« ボゴタ・セントロ(カンデラリア)地区一部エリアのご紹介 | トップページ | コーヒーの国コロンビアのカフェチェーンの新風・TOSTAO' »

2018年6月、客船「飛鳥II」カルタヘナ寄港

タイトル通り、来年2018年6月に日本の客船「飛鳥II」が世界一周クルーズの途中、世界遺産の古都・港町のカルタヘナに寄港します。

Img_2045Img_2047

次回2018年の世界一周クルーズは三年ぶりとなる事から関心が高いらしく、約870名分の枠は早々に完売との事。過去最多となる乗客を乗せて、南米大陸では唯一となるカルタヘナへ寄港します。

先月、三月以来となる今年二回目の一時帰国をしました。お客様方には事前にご案内の上で一時当地を離れましたが、もしかすると「日本恋しさに帰ったのか」と思われた方もひょっとしていらっしゃるかもしれません。いえいえ、「諸般の事情」でしたがお陰様で良い結果となりました。

乗客の皆様向けに、カルタヘナ上陸後バス数十台をチャーターした市内観光約600名様分、そして前の寄港地にて一旦下船後にツアー・その後空路でカルタヘナに来訪される乗客の方々向けの航空券・宿泊・観光手配、更にはカルタヘナで一旦下船後にもツアーが催行され、そのお客様向けのカルタヘナ市内観光・次の寄港地までの航空券等の手配など、まさに総取りの予定でスケールの大きな話になりそうです。

今からちょうど一年後の話で、これから相当な数の日本人臨時ガイドをボゴタ及び他都市からカルタヘナへ派遣する為の人員確保など、様々な手配案件が出てきます。当社ANDES TOURSはIATA(国際航空運送協会)正会員ですので航空券は自社発券が可能、社内にはM・I・C・E(Meeting, Incentive Travel, Convention, Exhibition & Eventの略)を専門に扱う部署があって7名いる事から、次回の飛鳥IIカルタヘナ上陸観光手配業者として認められたのではないかと思います。

2018年6月、カルタヘナにてお待ちします。

|

« ボゴタ・セントロ(カンデラリア)地区一部エリアのご紹介 | トップページ | コーヒーの国コロンビアのカフェチェーンの新風・TOSTAO' »

旅行・地域」カテゴリの記事