« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

ボゴタ、エル・ドラド国際空港国内線新ターミナル運用開始

CopacolombiaLanvivacolombiaSatenaeasyfly

2012年11月に運用を開始した首都ボゴタの通称「エル・ドラド」国際空港新ターミナルのうち、未完成だった国内線ターミナル部分がこの度10月25日より運用を開始しました。

これにより、国内筆頭のAviancaを除く(2013年10月現在) COPA, LAN, VivaColombia, EasyFly, Satenaの各社が新ターミナル発着となります。

CopacolombiacounterLanvivacolombiacounter2Satenaeasyflycounter

新国内線ターミナルと国際線ターミナルは一つの建物の中にあり、双方が繋がった為接続に要する距離や時間が短縮され、とても便利になりました。

国内線出発階はターミナル2階にあり、画像は国際線ターミナルに近い順に左から「COPA」「LAN及びVivaColombia」「EasyFly及びSatena」の各チェックインカウンターです。今後Avianca国内線がこのターミナルへ移転する時点で配置が替わる可能性があります。

Domesticterminal1Domesticterminal2Domesticterminal3

新国内線ターミナルを国際線側から撮影したものです。2013年10月現在ではCOPAが4番、LANとVivaColombiaが2と3番、EasyFlyとSatenaが1番の入場口です。これで年間2000万人超、中南米域内第三位の利用旅客数に見合う大空港ターミナルとなりました。

Img_1780Img_1784Img_1781

各画像は国内線ターミナル1階部分です。左画像は国内線到着出口です。国内線で到着し、国際線へ乗り継ぐ場合には扉を出てすぐに左へ折れ、エレベーター・若しくはエスカレーターで2階へ上がり、更に進むと国際線チェックインカウンターにたどり着きます。

中画像は到着出口の向こう側で待機しているタクシーの列です。いずれも空港当局の許可を得ているタクシーですが、空港から乗車する際にはメーター表示をせず言い値で吹っかけてくるドライバーがかなり多くなってきています。市内中心部及び北部の主要ホテルまで約15,000(約790円)~20,000(約1,050円)「コロンビアペソ」が相場ですが、これを下3桁省いて米ドル建てで請求するドライバーもいるそうです。ご注意下さい。

そして右画像はターミナル最端にある「荷物一時預かり所」です。ここではサイズに関係なく12時間単位で10,000コロンビアペソ(約530円)で荷物を預かってくれます。保管の際には預り証と鍵を渡されますので安心です。

Img_1770Img_1768Img_1769

左と中画像で延々と繋がっている部分が国内線ターミナルです。現在は建物の向こう側に飛行機が駐機しています。コンテナが積まれているエリアも今後駐機スペースとなります。

そして右画像に見られる建物、これが2013年10月24日まで半世紀以上にわたり「コロンビア・首都ボゴタの空の玄関口」として長く君臨した旧国際線ターミナルです。この建物は近日取り壊される事になります。私がコロンビアでこの仕事を始めてから16年以上にわたり、この旧ターミナルで様々な出来事がありました。これも時代の流れです。

私、そしてコロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURSではこれから皆様をこの「生まれ変わった新ターミナル」でお待ちします。

| | コメント (0)

10月23日(水)7:00PMよりフジテレビ番組にてコロンビアをたっぷり紹介

今週・来週と日本からご来訪のお客様のアテンドが続きます。その他にも来月には大グループが来訪される事になっており、忙しくなります。他方、年末ご旅行ご予約お申込みも順調で、旅行業関係者としては嬉しい限りです。

そんな中、10月23日(水)7:00PMよりフジテレビ「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」にて2時間、南米コロンビアの観光的見所を紹介する事になりました。詳しくは下記予告編をご覧下さい。

フジテレビ「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?予告編」

バラエティの要素があるようなのでいわゆる旅紀行番組ではありませんが、2時間にわたりコロンビアの首都ボゴタや近郊のシパキラ、メデジン市や近郊のグアタペ村、更にはカルタヘナやカリブ海に浮かぶサン・アンドレス島なども紹介する予定です。

かつて地上波局が取り扱った南米コロンビアに関する番組の多くはバラエティ系で、コロンビアを面白おかしく、時には奇異に報じる事があったようですが、今回は2時間枠を使って未知の国・コロンビアを観光面から報じてくれるようなので楽しみにしています。

Img_0508Img_0503Img_0475

首都ボゴタの郊外にある「シパキラ・岩塩坑道」は太古の海が沈下と隆起を繰り返した末に出来た地層です。

Img_1544Img_1537Img_1510

コロンビア第二の都市・メデジン市の郊外にあるグアタペ村はおしゃれな塗装やタイルで飾られた建物がとても華やかです。

Img_0881首都ボゴタから北へ空路2時間にあるサン・アンドレス島はカリブ海に浮かぶ美しい島です。位置的にはむしろ中米に近いですが、透き通った海とサンゴ礁の対比は素晴らしい所です。

この番組を通じて、日本では殆ど報じられない観光地としての南米コロンビアの魅力を知って頂ければと思います。未知の国・コロンビアの意外な(?)一面を知って頂ければ嬉しいです。

そして番組をご覧になられた後、「コロンビアに行ってみたい」「あそこを観光してみたい」と思われましたら、是非とも当社ANDES TOURSへ御一報下さい。この番組で紹介される主要観光地について、当社が皆様のご旅行をアレンジします。

| | コメント (7)

11月以降の日本⇔コロンビア間航空便ご利用に関してのご案内

現在コロンビア(ボゴタ)から最も安い運賃を提供しているDELTA航空について、2014年1月6日出発便よりボゴタからニューヨーク(JFK)線の時刻が下記の如く大幅に変更となります。

(BOGOTA)    08:40    (NY.JFK)   14:20   DL396

これにより、現在はボゴタを真夜中近くに出発し、途中のニューヨークでは同日接続の後に成田行きの便に接続が可能ですが、今後ボゴタから日本へのルートでは途中経由地のニューヨーク・アトランタにおいて共に一泊が必要となります。

当社ANDES TOURSでもDELTAの日本行航空券は相当数販売していますが、来年一月以降このルートをご利用される方はかなり激減するものと予想しています。

次に「American航空」です。この11月21日よりダラス~ボゴタ間直行便が新規就航する事が決定しました(両国政府認可済み)。スケジュールは以下の通りです(2013年11月の便に関して)。下記スケジュールは成田発が2013年11月21日より、ボゴタ発は同22日より就航します。

(NARITA)    19:10    (DALLAS)   15:55            AA060

(DALLAS)   18:35    (BOGOTA)   01:05+翌日  AA1123

(BOGOTA)   02:05   (DALLAS)    07:15           AA1122

(DALLAS)   09:55    (NARITA)     14:20+翌日 AA175

アメリカン航空は現時点で米系航空会社では唯一、日本とコロンビア間のご利用に際して預け荷物を2個(1個あたり23kgを上限)まで無料で受託しています(今後規則が変更する可能性があります)。ワンワールド派の方には嬉しいニュースとなる事でしょう。

私の個人的感想ですが、南米コロンビアツアーでアメリカン便ご利用はなかなか厳しいですね・・・ボゴタ着が真夜中の1時、そして出発が夜中の2時ですか・・・

というニュースです

| | コメント (1)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »