« 久しぶりの投稿 | トップページ | 続・秘密の魚屋 in ボゴタ »

秘密の魚屋 in ボゴタ

この所なかなかブログ記事をアップ出来ないので、書ける時に書いておきたいと思います coldsweats01 という事で、仕事柄いつもコロンビアの観光・旅行に関する記事が多い為、たまには食べ物編を連載します。

首都ボゴタで「魚屋」と言うと当地在住の日本人の方々には日本食材が一番手に入る「H」が有名です。私もここで複数の食材を購入しています。それとは別に冷凍魚介類などは他の魚屋で購入しています。

Img_94121Img_94141Img_9415

この店舗はシーフードレストランも兼ねています。運営会社自体は冷凍魚介類加工の大手で、スーパーマーケットではこの会社の商品を容易に見る事が出来ます。という事でここはその会社の直営店舗です。

私がここでいつも購入しているのが左画像の「冷凍マグロ」「冷凍イカリング」そして「スモークサーモン」です。冷凍マグロは前述の別店舗と比較して解凍した際に違いが分かります。別店舗の方は完全に赤身のみですが、ここのマグロはいわゆるトロの部分も含まれているように思います。スモークサーモンも別店舗の方は正直味がくどいのですが、こちらのサーモンはあっさりしています(スーパーでも販売しています)

Img_9410Img_9411

我が家ではこの冷凍マグロをネギトロ丼のような感じにして食べる事が多いのですが、妻曰くここのマグロは他店のマグロと比較して解凍した段階で明らかに違いが分かるとの事。確かに味もこちらの方が美味しいです。

Img_8813Img_8817Img_8819

この店ではショーケースにたっぷりの氷を敷き詰めて生の魚も販売しています。その時々で並んでいるものが異なり、チリ産生サーモンや大ぶりの鱸(すずき・当地ではRobaloの名)その他ですが、その中でごく稀に見られるのが画像の「ビンチョウマグロ」です。ビンチョウマグロはいわゆる「シーチキン」として知られている、トロの部分が殆どない小ぶりのマグロです。これがある時には丸ごとの状態で二~三匹横たわっていたりします。

この店の存在を知ってからは根気よく店に問い合わせたりして、入荷した翌日に解体した所でクーラーボックスを持って買い付けに行きます。日が経つとさすがに生では食べられません。高地にある首都ボゴタの魚屋で、トロが殆どないビンチョウではありますが生マグロが買える店はそう多くありません。この生マグロはその日の寿司ネタとしてレストランでも提供されるようです。

この日は当地で手に入る日本酒(アメリカ産ですが)と共に刺身として堪能しました(焦って違う箸を並べたのはご愛嬌)。ちなみに価格は冷凍マグロよりもかえって安く、それがいつも不思議に思っています。という「秘密の楽しみ」の投稿です。

|

« 久しぶりの投稿 | トップページ | 続・秘密の魚屋 in ボゴタ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりの投稿 | トップページ | 続・秘密の魚屋 in ボゴタ »