« 世の中はインターネット駆使の時代 | トップページ | ボゴタ(コロンビア)在住日本人の皆様へ納豆入荷のお知らせ »

コロンビアは世界最高級のカカオ豆産地

コロンビアと言えば誰もが思い浮かべるのが「コーヒー」確かにそうです。実はその他にもタイトル通り「世界最高級カカオ豆産地」である事は意外と知られていません。私自身も20年近いコロンビア生活の中で、未だに一度もカカオ農園を訪れた事がありません。そんな中、ちょうど首都ボゴタで「チョコレートフェスティバル(2016年9月17,18日)」が開催された為、後学の為に見学してきました。

Img_0505 Img_0507 Img_0488

コロンビアは世界有数のカカオ豆産地である事から、国内ではチョコレート製品がとても豊富です。その中で今回、私自身初めてこの種のイベントを体験出来ました。

Img_0465 Img_0503 Img_0479

左の画像、瓜(ウリ)のように見えるこれが「カカオの実」(カカオポッドと言います)です。様々な色をしていますね。大きさは大人の手の平よりもはるかに大きいものです。中画像はカカオポッドと乾燥させた種(豆)です。そして右画像はカカオポッドを縦半分に割った直後のものです。中にはびっしりと豆が詰まっています。豆の部分を覆う白い果肉を口にした所、繊維質が多いこの部分は甘酸っぱくとても美味しく感じられました。おそらく日本では味わえない、果実としてのカカオの味でした。

Img_0483 Img_0487 Img_0476

会場ではチョコレートを扱う複数の店舗が揃い、試食品提供や直売をしていました。コロンビア産カカオ豆をふんだんに使用したチョコレートの試食三昧は実の所あまりないので、とても良い機会でした。

Img_0494 Img_0492 Img_0508

この日の会場にいたのが左画像の日本人女性・小方真弓さんです。小方さんは当地コロンビア在住で、国内各地のカカオ農園を巡りながら最高級豆を厳選しています。私自身はこれまで「コーヒー」に関してはある程度勉強する機会がありましたが、カカオ豆については全く知識がなく、カカオ農園を訪れた事もありません。その中で機会があればコロンビア産カカオについて知ってみたいと思っていました。多くの人々が訪れる中でほんの少しだけコロンビアカカオについてお話しを伺う事が出来ました。

小方さんが厳選しているカカオ豆は世界最高級そのものであり、中画像にあるのは2015年インターナショナルチョコレートアワードにおいて、Arhuaco(アルアコ)産のカカオ豆72%を使用したチョコレートが最優秀賞を受賞した賞状です。私もこのArhuaco産チョコレートを試食してみて衝撃を受けました。チョコレートと言えば通常「苦い」「甘い」というのが大きな味覚ですが、このArhuaco産カカオ豆使用のチョコレートはそれ以外に酸味を感じる不思議な味です。

Img_0484 Img_0485 Img_0493

小方さんが豆から厳選しているチョコレートは「カカオハンター」というブランド名で首都ボゴタ及び日本などでも販売されています。

Img_0513 Img_0525 Img_0518

この日は小方さんが生産まで手掛けている自社製チョコレートを使った「テイスティング」も行われ、それぞれ口の中に広がる香り・苦味などの違いを分かりやすく説明されていました。以下に小方さんが説明されていた内容を元にカカオ豆・チョコレートに関する御案内をします(もしかすると聞き間違いがあるかもしれません)

カカオ豆の香りは約500種類前後もあるとの事です。コロンビアでは現在19県においてカカオ豆が生産されており、その歴史は古いもので500年以上。コロンビアにおけるカカオ豆生産は従来1,000m以下の低地・熱帯地域が主でしたが、近年では気候変動により従来は重ならなかったコーヒー生産地帯と同じ気候帯(標高約1,300m前後)まで上がっているとの事です。カカオ豆の種類としてはベネズエラ・エクアドル・トリニダードトバゴを起源とする品種からの交配種が大多数との事です。

小方さんがコロンビア国内各地のカカオ農園を巡った中で最も衝撃的だったのが、前述の国内北部に現存している先住民族・アルアコ族が500年前から手掛けている豆だったそうです。確かにこのチョコレートを試食した所、ミント・若しくはライムのような不思議な酸味というか清涼感がある味を感じました。

コロンビアのコーヒーは産地や苗木の品種によりその味は異なる深いものですが、コロンビアのカカオ豆・そしてチョコレートもまた極める事が難しい、奥の深いものである事を実感しました。後日ボゴタ在住の日本人のご婦人方は「カカオ・チョコレート講座」を受講されるようで、「今年のお題はカカオ&チョコレートは如何でしょうか」と打診したのは私ですが、正直言えば「自分もお話しを聞きたいflair」と思っているほどです(無理でしょうけど)

Img_0532Img_0533

折しもこの日(9月17日)はコロンビアでは「愛と友情の日(Dia de Amor y Amistad)」だったという事もあり、妻にアルアコ産カカオ使用のチョコレートをプレゼントしました。パッケージの左下には前述のインターナショナルチョコレートアワード2015最優秀賞のロゴ入りです。

今後コロンビアを訪れる方々、コロンビアコーヒーとコロンビア産カカオ豆を使ったチョコレート、この相性もとても良いものですよ。是非ともお試し下さい。

|

« 世の中はインターネット駆使の時代 | トップページ | ボゴタ(コロンビア)在住日本人の皆様へ納豆入荷のお知らせ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事