« 花の国コロンビア・首都ボゴタのフラワーマーケット | トップページ | 花の国コロンビアへようこそ、プリザーブドフラワー農園視察ツアー御一行様来訪 »

首都ボゴタの金博物館と竹で覆われた移動式カフェテリア

今日は仕事の関係で首都ボゴタのセントロ地区にある「金博物館」(Museo de Oro)に行ってきました。日本では「黄金博物館」と称されますが、Oro=金と直訳されます。

金博物館は既に何十回と訪れていますが、この金博物館はとても思い出深い関係にあります。2008年7月に東京で「黄金の国ジパングとエル・ドラード展」が開催されたのですが、その際、金博物館の収蔵品である"国宝"(National Treasure)を日本へ移送する手配を承り、この手配の成功により、それまで日本から見れば当社ANDES TOURSはホテル・移動・観光手配などを請け負う「ランドオペレーター」という立場でしたが、これにより「旅行会社」として認められるようになった過去一番の大仕事でした。

当社は以前からIATA公認航空券発券代理店であり、人間様の航空券手配に加えて犬・猫など動物の移動手配も含めて手配は何度も受けたものの、国宝の移送は初めてだったのでかなり緊張しました。事実、係員の手により金製品が博物館から空港まで移送された際には国軍の特殊部隊が護衛に付き、空港到着後も国軍兵士が空港を取り巻いたほどでした。

Img_7986 Img_7950 この日の金博物館へは家族を伴い入場しました。ガイドとしてのおさらいという理由もありますが、詳しい理由は割愛します。日曜日の金博物館は$3,000(およそ150円)の入場料が無料となる事もあって、すごい人出でした。午後からは一時入場制限が施されたほどです。日曜日に入場する際には午前中に現地入りする事をお勧めします。

Img_7844 こちらは「黄金のコカ壺」です。コロンビア国内西部・現在のキンディオ県アルメニア一帯に栄えた「キンバヤ(Quinbaya)」文化の遺物です。コロンビア国内で発掘された遺物の殆どは金と銅の「合金」で出来ており、それが故に「黄金」とは言えない事情があります。

しかしこのキンバヤ文化の遺物には「純金」製品が見られます。合金の場合には薄茶色の鈍い光沢ですが、純金製品は輝いています。この壺にコカ葉を入れ、隣にある棒で細かく砕いたようです。スペイン軍侵攻以前の時代からコカ葉が「別世界へ導く手段」として使われてきた事を実証しています。

Img_7859 こちらは国内南部、マグダレナ川流域に栄えた部族の遺品です。説明にはマグダレナ川に見られる魚を模したものとありますが、見方によっては「飛行機」にも見えますね。まるで「オーパーツ」です。今回は焦点を合わせて撮影しましたので、割と上手く撮れたように思います。今回の目的の一つに「金製品」の撮影もありました。

このオーパーツとも言える金製品は、他に現在のトリマ県地方で栄えた文化の遺物にも見られます。いずれも現在"UFO"が時折出現したとニュースで報じられる地域で、当時から宇宙人との接触があった地域とも推測されています。

Img_7883 こちらは「シャーマン」(祈祷師)を模した金製品です。各パーツを組み合わせた非常に精巧・且つ緻密な作品です。金博物館内の展示品の数々の中で、このシャーマンに由来する金製品がとても多い事が特筆されます。館内3階にはシャーマン関係の金製品だけを展示した一角すらある程です。

コロンビア国内には現在も多数の先住民族が暮らしており、その殆どは道すらないアマゾン川その他の流域に点在しています。

金博物館に関する記述は、別に管理しているホームページ「未知の国・コロンビアからの便り」にて後日ご案内したいと思います。

Img_7988 Img_7991 金博物館での視察を終えて目の前の広場をあるいていた所、すごいものを見つけてしまいました。見て下さい、この画像!車体の全てを覆っているのは何と「竹」です。まるで「竹製」の車そのものです。今まで数多くの車を見てきましたが、竹で覆われた車など初めて見ました。これにはぶったまげました。

日本のテレビ局さん、この画像お譲りしますよ coldsweats01 コーヒー文化・コロンビアの中でもこんな竹製・移動式カフェはさすがに珍しいです。

Img_7992 Img_7995 この車、ただの車ではありません。実は「移動式カフェテリア」でした。車体後部では女性が道行く人にコーヒーやミントティーその他を売っていたのです。あまりにも「お洒落なカフェテリア」に呆然としてしまいました。

えっ?営業許可証?駐車許可証?そんな堅苦しい事言わないで下さい。多分そんなものないでしょう。世にも珍しい「竹に覆われた移動式カフェテリア」なのですから。ちなみにこの車、何とハンドルも「竹」!これにはもう目が点になりました。

Gold1_3 そんな日曜日の光景でした。最後にこちらをご紹介します。こちらが先年日本で行われた「黄金の国ジパングとエル・ドラード展」のポスターです。私の人生の転機となったイベントでした。

|

« 花の国コロンビア・首都ボゴタのフラワーマーケット | トップページ | 花の国コロンビアへようこそ、プリザーブドフラワー農園視察ツアー御一行様来訪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

ブログおもしろいですね・・・。コロンビア行ってみたくなります♪
実は今コロンビアのハベリアナ大学院の合格をもらっていて、このままいけば6月から入学です。ICETEXともめていて奨学金がもらえなかったら厳しいんですけど、でも行ったらなんとかなるかなぁって思う気もしてます。

準備をしつつ、このブログ読んでいろいろ御勉強します。何かあったら質問させてください! よろしくお願いします。

投稿: mappi | 2011年2月 3日 (木) 11時34分

こんにちは。ハベリアーナ大ですか。あそこは日本で言えば何となく「慶応」に似た雰囲気ですね。私の知っている卒業生では、アナウンサーや医師が多いですね。

ICETEXからの奨学金希望ですか。あそこの詳しいシステムはよく分かりませんが、上手くいくと良いですね。

投稿: 管理人 | 2011年2月 3日 (木) 11時46分

そう、学費が高くてどうしようかなーって思ってます。
なんとか工面できたらいいんだけど。ICETEXはハベリアナはだめだって突然いうから、ほかのも調べています。。。

まあ、なるようになると思ってベストを尽くします。コロンビアすごくきれいみたいだから、行くの想像してモチベーションあげますっ。

投稿: mappi | 2011年2月 4日 (金) 21時47分

こんにちは。ICETEXの奨学金の仕組みがよく分かりませんが、ハベリアーナ大は確かに学費は高そうです。大学として優秀ですので卒業すれば将来はある程度保証されますが。

ICETEXの奨学金を使う場合には国立大になるのか分かりませんが、吉報を期待しています。

投稿: 管理人 | 2011年2月 4日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花の国コロンビア・首都ボゴタのフラワーマーケット | トップページ | 花の国コロンビアへようこそ、プリザーブドフラワー農園視察ツアー御一行様来訪 »