« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

くいしん坊!万才・コロンビア編(仮称)

今回の日本一時帰国の際には久しぶりに「日本の味」を堪能しました。その中で明らかに今までと違ったのは、それまで長年ずっと日本へ帰ったらまず食べたいものの一つが「納豆かけご飯」でした。それはボゴタ在住の方々も同じ思いだった事でしょう。それが昨年末から当地で納豆が手に入るようになり、代わって「焼魚が食べたい」「しこしこうどんが食べたい」といった変化がありました。

自分で言うのも何ですが、はっきり言って私はコロンビア・ボゴタ在留の日本人の方々に「日本食革命を起こした」と思っています(笑)

という事と決して無関係ではなかったのが、ボゴタに帰着翌日に手掛けた仕事でタイトル通りの「くいしん坊!万才・コロンビア編(仮称)」です。約24時間の長旅を経てヘロヘロの状態で戻った翌日の「醤油が関係する食の調査」でした。

Img_20170324_1304239681Img_20170324_1334051321Img_20170324_1357271231

今回、久しぶりのこの仕事で訪れたのが、以前にもご紹介しました現時点で首都ボゴタ最高レベルの日本食レストラン・Seiki Sushiさんです。こちらのお店について、私自身は既に何度か足を運んでいますが、日本からいつも来訪される方はまだご存知なかったので「新規開拓」という理由で紹介しました。

この日はつい先日始めたばかりの「お弁当」を頂きました。いつもは創作料理を単品ずつ注文していますが、Seiki Sushiさんのお弁当は私自身も初めてでした。巻き寿司は他のコロンビア人経営の寿司レストランのそれとは異なり、いつもながら米粒の形が残っていて食べやすく、しかも美味しかったです。その他、添えられたおかずもそれぞれがいい味を出しています。お弁当自体は四種類あり、私は魚をメインとするお弁当を頂きました。

味噌汁が付いて24,900コロンビアペソ(2017年3月現在・約1,000円)は金額と内容・味の点で納得出来るものです。このお弁当もボゴタ最高レベルだと推薦します。

この他にも醤油アイスを包んで揚げたもののチョコレートソースがけ・わさびアイス・きなこアイスの盛り合わせを食べました。量的にもこれで十分過ぎる程です。美味しいものを食べるこの仕事は何と言っても「量より質を求める」です。特にそれが美味しいものであれば、肉体労働者的にこれでもかとガツガツ腹一杯食べるのではなく、一品を味わって食べるのが基本です。という事で美味しく頂きました。

Img_20170324_1210468401Img_20170324_1606219711Img_20170324_1606040841

この他、左画像は世界中に展開している高級ホテル「フォーシーズンズ」の中にある日本食レストラン「Kuru」です。内装には折り紙を多用していて、天井から吊り下がっているのもやはり折紙製の照明です。メニューには「炉端焼き」もありました。このレストランの斜め前にもフュージョン系の日本食レストランがあり、ここにも炉端焼きメニューがありました。使用している醤油はいずれも同じ日本の某有名醤油(笑)です。

また、中・右画像は昨今ボゴタでもブームになりつつある「ラーメン」と一品料理を楽しめるレストランです。上記のレストランはいずれも異なる二つのグルメゾーンにあります。このラーメン店で使用している醤油もまた同様です。この店のラーメンについては、日本人の評価では「ちょっと違う」という意見を度々聞きますが、繁盛しているのは大半を占めるコロンビア人客の味覚に合っているからで、日本のラーメンやカレーが本場のそれとは違うのと同じ理屈でしょう。

首都ボゴタのレストラン、それも寿司その他の日本食レストランについては昨今次々とオープンしており、それによって日本独特の調味料である醤油の消費量も飛躍的に伸びています。嬉しい事ですね。

|

日本一時帰国を終えてボゴタへ

ちょうど一年ぶりの一時帰国、短い滞在でしたが有意義に過ごす事が出来ました。

Img_20170322_1553182831Img_20170322_1832059631Img_20170321_1514225441

左画像は妻の実家の「ご近所さん」です。ここは都心から電車で一本・一時間以内の場所ですが、まだこのような昔ながらの旧家が残っています。

中画像は大した事ではなく、滞在中に食べた中華料理です。日本はいつでもどこでも美味しい食事が出来るのがとても有難いです。コロンビアは自国料理以外は総じて高く、しかも営業時間が限られているので、日本の食文化の素晴らしさを改めて感じています。

右画像は取引先へ挨拶に伺った際に立ち寄った銀座の風景です。私が日本で働いていた頃は折しもバブル絶頂期、銀座はホームグラウンドのような所でした。あの頃を懐かしく思い、歩いてみました。

Img_20170323_0954494741Img_20170323_0958425321

今回の一時帰国では久しぶりに日系航空会社(ANA)を利用しました。やはり日本の航空会社は良いですね。機内食やサービス全般に「向上心」を感じ、とても感心しました。帰りがけにもボーイング787の姿がありました。義弟がこの機の担当機長だったかは分かりません(笑)

今回の一時帰国では色々と収穫がありました。具体的な校名は控えますが、今夏には日本の複数の大学から首都ボゴタの某有名私大へのスペイン語短期留学プログラムが決定し、当方(当社)は期間中のコロンビア国内旅行を企画・催行させて頂く事になりました。

当社ANDES TOURSは今やコロンビア唯一の日本人常駐・公認旅行会社として、今年から新たに某私大へ「コロンビアでスペイン語を学ぶ」プログラムも新たに事業の一つとして取り組んでいきます。

|

日本一時帰国中

しばらく更新が滞りました。一部の御客様方には事前にご案内していましたが、現在ちょうど一年ぶりに日本一時帰国しています。日本の年度末の最中でもありますので、休暇中とはいえ時折自宅で仕事もしています。

Img_1744Img_1748Img_1760

今回は久しぶりに日系航空会社(ANA)利用です。やはり日本の航空会社は良いですね。成田空港到着時、隣のスポットにはボーイング787が駐機中でした。義弟がこの機の担当機長だったのか、目視では確認出来ませんでしたcoldsweats01

今年はコロンビアに流れ着いてからちょうど20年という節目の年です。当初10年以上は日本を含む国外からのお客様をお迎えしたのは年間を通じて片手で数えられるほどでしたが、今や毎月観光や商用などでご来訪される方々をお迎えしている身分になり、感慨深いです。今回の一時帰国は私用が主な目的で、こちらも節目の年になりました。

Img_1761_3Img_17641_3Img_17651_2

私・妻の実家共に都心からほど近い所にありますので、行き来をしながら過ごしています。3月とはいえまだ肌寒く、妻の実家の表庭の下草はまだ茶色です。ちょうどお彼岸にかかったという事もあり、お仏壇に線香を供え、神棚にて天照大御神に帰国の報告をしました。

Img_1762Img_1768Img_1773

今の時期は梅の花が満開になっています。表庭・前の敷地の梅の木々が見頃です。そして裏庭には小粒のキンカンの実が鈴なりです。日本の四季を実感しています。

コロンビア(ボゴタ)においていわゆる駐在員ではない、日本人社会の底辺にいる私は贅沢な生活が出来る身分ではなく、日々質素倹約をしています。その反動もありますが、僅かな期間での一年ぶりの一時帰国中、思い切り羽を伸ばしたいと思います。

|

首都ボゴタにカレー専門店再オープン

ここの所ずっと忙しく、一週間があっという間に過ぎていきます。一度に約70名分のグループチケットの手配などをした後などは、もう頭の中が真っ白になりました coldsweats01 また、日本から来訪されたグループガイド業務も並行して行った為、かなりしんどかったです。

時には昼食を取るタイミングを逸する事もあります。とは言え、私はハンバーガーやインスタントラーメンなどのいわゆる「ジャンクフード」は好きではなく、それらを食べれば胃がもたれ、カップ麺や袋麺などのインスタント麺を食べざるを得ない時には屈辱すら感じます。そんな気難しい私にとって有難い店が「再」オープンしました。

Img_20170303_142557614_hdr1Img_20170301_151520023_hdr1

以前「神出鬼没」と称して紹介しました首都ボゴタにあるカレー専門店・Ninja Kareがいわば腰を据えて再オープンしました。以前紹介した時はまさに神出鬼没で日々営業場所が変わり、体制の立て直しでクローズした為に私も一旦記事を消したのですが、再オープンという事で改めて投稿します。

実際には既に中心街・セントロ地区の外れにあるロス・アンデス大学付近に一号店があるのですが、正直この大学への用事以外で足を延ばす日本人などほぼ皆無でしょうという位の所にある為、今まで一度も行った事がありません。

今回ご紹介するのは私のオフィスから僅か1ブロックの場所にオープンした「二号店です」

この辺りは当社ANDES TOURSを含め多くの企業がひしめく一帯です。昼時ともなれば会社員達が昼食を取る為に道にあふれます。いわゆる一等地でしょう。そこにフードトラックが集結する「ミニグルメエリア」が開設され、Ninja Kareも満を持してオープンしました。

Img_20170301_1515580451Img_20170303_142517315_hdr1

こちらが再オープンした改造フードトラック形式のNinja Kare・二号店です。このミニ・グルメエリアには他にも複数の店舗があります。場所はCalle 73沿い、Carrera 9との角に近い所です。フードトラックが集結しているのですぐ分かります。地図は→こちら

肝心のカレーですが、ポークカツカレーとチキンカツカレーの二種類を17,000コロンビアペソ(約680円・2017年3月現在)で提供しています。この辺りにはいわゆるランチ専門店も数多くありますが、いずれも午後一時を過ぎるともう行列で、私はその列を見てもう諦める時が多々あります。そんな中でこのNinja Kareがオープンした事で、早く・美味しく・そしてお腹一杯になります。カツは揚げたてでなかなかイケる味です。

カレーの辛さは1(マイルド)から10(激辛)まであります。私個人的には3が好みです。プレ・オープン初日に私は二番目の日本人客だったようです。あまりの忙しさも相まってオープンから三日で既に二回カレーを食べていますcoldsweats01coldsweats01 あとは若干の追加料金でご飯も増量出来ます。これで食べ損ねるか屈辱のジャンクフードかという選択肢はなくなる(かな)

これからも引き続きお勧めの食べ物やレストランを見つけましたらご紹介します。

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »