« ユナイテッド航空コロンビア支社から表彰されました | トップページ | カルタヘナで4月14,15日開催の米州機構首脳会議による影響について »

セマナ・サンタ(聖週間)を控えて

早くも今年の第一四半期が終わろうとしています。そして来週からは「セマナ・サンタ(聖週間)」です。今年は4月5日、6日が祝日、そして7日、8日が週末という四連休です。

Img_4088 Img_4093 今週は某国からご来訪の日本人学校の先生をご案内しています。今まで他国の日本人学校の先生方については、ボゴタでの乗り継ぎで短時間の観光へ御案内した事はありますが、コロンビア単独での御旅行を手配したのは初めてのケースです。

時代は変わったものです。以前でしたら皆さんコロンビアへの渡航を恐れて誰も近寄らなかったのが、今や観光旅行先として着目されるようになったのですから。中南米各国の日本人学校教員の皆様、今後のご旅行先に是非とも「コロンビア」をご検討下さい。

話がそれました。現在は雨期の最中ですが、この日は黄金博物館へ到着する直前に雨から降り始めた為しばらく館内を見学し、終わった頃には雨が止んでいました。モンセラーテの丘では急速に流れる雲に一瞬視界を阻まれましたが、何とか下界を見下ろす事が出来、そして画像の大統領府中庭での儀衛兵のセレモニーを見学する事が出来ました。

Img_4104 Img_4122 Img_4124 そして先日来皆さんにご紹介している「コロマ・コーヒー農園」での光景です。雨期の影響で園内の敷地はぬかるんでいましたが、それでも雨にたたられなかったのが幸いでした。ほんのごく一部ですが赤い実が鈴なりになっている木を見つける事も出来ました。

私のセマナ・サンタ中の行動ですが、4連休のうち3日は他国からご来訪のお客様のアテンドで、休日は1日だけです。

Img_4070 Img_4069 セマナ・サンタが近づく頃になると、商店街やスーパーの店頭には「干物」が並ぶようになります。この期間は獣肉を食べないという習慣がある為、このような干し魚が出回ります。

しかしこの干し魚、何と成魚では体長約3mにもなる世界最大級の淡水魚・「ピラルク」の干物なのです。調べると「ワシントン条約保護動物」に指定されているとか!えーっ、そんなの喰っちまうのか!(ピラルクに関する記述は→こちら)干物とは言え、大きなものでは「足拭きマット」ほどの大きさです。凄過ぎる・・・

セマナ・サンタが近づくと、場所によっては魚の干物の匂いに包まれます。その匂いで「ああ、セマナサンタの時期だな」と、変な意味で「季節感」を感じます。

|

« ユナイテッド航空コロンビア支社から表彰されました | トップページ | カルタヘナで4月14,15日開催の米州機構首脳会議による影響について »

旅行・地域」カテゴリの記事