« 伊勢神宮への旅 | トップページ | ANATOコロンビア旅行博覧会2011開催-航空会社編- »

首都ボゴタ郊外の異次元空間・ANDRES CARNE DE RES本店

先日、プリザーブドフラワー農園視察ツアー(主催手配・JTB)についてご報告しました中で、一点ご紹介していなかった記事があります。

先日"日本からの観光ツアーに話題性十分のレストラン・Andres Carne de Res"と題してご紹介した記事はこのレストランの「ボゴタ店」ですが、今回の御一行は結局先方の強い御意向もあり、首都ボゴタ郊外のChiaという町にある「本店」を御利用されました。

Img_8122 Img_8121 各画像をクリックすると拡大します。ボゴタ店はビルの中にありますが、首都ボゴタから車でおよそ40分程の場所にあるこちらの本店は「山小屋風」若しくは「劇場風」といった感じです。木材を多用した作りになっており、いつ行ってもすごい人です。

このAndres Carne de Res本店とその周辺だけが何か異質な空間で、それが故に「異次元空間」というタイトルをつけた程です。

Img_8140 Img_8124 Img_8125 このAndres Carne de Resとその周辺だけ異様なほどの装飾が溢れ、すごい行列となります。ちなみに金曜日は7:00pmから、土曜日は6:00pmから「カバーチャージ(一人$15,000・およそ750円)」の支払が必要です。これを払わないと店内に入る事すら出来ません。結構な金額ですが、それを払ってでも入りたい人々が押し寄せてくるのがここ本店です。

Img_8133 Img_8134 Img_8135 店内もご覧の通り。ものすごい人混みで「足の踏み場もない」とはこの事です。一応座る場所はあてがわれますが、皆が踊って騒いでとなりますので、もう収拾が付いていません。店内の装飾も奇抜そのものです。ボゴタ店の方はそれでも整然としている方で、こちらのChia本店はアンティーク雑貨その他が無造作に・且つあらゆる所に置かれています。

Img_8136 とても暗い画像ですが女性達が写っています。このChia本店は若者達の人気スポットという事もあり、首都ボゴタから押し寄せてくる人達が大半です。飲食代金もそれなりですので、やはりそれ相応の所得階層の人々で溢れます。中には美男・美女も確かに多いですね。しかし私はやっぱり「妻が一番(きっぱりと)」ですのでコロンビア美女には、正直なところあまり関心がありません。

Img_8138 Img_8131 実はこの日の我々のスケジュールは押せ押せで、当初予約していた時間に間に合いませんでした。予約なしで20名近くのグループが週末の夜8時に入れるか・・・それは到底無理です。そこで御尽力頂いたのが、先日もご紹介しましたフロールエバー社・カルデナス社長でした。何をどうやったら・・・は、この場では伏せます。

カルデナス氏のおかげで、何と sign03 "Comedor 201"と呼ばれる「VIPルーム」に案内されてしまいました。二階の一角にあるこのVIPルームはまさに「隠れ家」でした。私自身何度かこの店に入りましたが、二階の最奥にVIPルームがある事すら知りませんでした。多分大部分の人々もその筈です。何しろ二階に上がる際に従業員からチェックが入る位ですから。一階の歩く事すら容易ではない程の混み具合とは一線を画すVIPルームは、それにふさわしい場所でした。カルデナス様、有難うございました。

そして肝心の「味」ですが、肉類などはやはり美味しい、それに尽きます。単なるショーレストランだけでしたらここまで人々が押し寄せる人気店にはならない筈です。加えてジュースやカクテル類も、その全てが味わいにこだわっているものです。加えて奇抜な内装。これは繁盛する訳です。

Img_8126 Andres Carne de ResのChia本店、機会がありましたら是非とも訪れてみて下さい。あっ、予約をした方が無難ですよ。美味しい肉類とジュースやカクテルを是非ともご賞味あれ。ちなみに大酒飲みの私は「仕事中」だった為、飲み物はオレンジジュース「だけ」でした crying それも美味しかったです。

|

« 伊勢神宮への旅 | トップページ | ANATOコロンビア旅行博覧会2011開催-航空会社編- »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊勢神宮への旅 | トップページ | ANATOコロンビア旅行博覧会2011開催-航空会社編- »