« ボゴタ発、ネモコン&シパキラ岩塩坑道+スイーツを満喫するツアー催行 | トップページ | 東日本大震災被災者支援チャリティイベントinコロンビア・ボゴタ »

コロンビア・ボゴタでの日本人有志による東日本大震災被災者支援チャリティイベント

日本国内はもとより、世界各地で先日の東日本大震災で被災された方々を支援する為の様々なイベントが催されています。そんな中、当地コロンビアでも首都ボゴタ在住日本人有志が発起人となり、チャリティイベントが市内北部にあるショッピングモール「UNICENTRO(ウニセントロ)」で4月9日・10日の2日間開催されます。

今、普通に仕事をして家族と共に平穏に過ごし、布団に包まって眠る事が出来る立場にある私が、苦難の日々を過ごされている被災者の方々へ何が出来るのか。このイベントのお手伝いをするのは最低限の事かと思い、4月9日(土)の10:00~13:00の間で家族を伴いボランティアとして参加させて頂く事にしました。

これから複数の航空会社支社長や営業担当にもメッセージを送ってみようかと思っています。昨日はアパートの管理組合名で日本の被災者の方々へのお見舞いの公文書が届きました。

下記に、失礼ながら在コロンビア日本大使館発出のスペイン語による公文を添付させて頂きます。

La Comunidad Japonesa residente en Colombia con el auspicio de la Embajada del Japón en Colombia tiene el honor de invitarlos al evento “がんばれ日本” (ÁNIMO JAPÓN), que se realizará en el Centro Comercial Unicentro los días 9 (sábado) y 10 (domingo) de abril de 2011.  El evento buscar recolectar fondos para los damnificados por el terremoto y tsunami en Japón.  El dinero recolectado será depositado en la cuenta habilitada por la Embajada del Japón para donaciones.  Para mayor información adjuntamos volante informativo. Agradecemos su asistencia y colaboración en la difusión de este volante.

Evento_a_beneficio_de_japon_2
 

|

« ボゴタ発、ネモコン&シパキラ岩塩坑道+スイーツを満喫するツアー催行 | トップページ | 東日本大震災被災者支援チャリティイベントinコロンビア・ボゴタ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

齋藤です。
今回の震災で、世界各国が日本を応援して下さり、また支援して頂いてる事を日本人として嬉しく思っております。
このような感情を抱いたのは初めてです。語学を学び、他国の方と接していると、日本人であることを深く自覚し、自分自身の当たり前であった目線といいますか、基準がいかに狭いものだったかを感じていたところでした。
日本に住んでおりましても、ボランティアなどには参加出来ておりませんが、自分で出来る事は小さな事でも協力していきたいと思います。
また、日本人として他国の方たちに何か適切な事を発信できる自分になりたいとも思いました。まだ勉強不足なので、時間はかかりますが・・・。
東京では本日の日中にも少し地震を感じました。余震はまだ続いてますが、復興に向けて走り出してる日本です。
都心である銀座辺りでは閑散としていましたが、ここ最近では人通りが戻りつつあるような気がします。

以前にコメントさせて頂いた中で、英会話教師であるコロンビアの方と先週再会することが出来ました。帰国はされておらず、自宅にいたそうです。
その方は、私と同じ年(30歳)です。
同じ年とは思えない程、尊敬出来る方です。
小さな世界で生きている自分ですが、これからの自分の時間を大切に使って行きたいです。
前回のネモコン&シパキラツアー、興味深く拝見させて頂きました。
次回もまた楽しみにしております。

投稿: sachiko-saito | 2011年4月 7日 (木) 23時01分

こんにちは。東北地方を再び揺るがした余震のニュースはこちらにも届いています。職場の同僚が「日本でまた大地震があったみたい」と、驚いていました。

私も今週末のチャリティイベントに微力ながらボランティアとして参加させて頂きます。それで満足すべき事では決してないのですが、今自分が平穏に暮らしている事に感謝をする意味で、奉仕をさせて頂きたいという意思からです。

英会話講師の方は結局コロンビアへは戻らなかったのですね。コメントを拝見するとその方への特別の尊敬の気持ちをお持ちのようですね。

30才と言えば私が日本を出てコロンビアでやって行こうと決めた年です。人生の節目の年齢でもありますね。

齋藤さんが今後どのような人生を歩まれるのかにもよりますが、当時の私の揺れた気持ちがよみがえってきました。今後が楽しみですね。

現在は大地震の関係でコロンビア国内の観光事情や私自身の事については記述を控えていますが、今後ぼちぼち紹介していきます。もしかするとそれを楽しみにしている読者の方もいるかもしれませんね。

投稿: 管理人 | 2011年4月 8日 (金) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボゴタ発、ネモコン&シパキラ岩塩坑道+スイーツを満喫するツアー催行 | トップページ | 東日本大震災被災者支援チャリティイベントinコロンビア・ボゴタ »