« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

投稿再開(になるか)

実に久しぶりの投稿です coldsweats01 この間、忙しかった事もありました。また、所用で三月に続き短期一時帰国をしていました。そしてボゴタに戻り職務復帰です。

Img_6669_3Img_6684_2Img_6779_3

今回の一時帰国では二年ぶりに伊勢神宮参拝をしました。我々日本人の総氏神である天照大御神に御挨拶が出来、そして新しい御札を持ち帰り自宅に備え、これで気分もまた新たになりました。今後しばらくは日本への里帰りは予定していませんので、これからまたガンガン働きます punch

6月は既に日本や北米などから業務・観光目的で個人・団体の方々の受け入れ業務が多々あります。忙しい日々になりそうです。また、現在は当地在住のお客様の夏季休暇旅行手配も同時並行で進めています。当地にお住いの全ての日本人の方々が私のお客様という事ではありませんが、いつもながら手配予約を頂くのは有難い事です。

Img_6476Img_6480Img_6497

事後報告になります。今月5月もコロンビア国外から複数の日本人の方々をお迎えしました。日本のゴールデンウイーク期間中も連日ガイド業務があり、忙しくしていました。上記画像のお客様は奥様のご希望で、日本では滅多に口に出来ないフルーツを食べたいという事で市場にもご案内しました。

Img_6507Img_6513Img_6546

また、別のお客様は見た目とても若く、まるでバックパッカーのような感じでしたが、実は知る人ぞ知る某東証一部上場企業のオーナー社長さんと幹部さんでした。ビックリしたのは話の節々から私とほぼ同年代のように思えて年齢を聞いた所、何と「同学年」でした。

聞けばサラリーマンを辞めた後にスノーボードや古着の輸入販売などを経て現在の会社を起業し、10年足らずで大企業にした手腕には感心しました。という事で右の画像は宿泊されたホテルの近くにあるフュージョン系日本食レストランの特大「カヌー盛り」です。男三人で格闘しましたが食べきれず・・・でした。

Img_6522Img_6524Img_6534

そしてこちらは前述のお客様のご希望で案内したボゴタ郊外の「シパキラ」です。岩塩坑道を見学し、展望台から景色をご覧頂きました。この日は好天に恵まれ、とても良いツアーでした。そんな事で、6月も忙しい日々が続きます。この間にもまたぼちぼち投稿出来ればと思っています。

| | コメント (0)

収穫期を迎えるコロンビアコーヒー地帯へのツアー

日本はゴールデンウイーク中ですね。当地コロンビアも5月・6月は三連休が何度かあり、小旅行シーズンに入ります。そんな中、「コーヒーの国・コロンビア」はそろそろ今年最初の収穫期を迎えます。

Img_0311 Img_03441 Img_03541

現在、当社ANDES TOURSではコロンビア国内在住のお客様だけではなく、日本・南北アメリカ大陸の旅行会社・一般向けにコロンビアコーヒー農園ツアーを企画・販売しています。お陰様でぼちぼち催行させて頂いており、昨今では新ツアーとして更に販路拡大を進めています。

Img_03291 Img_29481 Img_29531

当社で企画・販売しているコーヒー農園ツアーは首都ボゴタからの日帰りツアー、そして世界遺産である大コーヒー地帯への空路利用・一泊二日からのツアー(三連休期間は最低二泊から)です。首都ボゴタからの日帰りツアーは今までに多くの日本人の方々向けに催行しました。

Img_29631 Img_29711 Img_29731

日帰りツアーの方は4名様以上のご参加であれば農園内にてコロンビア伝統料理・アヒアコ(ポテトシチュー)をメインとしたランチをお楽しみ頂けます。静寂に包まれた農園での食事は格別です。

Img_4352 Img_4331 Img_4357

また、一泊二日からの世界遺産・大コーヒー地帯ツアーも勿論ご利用可能です。現地はさすが世界遺産となっただけあり、コーヒーの木々が見渡す限り広がる光景は圧巻です。ここには様々な宿泊施設があり、現地伝統様式の建物をそのまま使用した施設から、ブティックホテルと呼ばれるお洒落・且つ高級な施設まで様々なタイプを御選択頂けます。

Img_3724 Img_3826 Img_3852

これが世界遺産・大コーヒー地帯の風景です。見渡す限り広がるコーヒーの木々、標高も約1,500m前後ですので暑すぎず、そして寒すぎない快適な気候です。

Img_3770 Img_3774 Img_3781

現地コーヒー地帯では様々なオプショナルツアーにご参加頂けます。そのうちの一つがこの「温泉」です。コーヒー地帯で温泉というとピンと来ないと思いますが、この一帯は火山帯でもあり、大コーヒー地帯は水はけの良い火山灰性の土地が多く、その為元々無縁ではないのです。この温泉まで来ると標高が高くなるのでひんやりとした空気に包まれます。

Img_3732 Img_3737 Img_3858

収穫期を迎える「コーヒーの国」コロンビア。日帰り・宿泊ツアーの御利用をお待ちします。御用命は当社ANDES TOURS

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »