« 2018年11月のボゴタ市内アテンド(2) | トップページ | コロンビア・ボゴタに日本紹介の発信基地「日本センター」オープン »

2018年11月のボゴタ市内アテンド(3)

11月最終週に来訪されたお客様はシンガポール駐在中の御夫妻でした。シンガポールからボゴタまでは乗り継ぎ時間を含め片道約「30時間」 wobblywobbly 今までお迎えしたお客様の中では最も遠方からコロンビア国内単独ご旅行という事でお越し頂きました。

Img_4719 Img_4720

旅の計画は主として奥様が立てられるようで、お話を聞いた所ではやはり奥様の方が元々旅行好きでした。かなり以前からコロンビアご旅行の意思をもって御連絡頂き、複数のパターンを御提示した後、結果としてボゴタ~メデジン及び近郊のペニョール巨岩+グアタペ村~サン・アンドレス島~カルタヘナ~そして最後にボゴタ及び近郊観光というプランで正式にお申込み頂きご来訪されました。

私としてもアジアの国・それも駐在中の日本人の方をお迎えしたのは初めてで、遠路はるばるのご来訪は本当に喜ばしい事でした。

Img_4722Img_4725_2   Img_4726_2

ボゴタ及び近郊観光では「シパキラ岩塩坑道」をご案内し、その後旧市街地区へ向かいそこで昼食、後に徒歩観光を行いました。ボゴタ市内観光の折にはあいにくの雨でしたが、僅かな時間を使い要所をご案内する事が出来ました。ボリーバル広場では折しも先住民族の人達が露店市を開催していて、それぞれ異なる民族衣装をまとった複数の先住民族の人達の姿がありました。

Img_4728 Img_4729 Img_4733

大統領府前では偶然でしたが儀衛兵によるセレモニーに出くわし、ラッキーでした。私自身雨の中でのこのセレモニーを見たのは初めてでした。てっきり雨が降れば行わないと思い込んでいました。

最後はボテロ博物館に立ち寄り、フェルナンド・ボテロの絵画や彫刻作品を鑑賞しました。ご主人がおもむろに述べられたのは、ボテロの彫刻作品「小鳥」の大きなモニュメントがシンガポールの街中に鎮座しているそうです。そしてコロンビア国内ご旅行全日程を終えて一旦ホテルにご案内し、ご夫妻は再び30時間のフライトでシンガポールへの帰路に就かれました。

これまでの20年以上に及ぶこの仕事でどれほど旅のプランを企画・ご案内したのか記憶にありませんが、自分の立てたプランが採用され、実際御利用して頂くのは本当に嬉しく、また有難く思います。中には「高い」という理由でお申込み頂けない・若しくは異論を頂く事もあります。ただ、私としては例えば料金を極力安くする事を是とするようなプランはあまり好きではあません。と言ってもぼったくっている訳ではありませんがcoldsweats01coldsweats01 最遠からのコロンビアご旅行、お申込み頂き有難うございました。

|

« 2018年11月のボゴタ市内アテンド(2) | トップページ | コロンビア・ボゴタに日本紹介の発信基地「日本センター」オープン »

旅行・地域」カテゴリの記事