« 日本一時帰国を終えてボゴタへ | トップページ | セマナサンタ(聖週間)2017 »

くいしん坊!万才・コロンビア編(仮称)

今回の日本一時帰国の際には久しぶりに「日本の味」を堪能しました。その中で明らかに今までと違ったのは、それまで長年ずっと日本へ帰ったらまず食べたいものの一つが「納豆かけご飯」でした。それはボゴタ在住の方々も同じ思いだった事でしょう。それが昨年末から当地で納豆が手に入るようになり、代わって「焼魚が食べたい」「しこしこうどんが食べたい」といった変化がありました。

自分で言うのも何ですが、はっきり言って私はコロンビア・ボゴタ在留の日本人の方々に「日本食革命を起こした」と思っています(笑)

という事と決して無関係ではなかったのが、ボゴタに帰着翌日に手掛けた仕事でタイトル通りの「くいしん坊!万才・コロンビア編(仮称)」です。約24時間の長旅を経てヘロヘロの状態で戻った翌日の「醤油が関係する食の調査」でした。

Img_20170324_1304239681Img_20170324_1334051321Img_20170324_1357271231

今回、久しぶりのこの仕事で訪れたのが、以前にもご紹介しました現時点で首都ボゴタ最高レベルの日本食レストラン・Seiki Sushiさんです。こちらのお店について、私自身は既に何度か足を運んでいますが、日本からいつも来訪される方はまだご存知なかったので「新規開拓」という理由で紹介しました。

この日はつい先日始めたばかりの「お弁当」を頂きました。いつもは創作料理を単品ずつ注文していますが、Seiki Sushiさんのお弁当は私自身も初めてでした。巻き寿司は他のコロンビア人経営の寿司レストランのそれとは異なり、いつもながら米粒の形が残っていて食べやすく、しかも美味しかったです。その他、添えられたおかずもそれぞれがいい味を出しています。お弁当自体は四種類あり、私は魚をメインとするお弁当を頂きました。

味噌汁が付いて24,900コロンビアペソ(2017年3月現在・約1,000円)は金額と内容・味の点で納得出来るものです。このお弁当もボゴタ最高レベルだと推薦します。

この他にも醤油アイスを包んで揚げたもののチョコレートソースがけ・わさびアイス・きなこアイスの盛り合わせを食べました。量的にもこれで十分過ぎる程です。美味しいものを食べるこの仕事は何と言っても「量より質を求める」です。特にそれが美味しいものであれば、肉体労働者的にこれでもかとガツガツ腹一杯食べるのではなく、一品を味わって食べるのが基本です。という事で美味しく頂きました。

Img_20170324_1210468401Img_20170324_1606219711Img_20170324_1606040841

この他、左画像は世界中に展開している高級ホテル「フォーシーズンズ」の中にある日本食レストラン「Kuru」です。内装には折り紙を多用していて、天井から吊り下がっているのもやはり折紙製の照明です。メニューには「炉端焼き」もありました。このレストランの斜め前にもフュージョン系の日本食レストランがあり、ここにも炉端焼きメニューがありました。使用している醤油はいずれも同じ日本の某有名醤油(笑)です。

また、中・右画像は昨今ボゴタでもブームになりつつある「ラーメン」と一品料理を楽しめるレストランです。上記のレストランはいずれも異なる二つのグルメゾーンにあります。このラーメン店で使用している醤油もまた同様です。この店のラーメンについては、日本人の評価では「ちょっと違う」という意見を度々聞きますが、繁盛しているのは大半を占めるコロンビア人客の味覚に合っているからで、日本のラーメンやカレーが本場のそれとは違うのと同じ理屈でしょう。

首都ボゴタのレストラン、それも寿司その他の日本食レストランについては昨今次々とオープンしており、それによって日本独特の調味料である醤油の消費量も飛躍的に伸びています。嬉しい事ですね。

|

« 日本一時帰国を終えてボゴタへ | トップページ | セマナサンタ(聖週間)2017 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事