« 続・花の国コロンビアのプリザーブドフラワー農場視察ツアー | トップページ | 伊勢神宮への旅 »

雪の洗礼

Img_8419_3 Img_8425 日本での滞在はいきなり大雪の洗礼を受けました。ここは都心から電車で30分の某所ですが、例外なく雪が積もりました。昨年も今頃に里帰りしましたが、逆に雪不足で滞在中に雪を見たのは京都へ旅行した途中の関が原付近のみでした。今年はとりわけ寒いようですね。

首都ボゴタで雪を見る事など絶対有り得ませんので、子供達は大はしゃぎでした。確かに寒いですが、まだうだる程の暑さよりは寒い方が良いです。ボゴタで汗だくになるほどの暑さも有り得ません。

Img_8356 この大雪の中、所用で「羽田空港」に行ってきました。主たる目的は・・・内緒という事で coldsweats01 体の芯から凍えるような寒さの中でしたが、羽田空港はやはりデカイ!先日国際線ターミナルがオープンしましたが、それでもここは国内線が主体です。しかし羽田空港の規模はボゴタなど比較にもならない程の大きさですね。

この日義弟は「スタンバイ要員」としてこの羽田空港で待機する事は事前に聞き及んでいました。実際に欠員が出て乗務したのかは聞きませんでしたが、この日の大雪で複数便にキャンセルが出ていたので、機材のやり繰りが大変だったと思います。

Img_8360 Img_8361 Img_8365 新規運用を開始した国際線ターミナルも見てきました。この国際線ターミナルが開設以来、既に複数名の方々の北米発羽田行き・若しくは羽田経由地方都市行きのチケットを取り扱っている事から、私自身の向学という目的もありました。

それにしても羽田空港はすごい!空港ターミナルビル内にある一角はご存知の通り「江戸」をイメージした造りになっていますが、これはまさしく「日本」をイメージした素晴らしい空間でした。ここまではっきりと日本らしさを出している空港ターミナルは他に知りません。

ボゴタでも現在新ターミナルビルが建設中ですが、思い切って「コロンビアらしい」空港にすれば話題沸騰になると思うのですが。

Img_8382 この羽田空港国際線ターミナルの某所で、私が日本までのチケットを取り扱いさせて頂いたコロンビア人女性の方が働いている事をこの方の日本人の御主人様から伺い、実際にお会いする事が出来ました。相当数の人出で賑わうターミナル内での仕事ですからかなりお忙しいのが目に見えて分かったので、一瞬だけ話しをしてその場を立ち去りました。

こういう比較は対象として非常に失礼な話しかと承知しています。日本でのコロンビア人のイメージはとにかく悪く、実際裏稼業に従事する不届き者が多い中、てきぱきと働いていたこの方の姿を見て微笑ましい気分でした。日本へ里帰りしている最中にスペイン語で話をするとは思いもよりませんでしたが、久しぶりの再会を喜び合ったのも事実です。

ほんのつかの間の里帰りと日本滞在です。毎日内容の濃い1日を過ごしています。内容も濃いですが空気も濃いですね。当たり前ですか。首都ボゴタとこの場の標高差は「およそ2,600m」も違うのですから。

|

« 続・花の国コロンビアのプリザーブドフラワー農場視察ツアー | トップページ | 伊勢神宮への旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうも私は地元ですがまだ行った事が無いのでネット上での情報です新国際ターミナルは
空港内出国してしまうと飲食出来ないみたいですね後自販機が無いのでこれから国外ヘ出る際水の確保が面倒みたいです売店は在るけどわかりにくい所に有るみたいです他空港内
の移動がわかりにくく面倒ですね

イメージについては何も問題ではありません
残念な事に事実でもあり全ての人では無い事
はコロンビアに係わる方なら理解出来ると想います
管理人さんが写真他プライベートな事を公開
した事は多くの方の疑問不安を払拭したのでわないでしょうか実り多き帰国の旅で有る事
お祈り致します

Muchas gracias por todas las cosas que me ha ayudado lo del viaje de colombia a japon y por la visita del dia 11 de febrero en haneda...

hilda.

投稿: hiro2 | 2011年2月15日 (火) 17時23分

こんにちは。雪の羽田空港は思いの他寒かったです。義弟はこの日結局フライトはなかったようです。
羽田空港ターミナルの出国エリアについては調べませんでしたが、いやぁ、今のボゴタ空港と比較すれば格段に良いですよ。何しろ今のボゴタ空港ターミナルは運用からおよそ「50年」ですからね。はっきり言って「使いすぎ」です。

奥様の仕事ぶり、本当に感心しました。あの店のマネージャーさんの視線が厳しく、何と言うか「無駄口は許さない視線」をかなり浴びた気がします(苦笑)その中できびきびと働く奥様の姿には感動しました。

私が自ら素性を公開した事で、実は結構反響があります。文面からして50歳代だと思ったというご意見も頂きましたがcoldsweats01この仕事営業をしている事もあって、やはり私自身を公表すべきだという事に至り、結婚10周年をその機会にすべきと、ずっと考えていました。満を持しての公表でしたね。

投稿: 管理人 | 2011年2月15日 (火) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・花の国コロンビアのプリザーブドフラワー農場視察ツアー | トップページ | 伊勢神宮への旅 »