« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

外出禁止令発令中のコロンビア・日々悪化する経済状況の中必死に生きる人々

コロンビア政府による外出禁止令から二カ月が経ちました。日本はついに緊急事態宣言を解除するようで、自粛レベルでこれだけ効果を上げるとは全く想像できませんでした。逆に自粛レベルで感染拡大は防げないと思っていましたので驚愕しています。日本という国はとてもすごいと思います。他方、自粛よりも更に厳しく罰則を伴う外出禁止令を二カ月も続けているコロンビアですが、一向に効果を挙げられていないどころか、ここ数日は逆に発表感染者数が激増し、それまでの三倍となる一日1,000人超となってしまいました。長らく国境を封鎖し、違反者には罰金まで課して厳しく行っていたこの二カ月は何だったのだろうと愕然としています。
Img_7363_20200525081801 Img_7384_20200525081801 Img_7385_20200525081801
この間経済活動をほぼ完全に停止させた事でコロンビア国内の経済状態は極度に悪化しています。営業禁止により家賃を払えず廃業する店舗が続出し、貸し出し中の貼り紙が激増しています。レストランも席を設置して営業する事が出来ずデリバリーのみで辛うじて店を維持している所が大半ですが、それが出来ない店舗は必然的に廃業に追い込まれています。はっきりと感じるのですが、大都会ボゴタの街が徐々に荒んできているのが明らかに分かります。それに伴い治安も悪化してきています。
Img_7446 Img_7442Img_7445
私が住むアパートの前の路上で画像の楽団(マリアッチ)が演奏をしていました。いわゆる大道芸です。10年以上ここに住んでいてこのような事は初めてでした。彼らは本来誕生日パーティーやイベントなどに呼ばれて出張演奏をするプロ集団です。しかしながら昨今のコロナウイルス禍で住人以外の訪問者立ち入りを禁止にしているアパートが多く、50人以上が集うイベントも当面9月まで禁止となっている為仕事が全くない状態と思われます。それが故に彼らも生きる為に必死でこの突然の路上演奏に臨んだものと思います。
Img_7452 Img_7451 Img_7449
結局4時間もの間、道路の周囲に建つ各アパート前で演奏を披露し続けました。プロの演奏ですから各アパートの住人達も拍手喝采で、アパートの各階からチップを投げ落としていました。私も勿論手渡しで幾らかのチップを渡しました。彼らにしても生きる為に必死になっている・その姿に接して思わず目頭が熱くなりました。それ程にコロンビア・そして首都ボゴタの経済状況は日々悪化を続けています。

私個人の話になりますが、私自身も正直生きる為に必死です。8月31日まで陸海空路による入出国が禁止される状況下において、国外からのお客様の受け入れ、当地在住のお客様の御旅行・御出張の手配などの業務が当面出来ない状況下にあります。その中では不幸中の幸いと言えますが、私は日本からの個人・団体観光ツアーの受け入れに特化した業務をしている訳ではなく、IATA(国際航空運送協会)加盟社として航空券販売もしている為、入出国禁止状態の中で特別機による出国航空券・その先の日本行き航空券などの御依頼を頂いていますので、仕事が完全に途絶えたという状況下ではありません。しかしながらそれでも厳しい日々が続いている事は事実です。加えてコロンビア国内経済がはっきりと悪化している事実に日々接しています。夜明けはまだ遠い気がします。


|

コロンビア在留邦人の皆様・Spirit航空+日本行き航空券御予約手配承ります

コロンビア在留邦人の皆様、既報通り8月31日までコロンビア入出国は不可能となりました。その中で現在出国出来る唯一の手段が「人道的フライト」御利用のケースです。御存知の通り、先日来フォートローダーデールへ運航している「Spirit航空」もそのうちの一社です。
当社ANDES TOURSではLCC(格安航空会社)であるが故に予約方法が若干難しいこのSpiritの航空券手配を承ります(別途発券手数料を頂戴します)企業様におかれましては勿論御請求書(Factura)も発行致します。この先更に約三ヶ月出国が困難な状況下にある中、事情により日本御帰国が必要な方のお手伝いを致します。

また、アメリカから日本への航空券手配も勿論承ります。当社ANDES TOURSはIATA(国際航空運送協会)加盟社ですので自社発券が可能です。24時間いつでも承ります。御予約お申し込み等はこちら←でも承ります。全て日本語でご案内しますのでご安心下さい。


|

まだ遠い夜明け・空路でのコロンビア入出国8月31日まで不可

かれこれ二カ月に及ぶコロンビア国内全土外出禁止令ですが、大統領が国民向けに発表し、政府発出の禁止令そのものは5月31日までとし、6月1日からは各自治体の裁量で引き続きコロナウイルス対策を行う事となりました。各種学校は当面7月末まで引き続き登校停止とも発表されました。一連の決定の中でかなり深刻・且つ多方面に多大なる影響を及ぼす決定が「空路国際線でのコロンビア入出国禁止を8月31日まで延長(人道的フライト利用の際は入出国可)」という衝撃的な結果です。

他国とを結ぶ国際線の運航を8月31日まで却下・入出国が不可能となれば引き続き「ほぼ鎖国状態」が続く事になります。これによりコロナウイルスの流入は確かに防ぐ事が出来ます。それは同時に人の往来を全て遮断する事になりますので人的交流を含めストップします。コロンビア在留邦人の方々におかれましては、この日まで人道行きフライト利用以外でコロンビアを合法的に出国する事は出来なくなります。また、何らかの理由でコロンビアを訪れたいという事情がある方は当分それが不可能となります。厳しい現実・夜明けはまだ遠いです。


|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »