« コロンビアを代表する最高級ホテル・Sofitel Santa Clara | トップページ | 首都ボゴタ・銀河鉄道の夜 »

コロンビア国内最大の民芸品博覧会Expoartesanias

毎年この時期に首都ボゴタで開催される国内最大の民芸品博覧会がExpoartesaniasです。

Img_5109Img_5056 Img_50511

このExpoartesaniasは国内各地から優れた伝統工芸品(民芸品)が集う、滅多にない機会です。品物によっては日本円で一つ数万円するものもあり、単なる民芸品の枠を超える芸術的価値の高い逸品もあります。

展示品は基本的に販売されており、その場で購入する事も可能です。撮影に関してはデザイン保護の観点から個別の作品を撮影する事は殆どのケースで認められていないようです。その為、撮影が出来たもののみご紹介します。

Img_5052 Img_5053 Img_5054

展示の仕方も凝っていますが、数百年以上昔からコロンビア人は手先が器用で、それは首都ボゴタの金博物館に展示されている金細工に反映されています。それが今の世にも受け継がれており、手工芸品の質の高さは相当なものです。中・右画像は先住民族手編みの品々です。

Img_5059 Img_5085 Img_5105

個々の作品の撮影自体がなかなか出来ない為よく分からないかもしれませんが、展示・販売品の中にはそれは素晴らしいものも数多くありました。こうなると芸術作品です。

Img_5096 Img_5099 Img_5104

会場に展示されてる数多くの手工芸品の中で最高傑作品の一つがこの「モパモパ(Mopa Mopa)です。これは国内最南部のナリーニョ県・バストで伝統的に作られているものです。日本でいう所の「金箔細工」によく似た製法です。右画像の品はそれはもう素晴らしいものでした。

左にある大きな壺、これは日本円で約3万円以上する秀作です。その他、小さなものでも一つ数千円からというものばかりです。

Img_5097 Img_5098 Img_5094

モパモパ細工とは、モパモパの木のつぼみを煮沸し、染料を加えて練った後に二人がかりで中画像のように口を使って薄く延ばしたものを使います。右画像のように小さく切っては貼り付けるという根気のいる作業で、熟練した職人のみが作れる技です。それが故に高額の民芸品となっています。このモパモパ細工は芸術品として日本でも売れるのではないかと常々思っています。

Img_5106 Img_5088_2 Img_5103

撮影に制限がある関係で全ての秀作をご紹介する事が出来ませんが、会場内を巡るとそれはもう素晴らしい品々がまさに目白押しというほど並んでいます。普段、町の民芸品市場で見かける品々とはまるで異なるレベルの、もう言葉がないほどの素晴らしい伝統工芸品の数々がコロンビアで作られているのです。

左はカリブ海沿いに今も数多く住んでいる先住民族の男性が編む肩掛けバッグです。実際、男性の肩からはその手編みバッグがかかっていて、首都ボゴタでもこの姿の先住民族の方々を時折見かけます。

中画像はやはり先住民族が手掛ける手編みの壺で、こちらは葦の茎を細く割いて編み込んだものです。秀作になると水を入れてもこぼれないのだそうです。そして右画像も先住民族の作品で、葦の茎を細く割いて編み込んだブレスレットです。

Img_5063 Img_5076 Img_5074

会場内には特設フードコートも設営されていて、安いものでは一個100円くらいからコロンビアの伝統食を味わう事が出来ます。

コロンビア最大の民芸品博覧会・Expoartesanias、特にボゴタ在住の方々は是非とも足を運ばれる事をお勧めします。国内各地の優れた手工芸品の数々、それは見るだけでも素晴らしいと思う事間違いありません。

(2014年は12月18日まで、国際見本市会場Corferiasにて開催中。入場は有料)

|

« コロンビアを代表する最高級ホテル・Sofitel Santa Clara | トップページ | 首都ボゴタ・銀河鉄道の夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新井さんこんにちは

以前パストに暮らしておりました山本薫です。

モパモパの記事、懐かしく読ませていただきました。オバンドさんのモパモパは、日本で結婚式をしたときに、引き出物としてパストから送ってもらいました。
昨年末に8年ぶりの里帰りをしたときは、コロンビアやパストの変貌ぶりに仰天して帰国しました。モパモパも見たのですが、そのデザインも進化しており、見ているだけでワクワクしましたね。
これからも新井さんの記事を楽しみにしております。

投稿: 山本薫 | 2014年12月10日 (水) 11時14分

こんにちは。モパモパ細工は日本でも評価して頂ける質の高い工芸品だと思います。その他にもやはり質の高い工芸品が数多く見られるのがこのExpoartesaniasです

投稿: 管理人 | 2014年12月14日 (日) 21時08分

MopaMopaについてもっと知りたいと検索中にこちらにたどり着きました。2012年南米旅行中にふとしたことからMopaMopaの素晴らしい鶏を購入しました。今年は酉年ですので主役です。日本の家にも馴染む素晴らしい工芸品ですね。掲載なさった箱は見事ですね〜〜 製作者にコンタクトできますでしょうか?
興味深い記事、有難うございました!

投稿: magnifikajp | 2017年1月10日 (火) 00時16分

magnifikajpさん、こんにちは。モパモパ細工は確かにコロンビア国内に数ある伝統工芸品の中でも特筆すべき質の高いものです。昨今では樹液を出すモパモパの木自体の数が減少している事、職人さんも少なくなっているので、伝統が廃れてしまうのではと心配しています。
素晴らしい箱の製作者及び連絡先は控えなかったので分かりません。申し訳ありません。

投稿: 管理人 | 2017年1月10日 (火) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロンビアを代表する最高級ホテル・Sofitel Santa Clara | トップページ | 首都ボゴタ・銀河鉄道の夜 »