« アンティオキア県メデジン市と周辺への家族旅行(2) | トップページ | コロンビアコーヒーの故郷と世界遺産の町並みを訪ねるツアー・販売中 »

アンティオキア県メデジン市と周辺への家族旅行(3)

ツアーはまだまだ続きます。巨岩観光の後は昼食です。

Img_1452Img_1451Img_1450

昼食場所は展望台から見えた高級そうなホテルのレストランでした。巨岩出発時にガイド氏曰く「こんな安い料金であのホテルのレストランは無理ですよ」と我々に言ってのけたのですが、ホテルの敷地に駐車しようとするドライバー氏に「おいおいちょっと!場所が違うよ・・・」と言いながら「へへへ、実はここでした」と、これまた笑わせてくれました。

撮影には電線が邪魔でしたが、ここからもあの巨岩が見えました。

Img_1437Img_1442Img_1447

時間に制約があるツアーの昼食としてはまずまずでした。時間がかからないブッフェという選択肢も良かったです。画像にはありませんが、これにスープ・ジュース・更にはデザートまで付きました。テラス席から見るダム湖の風景もなかなかでした。

Img_1505Img_1509Img_1507

昼食の後は付近にあるグアタペ(Guatape)村観光と目の前に広がるダム湖のクルーズでした。つくづく思いましたが、この料金で盛り沢山の中身(ツアー)。よく利益が取れるもだと感心しました。しかもダム湖クルーズで乗船したのはここでは最大級の四層造りの船。勿論ツアー代金に含まれていました。

この湖畔では何とロープを数百メートル張った「キャノピー」も楽しめます。右画像はバッチリ撮影出来た巨岩をバックに滑空している光景です。

Img_1468Img_1469Img_1477

いよいよ出航です。他の船と比較して大きい我々の船はゆっくりとした速度でダム湖を進み始めました。ダム湖クルーズは結局一時間にも及ぶもので、これがツアープログラムに入っているのですからお得でした。

Img_1489Img_1495Img_1498

そしてクルーズ中に見えたのがこの光景です。先ほど自らの足で登ったあの巨岩が湖畔の向こうに見え、まるでヨーロッパの湖にいるような、それは素晴らしい景色でした。このグアタペ村にあるダム湖のクルーズは予備知識を持っていなかった分、感動もひとしおでした。

Img_1490Img_1491Img_1500

巨岩の上から望んだ数々のダム湖の風景も素晴らしいものですが、ダム湖をクルーズしながら見える巨岩の姿もそれは幻想的でした。

Img_1521Img_1510Img_1543

下船後はグアタペ村観光(自由行動)です。このグアタペ村は近年観光地として注目されています。それは各建物がそれぞれ独自のデザインの「タイル」を埋め込んでいる為です。村自体はとても小さいながら、このユニークなタイルが観光客を呼んでいます。

Img_1516Img_1532Img_1537

ユニーク、且つカラフルなタイル張りの家を見て歩くだけで楽しむ事が出来ます。右画像のお宅には何と二匹の「ピンクパンサー」が門番となっていました。

Img_1546Img_1542Img_1540

左画像の上にある「アパート」の外壁も日本では有り得ないド派手なものですね。中・右画像はそれぞれレストランの外壁です。このユニークな外壁の数々がグアタペ村の「村おこし」になった事は間違いなさそうです。

Img_1550Img_1548

盛り沢山の内容となったツアーを終え、メデジンへの帰路の途中に立ち寄ったのが、元々はクラシックギター生産で知られるマリニージャ(Marinilla)という小さな村です。ここではPan de Manteqilla y Queso(パターとチーズのパン)が美味しいとのガイド氏の推薦(?)もあり、強制途中下車となりました。画像のパンは一個約20円。素朴な味でした。

結局5:00PM予定時刻を大幅にオーバーし、7:00PMに出発地点到着、無事終了しました。食べまくり、内容盛りだくさんのメデジン市公社主催のツアー。とても楽しい一日でした。

|

« アンティオキア県メデジン市と周辺への家族旅行(2) | トップページ | コロンビアコーヒーの故郷と世界遺産の町並みを訪ねるツアー・販売中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

2011年11月にお世話になりました土屋です。
本年11月に再度訪コする予定です。
詳細が決まりましたらご報告いたします。
では。

投稿: 土屋 | 2013年9月17日 (火) 01時55分

すみません。
11月は予定が狂って行けなくなりました。
ある方と茨城に一泊で行かないといけませんので……。
12月に訪問予定です。メデジンは行きませんがランの花と麻薬カルテルで有名らしいですね。
いまだにコロンビアというとゲリラやカルテルの話をする人がいますが、私が全然平気だよというと信じられない顔をします。
早くコロンビアのイメージが変わってほしいです。

投稿: 土屋正裕 | 2013年10月13日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンティオキア県メデジン市と周辺への家族旅行(2) | トップページ | コロンビアコーヒーの故郷と世界遺産の町並みを訪ねるツアー・販売中 »