« ナトリウム規制法(減塩法)によりコロンビアからレギュラー醤油が消滅 | トップページ | ボゴタ旧市街地区を巡るTranviaツアー乗車記 »

2023年6月・ボゴタ市内観光ツアー他記録

今月は日本や同じ南米大陸の国・チリなどから観光・視察・国際会議等で立て続けにお客様をお迎えしました。円安の現状では海外旅行もなかなか厳しいものがあるかもしれません。その中で日本人の方々をお迎えする機会を頂いたのは有難い事です。
Img_20230623_093533_3571 Img_20230623_102409_1851 Img_20230623_110129_8411
まずは首都ボゴタで開催された「国際歯科研究学会(IADR)」で来訪されたお客様向けボゴタ市内観光ツアーの様子です。金博物館やエメラルド博物館をご案内した他、旧市街地区を徒歩で散策しました。旧市街地区では外国人グループの姿が至る所で見られました。
Img_20230623_122437_0281 Img_20230623_122233_8001
昼食はコロンビア料理・ポテトシチューの「アヒアコ」とトウモロコシ粉を蒸したものでほのかに甘い「エンブエルト」をご案内しました。アヒアコ自体は10年以上のガイド業務で一体何度食べたのか記憶にないほどですが、この日のアヒアコは格別の味でした。
Img_20230623_124648_6111 Img_20230623_124351_8131 Img_20230623_124204_6561
この日昼食を取ったレストランは1816年創業・首都ボゴタで最も歴史があり且つ人気の所でした。この店は普段コロンビア人・外国人観光客問わず行列が絶えない人気店で特に昼時ともなればかなりの列に並ぶ事は必至の為、お客様を伴うツアーの場合昼食を取るのに列を作ってまでお待ちする事は何としても避けなければならないという事情から、実は今まで一度もこの店に入った事がありませんでした。ガイドの仕事を始めてから10年以上になりますが自分自身ついに初めてこの店でアヒアコを食べる事が出来ました。
実際食べてみるとさすが行列が出来る店+首都ボゴタで最も歴史あるレストラン、今まで食べたアヒアコの中でトップ5に入る美味しさに感動しました。
Img_20230623_115854_3621 Img_20230623_115936_2011
ボゴタ市内最古の市場(現在は民芸品市場に特化)ではコロンビアの手工芸品では代表格の「ワユーバッグ」をご案内・買い求められました。先住民族・ワユーの女性手編みのこの肩掛けバッグ、昨今日本でも女性に人気の品です。この店では肩掛け部分のみも単品で販売していました。かなり珍しいです。
Img_20230623_135100_4561 Img_20230623_135107_6591
そして先方のたってのご希望で日本でも「カカオハンターズ」の名で販売されているコロンビア産良質カカオ豆を使用したチョコレートを販売しているスーパーマーケットにご案内、ごっそり購入されました。コロンビアのお土産と言えばコーヒー豆が代表的ですが、昨今ではカカオ・チョコレート製品をお土産としてお持ち帰りされるお客様もかなり増えてきました。
Img_20230624_082727_6671 Img_20230624_084943_0721 Img_20230624_085047_7511
そしてこちらは同じ南米大陸でも現在真冬の「チリ」から観光で御来訪されたお客様です。お客様は現在チリに駐在中で南米にもお勤め先の支社があるとの事で、地続きのコロンビアは僅かながら赤道より北の「北半球」に位置していますのでこれから夏を迎え旅行シーズンとなる中での御来訪でした。御宿泊ホテルは旧市街地区のまさに中心にある歴史と趣があるこちらのホテルをご案内しました。
Img_20230624_110002_7101 Img_20230624_121225_9301 Img_20230624_123130_6841
こちらのお客様にはボゴタ郊外にある有名な観光スポット「シパキラ岩塩坑道」をご案内しました。有名な「塩の大聖堂」の他、中画像の場所をご案内しました。この中に貯まっている水、実は真水ではなく「塩水」です。この場所は観光客が訪れる事は全くない「超穴場」です。なぜここに塩水が貯められているか、それはこの場ではお答え出来ません。私がご案内するツアーでのみ知る事が出来ます。
そして歴史あるシパキラの旧市街地を見下ろす事が出来る展望スポットもご案内しました。この場所もシパキラ岩塩坑道を訪れる観光客の99.9%は立ち寄らないという穴場です。
Img_20230624_125231_5571 Img_20230624_125553_1661
この日の昼食もまたアヒアコにしました(自分にとっては2日連続)実はこの店、前述のボゴタにある最古のレストランの「支店」なのです。今年このシパキラにオープンしたもので、こちらの店のアヒアコもまた本店に劣らない素晴らしい味です。つまり自分の個人的評価トップ5のうち2つはボゴタとシパキラの店のアヒアコなのです。とにかくこの店のアヒアコは何度食べても味がブレず(今のところ)とにかく美味しく、しかも他店よりも安いので昨今ではもっぱらこの店で昼食を取るようにしています。また、右画像にある「タマル(鶏肉が中に入っている、とうもろこし粉をバナナの葉で包んで蒸したもの)」も他店と比べてもかなり大きいサイズでしかも美味しいときています。

来月7月も日本その他から複数のお客様方をお迎えします。コロナ禍から3年、ようやく元の忙しさが戻ってきた感があります。これまで失った分を取り戻すべく仕事にまい進したいと思います。

|

« ナトリウム規制法(減塩法)によりコロンビアからレギュラー醤油が消滅 | トップページ | ボゴタ旧市街地区を巡るTranviaツアー乗車記 »

旅行・地域」カテゴリの記事