« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

サンタンデール県・ブカラマンガ市と周辺訪問記(2)

滞在二日目はブカラマンガ市から南へ約1.5時間の場所にあるチカモチャ国立公園(Parque Nacional del Chicamocha)を訪れました。この一帯は今から約46億年前に形成されたとされています。その光景は「コロンビアのグランドキャニオン」とも言えるものです。各画像をクリックすると拡大出来ます。画像もお楽しみ下さい。

Img_0229 Img_0231 Img_0232

チカモチャ国立公園観光の拠点は二つあります。上記画像はメサ・デ・ロス・サントス(Mesa de Los Santos)側です。こちらは移動途中の車窓がそれは素晴らしく、緑が多い一帯です。左画像はゴンドラ駅です。

Img_0210 Img_0178 Img_0183

そしてこちらがパナチ(Panachi)・ウンパラ(Umpala)側です。こちらは一転して荒涼とした光景が広がっています。途中の街道はくねくねとしていて、乗り物酔いし易い方にはかなり厳しいルートと言えます。首都ボゴタから陸路となると必ずこちら側に到着します。過去にこのチカモチャ国立公園を訪れた方の大半は、移動途中で右や左に振られて散々な思いをし、更には荒涼とした風景のみだった、そんな印象があったのはこちら(パナチ)側に着いたからです。

Img_0142 Img_0147 Img_0149

メサ・デ・ロス・サントス側とパナチ側は画像のゴンドラで結ばれています。2016年8月現在の料金は46,000ペソ(約1,640円)でした。どちら側から乗っても反対側で一旦降りて観光後に戻る事が出来る往復運賃です。特筆すべきは、この日は日曜日であったにもかかわらず、往復共にこのゴンドラの待ち時間はほぼゼロ、ガラガラでした。これだけの観光地でありながら、これは意外でした。

Img_0150 Img_0156 Img_0158

ゴンドラが出発すると、いきなりほぼ垂直に落下するような急傾斜にビックリしました。このゴンドラは全長約6.3km、二つの地点を谷に沿ってV字型に結ぶもので、所要時間は20分以上かかります。利用前に予めトイレに行っておく事をお勧めします。

いきなりの急降下に肝を冷やした後は、目の前に46億年を経た壮大な光景が広がります。右画像に見える筋はパナチからブカラマンガへの街道です。これだけくねくねしていると、とても厳しい道のりだと思います。これからの各画像がぼやけているのはゴンドラの窓が曇っている為です。

Img_0163 Img_0170 Img_0174

メサ・デ・ロス・サントス側とV字の谷底までは約1,200mの高低差があるようです。ここには中継地の駅がありますが周囲には何もなく、そのまま反対側のパナチ側へ再び上昇します。そうしてたどり着いたのがパナチ側でした。

Img_0192 Img_0193 Img_0196

ゴンドラ駅を出ると山裾に沿って坂があります。なかなかきつい坂ですが、必ず上まで行って下さい。途中には売店がありますので、そこでボトル水を入手されてからをお勧めします。そこから見えるのが画像のこの光景です。コロンビアのグランドキャニオンにふさわしい、素晴らしい光景が広がります。

Img_0190 Img_0198 Img_0206

パナチ側にはコロンビア人向けに遊戯施設がいろいろとあって興冷めという意見もあるようですが、純然にこの壮大な景色を見ているだけで十分でした。それはまさに地球レベルの歴史そのもので、観光地としてのコロンビアの新たな一面を知る事が出来ました。

Img_0217Img_0223_2 Img_0225_2

そして再びメサ・デ・ロス・サントス側へ戻りました。深い谷底側から見るチカモチャ大渓谷もまた素晴らしいものでした。最初に肝を冷やした垂直に近い傾斜部分を下から見たのが中画像です。 そして右画像は切り立った台地の様子です。この辺りを発掘すれば間違いなく化石がゴロゴロと出てくるでしょう。太古の歴史をまざまざと見せつけてくれるチカモチャ国立公園、良い思い出になりました。

|

サンタンデール県・ブカラマンガ市と周辺訪問記(1)

ずっと仕事が立て込み、子供達に夏休みの思い出も残せないまま日々が過ぎていましたが、ようやく三日間だけ休暇を取る時間が出来たのを機に、首都ボゴタの北東にあるサンタンデール(Santander)県都・ブカラマンガ(Bucaramanga)市とその周辺を訪問しました。今回から複数回に分けてご紹介します。

Img_0072 Img_0073 Img_0075

県都・ブカラマンガへはボゴタから空路約1時間、進行方向右窓側に座ると、着陸が近づく頃から遠くに万年雪を頂く連峰が見えてきます。これはエル・コクイ(El Cocuy)国立公園のRitacuba Blancoの姿です。

Img_0078_2 Img_0079_2 Img_0081

そして突然眼下に広大な渓谷が広がり、更には台地の上にブカラマンガの町が見えてきます。ですので、ブカラマンガを訪れる際には進行方向右側に着席する事をお勧めします。この渓谷につきましては次回ご紹介します。

Img_0086 Img_0426 Img_0424

ブカラマンガ空港は市内からかなり離れた高台の上に造られています。その為、空港から市内まではタクシー等で約30分以上かかります。空港ターミナルは小さいながら新しさを感じます。ブカラマンガ市は標高約950m、コロンビア第五の都市で人口約50万人です。

Img_0089 Img_0091 Oscarcordoba2

こちらは宿泊したホテルにて撮影した画像です。左画像はブカラマンガ市内中心部の光景、中画像は南側の光景です。ブカラマンガ市はどうやら南側に向かって発展を続けているようです。そして右画像は同じホテルに宿泊した有名人で元コロンビア代表の名ゴールキーパー、オスカル・コルドバ氏です。かつてボカ・ジュニオール在籍時には南米クラブチャンピオンとして日本でのトヨタカップにも出場した、名キーパーの一人です。

Img_0097 Img_0127 Img_0130

左画像は夕暮れ時の市内西部、そして中・右画像はホテル最上階から望む事が出来るブカラマンガ市の夜景の様子です。

Img_0118 Img_0105 Img_0114

ブカラマンガ市内での食事(レストラン)ついて、特筆に値する所は見つけられませんでしたが、その中で市内及び近郊に複数店舗を持つ肉料理で有名なMercaganというレストランはなかなか良かったです。料金的には決して高くなく、その割に味はある程度評価出来るものです。さすが市内に店舗を複数展開しているだけあります。

中画像にあるポテトのようなものは「ユカ(Yuca・キャッサバ芋)」で、いわゆるお通しのようなものでした。しかしながらこの大きさが半端ではなく、首都ボゴタでこんな大きなサイズは見た事がありません。これには驚きました。

Img_0131 Img_0132 Img_0133

こちらは翌朝・二日目のブカラマンガ市内の光景です。左・中画像は市内南部、そして右画像は市内西部の光景です。今回の旅行中、ブカラマンガ市内中心部には出向きませんでした。後にご紹介しますが、サンタンデール県全体の名産品としてはコーヒー・カカオの実、タバコ(葉巻)の葉などがあり、ブカラマンガ市はその流通拠点の商業都市という位置付けでしょう。次回からはブカラマンガ市郊外の名所などをご紹介します。

 

|

首都ボゴタ最高レベルの創作寿司・Seiki Sushi (2)

以前この場でご紹介した現時点で首都ボゴタ最高レベルの味を誇るSeiki Sushiさんですが、子供達が夏休み中という事もあり、また私の仕事の関係でまだ夏休みを取れない事情から、約二か月ぶりに今度は家族で訪れてみました。

突拍子もない話ですが、面識のある方は私の事を「取っつき難く分からない奴」と思っている事でしょう coldsweats01 実は自分でもそう思っているのですが bleah、殆どの方があまり気にしない点がふと気になる事があります。この日訪れて最初に気が付いたのが、醤油さしを持った所「冷たい」これは多分醤油にとても気を遣っているのだろうと直感しました。後に伺った所、やはり自家製の煮切り醤油を開店時まで冷蔵庫に入れて保管されているとの事。この煮切り醤油については、私以上に息子が気に入ってしまったようです。

Img_0021Img_0022Img_0024

今回は子供達も一緒だったので、画像は掲載しませんが生魚が苦手な息子の為に「鶏の唐揚げ定食」含め美味しく頂きました。左画像はサーモンが好きな娘が注文した巻き寿司です。一見すると普通の巻き寿司ですが、画像を拡大すると米粒の形があまり崩れていない事が分かります。それにより口の中でほろっと崩れます。昨今コロンビアでも増殖中のSushi Barの巻き寿司はこれでもかと言うほどカチカチに巻くのとは大違いです。

中画像は「枝豆入りクリーム入りコロッケわさび風味」です。確かにほんのりとわさびの風味がしますが、それはあくまでも全体の味を損なわない範囲です。枝豆も粒があって不思議な食感です。そして右画像は後で気が付きましたが注文してない一品でしたのでサービスだったのでしょう。サーモンとニンジン・玉ねぎの「南蛮漬け」風という感じでした。漬け汁(?)の風味が何とも言えない独特のものです。

Img_0030Img_0033Img_0038

今回は妻の希望で「おまかせ」も注文しました。全品の中から一品を除いてご紹介します(おまかせの品は定期的に変更するようです)左画像は当地では(ニャメ)という名の山芋と鶏つくねのおろし揚げだしです。つくねの揚げ具合がちょっと一線を越えた感はありますが、ツユがこれまた表現が難しい不思議な風味でした。中画像はお造り(本マグロ・あぶりタコ・サーモン・イクラ煮)です。イクラは私もそうですが大半の方は塩気が強いものという概念ですが、このイクラは軽く煮た為かまろやかな味でした。

そして右画像はフレンチベースのグリルドロブスター・オランデーズソース添えです。ソースには隠し味として味噌・醤油という和風の素材も使用しているとの事。創作和食だけでなく、フレンチも楽しめるとは圧巻です。

Img_0039Img_0042Img_0050

左画像は「本日の汁物」すり身入りの潮汁です。関西系の超薄味でも関東系の濃い目でもない、その中間のまろやかさです。そして中画像は一番枚数をかけて撮影した私が一番注目の握り五種です。手前から順に「まぐろのたたき・おろしポン酢醤油乗せ」「鰆(さわら)のヅケ・煮こごりと揚げにんにく添え」「炙りイカの梅ジュレ添え」「サーモンとろ・茄子の揚げ出し添え」「厚焼き玉子」です。

私はこの創作握り寿司を食べる時、自家製煮切り醤油に通す事はありません。また、添えられているワサビも使わず、ネタの上に添えられた独特の味と共に楽しむ事にしています。イカは切れ目が入って食べやすく、その他もヅケにしたりという工夫が素晴らしいものです。この日は口の中でほろっと崩れるシャリの状態もまた印象に残りました。

そして右画像はとりわけ家族が楽しみにしていたデザート・「抹茶のティラミス」「きな粉アイスクリーム」「小豆(あん)」です。アイスクリームはきな粉の味が濃厚でした。

Img_0026

この他、画像の「豆腐ハンバーグ」も別途注文しました。こちらは見た目に反してふわっとした味が印象的で、且つボリュームもあってお得感一杯の逸品です。

こちらのSeiki Sushiさん、特に夜は当地在住の日本人の方々の御利用が多く、時には満席で応対出来ない事もあるようです。逆に私はこの二回の訪問は全て昼時です。その為予約をせず飛び込みでもゆっくりと食事を楽しむ事が出来ます。更に開店からの日中の方が前述のシャリ(酢飯)の状態も含めるとより美味しく創作握り寿司を楽しめそうです。

前回の投稿がどれだけの方々に影響を与えたのかは知る由もありませんが、妻が作る美味しい「家庭の味」とはまた異なる、創作料理とはこういうものなのかというのを実感出来る店が、このSeiki Sushiさんではないかと思います。

|

世界遺産好きの貴方にお勧め、南米コロンビアの美しい町・モンポス(Mompox)

本題に入る前に、コロンビア国内ではどうやら蚊を介して発生する「ジカ熱」が終息に向かっているようです。公式発表では発生件数が激減しているとの事です(2016年7月現在)

8月はコロンビア国外から来訪される日本人の方々を数多くお迎えします。様々な事情が重なって昨今は忙しさ度が半端ではありませんが、何とか生き延びています coldsweats01

今回はタイトル通り、世界遺産好きの方にお勧めするコロンビア国内にあるコロニアル風の町並みが今に残るSanta Cruz de Mompox(サンタクルス・デ・モンポス☆Momposとも称されています)をご紹介します。以降はモンポス・若しくはMompoxと表します。

Monpox16 Monpox9 Marquesa61

コロンビア・ボリーバル県中北部にあるモンポス(Mompox)はコロンビア随一の大河・マグダレナ川の支流沿いにあります。地図は→こちら。首都ボゴタから空路により現地モンポスに向かうには「カルタヘナ(Cartagena)」「バジェ・ドゥ・パル(Valledupar)」の各空港から陸路で片道約3-4時間です。

モンポスはスペイン人侵略者がカリブ海から内陸へ移動する途中の町として栄え、16世紀から17世紀にかけて建設されたコロニアル風の建築物が今に残っています。それらは1995年に世界文化遺産に登録されました。

Santabarbara21 Monpox8 Monpox4

このモンポスは特に欧米からの観光客には人気のようです。しかしながら日本人の方々には全くと言えるほど知られていないのが実情です。小さな町の中には歴史的価値が高いスペイン様式の建築物を数多く見る事が出来ます。

Monpox6 Monpox14 Monpox7

コロンビア国内に複数ある世界文化遺産のうち、16-17世紀から残るスペイン風建築様式を対象としているのはカリブ海沿いの要塞都市・カルタヘナとこのモンポスです。カルタヘナの方は今や国際観光都市としてコロンビア国内外から多くの観光客が訪れるのに対して、モンポスの方は移動手段に課題を残している為、訪れる観光客は決して多くありません。しかしながら数百年の歳月を経て今に残る歴史的建築物は健在です。

Monpox12 Monpox11 Img_9932

スペイン植民地として全盛時のモンポスには金貨を作る造幣所があったそうです。その名残からか、モンポスの名産品として全て手作業による細かな銀細工・フィリグラナ(Filigrana)が挙げられます。あいにく完成品の画像はありませんが、先住民族が手掛けた金細工も同じように非常に精巧な作りをしているので、この手先の器用さは今に始まったものではなさそうです。

Monpox3Monpox5 Monpox1

世界文化遺産・歴史的建築物の町・モンポス(Mompox)の夕暮れ時から夜の光景です。静かに歴史を刻み続けている建築物の姿はそれは美しいものです。

Bioma1 Bioma2

現地モンポスには歴史的建築物をそのまま使用したブティックホテルが二つあります。こちらはそのうちの一つ、Bioma(こちらをクリック)です。画像はホテル前の道路から入口を撮影したものです。中に入ると内部は素晴らしく改装されています。

Marquesa31 Marquesa41 Marquesa61

そしてこちらがもう一つのブティックホテル、Portal de Marquesa(こちらをクリック)です。このホテルは川沿いに面しています。このホテルも一旦中へ入れば内部は素晴らしい造りとなっています。両ホテルともモンポスでの滞在を快適にさせてくれる事でしょう。

皆さんが気にされるであろう現地の治安ですが、2016年7月現在でJICA(国際協力機構)から一名の青年海外協力隊員が派遣されており、観光開発に携わっています。という事は治安面では概ね問題なしと御理解頂いて良いと思います。

世界遺産好きの貴方、行き残している所はありませんか?そう、南米コロンビア・モンポス(Mompox)、是非とも訪れて下さい。当社ANDES TOURSではモンポスへのご旅行手配を承っています。

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »