« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

シパキラ・岩塩坑道と大聖堂

本題に入る前に。
つい最近、googleなどで「コロンビア 日系旅行会社」で検索すると、当社ANDES TOURSとは別に下記の記事が出てくる事を知らされました。

googleで「コロンビア 日系旅行会社」でヒットする記事

当社及び当方はこの記事及び宗教団体とは全く無関係であり、当地コロンビアにおいて宗教活動及び勧誘行為は一切行っておりません。

但し誤解のないように申し上げますと、何人(なんびと)にも「信教の自由」というものがあります。私も毎年伊勢神宮参拝を欠かしません。ですので、前述の宗教活動その他を否定・批判するつもりは毛頭ない事を明言します。

という事で「本題」です。ここの所航空券販売の方は一服状態ですが、ガイド業務が続いています。数年前には有り得なかった職務で、日々勉強です。その中で、首都ボゴタから北へ約50kmほどの場所にある「シパキラ」の岩塩坑道へ、三週連続で全く異なるお客様方をご案内する事になり、こちらも我ながら驚いています。

Img_0510 入場券売り場の前にこのようなプレートがあります。これは2007年に当地の有力紙が「コロンビアの素晴らしい場所七選」←こちら(英語版)を公募し、最高得票を得た「コロンビア一の観光地」に輝いた記念に設置されたものです。再び公募し、更に投票方法を変えると、もしかすると別の場所になる可能性もありますが・・・

とは言え、現時点でこのシパキラ・岩塩坑道は「コロンビア国内で一番素晴らしい場所」に認定されています。

Img_0477 シパキラの岩塩坑道は、1801年に「フンボルト海流」の名で知られる、ドイツ人の地質学者アレクサンダー・フォン・フンボルトがこの地を訪れ、地下に大規模な岩塩鉱脈の可能性を示しています。

それ以来200年以上にわたり、素掘りから機械・ダイナマイト等様々な方法で未だに岩塩の採掘が行われています。現在ではシェールガス・オイルの採掘と同様の方法で高圧の水を注入し、塩水だけを抽出・汲み上げています。画像は「岩塩の層」です。白く浮き出ている部分は約1億年以上前の海の塩の層です。

Img_0478 坑道入口から一般公開されている坑道内部の最深部までは、高低差約30~35mです(この山の最上部からは約180m)そこには画像のような「塩の滝」が現れます。これは岩塩が地下水と共に壁を伝って染み出たものです。その高さは約18mとされています。

壁一面がまさに塩の滝と呼ぶにふさわしい場所で、最上部からは本当に滝の如く塩が落下しているように見えます。実際、この画像で記念撮影をされている方々の足元には、今も岩塩を含む地下水がチョロチョロと流れているのです。

Img_0474 Img_0514

そしてこちらが有名な「塩の教会」・大聖堂です。ご覧の十字架は左右約10m・高さは約16mあるとされています。地下にある十字架としては世界最大級なのだそうです。この日は大聖堂にて、ウルグアイから来訪したバンドネオン楽団の無料コンサートが行われていました。たまたま居合わせた我々はラッキーでした。

ちなみにこの大聖堂と十字架、実は「二代目」なのです。現在一般公開されているのは「二層目」にあたる通称「Potosi(ポトシ)」と呼ばれる坑道区で、1954年から1992年まではこの更に上にある「Guasa(グアサ)」という坑道区の中に最初の大聖堂と教会が作られ、一般公開されていました。私はこのGuasa坑道区にあった十字架を見た事はありません。

Img_0489 Img_0492 Img_0494 Img_0499

シパキラ岩塩坑道内部はよく整備されています。最深部には太古の海から出来た塩の結晶の塊をあちこちで見る事が出来ます。また、一部には素掘りの頃・人間が一人やっと通れるほどの坑道を再現した場所もあります。

前述の通り、このシパキラ岩塩坑道を三週続けて日本人グループ観光のお客様をご案内するとは、私がこの地に来た当初は夢にも思いませんでした。このシパキラ岩塩坑道からほど近い所に「ネモコン」岩塩坑道もあり、両方を日本人の方々へご案内しているのは、当社ANDES TOURSが唯一です。皆様の御利用をお待ち致します。

| | コメント (2)

ANDES TOURS手配、南米コロンビア・グループ観光ツアー催行

今や個人手配のお客様は毎月受け入れていますが、今回は久しぶりに日本から添乗員を含め9名様ご参加の「南米コロンビア・グループ観光ツアー」御一行を受け入れました(主催催行・風の旅行社/パームツアーセンター)

Img_0449 Img_0452Img_0442

このツアーは私がホテル・専用バス・国内線航空券等を全て手配し、ボゴタでは私自身が皆様のガイドも務めました(カルタヘナは現地英語ガイドを手配)ツアー観光地は首都ボゴタ及び世界遺産登録のカルタヘナの二都市周遊です。皆様の御宿泊はボゴタ・カルタヘナのいずれも旧市街地区の歴史あるホテルを御用意しました。

Img_04381 Img_04611 Img_04651

1名様・2名様のご案内は既に慣れていますが、今回は久しぶりのグループツアーでしたので大変でした。しかし皆様はツアー中に病気や事故などに遭う事もなく、元気に旅程をこなされました。しかも驚いた事に一行のうち3名様が70歳以上、しかも最高齢の方はツアー中に何と「80歳flair」のお誕生日を迎えられました。何と素晴らしい事でしょうshine

首都ボゴタは標高2,600mの高地です。平地に比べれば同じ距離を歩いても疲労が増す筈です。私自身も今回は相当気を遣いました。それでも皆様一人の脱落者もなく、南米コロンビアツアーを完遂された事に感慨深い気持ちでした。

Img_04681 ツアーガイドをしながら撮影するのは容易な事ではなく、この一枚が唯一、今回の御一行様の「集合画像」です。場所はシパキラ岩塩坑道、「塩の教会」付近です。

グループツアーの場合は多くの方々へご説明するのと同時に、複数の方々から予期せぬご質問も頂くのでいつも以上に緊張します。それでも無事やり遂げた時の満足感はひとしおです。

Img_0453 Img_0456

今回のグループツアーは、妻との「二人三脚」で成功させたようなものです。妻には一行の為に「おにぎり」と「桜餅」をこしらえてもらいました。ご高齢の方が多かった今回のツアーで「日本の味」は大変喜ばれました。まさか異国の地でおにぎりや和菓子を口に出来るとは、誰も予想されなかった筈です。

単に「日系旅行会社」と名乗る事は簡単です。しかしながら私が日々追求しているのは「日本的なきめ細かなサービス」です。はっきり申し上げて、南米コロンビアで日本人のお客様へここまで凝ったサービスを追及している旅行会社は唯一、当社ANDES TOURSのみと胸を張って申し上げられます。

ガイドとしての職務自体はお一人のお客様でも、団体のお客様であっても基本的に同じです。その中で、日本から遠く離れた南米コロンビアを楽しく観光して頂く事を最大の収穫として日々精進していきたいと思っています。

個人のお客様、そして各旅行会社様。南米コロンビアの観光に、是非とも当社ANDES TOURSをご用命下さい。

|

6月29日(土)コロマ・コーヒー農園ツアー、夏のご旅行手配引き続きお待ちしています

例年ですとコロンビア国内は雨期真っ只中。各地で豪雨被害が続出しているのですが、昨年・今年のこの時期は「少雨」となっています。最近の天候はまるで雨期が明けてしまったかのようです。

明日から日本よりご来訪のグループをお迎えします。個人手配での受け入れは毎月必ずあるのですが、観光を目的としたグループの受け入れは久しぶりで気合が入っています。「南米コロンビアを観光」と言うと、以前でしたらとんでもないという雰囲気でした。しかし今は違います。少人数・団体を問わずコロンビアを訪れる人が確実に増えています。

Img_9150 Img_9157 Img_7005

そんな中ですが、先日ご案内しましたボゴタ在住の皆様向け・「6月29日(土)コロマ・コーヒー農園観光ツアー」まだまだ募集しております。首都ボゴタから気軽な距離と時間でコロンビアコーヒー農園を堪能出来るこのツアー、ご参加お申込みをお待ちしています。お問い合わせ・お申し込みは下記からも可能です。

ANDES TOURSホームページ・メールフォーム

ANDES TOURS・Facebookページ

Img_6594 Img_6279_2 また、夏のご旅行計画はお決まりでしょうか。コロンビア国内外へのご旅行手配もお待ち致します。

南米大陸南部の国々お住まいの皆様、これから冬を迎えるのとは反対に、コロンビアは一年を通じて降雨量が最も少ない「ベストシーズン」を迎えます。カリブの青い海やコロンビアにもあるアマゾン地帯その他、見どころの多いコロンビアへ是非ともお越し下さい。

南米コロンビアへのご旅行、そして当地在住の皆様におかれましては、15年以上の手配実績を持つ担当者(新井)が常駐している、IATA加盟・正規日系旅行会社ANDES TOURSをご用命下さい。御利用をお待ち致します。

ANDES TOURSホームページ

| | コメント (0)

ボゴタ在住の皆様、6月29日(土)コロマ・コーヒー農園ツアーのご案内

Img_72121 昨年11月に初めて催行し、定員一杯のご参加の下ご好評を頂きました「ボゴタ在住の皆様向け、コロマ・コーヒー農園観光ツアー」。6月29日(土)に再び催行します。

コロマコーヒー農園における今年初めての収穫期は終わりに近づきつつありますが実はまだ色付いており、収穫体験も可能です。前回のツアーにつきましては以下を御参照下さい。

ボゴタ在住の方々向け「コロマコーヒー農園ツアー」、大成功!

Img_71891 当日はトイレ付の専用バスを仕立てます。運転せずに楽々現地との移動が可能な為、車内・現地にてお酒を楽しむ事も出来ます。首都ボゴタより約1,000m低い現地は適度な暑さです。

当ツアーにはお子様のご参加も可能です。あとは当日の天候次第ですが、晴れれば園内の雰囲気はとても素晴らしく、首都ボゴタから気軽な距離と時間でコロンビアのコーヒー農園の雰囲気を味わう事が出来ます。

ご案内は下記弊社Facebookでもご紹介しています。皆様のご参加をお待ち致します。

Facebook・ANDES TOURS Colombia

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »