« ボゴタ-メデジン往復航空運賃が激安!夏休みのご旅行手配も受付中 | トップページ | コロンビア国内はハイシーズン入り »

ルイス火山に関する注意喚起とコロンビアアマゾン・Amacayacu国立自然公園内のロッジ閉鎖について

コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURSより、表題の通り二件に関するご案内をします。

Nevadoruiz1_2 コロンビア国内中西部にあるルイス火山(Nevado del Ruiz・標高5,389m)につきましては、今年4月以降断続的に噴煙をあげており、周辺では火山性地震が頻発しています。現在、国立地質局(Ingeominas)が発令している警戒度は上から二番目の「オレンジ」となっています。

現在までの所、周辺にある空港のうち「マニサレス空港」が5月末より閉鎖状態となっており、発着を近隣のペレイラ空港に変更し、航空会社が仕立てるバスにより陸路輸送を続けています。マニサレス空港の再開時期については未定となっていいます。

ルイス火山につきましては、1985年11月に大噴火を起こし、付近の住民約23,000人が泥流に呑まれ死亡する大惨事を引き起こしました。

今後、このルイス火山周辺の都市を訪れる際には最新の情報を入手された上で訪問される事をお勧めします(画像は先年撮影したものです)

20071126_img_4447 引き続きご案内します。コロンビア・アマゾン川流域にあるAmacayacu(アマカヤク)国立自然公園内のロッジ"Decameron(デカメロン) Parque Nacional Natural Amacayucu"につきましては、年初より一時的に閉鎖されている中で昨4月の大雨により水位が上昇・冠水し、これにより同国立公園内における同ロッジでの宿泊は当面不可能となっています。

本件に関する新聞記事をこちらで紹介します(スペイン語)⇒ELESPECTADOR紙・Amacayacu国立自然公園の水害について

当社ANDES TOURSはDECAMERONホテルグループの正規販売代理店という事もあり、営業担当者が定期的に当社を訪問している中で話を聞いた所、前述のアマゾンロッジの営業再開は「現時点で未定」との事です。

20071126_img_4386_2 20071126_img_4418 コロンビア・アマゾン観光の拠点となる「レティシア」市内には数多くの宿泊施設があります。ペルー・ブラジルと国境を接するこの広大なエリアを観光する際には、当面このレティシアを基点とし、日帰りでの観光が適切です。

実は、以前アマゾンジャングルに宿泊しながら二泊三日の観光をするというグループツアー見積依頼を受けましたが、情報を元にこの御返答(競争入札参入)を辞退した事がありました。前述のAmacayucu国立自然公園内の宿泊施設は既に長期間閉鎖状態となっている為、結果的にこの判断は当たっていました。
2012年6月現在でこのアマカヤク国立公園での宿泊を日程に組み込んだ上で集客しているツアーについて、催行の可能性はありません。ご注意下さい。

コロンビア国内をご旅行される皆様におかれましては、常に最新の情報を入手される事をお勧め致します。また、南米コロンビアへのご旅行・御出張に是非とも当社ANDES TOURSをご利用下さい。皆様の御用命をお待ち致します。

|

« ボゴタ-メデジン往復航空運賃が激安!夏休みのご旅行手配も受付中 | トップページ | コロンビア国内はハイシーズン入り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

わぁ、マニサレス空港も閉鎖中とは、かなり活発なのですね。1991年に調査で登頂したことを思い出します。アルメロも訪れましたが、まだ一面の泥に埋まっていました。
私のブログで新井さんの記事を紹介させていただきました。ありがとうございました。

投稿: Repu | 2012年6月15日 (金) 20時35分

こんにちは。そうですか、アルメロを訪れた事があるのですか。当時、世界中の人々の涙を誘った「オマイラちゃんの悲劇」を思い出します。

がれきに足を挟まれてしまい、首から上と手だけが辛うじて水面上にあった状態で泥水の中で数日間懸命に生きながら、最期は息絶えて水の中に沈んだという悲劇ですね。あの当時の映像は今でも覚えています。

あの数万人の死者を出した最大の原因は、地元行政による避難誘導が全くなかった為と聞いています。火山活動が長期化した為、国や国際機関の警告を地元行政がそのうち無視してしまった悲劇ですね。

自分の中では何となくこのルイス火山の件が昨年の東日本大震災と、その後の原発事故とダブって感じます。

投稿: 管理人 | 2012年6月16日 (土) 20時25分

「このルイス火山と東日本大震災と、その後の原発事故がダブって」
そのとおりだと思います
ルイス山大噴火の前夜、アルメロの町には火山灰が降ってきたそうです。不安に思った住民が中心広場に集まってきました。そこでパードレが「不安に思うな。各自は安心して家にもどり休みなさい」と宣言し、人々は帰宅して眠りにつきました。そこを泥流が襲ったそうです。
福島原発爆発後、政府のテレビ会見では「危険ではありません」と繰り返し言っていました。しかし実際には恐ろしい量の放射性物質が放出されていたのです。
本当にピッタリ同じですよ~~~

投稿: Repu | 2012年6月22日 (金) 21時59分

そうでしたか。神父の言葉を信じて・・・数年前まで反政府ゲリラと政府との和平交渉の過程には常に「教会」の存在と仲介がありましたが、結局何の効果もなかったのが今思い出すと明らかだった事です。

原発事故直後からの報道はこちらでも○HKテレビで逐一見ていました。確かに事故発生から暫く政府は「放射能汚染の可能性は極めて低い」と言ってましたね。日本でかつてこれだけ放射能汚染被害が出た事はないという史上初めての特殊事情もありますが、汚染状況を隠すのだけは良くないですね。

日本の事情はよく分かりませんが、コロンビアでは電力生産の大半は「水力発電」です。豊富な水量とダムを誇る日本が、何故原子力発電に頼るのでしょうかね。

投稿: 管理人 | 2012年6月24日 (日) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボゴタ-メデジン往復航空運賃が激安!夏休みのご旅行手配も受付中 | トップページ | コロンビア国内はハイシーズン入り »