« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日、ボゴタ空港にて

Img_5259_4 Img_5262_2 韓国の李明博大統領が6月23~25日の3日間、コロンビアを公式訪問しています。画像は韓国大統領専用機(ボーイング747-400)です。ボゴタ空港にて撮影に成功しました。画像がぼやけているのは、空港ターミナルの窓を挟んでいる為です。

李大統領のコロンビア公式訪問の主目的は、何と言っても「二国間自由貿易協定(FTA)」の総仕上げでしょう。韓国は日本に先行してコロンビアとの間でFTAを進めてきました。一国の元首・大統領が決して先進国ではないコロンビアに3日間も滞在するのは特別な事情ですね。

それとは別にこの記事を書き上げた後に判明しましたが、李大統領公式訪問のもう一つの目的は、1950年に勃発した「南北朝鮮戦争」の際に、コロンビアがラテンアメリカ諸国では唯一、5,000人以上を韓国に派兵した事に対する「62年後の感謝の訪問」だったようです。李大統領は就任以来朝鮮戦争の際に派兵をした各国への御礼の歴訪を続けていたらしく、コロンビアは「最後の訪問国」だったようです。

まさかコロンビアで韓国大統領専用機、それも大型のB747-400の姿に接するとは思いませんでした。B747-400ジャンボ機は日本や中国の政府専用機にも使用されています。民間機では既に運用の主流から外れていますが、やはりこれだけの大型機・それも国家元首専用機が「ドーン」と降り立つと威圧感を感じますね。

日本とコロンビアとのFTA交渉ですが、実の所韓国や中国に比べてかなり後れを取っています。日本が政党内・政党間で足の引っ張り合いをしている間に、アジアの二強に後塵を拝しているのがとても気になります。中南米の中でも経済的には優等生であり、地下資源を持つコロンビアとのFTAや地下資源獲得競争において、韓国が日本に先行しているのは間違いありません。

日本も同型の政府専用機を持っています。早く日本の総理が当地コロンビアに政府専用機で「ドーン」と公式訪問される事を願って止みません。これは決してミーハーな意見ではなく、国策上、中・韓の二国に存在感で後れを取っているという危機感からです。

例えば、首都ボゴタで見かける一般タクシーやホテルに常駐しているバンなどの実に90%以上は「韓国車」です。テレビ・携帯電話・家電製品の大半も韓国製。店頭に並ぶ日本メーカーの家電品は一部の薄型テレビのみで風前の灯です。そしてコロンビアと中国との貿易額は昨年過去最高です。「頑張れニッポン」そんな思いです。

いつか尾翼に「日の丸」を掲げた日本政府専用機が、このボゴタに飛来する日を待ち続けます。

Img_5212 Img_5264 先日「スターアライアンス」航空会社連合に同時加盟したAviancaとCOPAですが、企業ロゴマークにも正式にスターアライアンスのロゴが追加されました。

しかし素朴な疑問ですが、今までコロンビア国内でしのぎを削り、つい先日まで商売敵だった二社が同時にスターアライアンスへ加盟した事で、この先二社間でどのように「協調」していくのか・・・アライアンス内での"対立"は許される話ではないですからね。

Img_5230 Img_5231 こちらはCOPAです。機体にスターアライアンスのロゴマークが入りました。先日ご紹介の通り、COPAはパナマとコロンビアを拠点に運行しています。それがAviancaもスターアライアンス入りしたのですから、もしかするとコロンビアの拠点を解消するかもしれませんね。分かりませんが。

いずれにしても、コロンビアにおける航空会社間の競争が今後大きく変わる可能性を持っています。

|

Avianca-TACAとCOPAが本日からスターアライアンスに加盟

Img_5141 昨年の時点でスターアライアンス航空連合への加盟が承認されていた両社ですが、本日6月21日をもって正式にメンバーとなりました。

このスターアライアンスには、ANA(全日空)、ユナイテッド、ルフトハンザ、シンガポール航空やエアーカナダなどが既に加盟しており、Avianca-TACAとCOPAが同時に加盟した事でスターアライアンスの中南米域内での地位が更に向上します。スターアライアンス加盟航空会社に関する情報は下記をご参照下さい。

スターアライアンス日本語公式ホームページ

Img_5134 Img_2467 Avianca-TACAですが、まずAviancaはコロンビアに本社があり、TACAはエルサルバドルに本社がある企業グループです。運行拠点(ハブ)はこの両国の他、コスタリカ・ペルー・ブラジルにあります。両社の合併で近年中南米域内に急速に勢力を伸ばしています。その中で、特にAviancaは大型機・エアバスA330によりアメリカ・スペインにも運航しています。

Img_2464 COPAはパナマとコロンビアを拠点に中南米各国への路線を持っています。画像は旧社名の"AeroRepublica"塗装で、コロンビアにあったこの会社を買収し、COPAパナマ・COPAコロンビアの二つの体制で経営しています。

COPAは旧コンチネンタル(現ユナイテッド航空)の影響を強く受けていた航空会社です。その為、当初はこちらのCOPAがAvianca-TACAグループよりもスターアライアンス入りする事は確実でした。

この度の二社同時加盟により、コロンビアへ乗り入れている航空会社のうちスターアライアンスメンバーの比率が非常に高くなります。Avianca-TACAは既に一部の路線についてユナイテッド航空との共同運航を始めていました。これで日本やその他の国からコロンビアへの道のりがグッと縮まるのでは。

例えばANAのマイレージカードをお持ちの方であれば、これからAvianca-TACA、COPA両社の御利用でマイルを獲得できます。

世界最大の航空会社連合・スターアライアンス御利用で南米コロンビアへ。そしてコロンビアへのご旅行の際には信用と実績を誇る旅行会社である当社ANDES TOURSを御利用下さい。皆様のお越しをお待ち致します。

| | コメント (0)

コロンビア国内はハイシーズン入り

表題の通り、コロンビア国内はハイシーズンを迎えました。幼稚園から大学まで夏休みに入り、これから7月まで旅行シーズンです。日程上の偶然が重なっての事ですが、今週から続々と日本人・韓国人のお客様が出国します。

私はと言えば、三連休ながら仕事です。こちらはハイシーズンとはあまり関係なさそうですが、今週から三週続けて日本・チリ・アメリカなどからご来訪のお客様を迎えます。特に7月は来訪されるお客様が続き、アテンド業務が多くなります。しかしながら私の業務はあくまでも首都ボゴタが拠点です。

ボゴタにいらっしゃるお客様の為、そして国外からのお問い合わせにもなるべく迅速に応対する為、携帯電話で着信できるエリアにいる事を重視し、メールでのお問い合わせにも極力ご返信する事を心掛けています。その為、テレビ取材コーディネートなどでも一週間やそれ以上連絡が取れないような仕事は基本的に引き受けません。詳しい事は割愛しますが、結果的にはそれが功を奏しています。

Img_5142 先日ご帰国されたご家族様のお見送りでボゴタ空港にいた時の一コマです。運行はAviancaですが、機体の塗装が「スターアライアンス」仕様になっています。Aviancaはライバル航空会社であるCOPAと共にスター入りする事が決定しており、それを意識したものですね。"しかし"、まだ「フライング」です。2012年6月現在では両社共にまだスターアライアンスメンバーではありません。複数の方々からお問い合わせを受けますが、スターアライアンス・Avianca共に現時点で公式サイト上でスターメンバーである事は公表していません。もう間もなくと思われます。

Img_5145 変わってこちらは財政支援問題で揺れている「スペイン」のナショナルフラッグである"IBERIA航空"のエアバスA340-200です。4発エンジンのエアバスA340は細長い流線型の形が美しい機体ですね。このA340はこの他エールフランスも同型で、ルフトハンザは同じA340でも後期型の-600型を使用しています。エアバスはヨーロッパ各国の英知を結集しただけあります。

Img_5101 Img_5107 Img_5098 テーマは全く変わり、先日開催された運動会での「昼食」です。妻が前夜からせっせとこしらえてくれたものです。子供達にはいわゆる「キャラ弁」も用意してくれました。

妻の「内助の功」には本当に感謝しっ放しです。私が手掛けるツアーでは、行程の中で出発時刻が早くホテルで朝食を取れない場合を含め、レストランで食事をとるタイミングがない事があります。その時には妻にお願いして「手弁当」を作ってもらいます。これが好評で、お褒めの言葉を頂く事も少なくありません。この弁当の内容であれば、私も自信を持ってお客様にお渡し出来ます。。

当社ANDES TOURSオリジナルツアー、時には妻との「二人三脚」をもってお客様に満足して頂けるご旅行を目指しています。どうぞ御利用下さい。

Img_0881 昨年来、特に南米各国からのお問い合わせ、ご旅行手配が増えています。以前までは全くありませんでしたが、コロンビアの治安良化と運行便の増加により、南米各国からもコロンビアへ行き易くなっている事が挙げられます。

特に南米南部の国にお住まいの方々には、カリブの青い海は憧れであると思います。コロンビアでも勿論カリブの青い海を堪能出来ます。

画像はサン・アンドレス島にある"Royal Decameron Aquarium"です。当社ANDES TOURSはこのデカメロンホテルの正規販売代理店の一社です。当社では正規販売代理店向け下記ポータルサイト

デカメロンホテルグループ・正規販売会社向けポータルサイト←こちら

から瞬時に空室状況及び料金を検索し、皆様へご案内する事が出来ます。この正規販売会社向けポータルサイトでは「代理店コード」を入力しないと空室・料金情報は検索出来ません。それが故に当社は正規販売代理店としてデカメロンホテルグループから認可されています。

国外からのお問い合わせ、そして勿論コロンビア国内からのお問い合わせにも極力迅速に御返答する事を心掛けています。どうぞ当社ANDES TOURSをご用命下さい。

| | コメント (0)

ルイス火山に関する注意喚起とコロンビアアマゾン・Amacayacu国立自然公園内のロッジ閉鎖について

コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURSより、表題の通り二件に関するご案内をします。

Nevadoruiz1_2 コロンビア国内中西部にあるルイス火山(Nevado del Ruiz・標高5,389m)につきましては、今年4月以降断続的に噴煙をあげており、周辺では火山性地震が頻発しています。現在、国立地質局(Ingeominas)が発令している警戒度は上から二番目の「オレンジ」となっています。

現在までの所、周辺にある空港のうち「マニサレス空港」が5月末より閉鎖状態となっており、発着を近隣のペレイラ空港に変更し、航空会社が仕立てるバスにより陸路輸送を続けています。マニサレス空港の再開時期については未定となっていいます。

ルイス火山につきましては、1985年11月に大噴火を起こし、付近の住民約23,000人が泥流に呑まれ死亡する大惨事を引き起こしました。

今後、このルイス火山周辺の都市を訪れる際には最新の情報を入手された上で訪問される事をお勧めします(画像は先年撮影したものです)

20071126_img_4447 引き続きご案内します。コロンビア・アマゾン川流域にあるAmacayacu(アマカヤク)国立自然公園内のロッジ"Decameron(デカメロン) Parque Nacional Natural Amacayucu"につきましては、年初より一時的に閉鎖されている中で昨4月の大雨により水位が上昇・冠水し、これにより同国立公園内における同ロッジでの宿泊は当面不可能となっています。

本件に関する新聞記事をこちらで紹介します(スペイン語)⇒ELESPECTADOR紙・Amacayacu国立自然公園の水害について

当社ANDES TOURSはDECAMERONホテルグループの正規販売代理店という事もあり、営業担当者が定期的に当社を訪問している中で話を聞いた所、前述のアマゾンロッジの営業再開は「現時点で未定」との事です。

20071126_img_4386_2 20071126_img_4418 コロンビア・アマゾン観光の拠点となる「レティシア」市内には数多くの宿泊施設があります。ペルー・ブラジルと国境を接するこの広大なエリアを観光する際には、当面このレティシアを基点とし、日帰りでの観光が適切です。

実は、以前アマゾンジャングルに宿泊しながら二泊三日の観光をするというグループツアー見積依頼を受けましたが、情報を元にこの御返答(競争入札参入)を辞退した事がありました。前述のAmacayucu国立自然公園内の宿泊施設は既に長期間閉鎖状態となっている為、結果的にこの判断は当たっていました。
2012年6月現在でこのアマカヤク国立公園での宿泊を日程に組み込んだ上で集客しているツアーについて、催行の可能性はありません。ご注意下さい。

コロンビア国内をご旅行される皆様におかれましては、常に最新の情報を入手される事をお勧め致します。また、南米コロンビアへのご旅行・御出張に是非とも当社ANDES TOURSをご利用下さい。皆様の御用命をお待ち致します。

| | コメント (4)

ボゴタ-メデジン往復航空運賃が激安!夏休みのご旅行手配も受付中

先日来、直近の旅行手配などが集中しており、忙しい日々を送っています。その中で今週はボゴタ日本人学校で「運動会」があり、その翌日には先日投稿した日本のクルーズ船「飛鳥II」がカルタヘナに初寄港しました。

運動会ですが、晴天の元で全校児童・生徒とご父兄の方々、そして在留邦人の方々を交えて楽しく行われました。我が娘は今年小学部二年生となり、学校生活に大分慣れてきたような気がしています。ボゴタ日本人学校の全校児童・生徒数自体は少ないですが、逆に中身の濃い授業を受ける事が出来ます。運動会のプログラム自体も一般参加の大人達も十分楽しめるものでした(画像はプライバシー配慮の観点から非掲載とします)

そして翌日は先日ご紹介した日本のクルーズ船「飛鳥II」がカルタヘナ港に初寄港しました。他のクルーズ船同様、朝方に接岸して夕刻には離岸するという数時間の滞在でした。日本のクルーズ船初寄港という事で、滞在時間に比例して当地では「一瞬」ニュースで取り上げられたようです。

Celebrityequinox 飛鳥IIの画像がないので、他の船舶の画像を勝手に掲載します。こちらはカルタヘナ港に常時寄港しているクルーズ船の中では最大級・122,000トンを誇る「セレブリティ・クルーズ」の"Equinox(イクノス)号"です。今回の飛鳥IIは五万トン級でしたが、カルタヘナ港にはこの他に同クラス、10万トン、そしてこの12万トンのイクノスなど、年間を通じて多数のクルーズ船が寄港しています。カルタヘナはもはや「国際観光都市」として完全に認知されています。

Img_0408 Img_2847 話は変わります。現在夏休みのご旅行手配が続いています。そんな中、突然ですがボゴタ-メデジン間に「激安運賃」が登場しました。この運賃を設定しているのが、本日時点で画像の"COPA"と"LAN"の二社です。販売・購入は6月30日まで、そしてご利用期間は11月30日までとなっています。

肝心の「激安」の内容ですが、ボゴタ-メデジン間の運賃が片道何とたったの「100ペソimpact」(100円ではありません)。100コロンビアペソとは、現在のレートで約"4.5円"です。そう、片道空路50分のこの区間の運賃が「たったの」4.5円です。目をよーく凝らして下さい。片道5円以下です。これを激安と言わずに何というのでしょうか。

ちなみに往復でも10円を切るこの運賃には、この他に燃油サーチャージや空港使用料、消費税や発券手数料を上乗せする為、「総額」は往復で約6,200円となります。それでも普段の半額以下です。

折しもメデジンでは8月初旬に国内有数の大きなお祭りである「花祭り」が開催されます。この運賃は勿論この花祭り期間中の日程も有効です。実際にはご利用便の空席枠次第ですが、既に二組・6名様へこの運賃適用により航空券を発券しました。

当社ANDES TOURSはBSP(IATA)コロンビア加盟の正規旅行会社ですので、御要望があればその場ですぐに自社発券が可能です。

尚、この激安航空運賃は発売・御利用期間に制限がある他、発券後のキャンセルは払い戻し不可、ご予約変更も実質不可(券面額よりも変更ペナルティの金額が高い為)という条件があります。また所定の予約クラス確保が必要です。

現在、メデジンの花祭り観光に関する航空券・ホテル手配を始め、夏休みのコロンビア国内外へのご旅行手配を承っています。また、コロンビア国内外からもご予約を承ります。是非とも当社ANDES TOURSをご利用下さい。お待ち致します。

| | コメント (0)

Avianca航空機内で流れる癒し系テクノポップス風コロンビア伝統音楽

ここの所、コロンビア国内観光手配関係や航空券予約などが多く、思考回路がちょっとイカれ気味です。そんな折、下記の動画を見つけました。


この音楽、"Colombia Chill"という「ミュージシャン?」の曲です。実はコロンビア国内筆頭航空会社"Avianca"の機内で流れているものです。搭乗開始アナウンスと共に乗客が機内に入り始めると、この癒し系とも言える音楽が流れてきます。サウンドはテクノポップ風ですが、ベースはお馴染みのコロンビア伝統音楽なのです。つまり現代風にアレンジしたという事ですね。

この音楽をAviancaの機内で初めて聞いた時には「おやっ?」という何とも言えない心地良さを感じました。実際の所、搭乗開始時の機内の軽い緊張感がこの音楽により何となく「ポワーン」とした雰囲気に包まれます。Avianca便をご利用の方ならそう感じる事でしょう。

| | コメント (0)

思いつき徒然日記2012年6月1日

ちょっとバタバタしています。以前にも同様のタイトルで投稿しましたが、思いついた事を投稿します。

Img_4993 Img_4995 先日開催された外交団配偶者バザー会場のすぐ近くにある「子供博物館」の敷地内に保存されている"ボーイング707"です。ボーイング社がジェット機生産を始めた初期の頃のモデルです。私はさすがにこのB707に乗った事はありません。

B707はつい10年ほど前まで、コロンビア大統領専用機として使用されていました。退役寸前の頃には故障が相次ぎ、さすがに危ないという事から現在のB737を新規調達しました。この展示機にはエンジンが付いていませんが、B707は中型機ながらエンジンを四つ付けており、離陸直後の「キーン」という音は凄まじかったです。

Img_4921 Img_4903 先日のバザー会場の一コマです。左が中国大使館、そして右がモロッコ大使館です。「中国大使館製」の料理は、見た目で「本物(当たり前)」でした。

ボゴタ市内にはいくつもの中華料理の店がありますが、厳密に評価して「本場の味」を出す店は全く知りません。とは言え、中国大使館がまさに本場の味を出せるのですから、要は当地では「中華料理・コロンビア風」に変身してしまうのでしょうね。

モロッコのお菓子は買い求めませんでしたが、記憶ではボゴタ市内に「モロッコ料理レストラン」はなかったように思います。このバザー会場に足を運ぶと、通常では口に出来ない各国のお国自慢の料理などが並ぶので、とても楽しいです。

そして今日の最後の「思いつき」です。朝、気分的に何となく「エンジンのかかり具合が悪いな」という時、家を出る前に見ているのが下記動画です。以前ヒットしたテレビドラマ"GOOD LUCK!"の挿入曲「Departure」です。この音楽を聴くと、何となく「ライトエンジンスタート、レフトエンジンスタート」と、少しずつ気分が高揚してきます。

ちなみに「豆知識」として、開始25秒の所で機長が左手でレバーを操作します。これで前輪(ノーズギア)が左右に動き、地上走行中の機体を左右に曲げます。車と違って操縦桿を動かしても地上走行中の機体は曲がりません。

さて、今日もこの動画を見て出社するか。"Kenichi Arai, Cleard for Takeoff, Good Lucksign03"

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »