« 2020年元日 | トップページ | 2020年の滑り出しは好調 »

首都ボゴタ近郊にあるロッククライミングの名所・Suescaの大断層

先日首都ボゴタ近郊にてヘリコプターでの遊覧飛行中、初めて目にした光景が高さ100m以上に及ぶ大断層地帯でした。それは明らかに山の盛り上がりではなく、ある所から一気にスパッと切れたすごい場所でした。帰宅後早速地図で検索した所、そこはSuesca(スエスカ)村の外れと分かり、是非とも実際その場に立ってみたく、新年早々の三連休を利用して訪れてみました。
Img_6755 Img_6757 Img_6760
Rocas(Rocks) de Suescaと呼ばれているこの場所は村から約1kmほど離れた場所にあり、首都ボゴタからは車で北へ約1.5時間ほどの所です。この日は三連休半ばという事もあり、岩場観光の拠点となる場所には多くの観光客の姿がありました。岩場へは既に廃線となった線路があり、ここを伝って行く事になります。
Img_6837 Img_6835 Img_6838
私はこの人力トロッコ(四方に付けられた支柱を二人の男性が持って押し歩きしながら進む原始的な移動方法)を使って移動した為、歩く事なく楽々と、且つ移動しながら画像撮影が出来て好都合でした。ちなみにこの人力トロッコは週末と祝日のみ「運行」しているようです(一人あたり片道あたり3,000~5,000コロンビアペソ・約100円~110円前後)
Img_6826 Img_6827 Img_6821
この大断層地帯を訪れるにあたって調べた所、ここは以前から「ロッククライミング」の名所として知られている場所でした。確かにあちこちでロッククライミングに挑戦する人々の姿がありました。
Img_6825 Img_6823 Img_6819
更に進んでいくといよいよ大断層地帯が見えてきました。これこそ地上から見てみたかったスエスカの大断層です。上空から見た時のスケールの大きさにも驚きましたが、下から見た大断層もその迫力に圧倒されました。
Img_6784 Img_6783 Img_6773
首都ボゴタからほんの少しの時間と距離でこんな壮大な景色があったとは、今更ながら驚きました。今はちょうど一年を通じて最も好天が続く時期で、日差しがとりわけ強い事もあり画像がとても映えました。ロッキー山脈にも似たとはいささか言い過ぎですが、垂直に切り立った断層は圧巻の一言に尽きました。
Img_6779 Img_6778 Img_6782
先に紹介したこの人力トロッコ、行きに起点から利用したのは私一人だけの「貸し切り」状態でした。あとは皆片道約1km近い距離を歩いていたので、逆に何故利用しないのかと不思議に思った位人夫の二人が暇そうにしていたのを良い事に、私のペースで廃線の線路を移動したのもラッキーでした。しばらく待ってもらい周囲を撮影する事も出来ました。
Img_6812 Img_6805 Img_6804
見るとあちこちでロッククライミングをしているのが分かりました。さすが名所だけあります。私はロッククライミングはしないので見ているだけでしたが、ロッククライマーの方々には魅力的な場所なのだと思います。
Img_6792 Img_6798 Img_6800
通りかかった人から人夫に「向こうで荷物を置いて待っている人がいる」と言われた為、戻りの運賃も払うからという条件で更に進むと、そこは「キャンプ場」でした。どうやらここはキャンプ場でもあり、夜には星空を鑑賞するツアーなども催行しているようです。なるほど周囲には道路がない為静かな環境下、且つ目の前にはスケールの大きい大断層ですのでロケーションは良さそうです。
Img_6774 Img_6781 Img_6788
このSuesca(スエスカ)の大断層にいた時間は僅かでしたが、人力トロッコのお陰で効率良く、全く疲れる事なく壮大なスケールの巨大な岩場を堪能する事が出来ました。この大断層は週末・祝日に訪れる事をお勧めします。拠点の場所にはレストランやロッククライミングその他のツアー会社オフィスが複数あり、週末でしたら存分楽しめる筈です。


|

« 2020年元日 | トップページ | 2020年の滑り出しは好調 »

旅行・地域」カテゴリの記事