« セマナサンタ(聖週間)2017 | トップページ | 中間収穫期を迎えたコロンビアコーヒー農園を訪問 »

聖金曜日・ボゴタ旧市街地区の歴史ある教会散策

セマナサンタ(聖週間)の中でも、キリストが磔にされて天に召された「聖金曜日」は特に重要な日とされています。この日は赤身の肉を食べない、食事全般の量を減らすなどの習慣があり、勿論キリスト教信者は教会に出向いて祈りを捧げます。私はキリスト教徒ではありませんが、この日に首都ボゴタ旧市街地区を散策し、歴史ある教会の数々を巡ってみました。

Img_20170414_135712592_hdr1Img_20170414_1401544531Img_20170414_1404070791

こちらは大統領府・国会議事堂に隣接している旧・サンタクララ教会(修道院)です。現在では博物館になっています。建てられたのは1619-1647年とされています。外観は岩とレンガを組み合わせた古い教会で殆どの観光客は素通りします。しかしながら圧巻は内部の装飾で、外からはおよそ想像がつかない素晴らしさです。内部に一歩入ればその美しさに目が点になる事間違いありません。

Img_20170414_141118543_hdr1Img_9306Img_9310

こちらも大統領府に隣接しているサン・アグスティン教会です。1642年に建てられました。聖金曜日のこの日は閉まっていました。中・右画像は別の日に撮影したものです。こちらも外観は古い教会にしか見えませんが、素晴らしいのはやはり内部の装飾と祭壇の美しさです。1600年代前後に建てられた教会には木が多用されています。現代の教会は全てがレンガ造りで木は殆ど使用されていない為、それだけでも大きな差があります。

Img_20170414_133217765_hdr1Img_20170414_1246480581Img_9281

こちらは1703年に完成したカンデラリア教会です。こちらは祭壇に飾られた聖職者達の像に歴史を感じます。このカンデラリア教会もまた内部に木を多用しています。外観だけでは築300年以上の古い教会とは思えないほどです。

Img_20170414_134230258_hdr1Img_20170414_134836354_hdr1Img_20170414_1345547311

こちらは国会議事堂・ボリーバル広場からおよそ2ブロックの所にあるコンセプシオン教会です。外観はのっぺりとしていて何の特徴もありません。しかしながら中に入れば祭壇の素晴らしさに目が点になります。中画像ですが、ここは撮影可能なのか否か分からず、しかも誰も撮影していなかった事からサッと撮影した結果、残念ながらピンボケしてしまいました。そして圧巻は付けられているプレートにかすかに見える1583-1595の文字、つまりこの教会は1500年代に建てられたものです。

Img_20170414_1232370121Img_9293

そして最後は国立銀行前に建つサンフランシスコ教会です。右画像は別の日に撮影したものです。2017年4月現在、右画像のあたりは道路工事中でこのようなを撮影する事は出来ません。

このサンフランシスコ教会はスペイン軍がこの地にたどり着いて間もない1550年代に建て始められたという、ボゴタ市内でも最古級の建築物です。外観は古めかしいものですが、この教会もやはり内部の装飾は絶賛に値する素晴らしいものです。あいにくこの内部は撮影禁止とされている為、内部の画像公表は控えます。しかしながらボゴタ市内旧市街地区にある数多くの教会の中でもとりわけ素晴らしいものです。

ボゴタ市内観光、その中でも教会に興味のある方はこれらの教会を中心に巡ってみると良いでしょう。

|

« セマナサンタ(聖週間)2017 | トップページ | 中間収穫期を迎えたコロンビアコーヒー農園を訪問 »

旅行・地域」カテゴリの記事