« 年末恒例のおせち作りに向けて | トップページ | 1月5日から17日まで首都ボゴタの一部行政区で外出制限発令 »

2021年元日

コロンビアの首都ボゴタも快晴の下、新年を迎えました。この地で生活を始めて24年になる中、元日の朝に雨が降った事は一度もありません。今年もそのジンクスは継続されました。例年でしたら御来光を浴びながら拝むのですが昨年14年ぶりに引っ越しをして家の向きが変わり、今年は御来光の方法に向かって拝むのみでした。
Img_8239 Img_8240
元日の朝は自家製神棚に手を合わせ、我々日本人の総氏神である天照大御神に一年でもこの日だけ毎年変わらないある願い事をします。ご先祖様にも手を合わせるのが常です。昨年はコロナ禍に巻き込まれ厳しい年となりました。その中にあっても当地在留邦人の方々や当地で足止めとなった方々などからの航空券手配の御用命を賜り、新規のお客様も増える結果となりました。日本を含む国外からの来訪客受け入れの方は相変わらず止まったままですが、今年は少しずつ・少しでも多くの方が当地を訪れる事を願って止みません。また、昨年は幸運にもテレビ番組関連の仕事を複数頂きました。通常であればロケなどで数日間家を空ける時間は取れなかったのですが、コロナ禍にあってある意味嬉しい別の仕事でした。
Img_8242 Img_8244 Img_8245
毎年手作りしている自己流お節料理もどき。昨年はついに一度も日本へ里帰りする事が出来なかった為食材を調達する事が出来ず、栗や椎茸その他複数の素材が手に入りませんでした。その為、今回は残っていた食材と当地で手に入るものでどうにか仕上げました。普段は節約・節食生活を続けていますがこの元日だけは特別です。また、元日に飲む酒はビールでもワインでもなく日本酒と決めています。神棚に御神酒として備えるお酒を自分でも頂きます。こちらも例年であれば日本から極上の日本酒を持ち込むのですが今年はそれも出来なかった為、日本酒も当地で調達したものです。
Img_8251
お雑煮も頂き、新たな一年の始まりです。以前にもコメントしました通り、私は年の始めに際して目標を立てたりする事はしません。明日何が起こるか分からない現在、その時々の流れに任せて日々を過ごすのみです。何か高い目標は立てませんが今年はせめて普通の生活に戻りたいですね。来年の元日、私はどのような投稿・コメントをするのか全く予想もつきません。何か良い事があればそれで良しとする、それが数多くある事を願います。

|

« 年末恒例のおせち作りに向けて | トップページ | 1月5日から17日まで首都ボゴタの一部行政区で外出制限発令 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事