« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

コロンビア・争乱から復旧へ

4月末に始まった大規模デモ以来久しぶりにボゴタ市内にある中央市場へ買い出しに出掛けました。ボゴタ市内は現在一部地区を除きいつもののんびりした平穏な雰囲気がまた戻ってきました。
大儀なき暴力・封鎖行為は何も生みません。事実、5月はコロンビアの主要輸出産業であるコーヒー生豆の輸出は前年同月比で何と53%減、インフレ率は5月単月だけで1%の上昇(うち食料品は5.37%上昇)、商店などの売上も軒並み減となりました。左翼系グループや思想者・人権団体・報道機関などはこの間、反政府を叫び続け政府治安当局側の過剰制圧行為を非難するばかりでしたが、元をたどればデモ参加者及び暴徒側の暴力・破壊行為などなければ治安部隊が制圧に動く筈もなく、今日のような平穏な日々が普通なのです。人々が学び・働き・談笑し、人・物・カネが動く事で国が発展する筈です(人についてはコロナ禍ですので動かないのは仕方ありませんが)
Img_8440 Img_8438 Img_8435
中央市場のフラワーマーケットも心なしか大規模デモ以前より並んでいる花々が多いような気がします。これらの美しい花々を作る農家の方々にとっても、せっかく丹精込めて作った花々が道路封鎖により出荷出来なければみすみす枯らしてしまうだけです。我々消費者はこれらの品々を購入する事で農家の方々を支援している訳です。
Img_8443 Img_8442 Img_8441
道路封鎖が解除され、暴力・略奪行為がほぼ沈静化した事で野菜類もデモ騒動以前まで流通しているように思いました。この日は白菜・大根・生椎茸などを調達しました。野菜類も例外なく値上がりしていますが、それでも以前に近い状態まで流通してきているのは嬉しい事です。
Img_8425 Img_8426 Img_8427
市内各所も急速に復旧が進んでいます。画像はボゴタ市内を走るトランスミレニオの駅の様子です。大半の駅は暴徒達によって破壊されましたが、驚くほどのスビートで修復されました。それでもこの通り落書きやガラスがなくなっている場所も残っていて、大暴動のすさまじさを改めて感じました。莫大な額の修復費用は後に運賃値上げで転嫁される筈です。それが暴徒達の仕業であっても利用者負担の原則であれば私は反対しません。
私がこのブログを立ち上げてから一貫しているのは、この場は社会の不正や問題などを追及・報じるものではなく、あくまでも一般市民として普段の町の様子や私自身が従事している観光業関係者としての視点から見たコロンビアの見所などを紹介する事です。街中が平穏だと報道関係の方々はネタに困るかもしれませんが、私は逆に「コロンビアの普段の姿」を紹介するのが使命だと思っています。私はコロンビアに住んでいますがコロンビア国民ではない外国人ですので愛国主義者ではありません。あくまでも一般市民(外国人)です。
Img_0339 Img_0378 Img_0322
こちらは場面が異なり「フィンカ」と呼ばれる別荘・若しくは現地伝統様式の家屋です。今はまだ叶いませんが、このようなフィンカでのんびりとコーヒーを飲みまったりする日が再び訪れる事を楽しみにしています。富める者も貧しい者も、生活のレベルは当然違いますがそれなりに普通の生活が出来る、それが幸せであり、そこに暴力行為などは不要です。コロンビア国内はこれから復旧が進んでいく事でしょう。

|

首都ボゴタにてコロナワクチン接種(第一回目)

当地コロンビアでもワクチン接種が進んでいます。そんな中、私も首都ボゴタにて第一回目のコロナワクチン接種を行いました。予想よりも早い段階で接種する事が出来、ホッとしています。
Img_8415 Img_84241 Img_8422
首都ボゴタにおける一般市民へのワクチン接種は行政機関主導のケース(身分証明書の末尾番号により管理)(医療従事者・政府関係者・治安維持関係者その他政府指定対象者などは別枠)の他、コロンビアでも日本の国民健康保険に似たEPSと呼ばれる制度があり、運営は認可を受けた民間企業数社が行っていて、ワクチン接種はそのEPS運営会社が行います。その為、接種を希望する人々は加入している会社を通じて申し込みを行います。私も加入しているコロンビア国内最大級のEPS会社に接種を申し込みました。

接種会場も加入しているEPS会社によって異なり、私の場合は屋内競技場での集団接種方式でした。この競技場では東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の橋本聖子さんが1995年9月、当時それまでのスピードスケートから自転車競技に転向直後、ここボゴタで開催された自転車トラック競技ワールドカップに日本代表選手として来訪・この競技場で参戦されました。
Img_8429 Img_84191 Img_84201
今回の接種に際して、予約申し込みの翌日には接種する事が出来ました。最短では当日午後に接種も可能という事でした。会場入口で受付の際、一回目と二回目では異なる色のステッカーを体に貼り付けられ、一回目の接種の場合には二階へ案内されました。二回目の接種の場合には一階に案内されステッカーの色も異なる為、それぞれが混ざる事は絶対ありません。この予約体制・会場の導線はしっかりしていて感心しました。
Img_8418 Img_8416 Img_8417
接種は各テーブルに二人体制で行います。一人は接種申込書を受け取り個人データを入力、もう一人は接種に専念する担当でした。接種に際してはファイザー製のワクチンを使用し、Pfizerと記載されたロット番号付きのラベルと目盛線にワクチンが0.3ml入った瓶を私に見せ、未開封の注射器入りの袋を目の前で開封し面前でワクチンを注入・注射器内に0.3ml入った事を双方で確認して接種という念の入れようでした。これで少なくとも中身が空の状態で注射をしたり、使用済みの注射器を再び使ってしまうミスは100%なくなります。大袈裟かもしれませんが、上腕部に針が刺さりワクチンが注入された瞬間「これでコロナの恐怖から少し解放される」と万感の思いに浸りました。昨年3月に始まったコロンビアでのコロナ禍から一年三ヶ月、やっとワクチンを接種する事が出来ました。

このEPS会社の導線体制が特にしっかりしていたのか、或いはコロンビア人の几帳面さからかは分かりませんが、会場での接種待ち待機・接種・接種後の待機場所への誘導など、それぞれのスタッフが完璧に連携していてそれは素晴らしいものでした。日本の大規模接種会場での導線は知り得ませんが、会場到着から接種まで30分もかかりませんでした。
Img_84301 Img_84311
こちらが接種証明書です。画像の加工により個人情報は消去しています。証明書には接種日・使用した製剤名およびロット番号・接種したEPS会社名・担当者等のデータが書き込まれました。接種後待機場所でスタッフによる脈拍・血圧・血中酸素濃度の計測を受けた後に受け取る事が出来ました。感無量です。二回目の接種については前述の接種時点でスタッフがデータを入力した際にインプットされたメールアドレスに接種終了約30分後位で次回の日時の連絡が届きました。素晴らしいシステムです。

続く二回目の接種を経てワクチンが有効になる事でしょう。未だ続くコロナ禍での厳しい生活ですが、今日の第一回目のワクチン接種で自分なりに転機を迎えた気分です。尚、これは個人差があると思いますが私の場合は接種から12時間以上経っても上腕部から指先にかけての鈍痛としびれが予想していた以上に強いです。オリンピック選手達もこれから接種が始まると思いますが、おそらく接種当日と翌日は腕に痛みが残り練習は厳しいのではと思います。私も接種当日にブログ記事を書くのは無謀でした(笑)

|

首都ボゴタで開催されたBMX U23ワールドカップで中井飛馬選手優勝!

久しぶりに明るい・嬉しいニュースです。
首都ボゴタで開催されたBMX U23ワールドカップで日本から参戦した中井飛馬選手が圧倒的な強さで見事に優勝しました。遠路遥々・そして標高2,600mの高地ボゴタでの試合は大変だったかと思いますが優勝おめでとうございます。コロンビア在留邦人の一人として心からお祝いします。
Bmx-u23-colombia-2 Bmx-u23-colombia-1
JCF様の画像及び御本人のツイッター画面を借用させて頂きました(著作権上問題があるようでしたら削除します)大会の模様並びに中井選手の優勝インタビューはこちら←の動画からご覧頂けます。

|

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »