« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月最終日(日記)

気が付いたら前回の投稿はPCR検査を受けて陰性だったという記事から随分止まっていました。もしかしてその後何かあったのかと思われた方も一人位はいたかもしれませんね。いえいえ、現在も普通の生活をしています。
Img_6279_20210228075401 Img_6249_20210228075401 Img_6488
3月が日本の年度末にあたる事から2月は御帰任(帰国)航空券予約お申し込みが例年多く、コロナ禍ではありますが今年も例外なく手配を承りました。具体的にどこのどなたかという事は申し上げません。同業他社が未だ不振にあえいでいる中で飛ぶようにとは語弊がありますが、御予約を多々頂き嬉しく思っています。また、今まで旅行を控えられていた当地在留邦人の方々がもうそろそろという事でコロンビア国内御旅行のお申し込みも相当頂いています。
Img_4892 Img_4886 Img_4904
今までずっと御旅行出来なかったうっ憤もあったようで、ここは贅沢にというご希望により久しぶりにスイートルームのご予約を頂きました。まもなくコロナ禍によりコロンビアが事実上の鎖国を開始してから一年になります。それ以前は比較的好調でしたので、本当に久しぶりにお客様のご旅行手配(航空券・ホテル・ツアー等の一括パッケージ)をさせて頂き、感慨深いものがありました。当地コロンビアの日系法人様及び在留日本人の方々の航空券やご旅行お申し込みは一定数あり、日本からの団体パッケージツアーその他の観光客受け入れだけに特化せず、当地在留の日本人の方々をターゲットに長年仕事をしてきた事がこのコロナ禍で自分にとっては非常に運が良い事となっています。
Img_8288 Img_8283 Img_8284
他方、まだ国外からのお客様をお迎えする手配は当分先になる見込みで、引き続き自宅での勤務が主です。最近は「ラーメン」に相当ハマっています。左画像はボゴタ市内の日本食材も販売している「HIPERMAR」で販売している「卵麺(蚕麺と書いてあります)」、これとスーパーで簡単に手に入るチキンブイヨン(Caldo de Gallina)」が材料です。フライパンにどんぶり一杯分の水を入れてたっぷりの野菜を茹でてチキンブイヨンを投入、同時に卵麺を自分は2玉入れて5分ほど煮込んで完成です。卵麺は油で揚げていない麺なのでいくら食べても胃がもたれず、チキンブイヨンを入れるとまさにラーメンスープそのものになります。この卵麺+チキンブイヨンのラーメンを食べ始めてからいわゆる袋入りラーメンが全く食べられなくなりました。
Img_8282 Img_8286
「おやつ」も時には手作りです。同じHIPERMARで手に入る「米粉」を元にお団子を作って食べたりする事もあります。時には「みたらし団子」時には「甘醤油」でと、長い自宅での滞在時間に多少なりとも工夫を凝らしています。一日も早く外で思い切り仕事が出来る日をひたすら望んでいます。

|

☆ボゴタ市の無料PCR検査を受けた結果が。。。

所用で出掛け、用事を終えてスーパーで買物をと思ってふと目についたのが青いテント。これは以前別の場所でも見かけたボゴタ市の「無料」PCR検査会場。20人位しか並んでいないようだったので受けてみた結果が。。。
Img_20210202_133319786_hdr Img_20210202_133757351 _page0001202102032-2
「Negativo」でした。つまり陰性。無料で受けられて市の厚生局のサイトから入ると結果がPDFで出てくるのでそれを保存すればOK。正直我が母国・日本よりも進んでいます。受けた直後に「結果は3日以内に分かります」と言われましたが、実際には24時間後には受け取れました。これには驚きました。身分証明書を持ってスペイン語での詳しい問いに答えられれば外国人でも差別なし。しかも無料。使用したキットはドイツ製でした。検体を採取する人は一人終わるごとに手袋を換え自身や椅子に消毒スプレーをかけていました。

いわゆる陰性証明書は入手しましたが、これはコロナ禍のコロンビアで約一年近く生き抜いた「中間テストの結果」であり、決して「ウイルスに感染しない証明」ではありません。人口は日本の約三分の一ながら現在の一日あたりの感染者数は逆に日本の約三倍位以上というコロンビアですので、気を緩める事なく引き続き用心します。

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »