« 医療崩壊が近い首都ボゴタ | トップページ | ☆7月30日運航・ボゴタ発メキシコシティ特別便御利用による日本行き航空券手配承ります »

独立記念日で外出自粛・禁止令から四ヶ月

7月20日は「コロンビア独立記念日(正確にはコロンビア独立軍がスペインからの独立を宣言した日)」という事で、各所でコロンビア国旗を掲げて祝う風景が見られました。
Img_7636 Img_76371 Img_7639
三色のコロンビア国旗、よく見ると黄色の部分が全体の約半分を占めています。これは黄=黄金を意味します。コロンビアは「エルドラド(黄金郷・若しくは黄金の男)」の語源の場所である事からコロンビアの富=黄金を象徴しています。青はコロンビア本土に接するカリブと太平洋の二つの海、そして赤は独立の為に流された血を意味しています。これだけ国旗があちこちで掲げられていると、自分はコロンビア国民ではありませんがなかなか良いものですね。

という事でこの日は独立記念日でしたが、同時に3月20日にボゴタ市長が発令した「外出自粛令」からちょうど四ヶ月となりました。この日に市の政令が発令され、私の勤務先も含めオフィスビル・レストラン・ショッピングモール等の閉鎖命令が出て以来、四ヶ月も出社しない(出来ない)状態が続いています。これは私だけではなく、コロンビアに進出している日本企業の方々や政府機関の方々もごく一部(支払い手続き等の決済など)の例外を除いてビル内に立ち入る事は出来ません。

コロンビア在留邦人の方々は在宅生活が四ヶ月にも及び、買い物や散歩以外の目的で外出する事が出来ない、美味しいものを食べにレストランへ行く事も出来ない(宅配・持ち帰りのみ)ボゴタから外に出る事もままならない、そんな日々を漫然と続けていて感覚が麻痺しているのではないかと思います。業務でコロンビアにいらっしゃる方々も、遥々南米・コロンビアまで来て四ヶ月もテレワークの日々でいい加減辟易している事でしょう。

私が関係している旅行業界では、コロンビア国内で数千(推定)の旅行会社のうち85%-90%が休業・若しくは廃業という現状です。国内最大の観光地であるカルタヘナでは就業人口のうち30%前後が観光業に関係しているらしいですが、現在95%前後が休業に追い込まれています。国内外からの観光客を相手にしている世界遺産・旧市街地区のレストランも90%前後が休業・若しくは廃業しています。かなり厳しいです。
115881925_2979873625458735_6392472432875 111521771_2979924752120289_7598596370867
メキシコ便に続き、先日はロサンゼルスへの特別便が運航し、複数の在留日本人の方々が御利用の上帰国されました。ロサンゼルスへの特別便は二度目の運航で、今回のロサンゼルス便御利用の場合は今までの人道的フライト御利用での日本への航空券代金が一番安く(ボゴタから東京までの総額US$844+TAX相当額から)、且つ唯一アメリカ本土から日本へ向けて夜行便があり、こちらを御利用頂きました。複数のご家族様に御利用頂き、御連絡を頻繁に重ねて私としてもやりがいがあった手配でした。

当地での生活はまだまだ困難が続きます。最低でも五ヶ月・もしかすると半年も経済活動が規制されるかもしれません。それほどコロナウイルス感染状況は深刻です。

|

« 医療崩壊が近い首都ボゴタ | トップページ | ☆7月30日運航・ボゴタ発メキシコシティ特別便御利用による日本行き航空券手配承ります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事