« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月「ボゴタでの乗り継ぎを利用した市内観光」

週末の今日は、日本の某銀行からのブラジル・サンパウロ駐在で、隣国ベネズエラに向かう為の乗り継ぎ時間を有効活用したいというカップルへの「ボゴタ市内観光」を催行しました。それにしても、昨今のブラジル在住の日本人の方々からのコロンビア国内ご旅行お申し込みの数の多さには驚いています。今月だけで実に4組目です。

Img_8107 Img_8106 Img_8108

この日のご夫妻のサンパウロからのご到着は早朝5時過ぎ、そしてカラカスへ向けて出発されるのが午後2時。ボゴタで「9時間」の接続時間を利用しての市内観光でした。

大抵どこの国でもそうですが、早朝に到着される方向けに市内観光を催行しているケースはかなり稀ではないかと思います。しかも日本人ガイドのフルアテンドです。しかし、コロンビア・ボゴタの日系旅行会社ANDES TOURSは、コロンビア国内のその他の旅行会社とは発想が異なります。例え早朝のボゴタご到着であっても、内容の濃いボゴタ市内観光を日本人の案内で確実にご提供出来る「唯一」の旅行会社です。

そんな訳で市内観光のスタートは、ボゴタ市内最大の市場「パロケマオ」内にある「青空フラワーマーケット」見学です。早朝のボゴタは吐く息が白くなるほど寒く、ご夫妻も震え上がっていましたが、バラやカーネーションその他数多くの花々をご覧頂きました。

Img_8109 早朝ご到着のこのツアーは何と「朝食付き」です。夜行便の機内食は軽食だけです。「腹が減っては観光が出来ぬ」という事で、冷え込む早朝のボゴタでは「朝の定番」である「カルド・デ・コスティージャ」(骨付き牛のコンソメスープ)をご提供しています。

ちなみにこのスープは早朝から午前中しか口にする事が出来ません。午後や夜はレストランから姿を消してしまうのです。大きめのじゃがいもが入ったこのスープを飲むと、皆さん満腹になってホッと一息つかれます。

Img_8111 Img_8114 Img_8116

そして次は標高3,100mの「モンセラーテの丘」見学です。今日のモンセラーテからの景色は「抜群sun」でした。先週のお客様をご案内した際はあいにく雲が多い天気で、遠くまで見渡す事が出来なかったのに比して、今日は最高のコンディションでした。

Img_8122 Img_8124 左画像はロープウェイで「下山」途中に見えたボゴタ旧市街付近の光景です。かなり遠くまで景色が広がっていました。
そして右画像は旧市街地区の一角で見かけた「クラシックカー」でした。どうやらここで「展示販売会」をしていたようです。ピカピカに磨き上げられた年代物の車には驚きました。

Img_8129 Img_8132

そして次はカンデラリア・旧市街地区のウォーキングツアーです。ここは「ボリーバル広場」で、画像に見えるのは「国会議事堂」です。左画像に何故か「リャマ」の姿が見えますが、コロンビアにリャマは元々生息していない筈です。間違いないのは、この場で観光客向けに「有料」で写真を撮らせています。

これらの「内容の濃いツアー」を終えて、出発の二時間以上前に余裕でボゴタ空港までお届けして、この日のボゴタ乗り継ぎ市内観光ツアーを無事終了しました。

ちなみにこのツアーは、全てがお客様の御希望に応じての「オーダーメード」です。且つ日本人係員付き、朝食付き、更にはカフェでのコーヒータイムも込みで、とてもお手頃な料金でご提供しています。

詳しくは当社ANDES TOURSサイト、若しくはフェイスブック「Andes Tours Colombia」からお問い合わせ下さい。皆様の御利用・お申込みをお待ちします。

| | コメント (0)

2月の「コロマ・コロンビアコーヒー農園」ツアー

急なお申込みでしたが、以前より皆さんにご紹介しているクンディナマルカ県・フサガスガにある「コロマ・コーヒー農園ツアー」を催行しました。

Img_8059 Img_8061 Img_8063

この日は運良く自社工場でコーヒー豆を焙煎する工程を見学出来ました。大型のこの釜で一回に約80kgの豆を焼く事が出来ます。釜から飛び出したコーヒー豆はすごい煙を放っていました。焼き上がったばかりのコーヒー豆は自分の熱で更に焼けてしまう為、急速に冷却します。

Img_8068

焼き上がったコーヒー豆を前に、御客様も楽しそうでした。私も何十回かこの農園に来ていながら、農園で収穫したコーヒー豆を実際に焙煎する工程を御説明する機会はこの日が初めてだったので、ちょっと浮かれてしまいました。

Img_8086 Img_8087 こちらが焼き上がったコーヒー豆です。いい色に焼き上がっていますね。これを見ると「ああ、コーヒー農園に来ているんだ」という実感が湧きます。

この日は製品としてのコーヒー豆を出荷する為、1日中焼き続ける日だったようです。その為、園内見学中は断続的にコーヒー豆を焼いている際の煙と香ばしい匂いが漂っていました。

日本の自社焙煎のコーヒーショップなどは、豆を焼く前に良い豆と不良豆を一粒ずつ「ハンドピック」で選別し、優れた豆だけを焼き上げます。そこは大量生産の工場ですので省かれますが、焼いている際の香ばしい匂いはやはり良いものです。

Img_80751 この日も勿論、コーヒー豆収穫体験を含む農園内見学ツアーを行いました。これは赤い皮と豆を選別する手回しの機械です。

このコロマ農園では単にコーヒーの木々を見学するだけではなく、実の収穫から加工・出荷までの全ての行程を、実体験を絡めながら知る事が出来ます。

皆さんも是非、このコロマコーヒー農園ツアーにご参加下さい。ツアーお申し込みは当社ANDES TOURSへ。お申込みをお待ちします。

| | コメント (0)

JETRO(日本貿易振興機構)本部でコロンビア国営石油公社(ECOPETROL)プロジェクト説明会

来たる2月26日(火)にJETRO(日本貿易振興機構)本部において、コロンビア国営石油公社(ECOPETROL)幹部によるプロジェクト説明会が開催されます。

コロンビア国内では最近、次世代のエネルギー源となる可能性を持つ「シェールガス」「シェールオイル」大規模層の存在が報じられ、にわかに脚光を浴びています。

関係者の皆様、地下資源保有国・南米コロンビアの現状を知る機会です。是非ともご参加下さい。詳しくは下記サイトからご覧頂けます。

コロンビア国営石油公社(エコペトロール)プロジェクト説明会

|

掛け持ちコロンビア観光手配&ガイドをこなした日々

あっという間に過ぎ去った一週間でした。この間、ブラジルと日本から来訪された計3組のお客様のコロンビア国内観光手配やガイドを、掛け持ちでこなしました。加えて当地のお客様に応対するオフィス業務もあり、とても慌ただしい毎日でした。

Img_8027 Img_8029

特筆すべきは、同じ日本人の方々でも昨年あたりからブラジルに駐在している日本企業関係の方々の、観光でのコロンビア訪問が「激増」しています。こちらのご夫妻は「カーニバル祝日休暇」を利用してパナマをご旅行された後、帰路の乗り継ぎでボゴタに立ち寄られ、市内観光をされました。

この日はちょうど「リオのカーニバル」最終日で、ブラジル全土は5連休だったようです。その為、このご夫妻の他にもう一組のご夫妻がカルタヘナをご旅行されました。

昨今成長著しいブラジルには次々と日本企業が進出し、それに伴い駐在される日本人の方々が増えています。それも私にとっては今まで全くの「ノーマーク」でしたが、これだけブラジル在住の日本人の方々をお迎えする現状では、看過する訳にはいきません。早急に「南米コロンビア観光招致プラン」を練る(と言っても私一人で)必要があります。

Img_8031 Img_8038 Img_8040

こちらは首都ボゴタ近郊にある「ネモコン岩塩坑道」の内部です。日本のガイドブックにははもう一つの「シパキラ岩塩坑道」が紹介されていますが、私が先年から「一押し」しているのが、実はこちらのネモコン岩塩坑道です。昨年、ネモコン岩塩坑道に関してこんな記事が掲載されました。下記をクリックして下さい。記事と共に画像をご覧頂けます。

地下80メートルの幻想世界、南米コロンビアの新観光地(AFP)

AFPはこのネモコン岩塩坑道について「人気の観光スポットになりつつある」と報じています。が、私は既に以前からこの坑道を「一押し」していますshine

Img_8051 Img_8047 Img_8042

代わってこちらの左画像は「有名」なシパキラ岩塩坑道内にある「塩の大聖堂」です。坑道内の規模自体はネモコンよりもシパキラの方が上回っています。加えて「岩塩坑道」にも関わらず、本来無関係の「エメラルド鉱山」を抱き合わせて、ちゃっかりと坑道内でエメラルドを売る商売っ気もシパキラの方が一枚上手です。

そして中・右画像はシパキラ岩塩坑道からほど近い場所にあるレストランの内部、そしてこの日のメニューの「アヒアコ(ポテトシチュー)」です。レストランの柱が白っぽいのは、レンガに岩塩を付着させた為です。

今週のツアーガイドではこの他、ボゴタ市内の複数の場所をご案内しました。

前述のブラジルでは、特にサンパウロにおいて日系旅行会社が昨今林立しているとの事です。そうなると各社のサービスを比較されるのが常だそうで、対して当地コロンビアで日本人向けに日本語でチケット発券手配・オリジナルツアー企画手配などを一括してお申し込み可能な旅行会社は、唯一当社ANDES TOURSのみです。とはいえ、その状況に奢る事なく、これからも「独走」していきたいと思っています。

| | コメント (0)

PROEXPORT(コロンビア貿易・投資・観光振興機構)作成ビデオのご紹介

先日、日本でコロンビアを「魅力的な観光地」として紹介した二つの番組に続いて、友人・知人から「他にもコロンビアで撮影したらしい番組を見た」との連絡が入っています。曰く「メイドカフェ?」「ニンジャ学校?」「バナナとウナギとクリームチーズの巻き寿し?」

「バラエティ系」番組ですね。

私からは、表題にもあります"PROEXPORT"(コロンビア貿易・投資・観光振興機構)作成の「コロンビア観光促進ビデオ」を皆様にご紹介します。

ロケ地は大型クルーズ船の寄港地であり、世界遺産に登録されている「カルタヘナ」と近郊の「ロサリオ諸島」、カリブ海沿いの古都「サンタマルタ」、そしてカリブ海に浮かぶ「サン・アンドレス島」と「プロビデンシア島」です。

いずれもカリブ海に面したコロンビア国内有数の観光地をPRしています。映像の中にはアジア系の方が見られますが、この方々は当方知人で当地在住の「100%日本人」の方々です。

美しいカリブの海を持つ南米コロンビア、皆様のお越しをお待ちしています。また、コロンビア国内旅行手配は当社ANDES TOURSをご用命下さい。

Proexport Cruceros from Juan Pablo Zuluaga Buccafusca on Vimeo.

| | コメント (0)

雨期入りのボゴタ、日経BPデジタル版でコロンビアに関する記事を掲載

首都ボゴタはついに「雨期入り」したような気がします。連日正午過ぎになると真っ黒な積乱雲が立ち込め、あとはお決まりの「雷雨」です。ボゴタ市内観光も細心の注意を払う時期に来ました。

ところで、先日南米コロンビアを観光地として紹介した二つのテレビ番組放映とは直接関係がありませんが、今年は年初より国外からの日本人のお客様をお迎えする件数が増えています。今月2月だけで6組のお客様からのコロンビア国内観光手配を受けています。

ご訪問目的は首都ボゴタでの乗り継ぎ・コロンビア国内観光など内容は様々ですが、私が当地コロンビアで旅行業を始めた当初は、お客様の構成がほぼ100%当地の企業・個人の方々でした。それが今では随分と変わりました。

そろそろ声を大にして申し上げても良いタイミングでしょう。当社ANDES TOURSは、日本人の方々向けにツアー・個人観光手配・航空券手配などを「本業」としてしている「南米コロンビア唯一の日系旅行会社」です。

最近では本業の「南米コロンビア旅行業界」に関する情報と合わせて、コロンビアに関する情報を広く関係各所にご案内する事を心掛けるようにしました。皆様にも一つ、とても有益な情報をご案内します。

先日の「日経BP社デジタル版」に、JETRO(日本貿易振興機構)清水文裕・コロンビア事務所長が寄稿された「美人の国・コロンビアの秘密」が掲載されました。下記にご案内する記事はデータも交え詳細に「コロンビアの今」を紹介しています。私が普段から書いている「駄文」とはレベルがまるで違います。

美人の国・コロンビアの秘密(上)

美人の国・コロンビアの秘密(下)

上記記事はFacebook(フェイスブック) Andes Tours Colombia ←(こちら)でも紹介しています。

私は普段から南米コロンビアに関する情報を最も多く、詳細に伝えていると自負していますが、私の記事に不足しているのが「具体的なデータ」です。上記記事は「南米コロンビアの今」を分かり易く説明しており、とても参考になります。

南米コロンビアに関係している方々の他、この地にビジネスチャンスを求めている方々にも、上記の記事をご覧頂く事で「未知の国・コロンビア」と受け止められる事でしょう。勿論、観光面でもコロンビアは昨今「未開の地」として注目されつつあります。

私も今回のこの記事と先日のテレビ番組放映を「観光国・コロンビアとしてのビジネスチャンス」と捉え、より多くの方々が当地南米コロンビアを訪れるよう、情報を発信していきたいと思っています。

Img_7861 Img_7893 Img_7943

余談ですが、先日「我が家の年末年始旅行」として、首都ボゴタの東にあるChoachi村の「サンタモニカ温泉」を一泊二日で楽しみました。

このChoachi村ですが、昨年の一時期に首都ボゴタからの陸路が寸断されました。理由が分からなかったのですが、今回通過して初めて「大規模崩落」があった事が分かりました。

私が多忙でまとまった休みが取れない中、たった二日間だけの小旅行でした。首都ボゴタから約1時間、標高は約800m下がるこの地でほんの一時、熱い湯に浸かりながらのんびりとしました。ここは勿論首都ボゴタからの「日帰り圏内」です。

| | コメント (0)

2月の南米コロンビアツアーとボゴタ在留邦人のお祭り

今日はボゴタ在住の日本人の方々や、関係しているコロンビア人の方々が集う「きさらぎ祭」というお祭りが、ボゴタ日本人学校で行われました。この行事は毎年この時期に開催されるもので、多くの方々のご来場を頂き、盛況のうちに終了しました。

私は昨年から学校PTAの役員をしている事もあり、のんびり出店を見て回り、美味しい物やバザー品の買い物をする事などなく、ひたすら金券販売に没頭していました。私のこのコメントはボゴタ日本人学校や関係者を代表してではなく、あくまでも一個人としてのものです。

ご来場頂きました皆様、有難うございました。

Img_8021 Img_8011

先週は一家族様のご来訪があり、きさらぎ祭の事前準備の合間を縫って首都ボゴタ市内及び郊外へのツアーを催行しました。その一つが先日日本のテレビ番組でも紹介しました、ボゴタ郊外にある「コロマ・コーヒー農園」への日帰りツアーでした。

今回のご家族様は小さなお子様連れでしたので、この場合あまり遠くに出かける事は出来ません。そのような理由からも、コロマ農園は適当な距離でした。

Img_8013 Img_8017

この農園では小さなお子様でもコーヒーの実の収穫体験が出来ます。当社ANDES TOURSがこのコロマ・コーヒー農園ツアーを初めて催行してから今月でちょうど一年になります。この間、多くの方々をこの農園にご案内しました。

一年前に初催行した際には、園内に赤い実はポツポツとしかありませんでしたが、今年はこの時期にしては昨年以上に豊富でした。日本では殆ど体験できない「コーヒー豆の収穫体験」も、今回は勿論行いました。

右画像は緑から黄色に色付いたコーヒーの実です。なかなか珍しいです。

Img_8018 先日、日本の二番組において「南米コロンビアの魅力」をご紹介しました。単なる偶然ですが、きさらぎ祭終了の余韻に浸る暇もなく、今週もまたボゴタ市内・郊外へのツアーを催行し、来週・再来週も日本人のお客様をお迎えします。

その他にもテレビ番組放映直後からコロンビアご旅行に関するお問い合わせを頂いており、随分と情勢は変わりました。忙しい事は良い事です good しかし今日はさすがに疲れました。さっさと寝ます sleepy

という事で、南米コロンビア旅行のお問い合わせは、どうぞ当社ANDES TOURS

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »