコの投手を全く打てず、9回まで一安打に抑え込まれました。対するメキシコはヒットを打つものの侍ジャパン守備陣の好守やファインプレーに阻まれ、結局9回を終えて両チームともに無得点、勝負は「タイブレーク(無死一二塁のからの攻撃を設定)」に持ち込まれました。

タイブレークでそれまでの数試合できっちりと仕事をしてきた成田投手(ロッテ)がついに打たれ二失点、これでかなり厳しくなりました。対する侍ジャパンは内野ゴロの間に一点を返し、二死満塁であと一本が出れば同点という場面で一点が取れず、ついに決勝戦でこの大会唯一の一敗・それが連覇を逃す準優勝となりました。

Img_4622 Img_4625 Img_4626

連覇を目指してひたすら勝ちにこだわってきた我が侍ジャパンでしたので、敗戦後は全員が茫然自失となりました。それでも彼らは決勝戦・最後の最後まで「サムライ」でした。観客全員、白熱した試合に満足された事と思います。私は今回のU23ワールドカップの為に過去最長に近い15日間首都ボゴタを離れ長期出張し、稲葉監督以下約40名のスタッフ・選手達と共に過ごしました。私も優勝を信じてこの決勝戦に臨みましたので、敗戦の瞬間・そしてブログ記事を書いている今もやり切れない思いです。

Img_4460 Img_4541 Img_4542

余談ですが今回のワールドカップに臨むにあたり、侍ジャパン選手達の活力源となった秘策の一つが「ご飯」でした。役員の方が日本から10合炊きの炊飯器を持ち込み、私は首都ボゴタからカリフォルニア米100kgを発送して選手の皆さんが三食ご飯を食べられるような環境を作りました。これについては稲葉監督以下皆さんから感謝されました。選手の方々も異国の地で炊きたてご飯を食べられると喜んでいました。

私の日々の仕事の一つが「炊飯担当」でした。普段8合・10合などというご飯を炊く事はありませんので、上手く炊けたか釜を開ける瞬間に妙な緊張感があったのが今では良い思い出です。

Img_4519 Img_4601 Img_4602_2

今回、私は侍ジャパンから応援用ユニフォームを頂戴しました。そして大会終了後、日本から遠路持ち込まれた大量の練習球は開催地バランキージャで野球指導隊員として活動されているJICA(国際協力機構)青年海外協力隊員の方を通じて、野球少年達に寄贈されました。さすがサムライ達です。

今回、15日間首都ボゴタを離れて40名近いチーム侍ジャパンの方々と寝食を共にし、8試合は勝利して皆さんと共に喜び合いました。この間私自身の本来の業務は殆ど手が付けられず、各方面に御迷惑をかけてしまいました。それにより失ったものもありましたが、それにも増して侍ジャパンの方々と共に過ごせたのは私にとって良い思い出になりました。

宿泊ホテル数十室×13泊、加えて専用バンやトラックを期間中借り上げるなどした為、手配金額としてはかなりのものになりました。それより彼らと共に過ごせた事が私にとっては大きな喜びでした。有難う、サムライ達!

|

スーパーラウンド、ベネズエラ・ドミニカに勝利し全勝でいよいよ決勝戦

快進撃を続ける侍ジャパン。スーパーラウンド第二戦は予選リーグで共に全勝突破したベネズエラとの対戦でした。

Img_4571 Img_4572 Img_4574

この試合では初回にいきなり3ランホームランを浴び、正直これはヤバいと思いました。その裏すぐに侍ジャパンが2点を返した後、同点に追いつきました。これで息を吹き返し、決めは特大の3ランお返しで6-3の勝利を収めました。いきなり冷や水を浴びせられましたが、結果的には完勝出来て何よりでした。

この勝利により侍ジャパンは前回2016年大会に続き決勝進出を決めました。

Img_4581 Img_4584 Img_4590

そして迎えた第三戦はドミニカ共和国との対戦でした。既に決勝進出を決めていたのである程度余裕がありましたが、それでも侍ジャパンは決して気を抜く事なく、この日も4-0という完封・快勝でした。これにより三戦全勝でメキシコとの決勝を迎えます。

決勝戦は28日19:00(コロンビア時間・日本時間29日9:00)開始です。

|

侍ジャパン、予選ラウンド全勝・決勝ラウンド第一戦韓国に勝利

記事が開きました。この間、侍ジャパンは第四戦のオランダ戦に5-0で完勝、そして第五戦は開催国コロンビアとの対戦、これも7-2で勝利し、決勝ラウンド(スーパーラウンド)一番乗りを果たしました。

Img_4536 Img_4547 Img_4549

こちらはオランダ戦の画像です。オランダ戦と言っても選手の大半はカリブ海に浮かぶオランダ領・キュラソー島出身の選手が大半でした。それまで「なぜオランダが野球?」と思いましたが、選手の顔を見てその疑問が払拭しました。

この試合は日本が初回に一挙5点を奪い、その後完封リレーで快勝しました。

Img_4552 Img_4553 Img_4555

こちらは予選ラウンド第五戦・最後の試合となった開催国・コロンビア戦です。試合結果は7-2と大差がつきましたが、途中まではかなり厳しい試合でした。日本の試合では球場のどちらかでチームごとのファンが集まっていて、完全アウェーで試合をする事はまずない筈です。それがこの日は球場内の全観客はコロンビアチームを応援していました。

そのような異様な雰囲気を選手達は経験していない為か飲まれてしまい、予選ラウンドで初めて初回失点を喫し、その後もかなり追い込まれていました。結果としてはコロンビア側の投手継投策が裏目に出て、すきを逃さず徐々に追加点を入れて勝つ事が出来、これで全勝のまま次の決勝リーグ(スーパーラウンド)に進出しました。

Img_4563 Img_4566 Img_4565

そして迎えたスーパーラウンド第一戦、この日の相手は予選B組(日本はA組)三位の韓国でした。実力差が殆どない韓国との対戦は試合前から接戦が予想されましたがまさにその通りで、先制点・追加点を取った日本に韓国がどんどん追い上げ、侍ジャパンは終始ランナーを背負う嫌な展開が続きました。一時は本当に危ないと思った場面が何度もありましたが、好送球でホームタッチアウトが複数回あるなど、守備陣の度重なる好守もあり韓国に3-2で勝利しました。この勝利は侍ジャパンにとって非常に大きなものでした。

|

侍ジャパン予選リーグ三連勝

稲葉監督率いる「侍ジャパン」は強豪台湾との試合に3-1で勝利、そして三試合目は前日のオランダ戦で14-7と打ちまくった強豪メキシコ相手に7-2の大勝でした。これでリーグ三連勝です。

Img_4515 Img_4516 Img_4520

左・中画像はワールドカップ会場のEdgar Renteria(エドガー・レンテリア)スタジアムです。地元の英雄・元大リーガーの名を冠した球場です。

週末には首都ボゴタから三名の「私設応援団」が遠路遥々お越し頂き、声援を送られていました。右は侍ジャパンからの進呈品である「応援グッズ(ユニフォーム)」です。応援団の方々も週末の強豪相手の試合に二連勝・快勝で嬉しかった事と思います。

Img_4523 Img_4527 Img_4532

左画像はホテル出発前に見えた朝焼けです。中画像は総勢約40名に及ぶ侍ジャパンの為の大型バス+バンです。他国と比較して約1.5倍の人員で構成されている侍ジャパンは主催者側手配の大型バスに加えて専用バン+荷物専用のトラックを連日チャーターしています。そして右画像は侍ジャパンのチームドクター+チームトレーナーで、今回のワールドカップに帯同しています。

侍ジャパンの予選リーグは好調です。予選三試合で計23得点・三連勝と圧倒的な強さを誇っています。このまま勝ち続けていて頂きたいです。

|

野球U23ワールドカップ開幕・侍ジャパンは初戦大勝

いよいよ野球のU23ワールドカップが始まりました。日本代表「侍ジャパン」は初戦の南アフリカ戦で13-0(7回コールド)と大勝し、初陣を飾りました。

Img_4507 Img_4508 Img_4510

私は自分の持ち回り業務がありましたので試合を直接見る事はなく、裏で実況中継を見ていました。初戦で緊張した所はあったと思いますが、ふたを開けてみれば13得点の大勝でした。この調子でまずは一次リーグ突破をしてほしいです。

|

野球日本代表チーム「侍ジャパン」コロンビア来訪

10月19日からバランキージャ市で開催される野球のU23ワールドカップに出場する日本代表チーム「侍ジャパン」の皆さんがコロンビアに到着しました。

Img_4420 Img_4421 Img_4422

約40名の選手・スタッフという構成は他国チームの約1.5倍です。前回2016年大会の優勝国・日本は気合が入っています。総計90個を超える荷物とともに到着しました。荷物が一つもロストする事なくバランキージャに到着したのは「奇跡」でした。また、こちらで事前に綿密な準備をしていた為、空港出発からホテルの部屋に入るまで実にスムーズだったとお褒めの言葉を頂きました。

Img_4423 Img_4426 Img_4441

二日目は正午から会場となるEdgar Renteria(エドガー・レンテリア)スタジアムで練習を行いました。到着した際はカンカン照りで暑いほどの日差しでしたが、その後約1時間で天気が急変し、グラウンドでの練習を終える頃には滝のような大雨に見舞われました。何しろ市内の道路が流れの早い川と化したほどでしたので相当な豪雨でした。

Img_4437 Img_4435 Img_4436

左画像は侍ジャパン・稲葉監督(右・元日本ハム)と仁志コーチ(左・元巨人)のお二人です。選手達の調子をチェックされていました。

Img_4428 Img_4443 Img_4445

選手達のロッカールームです。なかなかこのような場に居合わせる機会はありませんので貴重な経験をしています。練習を終えて帰る際にはゴミ一つ残さず「道徳の精神」に則って綺麗にして出で行きました。

今後、日本代表・侍ジャパンの動向を適時投稿していきます。お楽しみに。

|

侍ジャパン(野球)いざ、コロンビアへ・U23ワールドカップ開催

10月19日から28日までバランキージャで開催される野球の第二回WBSC U-23ワールドカップに出場する日本代表・侍ジャパンの選手が発表されました。

侍ジャパン・公式ページ・第二回WBSC U-23ワールドカップ出場メンバー発表サイト

前回(2016年)第一回大会の優勝国である日本は連覇がかかっています。私も期間中バランキージャへ出張し、皆さんのサポートをします。侍ジャパンの応援、宜しくお願いします。

Img_4324

|

侍ジャパン(野球)コロンビアへ。U23ワールドカップ開催

稲葉監督率いる「侍ジャパン」が野球のU23ワールドカップ(10月19日から28日まで開催)出場の為、コロンビア・バランキージャを訪れます。

元記事(一定期間の後に削除されます)は→こちら

Img_4117 Img_4118 Img_4122

コロンビア第四の都市・バランキージャは大河・マグダレナ河の河口に位置し、カリブ海はすぐ近くです。町は新旧・貧富が混在し、いわゆる新市街地区は開発が進んでいてまるでアメリカのどこかの都市のような光景です。また、有名な歌手「シャキーラ」に代表されるように何故か中東系の移民がとても多い所です。

当社ANDES TOURSではメディアその他の方々向けに現地での日本人スペイン語通訳・取材コーディネーター・案内ガイドなどの手配が可能です(全て他都市からの派遣です)。当社ANDES TOURSは複数の日本人を手配出来るコロンビア唯一の旅行会社です。

|

サッカー日本代表の皆さん、コロンビア戦快勝おめでとうございます

いやぁ、まさか強豪コロンビアに快勝するとは夢にも思いませんでした。サッカー日本代表の皆さん、おめでとうございます。コロンビアより心からお祝い致します。

事前の予想では誰がどう考えてもコロンビアが圧倒的優位だった筈です。私は当地コロンビアに住んで仕事をしていますが、かといって日本とコロンビアどちらを応援するかと言えば微塵の迷いもなく「日本」です。しかしながらどう考えても日本に勝ち目はないと思っていました。逆に当日は何点差で負けてしまうのだろうと、実は憂鬱でした。完全アウェーの中(当たり前ですね)日本が大敗すれば、数日間は周囲からいじられるだろうなと、戦う前から意気消沈していたのです。

しかしながら蓋を開ければ日本の快勝・それもあの強豪コロンビアを相手に試合を優位に進めるなど全く予想だにもしませんでした。この場を持ちまして、日本代表の皆さんに「勝てる見込みはない」と思っていた事を深くお詫びします。

Img_3831 Img_3835 Img_3836

先日の客船「飛鳥II」寄港時の画像の使いまわしになります。私は遠く離れたコロンビアにいても100%日本人です。祖国日本の勝利は非常に喜ばしく思っています。今回の初戦は偶然にも現在私が住んでいるコロンビアとの対戦になりましたが、日本の快勝を心から祝っています。

|

アンティオキア県メデジン市でパラバドミントン国際大会開幕

先日コロンビア第二の都市・メデジン市に出張しましたが、その理由はタイトル通りです。

Img_0775Img_0805

身体障がい者バドンミトン国際大会である「1st Colombia Para-Badminton International 2016」が12月6日から9日まで開催され、遥々日本からも15人の選手団が到着されました。先日の出張目的は、日本選手団到着前の諸手配調整を兼ねていました。

日本障がい者バドミントン連盟公式サイト

コロンビアでは初めて開催されるこの国際バドミントン大会、直前に二件の事件・事故により悲劇の町としてメデジン市の名が日本で報道された為、正直影響を気にしていたのですが、無事に到着されて何よりでした。これから始まる大会において日本選手団の活躍に期待したいと思います。

|

より以前の記事一覧