« セマナサンタ(聖週間)のコロマ・コーヒー農園ツアー大成功! | トップページ | 在コロンビア日本大使館より、4月9日首都ボゴタにおける平和行進について »

四連休を終えて、ご案内やら個人日記やらの話

セマナサンタ(聖週間)の四連休が終わりました。この間、三連休が最初にあって2日を挟んで四連休だったのでどうしようかと思いましたが、前回投稿の通りボゴタ在住のお客様をお誘いして首都ボゴタ近郊のコーヒー農園を堪能したり、他には今回投稿しませんがボゴタ市内の遊園地へ家族を案内したりと、それなりに過ごしました。

そして月曜日は「4月1日」コロンビア在住が15年を超えた私にとっても、この日は一つの節目です。日本で社会人として働き始めたのもこの日。そして日本は「新年度」。私は例え現在南米コロンビアに住んでいても、日本のお客様及び当地で日本の会計年度に関係するお客様とのお取引がある現在、この4月1日は節目の日です。という事で、他愛もない話を含め投稿します。

まずは、既に施行から二か月が経過している話です。今年1月より日本からコロンビアを含む南米8か国向けへの郵便局の「船便」取扱いが停止しています。詳しくは下記サイトを御参照下さい。

日本郵便からのお知らせ:南米8ヶ国向け船便郵便物の引受停止について

これにより、郵便局からコロンビア向けの小包その他の郵便物の発送方法は、現在「航空便」「SAL便」「EMS便」に限定されています。ご注意下さい。

Img_8718 私は元々「日本酒」が好きなのですが、いつの頃からワインを飲むようになり、現在の晩酌はもっぱら赤ワインです wine。画像はアルゼンチン産の赤ワインです。コロンビアでもワインは少量生産していますが、飲んでみるとやはり gawk コロンビアは四季の変化がなく、土壌がそもそもワイン生産に向いていないような気が・・・

アルゼンチンはワインの生産地として有名ですが、その中で私のお気に入りはこの「マルベック(Malbec)」種のブドウを使ったものです。数多いブドウの品種の中で、このアルゼンチンマルベックを使ったワインは濃厚でどっしりとした口あたりが気に入っています。ちなみに、アルゼンチン・チリなどの南米産赤ワインは、昨今話題の「ポリフェノール」が欧州の赤ワインよりもたっぷり含まれているそうです。

私はワインなら元々「白」が好きで、その中でも香り・味のバランスが最高とされる「シャルドネ」系が好きです。そして赤はこのマルベック系の虜になっています。

Img_8728 四連休最終日の今日は、家族で市内北部へ買い出しに出掛けました。その帰路に乗車したタクシー。乗った時には普通でしたが、料金表を見てビックリ flair

ボゴタ市内の公共タクシーには、条例でメーターに基づく料金表を車内に置く事が義務付けられており、そこには運転手の名前や血液型も併記されています。この日の運転手の血液型を見て目が点になりました。それは何と「AB型RH(-)」こんな血液型、初めて見ました。

ちなみにコロンビア人の大半は「O型」です。その中にあって私もAB型で数少ない方ですが、それに加えてRHがマイナスという人は、15年以上このボゴタでのタクシー乗車歴があり、且つ数百回は乗車している私自身初めて出会いました。これには本当に驚きました。

聞けば、同じAB型でも私のようなRHプラスの人からは輸血を受けられず、RHマイナスの人からしか受けられないとの事。冗談で、たまにAB型RH(+)のドライバーに出くわした時には「何かあったらお互い助け合おうね lovely 」と言うのですが、このドライバーには「緊急の時にはどうするのsign02」と聞いたら、「うーん、困ったね。家族はAB型RH(+)だから」との事。

例えは悪いですが、「四葉のクローバー」を見つけるよりもすごい確率で遭遇したタクシードライバーでした。

|

« セマナサンタ(聖週間)のコロマ・コーヒー農園ツアー大成功! | トップページ | 在コロンビア日本大使館より、4月9日首都ボゴタにおける平和行進について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セマナサンタ(聖週間)のコロマ・コーヒー農園ツアー大成功! | トップページ | 在コロンビア日本大使館より、4月9日首都ボゴタにおける平和行進について »