« 三連休、そして寿司三昧 | トップページ | 四連休を終えて、ご案内やら個人日記やらの話 »

セマナサンタ(聖週間)のコロマ・コーヒー農園ツアー大成功!

コロンビア国内は3月23-25日の三連休に続き、28-31日はセマナサンタ(イースター)の四連休です。この間、主な観光地は多くの人々で賑わいます。勿論私のお客様も各地へご旅行中ですが、私自身は自宅待機が必要なのと、現在は日本のゴールデンウィーク時に当地を来訪されるお客様の手配調整中です。この間、家族をどうしても近郊の観光に連れて行きたく、考えたのが好評の「コロマ・コーヒー農園ツアー」でした。

Img_86411 Img_8642 Img_8714

(画像につきましてはお客様のプライバシーを配慮し、お顔は全て非公開とします)
当初は連休三日目の30日の催行を予定していましたが、このツアーにお誘いした方々の予定を考慮し、急遽二日目の29日に催行を決定しました。自分で言うのも何ですが、これが「大成功」でした。

四連休初日は大渋滞だった、普段は乗用車や大型トラック・長距離路線バスなどがガンガン行き交う農園までの主要街道も、この日は首都ボゴタからも含め唖然とする位「ガラガラ」。自分でも「ヒャーsun」と驚いたほどで、農園へここまでガラガラな道をスイスイと走行したのは初めてでした。その為、街道沿いの店に立ち寄り、少し時間調整をしたほどでした。右画像はクレープ状に薄く延ばした「アレパ(とうもろこし粉を使ったもの)」です。

Img_86461Img_86471 既に何十回訪れたかという程のコロマ・コーヒー農園に初めて家族を連れて行きました。今回は家族旅行に加えてボゴタ在住のお客様をお誘いした形を取った為、ガイド代を一切頂かず実費精算でツアーを催行しました happy01 実は直前までなかなか人数が集まらなかったのですが、いざ決定すればこれだけの方々に御利用頂きました。ツアー開始前の集合写真です。

Img_86501 Img_86571 Img_86602

この日は程良い暑さにも恵まれ、いよいよい農園ツアー開始です。今年は例年よりも雨が少なく実の生育状況が良い為か、園内の木々には昨年よりも早い段階で赤い実がかなり多く見られました。セマナサンタのこの時期に「コーヒー収穫体験ツアー」も同時に行えたのはラッキーでした。

Img_86641 Img_86651 Img_86671

今回参加頂いた方々の中には、当地に着任されたばかりのご夫妻も含め、コーヒー農園や真っ赤に実ったコーヒーの実を初めてご覧になられた方々もあり、楽しんで頂けたようです。右画像は赤い皮と中の豆を分ける作業中で、手回しの機械で実演出来ます。これもコロマ・コーヒー農園観光の魅力です。

Img_86701 Img_86721 Img_86731

こちらは赤い皮から取り出して水洗いした後に天日干し乾燥している場所です。このようにトンボを使って豆を均一に乾燥させます。これも実体験出来ます。

Img_86781 Img_86821 Img_86751

そしてコーヒー豆(に見立てた)がぎっしり詰まった麻袋満載のジープと共に記念撮影です。左画像のご夫妻は満面の笑みで写っています。そして我が家もパチリです(妻の顔も隠しておきます coldsweats01 )皆さんとても楽しそうでした。

Img_86871 観光終了後は、農園内で収穫した豆を使って自社焙煎したコーヒーと、加工品であるコーヒーリキュールを試飲出来ます。お土産品はまだまだ数が少ないので今後の課題ですが、園内をじっくりと時間をかけて散策し、自ら赤い実を収穫した後に飲むコーヒーは、ちょっと違う思いで飲む事が出来ます。

首都ボゴタから日帰りで十分楽しめる「コロンビア・コーヒー農園観光」今回は初めてセマナサンタに催行しましたが、日取り設定がドンピシャでガラガラの道をスイスイと、そして家族・お客様と共にまったりと過ごす事が出来、私にとっては最高の大型連休企画でした。

Img_8700 Img_8701 Img_8705 Img_86901

そしてコーヒー農園観光を終え、昼食は帰路の街道沿い・Silvania村にあるレストランで取りました。このレストラン、外見は特に変わり映えしませんが建物の一部に極太の竹・Guaduaを多用しており、店内にも何故かコーヒー豆の麻袋を満載したジープが展示してあります。勿論ここでも記念撮影。思いがけず楽しめた感があります。

Img_8698 Img_8696 Img_87062 Img_8703

私の昼食は、日曜・祝日限定のSancocho de Polloという鶏肉入りのスープです。このスープは鶏肉がスープの中に入っていたり、或いは別に出されたりしますが、この店では別の皿に分かれて出されました。すごいボリュームです。

ガッツリと昼食を取ればとても満足。このSilvania村も標高1,600mの場所にあり、周囲の風景はとても美しいものです。最右画像はレストランの二階から撮影したものです。息子もこの日は一杯遊んでもらい、楽しかったようです。

Img_8710 Img_8709 Img_8711

そしてこの日は皆様の御希望もあり、更なるおまけとして行きに立ち寄った乳製品の店(反対側の同店舗)にもう一度立ち寄り、ヨーグルトその他を買っていきました。我が家は食後のデザートとして画像の大きな「焼きプリン(Leche Asada)」を買って皆で食べました。

この日は寄り道をしたり、じっくりと観光をしながら楽しめた一日で、それでも首都ボゴタを含め終始道がガラガラだった事もあり、お客様の各ご自宅へお届けした後でも4:00PM頃には我が家へ余裕で帰着出来ました。ご参加頂きました皆様、有難うございました。

|

« 三連休、そして寿司三昧 | トップページ | 四連休を終えて、ご案内やら個人日記やらの話 »

旅行・地域」カテゴリの記事