« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

改訂版ボゴタグルメ情報、台湾人経営のパン屋

世は「タピオカブーム」という事で、首都ボゴタにある台湾人経営のパン屋「Aftenoon Tea」を久しぶりに訪れました。訪れたのはクリスマス当日。大都会ボゴタといえどもこの日の街中はさすがに閑散としていました。
Img_6703 Img_6709 Img_6685
私がこのAfternoon Teaを初めて紹介したのが2014年8月。当時の記事が→こちらです。それから5年が経ち、この間店の場所が転々としたのに付いて行けず店舗情報の更新を失念したままとなっていました。そんな中、世のタピオカブームに乗せられて(笑)久しぶりに訪れてみました。画像が現在の店舗です。こちらは市内北部にあるウニセントロ(Unicentro)店です。店舗としてはこの他にあと二か所あります。5年前にオープンした時の店舗より小ぶりですが、パン類とケーキ類を分けたショーケースのスタイルは変わっていません。
Img_6705 Img_6708 Img_6704
2014年にこの店がオープンした時の衝撃は今でも覚えています。いわゆる総菜パンや菓子パンなど、日本ではごく普通に並んでいるパン類はそれまでボゴタのパン屋にはありませんでした。この店の存在を知って当ブログで紹介するや、当地在住の日本人の方々に知れ渡ってかなり話題となりました。更に衝撃だったのはこのAftenoon Teaにおいてこれも初めて、日本では主流のサイズの「食パン」を売り出した事です。

現在もコロンビアで販売している食パンは小ぶりの正方形で、大人の指の部分を除いた手の平サイズが主流です。画像の「日本規格」のパンを初めて売り出したのがこのAfternoon Teaでした。発売当初はこの食パン目当てに日本人だけではなく中国人・台湾人・韓国人などが押し寄せ、並べたそばから売れていく大ヒット商品でした。店に電話をして「何時に出来上がるか」「あとどれだけ残っているのか」と確認しないと手に入らない半ば幻の品でした。5年前は一斤3,500コロンビアペソでしたが、5年の歳月を経て現在では9,000コロンビアペソと、三倍になっていたのにも驚きました。
Img_6695 Img_6699 Img_6700
ケーキ類各種の充実ぶりも5年前から変わっていません。中画像の「イチゴショートケーキ」右画像の「抹茶ロール」もこのAfternoon Teaが並べ始めて当時は衝撃的でした。当地で売っているケーキ類は大味・極甘で正直美味しいとは言い難い代物ですが、ここのケーキ目当ての方も少なくありませんでした。
Img_6688 Img_6689Img_6692
そしてこちらが久しぶりに飲んだ「タピオカ入りミルクティー(8,000コロンビアペソ・約270円)」です。この日はハム入りマヨコーンパン(4,800コロンビアペソ・約160円)と共に頂きました。ミルクティーはホット・アイスの選択が出来る他、砂糖入り(Con Azucar)無糖(Sin Azucar)砂糖程々(Medio)の選択も出来ます。私はアイスティー・砂糖程々で注文しました。タピオカ入りミルクティーは「Perlas Bubble Tea(真珠の泡茶)」という名で販売しています。タピオカはこの他大抵のお茶にもトッピングとして入れる事が出来るようです。コロンビアにおいてタピオカ入り飲料を初めて売り出したのもこのAfternoon Teaです。

Afternoon Teaはこの5年間で何度も移転を繰り返しているいわば「ヤドカリ」的な店舗です。場所の紹介をしてしまうと数年後にはまた移転している可能性が高いので(笑)このような店舗がコロンビアにもあるという事のみ紹介しておきたいと思います。



|

2019年・年末

今年もあっという間に終わろうとしています。日本へ里帰りされた方々、年末年始の旅行へ出られた方々など、いよいよ旅行シーズンに入りました。また、他国から御来訪の御客様もお迎えしています。今年を振り返ると、昨年ほど大掛かりな手配がなかった事と懇意にさせて頂いた最上の御客様が立て続けにご帰国された事から、とりわけ良くもなかったですが、かと言って深刻なほど悪くもなくといった一年になりました。

来年はオリンピックという一大イベントがあり、私としても「オリンピック商戦」に参加するつもりです。コロンビアからだけではなく他のスペイン語圏の国々から来訪される方々を日本で待ち受ける仕事を作るつもりでいます。また、カルタヘナへ二年ぶりに寄港する豪華客船「飛鳥II」の受け入れの他、既に複数の大きなイベント絡みでの手配を承っており、その他今年はあまりパッとしなかった日本からの団体観光ツアーのお客様来訪が一月から立て続けにコロンビアに来られる事が決まっています。年始早々忙しくなります。
Img_6663 Img_6656 Img_6657
先日、グループツアーに関係して首都ボゴタのSheraton Bogotaに宿泊しました。勿論私はボゴタ市内に自宅があります。その状況でSheraton Bogotaには何度か宿泊した事がありますが、今回は初めてClubレベル階の部屋に宿泊しました。この階の宿泊客は同じ階にある専用サロンで朝食を取る事が出来ます。
Img_6654 Img_6662 Img_6659
各種のパンやフルーツその他、朝食にしてはかなりバリエーション豊富な内容はさすが世界のシェラトンといった所でしょうか。Clubレベル階からの眺めはなかなか良く、景色を見ながら食事を取りました。その中で一つ特筆は、左画像にある「オレンジジュース」です。これは生ジュースを専用ボトルに入れて専用のクーラーに入れてありました。
Img_6682 Img_2813 Img_4879
いよいよ年末という事で例年おせち料理は自分で作っているのですが、今年は30,31の両日にガイド業務がある為大晦日ではなく元日におせち料理を作る事になりそうです。右画像は大した内容ではありませんが自作のおせち料理です。首都ボゴタでは幸いな事に大根や白菜、生椎茸その他のアジア系野菜類が手に入り、最近は色と形が良いさつまいもも出回っています、その為、栗きんとん用のきんとんを試しに作ってみました。さつまいもを蒸す事から始め、裏ごしして出来上がったきんとんは自分で言うのも何ですがなかなかの出来栄えでした(栗はコロンビアでは手に入らないので日本から持ってきました)今年も残すところあと僅か。来年はオリンピックイヤーという事もあり、自分にとってどんな年になるのか楽しみです。

 

|

☆東京オリンピック期間(7/22-8/10)スペイン語でお仕事が出来る方募集

オリンピック期間(7/22-8/10)、スペイン語でお仕事が出来る方を募集します(一日でも可)本件はボランティアではなくお仕事後に報酬をお支払します。お仕事の内容としては以下が挙げられます。
☆中南米各国から来訪される方々を成田・羽田空港で出迎え、当社が既に客室確保済みの都内ホテルまで移動同行
☆ホテル~競技会場間の移動同行ガイド(オリンピックスタジアム・武道館・両国国技館への最寄り駅まではホテルより徒歩数分の駅からJR・地下鉄等で乗り換えなしで移動可)
☆中南米国籍の宿泊者への買い物や観光などの案内ガイド
業務が深夜に及ぶ場合にはホテルに宿泊する事も出来ます。

まずは無料でご登録をお願いします。こちらからお仕事が可能な日を打診し、可能であれば依頼する事になります。尚、登録に際しまして登録料と称してお金を頂く事は一切ありませんのでご安心下さい。中南米各国でスペイン語を使って働いた事のある方・数日は無理だけど一日だけなら可という方、御連絡お待ちします。詳細は当社ANDES TOURSサイトよりお問い合わせ下さい。

|

南米コロンビア観光ツアー催行への期待

投稿の間隔が大分開きました。このブログは私個人が開設・気ままに投稿しているものですので、投稿にノルマがある訳ではありません。いわゆる「マイペース」です。この間、仕事関連も交えた一時帰国などもありました。そして先日は日本の同業者(旅行会社)の方々をお迎えしてのガイド業務がありました(このガイド業務は当地の同業他社からの依頼でしたので、私としてはガイドを行ったのみです)
Img_6583 Img_6582 Img_6586
今回来訪された日本の旅行会社各社の方々は個人(FIT)団体旅行の企画・管理をされる役職にある方々ばかりで、今回は「南米コロンビアへのツアー造成の可能性」についての視察ツアーでした。左・中画像は首都ボゴタにあるフラワーマーケット「パロケマオ」です。当初予定には有りませんでしたが、通りかかったついでに見てみましょうという事での訪問でした。そして右画像はコーヒーブレーク中の一コマです。
Img_6588 Img_6590 Img_6592
こちらはボゴタ市内の外れにあるセスナ・ヘリコプター発着専用空港敷地内での一コマです。この日は専用セスナで別の観光地へ向かう予定でしたが悪天候により現地への着陸が不可能となり、急遽ヘリコプターで遊覧飛行という事になりました。
Img_6593 Img_6598 Img_6601
私自身ヘリコプターの搭乗は大分昔に「イグアスの滝」での遊覧飛行以来でした。この日のボゴタは好天だった事もあり、ヘリはスッと飛び立ちいよいよ遊覧飛行が始まりました。
Img_6604 Img_6611 Img_6610
左画像は飛行中のヘリ内にて、そして中・右画像は首都ボゴタの水がめの一つである「トミネ貯水湖」です。広大な湖はいわゆる人造湖です。トミネ貯水湖の畔を車で移動した事は何度かありますが、上空を飛行したのは勿論初めてです。
 Img_6618 Img_6620Img_6617
こちらはトミネ貯水湖から程近い場所にあり、「エルドラド」(黄金郷・若しくは黄金の男の意味)伝説を持つ「グアタビータ湖」です。湖底には未だに先住民が湖の神に捧げた金製品が眠っているとされています。実際、数年前にも金製品の残骸が発見されています。このグアタビータ湖も湖の周囲を徒歩で観光・ガイドした事は何度もありますが、上空から見学したのは勿論初めての事でした。
Img_6624 Img_6623
更に飛行を続けてたどり着いたこちらは、あまりにも広い場所だった為画像全体があまりパッとしないものになりました。ここは高山植物(パラモ)の大群生地「チンガサ国立公園」です。このチンガサ国立公園はエコツーリズムツアーの行き先としては人気の場所で、国立公園という事もあり立入りには事前申請が必要です。広大な一帯の移動手段は通常勿論徒歩のみですが、我々は上空からその姿を見る事が出来ました。画像を拡大すると白く転々と見えるものがあります。これが群生している高山植物です。
Img_6627 Img_6626 Img_6628
こちらはクンディナマルカ県Suesca(スエスカ)村の郊外にある大断層地帯です。その高低差は目視で200~300m位あったように思います。大断層帯の向こうと手前の差が相当ある事がお分かり頂けると思います。私自身、Suesca村のこの巨大断層帯を見たのも知ったのも今回が初めてでした。この場所はロッククライマーには有名なスポットのようです。遊覧飛行中見た景色の中で一番「自然の威力」を感じた場所でした。この大断層帯は首都ボゴタから車で片道約2時間程度の所ですので、後日陸路で訪れてみようと思います。

今回の日本の旅行会社数社によるコロンビア国内視察ツアーのガイドを務めさせて頂き、南米コロンビア唯一の日本人ガイドとしてコロンビアの魅力を私なりに説明させて頂く機会を得られたのはとても良い機会でした。昨今複数の団体ツアーが企画・催行され始めていて、コロンビアも日本からの観光先として少しずつ認知されつつある事を実感しています。今後も日本人の方々が個人・団体等でコロンビアを訪れて頂く事を期待して止みません。


|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »