« 歴史を感じる世界遺産の町・カルタヘナにて | トップページ | コロンビア貿易振興機構監修・「南米コロンビア」を知る為のガイドブック »

日本から南米コロンビアへの観光ツアー激増、その中でのガイド業務

Img_1575 Img_1577 一連の観光ツアーガイド業務が一段落しました。スケジュール管理をしている中でかなりハードな仕事が続く事は予め予想していましたが、これほどまでに日本からの観光ツアーが激増している事にただただ驚くばかりです。今週の段階で既に12月催行の「南米コロンビアツアー」手配依頼も入り、嬉しい限りです。

今週のツアーはいろいろとご要望が多く「コーヒー豆70袋」「エメラルドのお買いもの」「美味しい日本食」に「出張マッサージサービス」突然のご連絡の末、各人にはお世話になりました。

画像は「雪のかたまり」ではありません。首都ボゴタ北部で大量に降った「雹(ひょう)」の山です。ついこの間ツアー一行と共に滞在した「カルタヘナ」との"気温差"に驚きました。

今日は娘にとって初めての「小学校の学芸会」でした。ほぼ二ヶ月、週末も仕事が続いていましたが、「この日だけは仕事が入りませんように」と願った末の学芸会観覧でした。

今週は久々に土・日曜日の2日間ゆっくりできます。来週当地コロンビアは三連休ですが、その間に「ガラパゴス諸島&コロンビア&ギアナ高地ツアー」のお客様が当地コロンビアに立ち寄られて観光される為、またガイド業務です。その為「つかの間の休息」といった所です。

Img_1563 Img_1566 Img_1560 カルタヘナでツアーグループと共に宿泊したホテル"ALMIRANTE ESTELAR"です。このホテルは完成当初、世界的に有名なホテルグループの一つ「インターコンチネンタル・カルタヘナ」という名でした。現在ではコロンビア国内に数多くのホテルを展開しているESTELARグループのホテルです。 白亜の建物は高級感に満ちています。

この時は「ハロウィン」が近かった為か、敷地のあちこちにそれらしい飾り付けがされていました。

Img_1551 Img_1549 Img_1555 レストランの朝の光景です。目の前には海岸が広がり、優雅な朝食が楽しめます。しかし私は観光で滞在した訳ではなくガイドとして仕事中の身。直前までお客様から届いたメールの返信その他も続き、海を見ながらのんびりと・・・などとはいきませんでした。ちなみにレストラン従業員の「制服」は、白を基調とした現地民族衣装風でした。

Img_1539 Img_1538 Img_1542 こちらは旧市街地区にあるロブスター専門店「LA LANGOSTA」での光景です。私にとってカルタヘナと言えば「シーフード」です。この店では「特大のロブスター」、これに尽きます。見て下さい、この大きさ。ツアー中の全食事をご提供するのも私の仕事であり、その分の予算立ても重要です。

カルタヘナで美味しいシーフードをグループ分用意するにはそれなりの予算も必要で、それは山奥にある首都ボゴタにおける食事代のざっと「二倍」を見込む必要があります。しかし「ツアー中の食事」も重要な手配ですので気は抜けません。ちなみにこのロブスター専門店で私が日本人の方々へ特大のロブスターを注文する際には、いつも「ちょっとした工夫」をしています。それは「ヒ・ミ・ツ」

帰り際、店の女性から「あらっ、久しぶりね」と言われてしまいました coldsweats01 確かに・・・でも今月末、また来ますから。

Img_1506 Img_1513 以上が歴史ある世界遺産の町・カルタヘナでの一コマです。今月末にまた日本から来訪される大勢のグループと共に訪れます。コロンビアがいよいよ「観光国」として日本の皆様に少しずつながら認められてきたかな、と感じています。

|

« 歴史を感じる世界遺産の町・カルタヘナにて | トップページ | コロンビア貿易振興機構監修・「南米コロンビア」を知る為のガイドブック »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史を感じる世界遺産の町・カルタヘナにて | トップページ | コロンビア貿易振興機構監修・「南米コロンビア」を知る為のガイドブック »