« コロンビア民芸品博覧会2018 | トップページ | 2018年・年の瀬 »

2018年12月ボゴタ市内アテンド&ウユニ塩湖移動途中ボゴタ乗り継ぎ観光お申込み受付中

先週はAvianca航空ボゴタ~ボストン線就航以来初めて、現地ボストン在住のお客様をお迎えしました。ボストンはいよいよ雪が降り始めたとの事ですが、当地ボゴタは一年を通じて最も観光に適したシーズンとなっています。この時期(12月中旬から1月まで)は8月と同様好天が続き、気温もそこそこ高くなります(通常は最高気温25度以下)

Img_4790Img_4792_2   Img_4796_2

初日は専用車を使いボゴタ市内をご案内しました。左画像は市内北部の展望、そして中画像は市内南部の展望です。北部には高級住宅街やオフィスビルが並び、南部には低層の中~下層の家々が並び、遠くにはスラム街があります。市内を完全に一望する為には高いオフィスビルの最上階でないと見えないのが首都ボゴタです。

Img_4803 Img_4799 Img_4805

昼食はボゴタ市内観光ではお馴染みのポテトシチュー「アヒアコ」を御提供、その後再び観光を行った後に旧市街地区内にあるカフェにてコーヒーブレークをしました。今回私が注文したラテアートは「ライオン」です。ツアー終了後、ホテルへ戻る前に市内北部にあるカフェに立ち寄り、極上のコーヒー豆をお土産にご案内しました。

Img_4811Img_4810_2 Img_4815

翌日も専用車御利用によりボゴタ近郊のコーヒー農園をご案内しました。時期としてはオフシーズンで赤いコーヒーの実はごく僅かで、大半の実は熟す前の緑の状態でした。次の収穫期は3-4月頃の予定です。それでも中画像にある「カカオの実」や現地特産のカトレアの大輪の花などが見られ、まったりと過ごしました。

Img_4818 Img_4817 Img_4822

こちらは昼食を取った場所から見えた雄大な景色と辺り一面に見えたマンゴーの木々です。この場所については「秘密」です coldsweats01 とても素晴らしい光景でした。また、マンゴーの木々には実が鈴なりでした。まだ完全に熟す前の状態でしたが、一つ採って持って帰ろうかと思ったほどです。そして二日間にわたったツアーは今回も無事終了しました。お客様は初めてのラテンアメリカご旅行との事で、楽しんで頂けたでしょうか。

この他、12月から2月にかけては近年特殊な理由でボゴタ観光をお申込み頂くケースが増えています。この時期はボリビアの「ウユニ塩湖」を観光される日本人の方が多く、Aviancaのボゴタ~ラパス線就航以来ボゴタでの途中乗り継ぎ時間を利用して観光をされる方が増えています。今シーズンも既に多数お申込みを頂いています。ボゴタでの乗り継ぎ時間が概ね6時間以上あれば乗り継ぎ観光のご案内が可能です。お申込みお待ちしています。

|

« コロンビア民芸品博覧会2018 | トップページ | 2018年・年の瀬 »

旅行・地域」カテゴリの記事