« カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -2- | トップページ | カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -4- »

カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -3-

筆者及び当社ANDES TOURSが史上初めて詳しくご紹介する、「隠れていた魅力の地・Baru半島」の第三弾です。この地を旅行する前まで、実は「このバル半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力をどのようにご紹介するか」と、密かに企んでいましたが、結果的には予想以上の反響に驚いています。

Img_6583 (これからご案内する各ツアーの料金は、今後変動する可能性があります。表示は2012年8月現在です)

ホテルではいくつかの「オプショナルツアー」を毎日催行しています。まず最初がサンゴ礁で出来た「ロサリオ諸島」へのボートツアーです。

このツアーは毎日ホテル前のビーチを9:00AMに出発し、約20分かけて現地ロサリオ諸島に到着します。カルタヘナ港からですと片道約2時間の距離で一日がかりのツアーですが、ここはロサリオ諸島からとても近い距離にあります。

現地滞在後、帰路の途中で対岸のPlaya Blancaにて約40分時間を取り、海岸を満喫した後に12:30PM予定でホテル帰着となります(昼食はホテルでお取り頂けます)この内容で料金はお一人95,000コロンビアペソ(約4,500円)です。

Img_6303 Img_6516 ホテルの敷地内にはマングローブの森があり、この中をボートで巡るツアーは8:30AMから9:30AM、そして3:00PMから4:00PMの二部制です。料金はお一人39,000コロンビアペソ(約1,900円)です。海岸部の自然をこんな所で体験出来ます。我々も是非とも参加したかったのですが、今回は時間がありませんでした。このマングローブの森の奥、興味深かったです。

Img_6206 Img_6211

Royal Decameon Baru Hotelはカルタヘナ市内から離れた場所にあり、世界遺産の町並みは素通りしてしまいます。しかしこちらもちゃんとツアーがあります。8:00AMにホテルを出発し、サン・フェリペ城塞・ポパの丘・旧市街地区などを巡るもので、途中昼食付きで4:00PM頃にホテル帰着となります。料金はお一人176,000コロンビアペソ(約8,400円)です。

滞在は美しいビーチ沿いで、しかし世界遺産の町並みはしっかり見学したいという希望を叶えてくれるツアーです。

Img_6517 この他、ダイビングツアーやフィッシング体験ツアーその他多数のツアーが組まれています。話しでは、このバル半島の沖合・ロサリオ諸島エリアは良好なダイビングスポットなのだそうです。サン・アンドレス島とこのバル半島沖合の二つを体験したダイバーの方の感想では、バル半島付近の方が海底の自然と魚の数の比較で良かったそうです。

ホテル内にはダイブショップもあります。ライセンスをお持ちの方には欠かせない存在です。

Img_6514 Img_6502 Img_6504

こちらはホテル宿泊客が誰でも無料で体験出来るサービスです。まずは左画像の「渡し船」で対岸(本当の目の前)まで送迎し、こちらもホテルの敷地の一部である場所でまったりと過ごす事が出来ます。この「茶屋」のような場所では別料金で大きなロブスターやシーフードなどを昼食で味わう事が出来ます。この対岸エリアへは9:00AMから4:00PM位まで渡る事が出来ます。

Img_6306 Img_6400

この他、波が穏やかな入江では足漕ぎボートやシーカヤックなども無料で体験出来ます。モータースポーツはまだ充実していませんが、私はかえってその方が良いと思っています。このバル島はまだ開発の手が殆ど及んでいません。ホテルは大規模ながら「隠れ家」的な要素があります。

Facebook(フェイスブック)でもBaru半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力を紹介しています。詳しくは下記をご参照下さい。

Facebook(フェイスブック) ページ:  Andes Tours Colombia

|

« カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -2- | トップページ | カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -4- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -2- | トップページ | カルタヘナ近郊のBaru(バル)半島とRoyal Decameron Baru Hotelの魅力 -4- »