« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

とりとめのない日記2015.8.31

先週は仕事的には割と穏やかな一週間でした。今週は日本から立て続けに複数組の方々をお迎えし、再び忙しい一週間となります。来週はまたコロンビアの観光スポットをご紹介する事になります。そんな訳で、今回の投稿はタイトル通りとりとめのない内容を連ねたものです。

Img_7566 Img_7567 Img_7564

ボゴタ空港国際線ターミナルでの画像です。先週末、日本から来訪されたお客様の出発チェックインアシストをした後、コーヒーを飲みました。ここはコロンビア国内最大のカフェチェーン・Juan Valdez(ファン・バルデス)です。メニュー中に「サイフォン・コーヒー(当地ではシフォンと呼びます)」があり、注文すると女性が日本製のサイフォン(ハリオ社製)セットを持って席まで来て、これでコーヒーを入れるパフォーマンスをしてくれます。

Img_7563 Img_7568

当地では長年サイフォンでコーヒーを淹れるという方式がなく、一昨年あたりから徐々にこのサイフォンを導入する店舗が増えてきました。このJuan Valdezもその一つです。ここでは通常コーヒー類を注文すると紙コップで出てくるのですが、サイフォンコーヒーとなるとちゃんとしたカップで提供されます。

これはさぞかし高いだろうとお思いの方々、これで一杯たったの5,000コロンビアペソ(日本円換算で約200円)です。さすが「コーヒーの国・コロンビア」ですね。このサイフォンで作れるのは一杯分のみですので、この日はこのパフォーマンスを三回繰り返しました。このサイフォンコーヒーを注文する人は滅多にいないので女性も自慢げに、そして注文した我々は周囲からの注目の視線を浴び続けました。

このサイフォンコーヒー、注文から出来上がりまで約10-15分程度かかりますので、時間に余裕のある方はどうぞ優雅にコロンビアコーヒーをお楽しみ下さい。

Img_7571 Img_7484 Img_7559

何気に煮物の画像三点です。自炊生活も長くなる中、私は昔のように「肉ガッツリ」ではなくなり、しょうゆベースの煮物などをよく作ります。具材はその時々で異なり、左は里芋と生シイタケ・白菜が手に入った時のもの(煮玉子入り)、中画像は大根が手に入った時のもの(イカ・エビ入り)、そして右画像は干しシイタケ・にんじん・玉ねぎベースです。いずれも首都ボゴタで定期・不定期に手に入る食材です。

Img_7549 Img_7550 Img_7551

ある日の「一人夕飯」の光景です。この日は「鶏三昧」でした。鶏肉ときのこの炊き込みご飯、鶏肉とほうれん草・玉子の炒めもの、そして鶏肉を下茹でした際に残った煮汁をベースに塩とコショウで味付けしたスープです。私は主に豚肉と鶏肉を多用します。牛肉は安いのですが独特の臭みがあり、且つ肉質が硬いので殆ど使いません。ご飯はカリフォルニア米です。いずれの食材も当地で容易に手に入ります。

実は、SNSサイト「フェイスブック」の友人達から「小料理屋でもやったらどうだ」と、しきりに言われています coldsweats01coldsweats01 ここでお見せしていないのは、後処理が面倒なのであまり作らない揚げ物と、「魚」を使った料理だけです。以前新鮮なマグロが入った際には刺身だけではなくコンロで軽く炙って「たたき風」にした事もあります。

という事で、昨今首都ボゴタでは焼酎や日本酒も手に入るようになったので、さて誘惑に乗って小料理屋でも始めるか bottle  いやいや、職替えなどとんでもない。私は旅行業一本です(当面は) bleah

| | コメント (0)

一名様から催行、日本語ガイド付きボゴタ市内観光の行程

先週末は当初二連休の予定でしたが、急遽一名様のボゴタ市内観光を催行する事になりました。私自身は一名様(個人)からグループまでガイドは勿論承ります。今回はその一名様から催行するボゴタ市内終日観光の行程をご紹介します。

Img_7493 Img_7494 Img_7495

まず訪れたのは「黄金博物館」(月曜日休館)です。ボゴタ市内観光の中でも重要な所です。

Img_7501 Img_7502 Img_7503

次に訪れたのは標高約3,100mの「モンセラーテの丘」です。この日は朝方に雨が降った為、頂上付近が若干霞んでいました。その為判断に悩みましたが、決断が功を奏したのかロープウェイで上がる頃にはすっかり視界が開けていました。

Img_7507 Img_7508 Img_7510

そして頂上付近でコーヒーブレーク。そう、当社ANDES TOURS催行のツアーではコーヒーブレークも料金に含んでいるんです(私が飲んだのはコーヒーではなくホットチョコレートでしたがcoldsweats01)中画像は夜景を楽しみながら食事ができるレストラン、そして右画像の向こう側に見えるのはサン・クリストバルの丘です。

Img_7520 Img_7522 Img_7527

下山後、旧市街地区に移動し、博物館やコロニアル風の建物などを徒歩で見学、そして昼食です。ANDES TOURS催行の終日ボゴタ市内観光ツアーは代金に昼食や入場料等全てが含まれていますので、別精算などと気にする心配はありません。

Img_7530 Img_7533 Img_7535

昼食後、再びツアー開始です。左画像は大統領府正門です。偶然ですが一瞬だけ開きました。招待された国家元首はここから大統領府中庭へ入場します。中画像は内部の装飾が素晴らしいサンタクララ教会、そして右画像はボリーバル広場です。

Img_7537 Img_7541 Img_7545

この日は週末だった事もあり、市内を一望出来るもう一つの展望スポットを特別にご案内しました。左画像の円形の建物は「闘牛場」です。そして中画像は市内北部に向かっての光景です。そしてツアー終了前にはもう一度コーヒーブレークで全て完了しました。

これだけの内容で日本語ガイド付き、フルアテンドのこのツアー、気になる料金は....詳しくは下記をご覧下さい。ボゴタ市内観光の御用命は当社ANDES TOURSへ。

ボゴタ市内観光プランの一例


| | コメント (0)

2015年8月のコロンビア観光手配・ガイド業務無事遂行

気が付いたらあっという間に8月も中旬なのですね。当地コロンビアは15-17日の三日間は三連休でした。うち二日でつかの間の休日を過ごしました。

Img_7438 Img_7460 Img_7475

この三点の画像は何気なく撮影したものです。左から首都ボゴタにあるビルで、夜にはビル全体を使った動くライトアップが有名です。こんな時間にこの場所にいた事もありました。中画像はボゴタ郊外・シパキラのレストランの光景です。我々はすんなりと着席出来ましたが、その後すぐにご覧の通り満席となりました。そして右画像は空港でお客様を待っている間に過ごしたカフェです。

私の職務は大きく分けて二つ「コロンビア在住のお客様の出張・旅行手配」「国外から来訪されるお客様の受け入れ手配」です。7月は当地在住のお客様の手配関係で出発された方々が多く、そして今月は逆に国外から来訪されたお客様の受け入れガイド業務が続いた日々でした。

Img_7471 Img_7473

ガイド業務の場合、お一人でもグループでも自分のスタンスは変えないというつもりです。今月は個人・ご夫妻・ご家族・そして日本からの団体ツアーなど、様々な構成のツアーを受け持ち、それぞれのガイド業務で色々思い出深い事が多々ありました。さすがにガイド中はデジカメで撮影している暇はなく、写せた画像はごく僅かです。

この画像ですが、諸般の事情で日本から来訪された団体ツアーのお客様10名の為に、急遽おにぎりBOXを作りました。おにぎりと言ってもただ作るだけではなく、お客様に提供するものですから見栄え良く作る事も意識しました。

中身は見えていませんが「梅干し」「ふりかけ混ぜおにぎり」の二種、包んだシートは日本製で特殊ルートにより手に入れたものです。これを使うとコンビニおにぎりそのもので、海苔とおにぎりが分かれているのでパリパリ海苔の食感も味わって頂けます。そして玉子焼きは一見すると分かりませんが「だし巻き玉子」です。10名様分となると炊き始めから握って包装フィルムで包んでだし巻き玉子を作って盛り付けるまで最終的に「4時間」かかりました coldsweats01

日本人のお客様相手に「話すだけの日本語ガイド」は幾らでもいると思いますが、自分で言うのも何ですがここまでするガイドはそういないのでは。この時は本当に急だった為、さすがに10人分の具材は殆どなく、ふりかけ・梅干し・卵だけでおにぎりBOXを作りましたが、一行から随分とお褒めの言葉を頂戴しました。

Img_7038 Img_7039

南米コロンビアツアーをご検討の旅行会社各社様、そして個人旅行でコロンビアを訪れる方々、当社ANDES TOURSはコロンビア国内の旅行会社で唯一、特別に日本食もご提供しています(前日以前にお申し込みが必要です。また最高で10名様程度が限度です)riceball 事前準備の時間があれば中身の追加や変更も出来ます。

Img_7055 Img_7483 Img_7485

ガイド業務からは話がそれますが、私自身は料理を作る事に特に抵抗はありません。週末など時間がある時には、その時々で手に入る食材を使って自ら料理をします。左はもち米が手に入った時に「おこわ」を作ってみました。中画像は市場で手に入った大根を使って干し椎茸その他を加えて炊いてみました。そして右画像は手作り餃子です。冷凍餃子などは好きではないので、いつも皮だけを購入して自分で具を詰めて皮を包んで焼いています。

話は元に戻り、今週からしばらくは通常業務が続き、そして9月は初日から連続して再びガイド業務です。この週は見事な位重ならずに3組のお客様が御来訪されます。それぞれ異なるホテルに宿泊されるので、行き先を間違えないようにしないとcoldsweats01coldsweats01

| | コメント (2)

コロンビア国立コーヒー生産者連合会(FNC)新総裁にベレス前駐日大使選出

コロンビアと言えばコーヒー、皆さんはそう思い浮かぶでしょう。全国50万人以上に及ぶコーヒー生産者の業界団体であるコロンビア国立コーヒー生産者連合会(FNC)のコロンビア国内での影響力は昔も今も絶大です。

そのFNCの新総裁につい先日まで駐日コロンビア大使を努められていたロベルト・ベレス氏が代議員選挙により選出されました。ベレス新総裁は知日・親日派であり、日本語が堪能な方です。詳しい記事は下記を御参照下さい。

FNCの新総裁にロベルト・ベレス氏が就任

Img_7469 Img_7470

私が初めてベレス氏にお目にかかったのは、先年に日本からコーヒー業界関係者の方々がコロンビアを訪問された際に受け入れアテンドをするにあたり、その数カ月前に一時帰国の折、FNC東京事務局内で関係者の方々で打ち合わせをしたのですが、その際に事務局長だったのがベレス氏でした。

その後にベレス氏はFNC本部営業本部長まで歴任された後にFNCを去られました。暫くご無沙汰していましたが、昨年駐日コロンビア大使として着任された際には心底驚きました。それだけでもビックリでしたが、今度は古巣FNCのトップ・コロンビアコーヒー関係者の代表である総裁に就任され、大変喜ばしいニュースに接しました。

昨年の駐日コロンビア大使就任直後、ベレス氏にとって大仕事だったのは何と言っても安倍首相のコロンビア公式訪問でしょう。この折、私も随分久しぶりにボゴタでベレス氏に会う機会がありました。

Carta_embajada_colombia_japon_20142

あれからもう一年経ったので「時効」でしょうかね。この時弊社ANDES TOURSは首相随行団のうち経済界の方々の受け入れ手配を一手に引き受け、コロンビア公式訪問を無事終わらせた努力を評価して頂き、ベレス駐日大使(当時)よりいわゆる「感謝状」を頂きました。日本でもこのようなものは受け取った事がないのに、コロンビアでの仕事に対して感謝状を頂き、これは私にとっての「宝物」です。

そのベレス氏はこれからコロンビアコーヒー業界トップとして更に活躍される事でしょう。私も何らかの形でまたベレス新総裁とお付き合いが出来れば光栄です。

| | コメント (0)

未知の国・コロンビアは魅惑の地

前回投稿の通り、先週は個人・グループツアーなど多数の日本人のお客様をお迎えし、忙しい日々で、日中にガイドを行った後に別のツアーグループを出迎えた日もありました。

2 1 3

そんな中、コロンビア国内旅行を楽しまれたお客様から世界遺産「サン・アグスティン遺跡」の石像群の画像を頂戴しました。ここは以前からヨーロッパ人にはよく知られた名所ですが、日本人の方々には全くと言ってよいほど無名の世界遺産です。まるでミニ・モアイ像の如くあちこちに点在する石像群は謎に包まれています。

この石像群遺跡へのアクセスは昨年から首都ボゴタとサン・アグスティンから車で約1時間の「ピタリト(Pitalito)」との間に空路が開設され、とても便利になりました。最短ではボゴタを朝に発ってその日のうちに石像群遺跡観光が可能です。当社ANDES TOURSではこのサン・アグスティン遺跡観光ツアーをお一人様から手配致します。

今週も引き続き個人や日本からのツアーグループなど複数のお客様をお迎えします。今年のいわゆる夏の観光シーズンで特徴的なのは、コロンビア近隣諸国の日本人学校教員の方々のコロンビア御旅行手配が例年になく多い点です。

Img_4554Img_4558_2  

弊社ANDES TOURSは昨年、首都ボゴタで開催された中南米地区日本人学校校長会議の宿泊・送迎・期間中の会場手配・オプショナルツアー等の手配一切を承りました。その時のご縁もあって、今回再訪という形でコロンビア国内観光をお申込み頂きとても満足され、ご旅行後には御礼のメッセージも頂戴しました。せっかくの機会ですので一部抜粋の上、具体的な校名は伏せて下記にご紹介します。

この度は、楽しく充実したコロンビア旅行をすることができました。同じ南米といえどもそれぞれの国の成り立ちが違うことをこうした旅行を通じて肌で感じることができました。(中略)これも貴殿のエスコートのお陰であると、妻と話しています。本校職員にもコロンビアの良さを紹介しておきます。

コロンビア旅行では本当にお世話になりました。安全に十分配慮していただいたおかげで、とても充実した楽しい旅行ができました。有難うございました。想像以上に豊かで奥深い魅力に溢れた国であったと感じています。未知なる国コロンビアの魅力を、他の人にも伝えたい気持ちで一杯です。

Img_7454 Img_7458 Img_7463

ご夫妻は首都ボゴタを始め国内各地をまさに周遊されました。ボゴタでは私がガイドとしてご案内させて頂きました。一目見てびっくりの肉の盛り合わせや、「ここが大統領府です」と案内している最中にいきなり本物の大統領を乗せた車列が公務を終えて大統領府に帰ってきたところに出くわすなど(これは私自身初めての体験)、楽しい一時をご夫妻と共に過ごす事が出来ました。

中南米各国の日本人学校教員の皆様、コロンビアはもはや危険なだけの国ではありません。未知の国・そして魅惑の国でもあります。今年は例年以上に複数国から教員及びご家族様が当地コロンビアを観光で訪問されました。引き続き多くの教員の皆様のご来訪をお待ちします。

| | コメント (0)

南米コロンビアも観光シーズン、夏のボゴタにて

首都ボゴタは時折イレギュラー的な降雨がありますが、概ね好天が続いています。いよいよ夏のシーズンを迎えています。とは言えここは標高2,600m、年間を通じて最高気温は20度前後と快適です。

これまで多くのお客様からのご旅行手配申し込みを頂いていたその結果として、先日から当地在住のお客様方の出発が続いています。行先も様々で、ペルー(クスコ・マチュピチュ・ナスカ他)やボリビア(ウユニ塩湖)、日本への里帰りやコロンビア人家族の二週間の日本観光旅行など多方面に及んでいます。

他方、南米諸国や日本など国外から来訪される日本人の方々のコロンビア国内旅行手配も好調です。こちらも行先は様々で、定番のボゴタ・カルタヘナ(ロサリオ諸島)・コーヒー地帯に加え、珍しい手配では国内南部にある世界遺産のサン・アグスティン石造遺跡観光手配も承り、ご旅行されました。

Sanagustin1 Sanagustin2 Sanagustin3

サン・アグスティン村の近郊に点在している石像の数々はまるで「ミニ・モアイ像」のようで、川底の石を彫って切り出したものをどうやって遠くまで運んだのか、それも含めて謎が多い遺跡群です。

一部の日本人の方々には知られているこのサン・アグスティン遺跡ですが、長年ネックになっていたのが現地までの移動手段でした。それまでは途中のネイバまで空路、そこから陸路で約7時間程度かけてやっとサン・アグスティン村までたどり着けるという行程でしたが、先頃より近いピタリト(Pitalito)と首都ボゴタとの間に空路が開設され、遺跡への道のりが一気に近くなり、今回の手配に至りました。当社ANDES TOURSではこのサン・アグスティン遺跡観光の手配も承っています(現地では英・西語ガイド)

Img_3496 Img_7291 Img_7301

私のガイド業務も相変わらず多く、忙しい日々を送らせて頂いています。先日は昨年の安倍首相コロンビア公式訪問から一年となり、この時に弊社ANDES TOURSは随行企業数十社の受け入れで三つのホテル延べ100室の宿泊手配・ガイド9名体制、大・中型のバス5台に加えてセダンやバン9台の手配を承り、無事全て完了させました。それから約一年、明け方の時刻に私は再び同じ場所にいました。

Img_7283 Img_7286 Img_7305

時は5:00AM、安倍首相公式訪問最終日はこの場所に3:00AMからいました。約一年後に再びこの場所に立つとは思いませんでした。この日は早朝にホテルを発たれるお客様方の為に、右画像にあるボックス形式の特別朝食をホテルにオーダーし、手提げ袋と共にお持ち頂きました。これも私の仕事の一部です。

Img_7407 Img_7411 Img_7428

こちらは別の日に撮影したものです。先週から今週にかけては国外から立て続けに日本人のお客様が来訪され、ガイド業務もあります。左画像はお客様の許可を得て客室から撮影した首都ボゴタ・旧市街地区の夕暮れ時の風景です。そして中・右画像は同じく旧市街地区の夜景です。歴史ある首都ボゴタの旧市街地区は夜になると一部の建物がライトアップされ、とても美しい姿を見せてくれます。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »