« 2018年12月ボゴタ市内アテンド&ウユニ塩湖移動途中ボゴタ乗り継ぎ観光お申込み受付中 | トップページ | 2019年元日 »

2018年・年の瀬

今年2018年もあっという間に終わろうとしています。毎年の事を続けてかれこれ20年近くなりますが、この時期に休暇を取ってどこかへ旅行・・・という事はなく、首都ボゴタに留まっています。年末年始は当地在住のお客様方が多方面に旅行に出られる事から、万が一の事態に備える為です。私自身が旅行に出ている最中に何かあった場合、対処出来ないという事は絶対避けたいが為の事です。

また、近年では年末年始に観光でコロンビアを訪れる方々も着実に増えてきています。この時期特に多いのが、先日投稿したボリビア・ウユニ塩湖観光途中でのボゴタ乗り継ぎ観光のお客様です。

Img_4834 Img_4835 Img_4836

という事で、閑散とし始めてきた首都ボゴタで過ごす日々です。画像は一人暮らしの私がクリスマスの日に作った、自宅で密かに営業している「小料理あらい」クリスマススペシャルメニュー・・・ではなく、日頃ご愛顧頂いているお客様を自宅にお招きし、昼食を共にした際に作ったメニューです。この日の「お品書き」は(高野豆腐と野菜の煮物)(ヅケマグロのお造り)(ほうれん草の白和え)(五目寿司)(自家製ヨーグルトのマンゴー添え)これに味噌汁と冷たいほうじ茶です。

Img_4837 Img_4838 Img_4839

高野豆腐以外は全てボゴタで手に入る材料を使っています。高野豆腐と野菜の煮物は前夜に作って煮汁をたっぷり吸わせたのでとても良い味に仕上がりました。マグロは市内の店舗(具体的にはHipermar)で売っている冷凍マグロを解凍し、たっぷりの油(ひまわり油が最適)と醤油に漬けた「ヅケ」です。冷凍マグロはこの方法で食べると醤油だけよりもまさに「油が乗って」美味しくなります。ほうれん草の白和えは久しぶりに食べたくなって作ってみました。

五目寿司に乗せた椎茸は市内の市場で生椎茸が手に入りますので、これを濃い目に煮て一晩置いたもの、そして錦糸玉子は自分で薄焼きにして切ったものです。デザートのヨーグルトは妻が残してくれた日本製の「ヨーグルトメーカー」を使って作っている自家製です。これを毎朝食べています。

今年も間もなく終わろうとしています。とはいえ私は連日何らかの仕事をしていますので、大晦日まで年の終わりは実感しないでしょうね。

|

« 2018年12月ボゴタ市内アテンド&ウユニ塩湖移動途中ボゴタ乗り継ぎ観光お申込み受付中 | トップページ | 2019年元日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事