« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

安倍首相コロンビア公式訪問から二年

私自身は個人でフェイスブックも運用しています。その中でちょうど今日、日本の現職首相としては初めて安倍首相がコロンビアを公式訪問した事を知らせてくれました。

Img_3497 Img_3510 Img_3512

この時、当社ANDES TOURS及び私はコロンビアの旅行会社として唯一、主要日本企業のトップによる随行団滞在受け入れ手配を一手に引き受け、無事成功させました。官庁側の方は十分な要員で万全の受け入れ態勢でしたが、私(ANDES TOURS)の方はたった一人で随行団の宿泊・移動・相当数の日本人ガイドを手配しました。

もしも手配が失敗したらただでは済まないというすさまじいプレッシャーの中、これを全てクリアさせた実績は自分としては今でも自慢出来るものです。

あれから二年。今やコロンビア・ボゴタに拠点を持ち、日本語により首都ボゴタ及び近郊のツアーを催行し、且つ日本人が常駐して当地コロンビアへの受け入れ手配を通年引き受けているのは当社ANDES TOURSのみとなりました。とはいえその状況にあぐらをかく事なく、これからも引き続き個性ある南米コロンビアのツアー催行、そして確実な手配をめざして日々努力していくつもりです。

|

コロンビアのアトレティコ・ナシオナルが2016年サッカークラブ南米チャンピオン

サッカー・南米クラブチーム選手権・Copa Libertadores決勝はコロンビア・メデジンのクラブチームAtletico Nacional(アトレティコ・ナシオナル)が勝利し、2016年南米クラブチャンピオンとなりました。これにより12月に日本で開催されるFIFA Club World Cup Japan 2016に南米代表として出場します。

Img_9973 Img_9977 Img_9978

インタビューを受けていた選手の一部は何と「鉢巻き」を付けていました。この他にも試合当日はメデジン市内やスタジアム内で大きな日本国旗が数多く振られていました。一体どうやって調達したのか不思議ですが、確実なのはコロンビア第二の都市・メデジンには親日の市民が多い事です。

実は、6月に日本から旧知の某大手旅行会社の方が当地を訪問された際「ナシオナルが優勝したら日本への観戦ツアーをやりましょう」という話を持ちかけられていたのですが、その時はまさかと思って気にも留めませんでした。しかしそれが準決勝まで来て「おやっ?」と思い始め、圧倒的な強さで決勝進出となったら「これはもしかすると」という事になり、結局まさかの南米チャンピオンとなりました。これから急遽観戦ツアー企画開始です。

|

南米コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURSサイトアドレス変更のお知らせ

南米コロンビアの首都ボゴタにあり、在住19年の日本人係員が常駐し日本語でコロンビア国内外への航空券・ツアー・ガイド・コロンビア政府公認スペイン語通訳士手配を承っています当社ANDES TOURSのURLサイトアドレスが下記の通り変更となります。

http://andestourscolombia.com

当社はコロンビア在留邦人・日本企業・日本政府機関等と長年お取引をさせて頂いています。又、日本や北・中・南米各国の各旅行会社・個人・法人からも手配を承っています。皆様の御連絡を引き続きお待ち致します。

|

速報・サッカークラブチーム南米選手権手でメデジンのアトレティコ・ナシオナルが決勝進出

サッカーの南米クラブチーム選手権でコロンビア第二の都市・メデジンのチームAtletico Nacionalがブラジルの名門チーム・サンパウロFCを下して決勝に進出しました。

Atletico Nacionalは1989年に「サソリキック」で世界的に有名となったキーパー・イギータを擁して南米チャンピオンとなり、当時のトヨタカップ・クラブチーム世界一決定戦南米代表としてACミランと対戦した事があります。それ以来27年ぶりに日本への切符を手にするのか、ドキドキしています。

南米クラブチャンピオンを決める「Copa Libertadores」決勝最終試合はメデジンで行われる事が決定しました。当社ANDES TOURSでは現地メデジンでの日本語ガイド・宿泊・移動車両手配等を承ります。

|

首都ボゴタのグルメ&おしゃれなスポット

2016年もあっという間に半分が過ぎました。この半年を振り返ると、今年は観光目的での日本人来訪者数が減少しているように感じます。原因は色々あるでしょう。例えば現在中南米で猛威を奮っている「ジカ熱」コロンビアも例外ではありません。他には今年はブラジルでオリンピックがあってそちらに流れるのでしょうか。他方、商用・会議などでコロンビアを訪れた日本人の方々は逆に相当増えています(当社での受け入れ事例ベース)

そんな中、コロンビア来訪前に皆さんが一様に心配されるのが「コロンビアの治安」です。曰く「移動には防弾車両を手配した方が良いのか」「用事が終わったらホテルから出るべきではないのか」私は常に「100%安全とは申し上げませんが、首都ボゴタに関しては今や普通の大都会です」と申し上げています。実際に来てみれば皆さん一様に「やっぱり普通の町なんですね」という感想も常です。そんな恐れをなす首都ボゴタのグルメ&おしゃれスポットを少し紹介します。

Img_9847Img_9849Img_9846

こちらは日本で『メゾンカイザー」として有名なベーカリー、当地ではエリックカイザーの名で首都ボゴタに二店舗あります。世界でも限られた国でしか店舗がありませんが、その中にコロンビア・ボゴタがあります。意外でしょう happy01

Img_9838Img_9839Img_9843

この日は家族を伴いブランチをしました。私は本来和食派ですが、たまには有名店でまったりとブランチをするのも後学の為と家族を誘いました。画像は左からワッフル・フレンチトースト、そして家族で注文したメニュー全品です。バスケットに入ったパン盛り合わせは単品ごとに注文するよりもお得みたいです。

このエリックカイザー(メゾンカイザー)の付近は首都ボゴタ有数の「ベーカリー激戦区」です。おいしいベーカリーが周囲数百メートルの間に10店舗近くあります。

Img_9854Img_9852Img_9858

エリックカイザーから徒歩で数百メートル北に行った所には首都ボゴタ有数の繁華街「Tゾーン」があります。その中核が左画像のショッピングモール「ANDINO」です。ここにはルイ・ヴィトンやロエベ、SONYショップやバーバリーその他の有名店が入居しています。このT-ゾーンには画像のZARAやForever 21に加えてナイキショップその他有名店があるおしゃれなエリアです。

Img_9855Img_9866Img_9865

左から、肉料理では超有名なレストラン「Andres Carne de Res」のボゴタ店です。建物の二階以上は全てこの店で構成されています。ここは予約が必要な激混み店として知られています。中画像はTゾーンのちょっと外れにある地ビールで有名なBogota Beer Companyです。首都ボゴタだけで相当数の店舗があり、オリジナルビールはなかなかの味です。そして右画像はいつ行っても常に混んでいるイタリア料理レストラン「Di Lucca」です。

Img_9859Img_9860_2Img_9864

Tゾーンの一部は車両の通行を禁止して常設歩行者天国にしています。ここには数多くのレストランや右画像のパブなどおしゃれな店が沢山あります。撮影時は祝日の日中でしたので閑散としていましたが、特に週末の夜ともなけば多くの人々で賑わう一角です。

「コロンビア怖い」とビビっている貴方。そうガチガチにならずブランチでもしておしゃれなエリアを散策し、そして美味しい料理と地ビールで一杯やってみて下さい happy01

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »