« 南米大陸最北端・グアヒラ半島(3) | トップページ | 南米大陸最北の雪山・クリストバル・コロン山(Pico Cristobal Colon) »

南米大陸最北端・グアヒラ半島(4)

このシリーズ最終回、一気に連載です。

Img_2659 Img_2614 Img_2624

グアヒラ半島滞在最終日は「先住民族に接するツアー」を選択しました。このシリーズで度々名前が登場する先住民族Wayuu(ワユー)彼らはコロンビア国内最大の先住民族であり、彼らWayuu族はスペイン人達がアメリカ大陸に侵攻した後も決して服従・同化する事なく現代まで続いています。

グアヒラ半島にはとても多くのWayuu族がコロンビア・隣国ベネズエラをまたいで住んでおり、彼らは両国間を自由に行き来出来る権利を持っています。そんなWayuuの人々が暮らしているのが画像のRancheria(ランチェリア)という小さな集落で、これがグアヒラ半島の至る所にあります。中には観光客向けにRancheriaを紹介し、伝統的な生活や習慣、踊りなどを披露してくれる所もあります。今回はリオアチャの町から車でたった10分という近い場所にあるRancheriaを訪れました。

Rancheriaにある家は全て手作り。壁は土壁、組んである木のように見えるものは枯れ果てた「サボテンの木」です。Wayuu族は子孫を残す女性が優位の社会で、長老はお婆さんです。

Img_2608 Img_2610 Img_2609

まずはWayuuの人々にとって重要な「Chirrinche(チリンチェ)」と呼ばれるサトウキビから出来た黒糖を発酵させて作る蒸留酒の製造過程の紹介です。チリンチェはアルコール度数が非常に高く、酒好きの私でも出来上がったチリンチェに鼻を近づけただけでただならぬ刺激を感じました。これは男達の嗜好品としての他に「Wayuuの薬」としてとても重要なのだそうです。

Img_2619 Img_2621 Img_2622

左・中画像は共同の「台所」です。Wayuuの人達は伝統的にヤギ(Chivo)肉を食べる習慣があります。そして右画像は小さな子供達の為の「幼稚・保育園」です。とても小さな集落ですが、ここでは数家族が同居しています。

Img_2625 Img_2630_2 Img_2631

Wayuu族のいわゆる「苗字」にはそれぞれ意味があり、彼らは常に何かしらの動物と共に暮らしているのですが、苗字はそれらの動物を表していて、画像の彼女の苗字はジャガー(若しくはヒョウ?だったか)の使者という意味らしく、それでヒョウ柄の衣装を着ているのだそうです。

そしてWayuuと言えば有名なのが手編みの肩掛けバッグ(Mochila)です。何故あなた方は肩掛けバッグを作り、提げているのかと聞いた答えがこうです。

Wayuuのバッグは底から編み始めますがこれは「誕生」であり、編み上げていく事はすなわち人の生きざま(人生)を表しています。Wayuuバッグは上の部分が大きく開いたままになっていますが、これは終わる事のない人生・そして宇宙空間まで通じるという意味です。なので、Wayuuバッグの上の部分は閉じずに開けておくのだそうです。上の部分を閉じるという事はすなわち「人生の終わり=運気が下がってしまう」ので、紐などで閉じたままにしておくのは良くないのだそうです。日本でもWayuuバッグが販売されているようですが、上の部分は大きく開けたままにするのが「Wayuuバッグの常識」との事なのでご承知おき下さい。

という事でWayuuの女性が編み、肩から下げているバッグは「自分の人生」を表現しているだそうです。ちなみに長く伸びた肩紐の部分は、人間でいえば肩から腕を表しているとの事。

Img_2632 Img_2634 Img_2638

Wayuuの伝統衣装に身を包んだこちらの女性は編み方の実演をしてくれました。女性の方々には編み方を教えてくれるのだそうです。

Img_2642 Img_2648 Img_2651

このランチェリア訪問に際してWayuuの女性達に直接お金を払う事はありませんでしたが、お礼の意味で中画像の小物入れ(10,000コロンビアペソ・約400円)を購入しました。

Wayuu族の人達は広範囲に住んでいて、中には水もない砂漠地帯にひっそりと住んでいる人達も未だ多く、昨今栄養失調で命を落とす子供達が非常に増えています。他方、今回のツアーで訪問した集落・ランチェリアのように町中ではありませんが割と近い所に住んでいるWayuu族の人達も多く、様々です。

今回一気に4回にわたりコロンビア・そして南米大陸最北端の地・グアヒラ半島をご紹介しました。今回ご紹介した観光スポット・そして先住民族Wayuuの集落はいずれも県都リオアチャから近い場所です。「新たな観光地」として是非とも皆様にご紹介したく、投稿しました。

|

« 南米大陸最北端・グアヒラ半島(3) | トップページ | 南米大陸最北の雪山・クリストバル・コロン山(Pico Cristobal Colon) »

旅行・地域」カテゴリの記事