« 花の国コロンビアツアー催行記(2) | トップページ | 花の国コロンビアツアー催行記(4) »

花の国コロンビアツアー催行記(3)

ボゴタ及び近郊での日程を無事終了しました。このツアー最大の目的であった、花の国コロンビアにふさわしい多くの花々に接して頂きました。そして一路カリブ海沿いの世界遺産の古都・カルタヘナに向かいました。カルタヘナ到着初日は旧市街地区及びポパの丘やサンフェリペ要塞などの世界遺産を見て回り、二日目は沖合にある「ロサリオ諸島」ツアーを催行しました。
Img_6330 Img_6332 Img_6333
左画像はカルタヘナ港から出発してちょっとした頃に見えた大型クルーズ船です。この日は一隻寄港していました。中画像は進行方向右側に見える「海軍クラブ」です。高級将校達の社交の場です。そして右画像が以前当ブログで史上初めて日本人の方々に詳細をご紹介した→「サンフェルナンド要塞」です。カルタヘナ湾とカリブ海の境目にあり、海賊達を迎え撃った最前線の砦でした。ここを過ぎるといよいよ外洋・カリブ海に出ます。目指すロサリオ諸島までは片道約1時間程度です。
Img_6345 Img_6353 Img_6357
ロサリオ諸島は27の小島で構成されている諸島群です。複数の島には宿泊施設があり、日帰りツアーも催行しています。我々はそのうちの一つに到着し、滞在を楽しみました。カルタヘナ市内の海岸の砂浜は黒っぽくカリブ海のイメージとはかけ離れていますが、ロサリオ諸島まで来れば海は澄んでいてとても綺麗でした。島に到着直後、ウエルカムフルーツが振舞われました。
Img_6358 Img_6361 Img_6368
島に滞在し、のんびりする他にはボートで約5分の別の島にある「海洋水族館」を訪れるオプション(日帰りツアーとは別料金)もあります。この水族館は海を仕切っただけのもので、日本では多分殆ど見かけないタイプではないかと思います。ここにはウミガメやイルカ、多数の魚やサメもいます。その他イルカもいてショーを見学する事も可能です。水族館としては簡素な造りですが、これが結構楽しめたりします。うっかりして画像を撮り忘れたのですが、係員の付き添いにより約3分程度イルカに触れる事も出来ます(2019年10月現在、一回50,000コロンビアペソ・約1,670円)貴重な体験が出来るという事から、結構多くの方々がお金を払ってイルカに触れていました。
Img_6374 Img_6352 Img_6376
ロサリオ諸島日帰りツアーの昼食はどの島でも大抵似たようなもので、フィッシュフライ・パタコンと呼ばれている調理用バナナを潰して二度揚げしたもの、それにサラダとライスといった内容です。昼食後は出発までまったりとする、これが日帰りツアーの過ごし方です。そして3:00PMに島を出て、4:00PM頃にカルタヘナ港へ帰着しました。カリブ海の外洋は毎日決まって午後になると波が高くなります。日によってはかなり荒れますので注意が必要です。という事でのカリブ海の島滞在ツアーでした。

 

|

« 花の国コロンビアツアー催行記(2) | トップページ | 花の国コロンビアツアー催行記(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事