カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

コロンビア産カットアボカド、全国のセブンイレブン店舗で発売

メデジンの工場で加工・冷凍処理されたコロンビア産カットアボカドが関東の一部店舗を皮切りに、5月には全国のセブンイレブン約20,000店舗で発売されます。
Aguacate-colombia-711 Aguacate_colombia_1
左画像は長年懇意にしているコロンビア人実業家で㈱アスク(東京)社長のエドゥアルド・カルデナス氏自ら撮影されたもので、画像の使用許可を得ています。右画像は実際にカットアボカドを購入・試食された方のコメントです。現在首都圏のセブンイレブン一部店舗で発売中のようです(一袋130g入り・213円)コロンビアと言えば「コーヒー」近年では「カカオ豆」などが日本に入ってきています。一番最近では「ハス(Hass)」という種類のアボカドも日本へ輸出されています。アボカドの生産国と言えばメキシコが巨大市場ですがコロンビアも実はアボカドの生産国であり、世界各地へ輸出されています。

私もそうですが、アボカドは切ってみないと食べ頃か否かが分からないというリスクがありますが、このカットアボカドは食べ頃だけのものを選んで2.5玉分入れているのではずれなし・お得感があると思います。コロンビア産カットアボカド、お近くのセブンイレブンで見つけたら食べてみて下さい。

|

苦境に立つ首都ボゴタ・コロンビアの飲食業界

7月に入りコロンビアにおけるコロナ禍は益々悪化を続けており、一日あたりの新規感染者数は平均して3,000-4,000人前後で推移しています。首都ボゴタにおけるICUの稼働率は最高警戒の目安である75%をついに突破してしまい、80%に近づく勢いです。かなり深刻な状況に陥ってきています。市内南部を封鎖して住民の外出を禁止するなどの措置を講じていますが、効果は殆どないと言えます。あらゆる業界が深刻な状況に陥っていますが、レストラン・カフェなどの飲食業界もかれこれ3ヶ月以上座席提供による営業が禁じられていて、壊滅的危機の際たる業界の一つです。
Img_7748 Img_1652 Img_7749
先日衝撃的なニュースが飛び込んできました。おそらく首都ボゴタ・そしてコロンビアのレストラン業界にとっても悲劇的な一報でしょう。市内にある高級コロンビア料理レストラン「Club Colombia」が廃業(閉店)を発表しました。コロンビアにおけるカリスマシェフ、Harry Sassonが手掛けたこのClub Colombiaは政財界の名士達御用達の場であり、接待・社交の場として長年高い地位を保ち続けていました。私も日本からの観光その他でコロンビアを訪れた個人・団体での日本人の方々を数多くご案内した場所だけに、コロナ禍による閉店決定のニュースに愕然としました。
Img_7750 Img_7759 Img_3110
古い館をそのまま利用した店内は高級感にあふれていました。基本は庶民的な味であるコロンビア料理を優雅な雰囲気の中で味わえた数少ない・と言うか、ほぼこのClub Colombiaしか選択肢がなかったのですが、ここが閉店はあまりにも痛すぎます。
Img_4299 Img_4275 Img_4290
また、以前このサイトで紹介した中華料理レストラン「徳信酒家」もコロナ禍の影響をまともに受けて廃業しました。左画像の店舗は現在もぬけの殻で店の看板・内装が全て取り払われました。ボゴタ市内の中華レストランは料金が極端に高いか・不味いか・場末過ぎてどうしようもない所が大半の中、本場から呼び寄せた料理人が作る品々がそこそこの金額で美味しく食べられる数少ない店舗だっただけに、こちらも廃業に接しショックに打ちひしがれています。

この他、画像はないのですが首都ボゴタにあった「ハードロックカフェ」も6月末をもって閉鎖となりました。座席が提供出来なければ店として何も出来ないのですから必然的に廃業する運命にありました。
Img_74281 Img_74071
ボゴタ市内だけで300店舗以上を展開・3,000人以上の従業員を抱えている一大カフェチェーン「Tostao」もコロナ禍の影響をまともに受けています。報道発表ではコロナ禍による外出禁止・自粛令発令で座席提供が出来ずテイクアウトのみでの営業によりそれまでの平均売上高と比較して85%以上の減少となっているとの事です。

私がこの他に気になっているのは、観光スポットである旧市街地区におけるレストランの状況です。ボゴタ観光の途中で昼食を取っていた複数のレストランは現在どうなっているのか・・・観光客が皆無の現状では厳しいなどというレベルではないと思います。かく言う私もかれこれ三ヶ月以上「仕事場」である旧市街地区に行っていません。厳しすぎる日々です。


|

コロンビアを代表する観光地カルタヘナに初の本格日本食レストラン「わさび」オープン

カルタヘナといえばコロンビアを代表する国際観光都市であり、国内外から多くの観光客が訪れる一大観光地です。ここではフレンチ・イタリアン・シーフードやフュージョン系料理などが味わえます。寿司を中心としたレストランもここ数年で随分増えましたが、いわゆる本格的な和食の店は今まで一軒もありませんでした。そんな中で初めてオープンした本格日本食レストランが、世界遺産旧市街地区・サンディエゴエリアにオープンした「わさび」です。
Img_7019 Img_7021 Img_7023
こちらがわさびの入口と店内に入ってすぐのイメージです。人通りの多い小道沿いにあります。道幅が狭い為、バンやバスなどでたどり着くのは不可能です。また、この通りはタクシードライバーに聞いても誰一人として分からない為、付近にある「カルタヘナ大学」が目安となります。店構えからして既に本格日本食レストランである事が一目瞭然です。そして店内に入ってビックリ、まるでどこかの高級寿司店に入ったようでした。
Img_7024 Img_7022 Img_7025
オープンして間もない為か、木材をふんだんに使った店内にはほのかに木の香りが漂っていました。カルタヘナは年間を通じて暑い土地柄であり外は熱気がムンムンしていますが、店内に入れば落ち着いた雰囲気を感じ取る事が出来ます。
Img_7032 Img_7031 Img_7034
メニューは寿司各種の他、一品料理も数多くあります。カルタヘナ市内の他の寿司レストランの寿司はほぼ全て巻き寿司系ですが、こちらのワサビでは握り・押し寿司・てまり寿司などがあり、他の店舗とは一線を画す内容です。また、一品料理も充実していますので酒のお供に最適かと思います。
Img_7028_20200216094401 Img_7039_20200216094401 Img_7040_20200216094401
私の今回のカルタヘナ訪問は専属ガイド業務で夜はお客様と共に食事をしましたので、空いたのはお客様のカルタヘナ到着前・カルタヘナ出発後の昼食時間帯の二回でした。その為、ランチタイムのみ提供している昼定食二種を頂きました。最初はオーナー氏がカルタヘナ市内で漁師から直接仕入れて自宅で干した「サワラのみりん干し定食」でした。
Img_7152 Img_7150 Img_7156
そして二回目・出張最終日に頂いたのが「鶏てりやき定食」です。いずれの昼定食も日本製のかき氷製造機を使ったかき氷がデザートとして出てきます。失礼ながら見た目「青のり」に見えたのは「手作り抹茶シロップ」でした。この他、冷茶・若しくは熱いお茶のいずれかを選択する事が出来ます。お茶付き・デザート付きの定食とは嬉しいです。カルタヘナで日本食を頂くならわさびをお勧めします。(わさび・フェイスブックページは→こちら)


|

店名は明かせない(笑)ボゴタの街並みと美味しい食事を楽しめるレストラン

日本から来訪されるグループをフルアテンドするにあたり、全日程のレストランとメニューを選定する必要があって色々と調べていた中で、今まで全く知らなかった所があり先日下見(味見)をしてきました。
Img_5999 Img_5978 Img_5987
ビルの最上階にあるこのレストラン、タイトル通り店名は明かせない(笑)ものの自分なりの評価としてはとても高いものでした。この日はあいにくの空模様で視界があまり良くありませんでしたが、それでもこのレストランから見えたボゴタの街並みはとても素晴らしいものでした。ボゴタ市街地のレストランとしては最も高所にあるのかもしれません。左画像は市内中心部に向かっての風景、中画像は市内北部に向かっての風景、そして右画像では「モンセラーテの丘」も見えます。
Img_5989 Img_5986 Img_5977
店内はこんな感じでした。この日は平日の昼過ぎでしたがボゴタの景色が一望出来るテーブル席は概ね殆どが予約席でした。勿論我々も事前予約した上で訪れました。
Img_5990 Img_5992 Img_5991
まずレストランから見える素晴らしい景色は高評価、そしてグループ向けに提供予定の同じメニューを味見してみました。左画像のカボチャのスープ、これは一口食べて「合格」でした。コロンビアの料理は味付けが濃いのが大半の中、このカボチャのスープは日本人好みのあっさりした薄味・且つやけどするほど熱い状態で出てきました。これは美味しかった!

中画像はメイン(白身魚)で、付け合わせのココナッツライスは当日に提供しない(本当は白ご飯)でしたが、まあいいやとそのままにしました。このレストランはどういう理由なのかよく分かりませんが、コロンビア・カリブ地方でよく食される品(ココナッツライスや揚げバナナその他)がメニューに盛り込まれています。という事で食べてみた白身魚は柔らかくて臭みがなく、素焼きに近い状態でこれも日本人好みの薄味でした。これも合格の味でした。

右画像は予備的にビーフを注文したものです。見た目は固そうに見えますが、切ってみるとこれまた日本人好みの焼き具合でした。焼き具合については"Azul(アスール・日本語では青)"と言うと、約四分の一位に火が通って中の部分までは入っていない状態で出てきます。正直焼き具合と味については期待していなかった分、塩だけで味付けした(ように思いました)あっさりとした味と上手い焼き方に驚きました。
Img_5994 Img_5995
こちらはデザートの「アイスクリーム三種」です。向こう側はバニラ、下に沈んでいるのは「マラクジャ(パッションフルーツ)」これらは他の店でも食べる事が出来ますが、手前の黄色いアイスクリームの味が何とも言えない不思議なもので、どうしても分からず店員に聞いた回答が「チョンタドゥーロ(Chontaduro)」でした。これには驚きました。チョンタドゥーロは首都ボゴタですと手押し荷車に山と積まれて路上で売られていて、皮をむいた状態では「柿」に似ており、独特の臭いを発するヤシ科の植物の実です。チョンタドゥーロを使ったアイスクリームは生まれて初めて口にしました。このアイスクリーム三種もまたあっさりとした味でした。

この「店名を明かせないレストラン」のメニューは全てが薄味で全くもって合格点・高評価でした。今までノーマークで観光ツアーの昼食場所として採用しなかったのを悔やんだほどです。更には素晴らしい景色を堪能出来る立地ながらランチメニュー(20,000コロンビアペソ・約670円)もあり、コスパ最高です。私はこのレストランをお勧めします。但し店名は明かせませんが(笑)

|

ボゴタでの食生活向上計画

前回ご紹介しました通り、ボゴタ市内北部に日本食材や魚介類を取り扱う「Hipermar」新店舗がオープンしました。この新店舗開店により付近にお住まいの日本人の方々などは随分便利になったのではと想像します。

Img_2311 Img_2315

それに合わせてという事ではありませんでしたが、今回の一時帰国の際に調達・持ち帰った様々な品々の中の一つがこの「土鍋炊飯器」です。この土鍋で約一合のご飯を炊く事が出来ます。ボゴタにお住まいの日本人の方々は昨今どんどん増えているようですが、土鍋でご飯を炊いているお宅はさすがに少ないのでは。

私はカリフォルニア米を炊いていて、これはいわゆる日本の米とは若干異なるので同じような食味は出せませんが、それでも 土鍋で炊いたご飯はなかなかイケる味です。

Img_2310Img_2313_2 Img_2318_2

Hipermarの新店舗は私にとっても便利な存在になりました。店内には魚介類も並んでいて、その中で目に付いた一つが左画像にあるロブスターの赤ちゃんのようなものです。このエビは店員に申し出れば、例えば「10個(Diez Unidades)」など数(Unidad)指定で購入する事も出来ます。 早速このエビを使ってダシを取り、味噌を加えて頂きました。磯の風味がしてこれはメチャうまでした 土鍋炊きご飯と共に「小料理あらい」の新メニューに加えます。

Img_2322 Img_2319 Img_2320

今回の新店舗開店に合わせて新たに仕入れた日本食品の中には、前回もご案内しました和菓子などもあります。以前限定品として一部の方々に販売した品々です。左の大福餅は意外な事に日本人だけではなく、中国・韓国人の他にコロンビア人も結構買っているようで、私が店内にいた際にちょうどコロンビア人男性が買っていきました。コロンビア人はいわゆる「甘い豆 」は決して受け入れないと思っていたのですが、意外でした。

中画像の「ポッキー」、ボゴタでは既に一部店舗で韓国製の同じような製品が販売されています。それは承知していて、前回一時帰国の際に日本でポッキーを買ってHipermarにお土産として渡して「これは売れるから」と進言して、今回の仕入れ・販売となりました。ポッキーはコロンビア人の「コスプレ」関係者には有名な存在である事を知っていますので、売れると信じています。

今回入荷の「日本のスイーツ」系で一番数が少ないのが右画像の「たい焼き」です。これは早い段階で品切れになると思います。お早目に買い置きしておいてください(笑)

それにしても、昨今の首都ボゴタにおける日本食材等の普及ぶりはめざましいものがあります。これからもどんどん向上すると良いですね。

|

ボゴタの日本食材店Hipermar新店舗オープン

首都ボゴタ在住の方々には有名な日本食材と魚介類販売店・Hipermarの新店舗が11月30日からオープンです。新店舗開店祝いのパーティーに招待され、行ってきました。
 
Img_20171129_182654737Img_20171129_190205733Img_20171129_191823038
 
新店舗は総五階建て、場所はボゴタ市内北部の高級住宅街エリアにあります。一階右奥が寿司レストラン、二階が店舗、そして三階以上はレストランです。
 
Img_20171129_183536705_1Img_20171129_183541598_hdrImg_20171129_193804992_hdr
 
二階店舗には様々な日本食材が並んでいます。以前に比べると品目数が格段に増えています。右画像は冷凍うどんです。以前は中国製でしたが、私が店側に「中国製は美味しくない、日本風のうどんに変えるべき」という助言を受け入れての販売です。これが結構なヒット商品になっています。あるレストラン(ボゴタの日本食レストランではありません)からは「あるだけ全て買い取りたい」との申し出があるらしく、さすがにそれは断っているらしいですが、その為一時的に品切れになる可能性もあります。
尚、製造元からのメッセージで「茹でる際に箸でほぐすと切れてしまうので、自然にほぐれるまで絶対うどんに触らないで」との事です。
その他にはまだ新店舗の店頭には並んでいませんが、紀文の「かまぼこ」「ちくわ」「なると」その他も到着しています。
 
Img_20171129_1917411781Img_20171129_1917561371
 
和菓子その他も新店舗オープンに合わせて入荷しました。冷凍たい焼きや大福、餅アイスなどがあります。この他、ポッキーも入荷しています。それ以外に今後日本のロッテから「コアラのマーチ」「雪見だいふく」も入荷予定です。ちなみにお菓子類は今回限定販売の為、品切れになり次第一旦販売終了予定です。

新店舗の営業時間は二階店舗・レストラン共に月~水曜が7:00AMから8:00PM、そして木~日曜日が7:00AMから9:00PMとの事です。遅くまで営業しているので私自身有難いと思っています。

|

コーヒーの国コロンビアのカフェチェーンの新風・TOSTAO'

タイトルにもあります通り、コロンビアと言えば誰もが思い浮かぶのが「コーヒー」でしょう。当地での主なカフェチェーンと言えば「Oma」、国内最大の「Juan Jaldez(ファン・バルデス)」そして世界的に有名な「スターバックス」が挙げられます。この三つのチェーンでもはや飽和状態かと思っていましたが、昨今首都ボゴタにてまさに破竹の勢いで出店を続けているのが「TOSTAO'」です。

Img_20170617_145836908_hdr1Img_20170618_120442335_hdr1

このTOSTAO'は2017年6月現在ではボゴタ・メデジンの二都市のみ展開しているカフェチェーンです。とはいえ公式ホームページを見ると既にボゴタ市内だけで130店舗以上と、すごい勢いで出店を続けています。当初私的にはノーマークだったのですが、意を決してリサーチしてみました。

Img_20170618_1201319931Img_20170618_1201571581Img_20170618_1151562791

このTOSTAO'が他のコーヒーチェーンと明らかに異なるのは、何しろ「全てが安い」これがまず第一に挙げられます。紙コップで提供されるブラックコーヒーが一杯たったの700コロンビアペソ(約27円)からという驚愕の安さです。その他カプチーノやラテ・エスプレッソなどいずれも激安です。これらの飲物は全て機械による自動抽出の為、店員は特別な研修を必要としないのでしょう。味は常に均一です。

更に特筆すべきがパン類の充実ぶりとその安さです。全店においてパン類は店内にて焼き上げているのでしょうか、安いパンは一個たったの500コロンビアペソ(約20円)からと、他のカフェチェーンでは有り得ないほどの安さです。焼き立てのバゲットがたったの1,500コロンビアペソ(約60円)、ちょっと待ってよという程の安さですがそれが結構美味しかったりします。

Img_20170618_1149160491Img_20170618_1149547641Img_20170618_1150247421

試しにコーヒー(7Ozで1,300コロンビアペソ・約50円)とチョコレートクロワッサン(2,100コロンビアペソ・約80円)を注文してみました。コーヒーがあまりにも安いので味については正直期待していなかったのですが、飲んでみると「えっ、美味しい」雑味・苦みのない味ははっきり言って他のチェーンのコーヒーよりも私好みの美味しさでした。これには驚きました。

クロワッサンの方は有名な店舗のそれに比べれば劣りますが、私的にはなかなかイケる味です。少なくとも場末のパン屋・コーヒーチェーンのものよりも味的には美味しいです。クロワッサンとコーヒーでたったの130円。他のチェーンでは不可能な安さ、それでいていずれも美味しいのですからこれには驚きました。

このTOSTAO'は店内で飲食が出来るスペースを持つ店舗はそんなに多くありません。立って飲食するか、或いはテイクアウトを基本としているようです。画像のこの店舗にはテーブルと椅子があって私は店内で飲食しました。その最中に訪れた客の全てはコーヒーを注文せず、パンだけを買って持ち帰っていました。つまりこのTOSTAO'はコーヒーチェーンでありながらパンが安く、しかも美味しいのが他のチェーンとは明らかに異なります。

Img_20170618_1249072701Img_20170618_1307030321

コーヒーが予想に反してあまりにも美味しかったので、店売りしている豆(500gで12,000コロンビアペソ・約480円)とバタークロワッサン(1,700コロンビアペソ・約65円)、ハム・チーズ入りパン(2,500コロンビアペソ・約100円)を買って持ち帰りました。

コーヒー豆は豆のまま(Grano)と挽いたもの(Molido)の二つのタイプがあります。私は豆のままを店にあるミルで挽いてもらいました。その場合には袋を一旦切るので後からビニールテープでぐるぐる巻きにされましたが 家で改めて飲んでみた所、炒り(焼き)がミディアムローストの為かインパクトが薄いですが、個人的には前述の二大カフェチェーンの豆よりもマイルドでしかも美味しいと評価します。また、持ち帰ったパン二種もこの安さである程度納得出来る味ですから、私的には評価出来ます。

TOSTAO'が展開しているカフェの新しいスタイルは「新風」とも言えます。街角でふとコーヒーが飲みたくなった時、加えてちょっと小腹が空いた時にこのTOSTAO'はお勧め出来る場所です。

|

南米コロンビアで日本の食品普及計画

2016年もあっという間に終わろうとしています。今年も例年と同じく可もなく不可もない、言い換えれば無難に毎日を過ごさせて頂いています。数日後から当地在住のお客様方が続々と御旅行や一時帰国などで当地を発たれます。またその逆に日本を含む国外から来訪されるお客様を迎えます。これも例年通りです。

我が家は大晦日・元日に旅行に出る事はありません。今や南米コロンビアで唯一の常勤日本人旅行業者となっている現状ですので、国内外のお客様が年末年始のご旅行を無事終えられた頃を見計らって家族旅行をする、いつもの事です。

Img_20161128_1228080441Img_0733

私の本業はあくまでも旅行業ですが、今年もいろいろ・ちょこちょこと副業(?)をさせて頂きました。その中で当地在住の日本人の方々に一番驚かれたのが日本の味をコロンビアへ上陸させた事でしょうか。代表的なものがコロンビアの歴史上初めて 大量上陸させたこの「納豆」でしょう。

先日納豆の販売を開始しますと告知した直後からすさまじいほどの「爆買い」状態となり、取り扱っている店舗の店員が皆口々に「この品物は何」「何でこんな大量に買うんだ」「買っていく人はどうやってこれを食べているんだ」と私に聞いてきました。3個入りを10パック・20パックのまとめ買いは想定していましたが、30パックまとめ買いと聞いた時には「えっ」と思い、更に40,50パックまとめ買いと聞いた時にはさすがに「え~~っ」という思いでした。一度は店員があまりの売れ行きに冷凍庫から一々出すのが面倒だったのか「今日はおしまい」と言ってしまったのが「在庫切れ」という話に変わり、噂が瞬時に在留邦人の方々の間で広まったらしく、何故か私が火消しをする事に。まあ、当分在庫はありますのでご心配なく(多分)

この納豆、最初にアメリカの会社から話を持ちかけられて販売店のコロンビア人社長夫妻に説明した時には「Natto?それは何?売れるのかねぇ」と実は乗り気ではなかったのですが「日本人には絶対相当売れる、自分が保証するから」と半ばごり押しして上陸させたものが、今や大ヒット商品となり喜んでくれています。社長さんが販売単価を下げる為にかなりの数量を発注した時には正直「これはちょっと頼み過ぎかな」と心配しましたが、無用だったようです。

一時は「私はこれを専業にしている訳ではありません」と釈明に追われましたが、確かに納豆の大量上陸は私にとっても嬉しい話でありました。当地在留邦人の方々、価格維持と継続入荷の為今後も「爆買い」に協力をお願いします。

Img_20161128_122813212_hdr1_2

Img_20161210_1704126901 Img_0858

そう言えば、納豆爆買いブームの中で納豆の隣にひっそりとたたずんでいる画像の「中華風(?)サラダ」。凍っているのでよく分かり難いですが実はこのサラダが「ヤバうま」です。私自身半信半疑で画像のタコ入りのサラダを買って食べた所「旨い」最近結構ハマっていてちょっとヤバいです。ちなみにタコ入りと燻製イカ(?)入りの二種類あります。買ってから冷蔵庫で解凍した後に食べてみて下さい。特に酒の肴にはうってつけです。私は元々日本酒党なのですが、このサラダで二合は軽くいけますね。

Img_0860 Img_0742 Img_0739

こちらは今回試験的に入荷したもので、ごく一部の限定した方々だけに販売させて頂いた和菓子(大福二種・どらやき)です。これらは今後どれだけ売れるのかまだ予測がつかないので、要検討です。ご購入頂いた方々からの感想を元に販売店へ進言したいと思っています。

今後、当地在留邦人の方々からご意見・ご要望を賜り、コンスタントに相当数売れ、更にはコロンビア人にも売れると見込まれる日本の味(無国籍のいわゆるインスタント食品ではないもの)を当地コロンビアに普及させていければと思います。ちなみに注目の一つは「日本の蔵元が作った極上日本酒」です。

|

納豆正式販売のご案内

先日の試験入荷以来、大分お待たせしてしまいました。一部の方々には予めメールにてご案内しました通り、ついにコロンビア・ボゴタに「納豆」が上陸し、この度Hipermarにて正式に販売を開始しました事を当地在留邦人の皆様に御報告します。

Img_0729Img_0730Img_0731

記念すべき「棚入れ」の瞬間です。ちなみに店内商品は通常撮影禁止です。当面の間は二種類の納豆(3パック入り)を6,500コロンビアペソ(2016年11月現在)にて販売します。梅黒酢たれ付きの納豆は関東以北出身の方々には馴染みがないものですが、意外にも結構美味しいです。

まだ棚のスペースが小さいので、一時的に棚から消えている事もあるかもしれません。加えてまとめ買いを希望される場合にはこの画像を店員に提示して「Natto」と申し出られますと奥の冷凍庫から持って来てくれます。今回入荷分は相当数ありますので、まとめ買いされても当面品切れになる事はないと思います。

ちなみに私は旅行業を止めて納豆販売を専業にする訳ではないのでこの場でちゃんと説明します。ある事情があっての「サービスの一環」です。とはいえ、先日の悲しい出来事で重い雰囲気が漂っているであろう当地在留邦人の方々にちょっとした朗報をお届け出来る事を嬉しく思います。

Img_0733

当方(当社)をいつもご利用頂いています御贔屓筋の上顧客様には、後日限定品の販売に関しましてご連絡致します。

尚、今後につきましては皆様の購買力次第です。継続的・且つ大量にお求め頂ければ引き続き仕入れる事をHipermar側も約束してくれます。そして値段、こちらは多くの方々が数多くお求め頂けるよう、価格設定をかなり下げています。皆様のご協力を賜りたく、宜しくお願いします。

|

ボゴタ(コロンビア)在住日本人の皆様へ納豆入荷のお知らせ

この度、キッコーマングループの食品商社JFC International USA(本社カリフォルニア州)が当地ボゴタにおいて「納豆」と「大福」を試験的に販売する事になり、商品が届きました。

Img_0543Img_0544Img_0545

いずれも日本でよく見かける三パックセット(たれ・からし付き)です。画像の二種類をボゴタ市内にあるHIPERMARにて近日発売します。今回は様子見という事で発送数量そのものが少なくなっています。売れ行きが良ければ今後出荷数量を一気に上げる事になります。

店頭販売価格について私は関与しませんので若干高めになるかもしれませんが、「納豆が食べたくて我慢出来ない」と禁断症状がある方にお勧めです 売れ行き次第ではあっという間になくなってしまい「幻の納豆」になってしまう可能性もあります。それが分かればすぐに追加発送される事になっています。

とりあえず先に試食してみました。たれ付き納豆を食べたのは久しぶりでしたので、日本の味をしみじみと堪能しました

Img_0539Img_0541

こちらはまさに「試験販売」的に発送された大福です。コロンビア人は甘い豆(餡)はまず絶対口にしないので、購買対象は日本・中国・韓国人だと思います。この大福は納豆よりも更に少ない量の発送でしたので、こちらこそまさに「幻の品」になるかもしれません。この大福も売れ行き次第で追加発送も有り得ます。

JFC International USAが従来から取り扱い、当地向けに発送をしている商品は、例えば三袋入りパックの生ラーメンやカリフォルニア米の「錦」その他多数あります。今回は加えて日本人の方々に売れるであろうと見越しての納豆の新規発送です。

コロンビアで納豆かけご飯、当地での生活がまた一つ豊かになると良いですね。

|

より以前の記事一覧