« 首都ボゴタから、とある町への出張 | トップページ | 南北アメリカ大陸各国在住の方々、コロンビアへの御旅行手配はANDES TOURSへ »

成田空港第一ターミナル・フライトシミュレーションゲーム(趣味の投稿)

あっという間の日本での滞在を終えて、寂しさと共に成田空港へ向かいチェックインを終えた私の「楽しみ」が、実は第一ターミナル中央ビル5階にあるこの「フライトシミュレーションゲーム」です。このゲーム機の存在を知っている人はかなり稀だと思います。私が立ち寄った際にこのゲーム機を他の人が使っていた事はかつて一度もありません。

何しろこの場所自体が目立たない所で、ゲーム機のすぐ隣には、空港職員用の「休憩用ソファ」があり、足を投げ出している人もいる程ですから(笑)

Img_8705_2 ここにあるフライトシミュレーションゲームは"ANA"と"JAL"の二つの仕様があり、画像では見えませんが、その向こうには何と「電車でGO」という、電車の運行シミュレーションゲームもあります。飛行機好き・電車好きの方々にはたまらない「本格的ゲーム機」があるのに、何故この場所に誰一人としていないのか、とても不思議です。ちなみに私は"電車でGOゲーム"で次の駅までたどり着いた事は一度もありません(泣)難しいです。

Img_8707_2 そしてこちらがゲーム機の「操縦席」です。各機能は、右にあるレバーが"スラストレバー"で、自動車で言えばアクセルです。これでエンジンの推力を調整します。操縦桿は手前に引くと機体が上昇し、前に倒せば機体が下降、左右に傾ければ機体が左下・右下に傾きます。

では、機体を左右に「旋回させる」にはというと、足元にあるペダル(ラダーペダル)を使います。右足で踏み込めば機体は右に旋回するという仕組みです。

例えば離陸後、機体を上昇させながら左に旋回させるには、操縦桿を引きながら左に傾け、更には左のラダーペダルを踏み込むという三つの動作を同時に行う必要があります。

このゲーム機ですが、単なるゲーム機と侮れません。失礼な言い方かもしれませんが、操縦技術に関して予備知識が全くないと、離陸すら出来ません。また、操縦方法には「手動操縦」と「自動操縦」を選択できます。手動操縦の場合には前述のスラストレバーを操作しながら速度を調整したりする難易度の高いものです。私は操縦桿を握るのは久しぶりでしたので、自動操縦を選択しました。

Img_8709_2 ゲーム開始の前に「操縦機種」と「運行ルート」を選択できます。今年は"ボーイング777"を選択しました。ゲームは離陸が一回、着陸が最高三回まで可能です。自動操縦の場合、画面に現れる点線に沿って離陸・着陸操縦を行います。点線から大きく外れると警告メッセージが流れてその時点で「ゲームオーバー」となり、上手く着陸できれば次の場面に移ります。

このゲーム機はなかなかの優れものです。私は離陸は勿論、着陸も三回成功させました happy01 が、着陸の為に下降・旋回をする際にちょっとでもルートを外すと、警告音が出るので大変です。これ、はっきり言って操縦方法が分からないと操縦桿とラダーペダルを同時に操作して着陸させるのは不可能だと思います・・・そんな高度なゲーム機です。

更には着陸後に「評価点」が表示され、そこには「乗客からの評価」まで表示されます。全くすごいゲーム機です。かつて一度、一回目の着陸時に大きくルートを外して「ゲームオーバー」となった事があります。悔しかったですね。今年は無事三回とも着陸させました。ちなみにゲームは一回200円、離陸一回・着陸三回を失敗せずにこなすと、100円の追加で更にゲームが可能です coldsweats01

で、何の話だったかな?そうそう、成田空港ではこんな楽しみ方もあります。

|

« 首都ボゴタから、とある町への出張 | トップページ | 南北アメリカ大陸各国在住の方々、コロンビアへの御旅行手配はANDES TOURSへ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

詳しく言って、どこにあるんですか?

投稿: | 2012年11月 9日 (金) 16時10分

第一ターミナル中央棟五階、カード会社各社のラウンジ付近にあります。中央棟の中でもより南ウイングに近い場所です。

投稿: 管理人 | 2012年11月 9日 (金) 20時08分

ありがとうございます!

投稿: | 2012年11月10日 (土) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首都ボゴタから、とある町への出張 | トップページ | 南北アメリカ大陸各国在住の方々、コロンビアへの御旅行手配はANDES TOURSへ »