« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年注目の都市、コロンビア・ボゴタ

昨年末から立て続けに日本より観光で来訪されたお客様方のアテンドが無事終わり、ホッと一息つきました。とはいえ、今週も個人・団体のアテンドがあり、忙しい日々が続きます。

Img_2860 Img_2863 Img_2864

こちらは首都ボゴタの観光名所の一つである「モンセラーテの丘」での光景です。頂上部分までの移動はケーブルカー利用でしたが、我々が乗り場駅に着いた時点ですさまじい数の外国人観光客の姿があり、英語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語などが飛び交い、そしてスペイン語圏の他国からの個人・グループで展望台付近もごった返していました。

私は昨年末に「南米コロンビアが観光地として注目の兆し」と題した投稿をしました。全くの偶然で、この記事を投稿した数日後に有名ホテル予約サイト「ブッキング・ドットコム」が「2018年に人気が出そうな世界の旅先10都市」を発表し、その中にコロンビア・ボゴタが選ばれた事を知りました。下記をクリックすると記事が出てきます。

ブッキング・ドットコムが「2018年に人気が出そうな世界の旅先10都市を発表」

私がこの記事を目にしたのは間違いなく自分の記事を投稿した後でしたので、予感が当たりそうな気配です。それほど、ボゴタを訪れる外国人観光客は激増しています。

Img_2865Img_2869 Img_2880

左・中画像は「金博物館」での一コマ、そして右画像は昼食メニューです。この日は「サンコチョ(Sancocho)」という名のスープにしました。金博物館・そして昼食を取ったレストランでも相当数の外国人観光客の姿がありました。10年前にボゴタに住んでいた事がある方々からすれば、外国人観光客で溢れかえっている首都ボゴタの観光地を見たらびっくりする事でしょう。

他方、先日投稿の通り日本からの観光客数は増えてはいますが、現在もまだブームと言えるほど激増している訳ではありません。理由の一つとして、事実ではありますが未だにゲリラ関連や事件・殺人・誘拐など、良くない事案だけを取り上げて恐怖心を煽っているケースが見られるのは残念な事です。そういうケースに共通しているのは、良いニュースは殆ど取り上げない事です。

年末年始に観光で来訪された方々は一様に「事前のイメージで来てみたら、コロンビアは全く違う国だった」という感想でした。勿論、コロンビアでも他国と同様観光中に一般犯罪に遭う可能性はゼロではありません。しかし首都ボゴタ・そしてコロンビアは確実に変わってきています。一人でも多くの日本人観光客がこの国を訪れる事を願ってやみません。

|

観光地としての南米コロンビア

2018年元日から一週間が経ち、既に二組目のお客様をお迎えしています。前回と同様、こちらも日本からビジネスクラスご利用で当地コロンビアに来訪され、コロンビア国内を周遊観光中です。かつて一度だけ、プライベートジェット機(shine)で来訪されてカルタヘナを観光された後、南米周遊旅行に発たれた某社会長ご夫妻をアテンドした事はありますが、グループツアーではなく個人(ご夫妻)ご旅行でビジネスクラス・コロンビア国内五つ星ホテルご利用というケースは年間を通じてもあまりありません。時代は随分変わりました。今月中旬にはやはり日本から、今度は団体ツアーのお客様方をお迎えする事になっています。

Img_2843 Img_2846 Img_2848

現在コロンビア国内周遊旅行中のお客様は当地在住の日本人女性を専属ガイド(主業務は各観光地におけるスペイン語ガイドの通訳)として同行周遊させるという手配です。しかも同行ガイドと共に各所高級ホテルご滞在・各観光地でも現地ガイドによるプライベート観光となればそれなりの金額になります。とはいえ、年始からお迎えしたいずれのお客様も「コロンビアを旅行してみたかった」とのご意見で、とても有難いコメントです。

という事で、お客様は現在専属ガイドと共に周遊旅行中で現在まで順調で、つかの間ではありますがこれで一息ついた感があり、自分にとって「正月が来た」という気分です。昨年来訪されたお客様から頂戴した大吟醸日本酒を、好物の「高野豆腐の含め煮」を作って美味しく飲み、残っている餅をおしることして作って食べ、カレーも作ってみました。私は食べる事も好きですが、味は別として作る事も嫌ではありません。

Img_2681 Img_2495 Img_2444

昨年末にはグアヒラ県を訪れ、日本人の方々には全くと言えるほど知られていないこの地の素晴らしさを知る事が出来ました。今年から日本の複数の旅行会社が「南米コロンビアツアー」の販売を開始しています。検索サイトで「南米 コロンビア ツアー」と検索すれば複数のツアーをご覧頂けます。

全てのツアーではありませんが、大半のツアーで当方はガイドとしてお客様をご案内する事になります。20年間ひたすら地道に観光地としてのコロンビアを紹介し続けた成果が少しずつではありますが出てきています。

Img_2173 Img_2175 Img_2193

今年、コロンビア政府も「観光立国」を目指すべく、予算を増やしたとのニュースを目にしました。コロンビア国内で最も外国人観光客が訪れているのが、画像のカリブ海沿いにある「カルタヘナ」です。旧市街地区は世界文化遺産に登録されており、とても多くのクルーズ船が寄港する地でもあります。

これはあくまでも私個人の考えですが、新市街地区に広がっているビーチの砂は白砂ではなく、黒っぽいもので一部は波により浸食されています。これを「白砂のビーチ」にすれば劇的に観光客が増えるのは確実です。

美しい白砂の海岸で有名なメキシコ・カンクン。ここはメキシコ政府の肝入りで莫大な量の白砂を沖合から運んで構成している「人工の砂浜」である事はあまり知られていません。度々来襲するハリケーンによって白砂が流されてしまう度に、沖合で白砂を採掘してあの海岸に並べている訳です。それは「マイアミビーチ」も同様です。人工の白砂浜を造る為には相当のコストがかかりますが、それによって国内外から多くの観光客が押し寄せており、観光関連収入で元は十分取れているようです。

カルタヘナには元々世界遺産の旧市街地区があり、そこに隣接しているのがビーチです。この海岸を白砂にすれば世界中から観光客が来訪するのは間違いないと思います。

Img_2327 Img_2672 Img_2675

とはいえこれはあくまでも私の個人的な意見であり、そこまでしなくてもカルタヘナの沖合・ロサリオ諸島までボートで行けば美しいカリブの海に出会えます。また、前述のグアヒラ県あたりまで行けばやはり自然の美しい海岸がいくつもあります。

観光地としての南米コロンビアの魅力・今年も皆さんにご紹介していくつもりです。

|

2018年スタート

読者の皆様、南米コロンビアより明けましておめでとうございます。当ブログ「南米コロンビア・雲と星が近い町から」はブログタイトルを全く変えず、南米コロンビアに関する情報を投稿し続けてこの三月で10年を迎えます。コロンビアに関するブログでは最長・且つ最も多種にわたる内容をご案内し続けていると思っています。

Img_2797 Img_2799 Img_2803

元日から仕事でしたので、本日1月3日が2018年最初の投稿です。今年も好天の中、仕事始めの朝はコロンビアに住み始めて以来20年続けて御来光を拝みました。そして神棚に御神酒を備え、静かに一日が始まりました。

Img_2790 Img_2795

話が前後します。大晦日の昼食は一年間頑張った自分へのご褒美として五目寿司を作りました。錦糸卵がちょっと太く短くなりましたが coldsweats01 昨年はとても良い結果を残せたと思います。そして夜は締めの年越し蕎麦でした。先日からここボゴタでもかまぼこやちくわが手に入るようになり、品数も増えました。

Img_2812 Img_2814

元日最初の食事、これもやはり日本の定番・お節(もどき)です。この日の昼から仕事始め・翌2日も終日ガイド業務だった為、食べ切れるように厚焼き玉子以外は油を使わず煮物などさっぱりとした品々を作って並べました。その為、お節の品としては本来ないネギのぬた和えやほうれん草のかつお節添えなどの野菜類も加えました。そしてお雑煮。すまし汁は自分なりに割と良い味に仕上がったなと思いました。これでつかの間の元旦気分に浸りました。

Img_2817 Img_2821

こちらは安倍首相がコロンビア公式訪問時に宿泊された、ボゴタ市内最高級のホテルJW MARRIOTT・2018年最初の仕事場でした。元日はさすがにガラガラだろうと思ったのですがとんでもない話で、大晦日の夜に何か催し物があったのか相当数の宿泊客でごった返していました。右画像は一階レストランです。こちらも全席ほぼ満席にビックリしました。

Img_2823 Img_2825 Img_2826

こちらは翌2日に催行したシパキラ岩塩坑道+ボゴタ市内プライベート観光での一コマです。シパキラ岩塩坑道へは早い時間に到着した為、先日と同様独占撮影出来るタイミングがありました。塩の大聖堂などを見学して出口に戻る時点では多くの人々とすれ違いました。このシパキラ岩塩坑道はやはり朝一番で見学する事をお勧めします。

右画像は金博物館に展示されている「黄金のいかだ」です。今まで数え切れないほどご案内しましたが、そう言えばこの黄金のいかだの画像がない事に気が付いて撮影してみました。そして年末年始コロンビア国内周遊ツアーのお客様はボゴタ・カルタヘナ・メデジンを観光され、無事帰国の途に就かれました。

Img_20180103_130447360_hdr1 Img_20180103_1300591071

同様に、年末年始ご旅行に出られていた当地在住のお客様方も3日までに皆さん無事帰着され、一息つきました。という事で自分へのご褒美はボゴタ市内にあるSeiki Sushiにてお寿司を食べようと決めていました。Seiki Sushiさんは元日も営業していたのでお客様をご案内したのですが、その際に進呈したお餅を元にお雑煮を作って頂きました。やはりプロが作ると見栄えがしますね。

ここ数年、私は年頭にあたっての目標というものは持たずにいます。明日何が起こるかなど誰にも分かりません。昨年も年頭には予想もしなかった大きな仕事を幾つか頂きました。ですので、私はあくまでもその時々に応じて自然体で臨んでいきます。

|

« 2017年12月 | トップページ