« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

11月25日放送TBS「世界くらべてみたら・コロンビアの通学路」で紹介されたジップライン

先日メタ県ロスピノス(Los Pinos)集落で行った4日間のロケの結果が11月25日の「世界くらべてみたら」で放映されました。前回投稿通り、このロケは日本からスタッフが来訪できなかった為、私を含め全てボゴタ在住者だけで撮影隊を組んで臨んだものでした。4日間ロスピノス集落の方々に接し、物や金だけが豊かさの基準だけではない素朴の生活に触れ感慨深く過ごした日々でした。
Img_8010 Img_8022 Img_8012
ロケ初日、全くの偶然ですがこの日はメタ県知事がロスピノス集落を訪れていました。画像に写っている白いTシャツ姿の男性がメタ県知事です。この知事視察にはロスピノス集落を管轄している村の村長や教育長なども同行していました。ロケ初日は撮影がなかった為、知事の訪問がロケ自体に影響を及ぼす事はありませんでした。メタ県知事の視察目的は番組でも少し紹介したロスピノス集落への送電に必要な配電盤の故障で集落に電気が通じなくなっている事、下を流れるネグロ川にかかっていた橋が損壊した為、これらの復旧の陳情に応える旨のものでした。
Img_8018 Img_8014 Img_8011
メタ県知事も随行員や警察関係者も皆一様にロスピノス集落との間の移動は番組で紹介した高さ約400mのジップラインしかありません。皆到着した後、冷や汗ものだったと一様に感想を述べていました。
Img_8054 Img_8055 Img_8046
こちらのお母さん、袋を抱えてロスピノス村に向かいましたが、袋の中に入っていたのは物ではなく何と「子供」2歳の息子を二重の袋に入れてものすごいスピードで渡っていきました。もしも袋が破れたら数百メートル下に落下です・・・こちらはハラハラドキドキしていました。

Img_7949 Img_7932 Img_7954
今回の番組では直接触れませんでしたが、ロスピノス集落には画像の「学校」があり、2020年11月現在で7名の子供達が在籍しています。以前あった学校は裏山の土砂崩れにより崩壊し、画像の新しい「校舎」が作られました。ロスピノス集落の子供達はあくまでも純粋で、ごく限られた敷地の中で遊びまわっていました。この場面も放映出来ればまた違ったものになったでしょう。

私は今回コーディネーターとして集落の方々との連絡その他を行いました。ロスピノス集落にあるジップラインは以前から「危険な乗り物」「危険な通学路」として世界中のメディアが取材に来ています。確かに危険ではありますが、このジップラインは集落の方々にとっては大切な「足」であり、皆がお金を出し合って資材を購入・自分達でかけた大切な「共有物」です。その事にも注目してもらいたいと思っています。また機会があればロスピノス集落の方々を取材してみたいです。

この他、コロンビア国内でのテレビ番組等のロケも行います。我々ボゴタ在住のスタッフがテレビ番組で放映出来るレベルの機材を揃えてロケが出来ますので、日本から撮影クルーが来られなくても大丈夫です。撮影した膨大な容量の素材の伝送も首都ボゴタにある伝送専門の会社を通じて送信が可能です。撮影御依頼お待ちします。そして私がロケの合間に自身のカメラで撮影した画像・動画を元に個人的に作成したビデオをご紹介します。

|

11月25日7:00PM放送の「TBS世界くらべてみたら3時間スペシャル」でコロンビアの通学路紹介

先日首都ボゴタの東・メタ県にてロケを行いました結果につきまして、11月25日(水)7:00PM放送の「TBS世界くらべてみたら3時間スペシャル」内でご案内します。「コロンビアの通学路」という事で、放映前の段階ですので内容はこの場ではご説明出来ません。当日の番組をご覧下さい。番組的にはバラエティ系かと思いますが、コロンビア在住者だけで構成した我々スタッフによるロケは現地の集落の方々をドキュメンタリー的に追い、撮影させて頂きました。この内容がどのように編集され放映されるのか、私も楽しみにしています。

途中、一歩間違えれば死に至る危険な場所もあり、まさに決死のロケでした。その中で事故もなく撮り終えてこの日に至ります。危険な所にスポットが当たるかもしれませんが、現地の集落の方々の生活ぶりも知って頂ければ嬉しいです。

|

テレビ番組ロケでメタ県に出張

随分長い間投稿が滞ってしまいました。この間引っ越しをしたり色々とバタバタしていました。自宅場所が変わって以前よりも非常に静かになりました。仕事に没頭して気が付いたらこんな時間になっているという事もしばしばです。コロンビア国内は再び一日の感染者数が一万人前後に達する日があり、第二波(正確には第三波らしい)が懸念されています。そんな中でしたが、先日4日間にわたり日本のテレビ番組ロケで首都ボゴタの東にある「メタ県」に出張してきました。
Img_8034 Img_8032_20201108055501 Img_8031
メタ県都・ビジャビセンシオ(Villavicencio)での朝焼けの光景です。4日間の滞在で結局この日だけ朝焼けを見る事が出来ました。ビジャビセンシオは首都ボゴタから車で約3時間・標高はボゴタと比較して2,000m以上低い約500m前後の地です。Villavicencioという名は長いので通称Villao(ビジャオ)若しくはVillavo(ビジャボ)と呼ばれています。ここまで標高が下がるとムッとするような暑さでした。ロケ地はビジャオではなかったので、この町では夜寝るだけでした。メタ県は大半が「東方大平原(Llanos Orientales)」と呼ばれる広大な一帯であり、いわゆるジャングル地帯で人よりも牛その他の動物が多いとされる地域です。
Img_8037 Img_8061 Img_8090
ボゴタとビジャオを結ぶ街道沿いの風景です。この記事を書いている時点ではまだ編集中の為、番組名・放送内容・登場人物等の詳細及び画像をご案内する事は一切出来ません。放送日が近づきましたらご案内します。この辺りで標高約1,000m位でしょうか。数カ月ぶりに標高2,600mの高地にあるボゴタから下りて数日を過ごしました。
Img_8039 Img_8063 Img_8089
コロンビア国内は現在雨期に入ったようで毎日雨に見舞われます。その中でもロケ中は奇跡的に雨による中断が全くないままに終了しました。画像はメタ県と首都ボゴタがあるクンディナマルカ県の県境の山中です。撮影自体は順調のうちに終わりましたが、事故=死につながる危険な場所もあり、事前段階では正直な所ロケにかなり不安がありました。無事にロケを終えてホッとした感があります。
今回は通常であれば日本から5-6人程度のロケ隊が来て日数をかけて行う所を我々ボゴタ在住のスタッフ3人だけでこなし、しかも映像的には日本のロケ隊が来て撮影するレベルというハイレベルを求められて大変でした。詳しくはいずれ「後述」する機会があるかもしれません。


|

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »