« とっくに過ぎ去った「母の日」の記録 | トップページ | ワールドバリスタチャンピオンシップinコロンビア、日本代表の鈴木さんは5位入賞 »

スペシャリティコーヒー博覧会&ワールドバリスタチャンピオンシップinコロンビア

日曜日から始まったフルアテンドの仕事も無事終わりました(記事は改めて投稿します) コロンビアは三連休第一弾が始まりました。今日からコーヒー地帯へご旅行された御家族、国外旅行に出られた方などが雨の中、各方面に発たれました。特に当社ANDES TOURSオリジナル企画の「コーヒーゾーンパッケージツアー」は、当ブログでご紹介して以来、お陰様で販売が増えてきました。

Img_9568 Img_9642 Img_9640 そんな中、コーヒー豆の世界的生産国コロンビアの首都ボゴタで「スペシャリティコーヒー博覧会」が開催されており、向学も兼ねて会場入りしました。

博覧会場としてのCorferiasは今まで何度も来ていますが、この博覧会ではとりわけ大きなパビリオン"Gran Salon(約6,100㎡)"を使用しています。さすが一大産業のコーヒー業界が威信をかけている事が分かります。

Img_9638 Img_9636_2 Img_9599 私自身もコーヒーが好きで、ちょっと「うるさい」方です。そんな私が以前から構想を練っていたのがコーヒーゾーンツアーで、この度ようやくツアーとして確立できる体制が整いました。そんなコーヒー好きの私が見たこのスペシャリティコーヒー博覧会会場は、観光面で見ても見栄えの良い素晴らしい場所でした。

画像はコロンビア国内各地の伝統衣装、そして右のおじさんは典型的な「カフェテロ(コーヒー農夫)」の姿です。

Img_9569 Img_9645 Img_9594 会場には国内各地のコーヒー豆の生産団体や輸出業者その他業界関係者が多数出展し、巨大な会場がぎっしり埋まりました。さすがコロンビアを代表する一大産業が開催した博覧会だけあります。先日ご案内しました通り、コーヒー豆は苗木種が違えば豆の風味も異なり、産地や標高によっても異なってきます。奥が深いものです。

Img_9601 Img_9603 Img_9604 その他、会場ではローストマシン(焙煎機)のメーカーも多数出展され、その中に日本のロースターさんの間では有名な"フジローヤル(富士珈機)"さんも出品されていました。そうです、フジローヤルと言えば日本ではトップブランドですね。

Img_9588 Img_9607 そして博覧会場では世界各国から来訪したバリスタ(Barista・イタリア語、イタリアのカフェ(パル・Bar)でエスプレッソやカプチーノなどを淹れるプロの職業が発祥)の「世界チャンピオン」を決める「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」も開催されています。今年は初めてコーヒー豆生産国・コロンビアでの開催となりました。

Img_9584 Img_9583 私が会場入りした時には韓国チャンピオンが競技中でした。この日は一次予選を突破したセミファイナリストの競技が行われました。私自身はどちらかというとドリップコーヒー派で、エスプレッソはたまに飲む程度ですが、世界トップクラスが手掛けるものはやはり飲む人を唸らせるのでしょうね。

Img_9618 Img_9623 午後4時からファイナリストの発表があり、日本チャンピオンの"鈴木 樹(みき)"バリスタが見事ファイナルラウンドへの進出を果たしました。鈴木さんが名前を呼ばれたのは全体の2番目、そしてファイナルは6名で行われます。コーヒー豆生産大国コロンビアで日本人バリスタが優勝したら、私もコーヒーツアーを手掛ける者として喜ばしい事この上ない事です(明日の結果次第で文面を校正します)

コーヒー業界のプロの方に限らず、コーヒー好きの方々、コロンビアのコーヒー農園を訪れてみませんか。当社ANDES TOURSのオリジナルツアーを是非ご利用下さい。


|

« とっくに過ぎ去った「母の日」の記録 | トップページ | ワールドバリスタチャンピオンシップinコロンビア、日本代表の鈴木さんは5位入賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とっくに過ぎ去った「母の日」の記録 | トップページ | ワールドバリスタチャンピオンシップinコロンビア、日本代表の鈴木さんは5位入賞 »