« コロンビアへの出張・ビジネストリップ手配とボゴタの生花市場 | トップページ | コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURS、電話番号変更のお知らせ »

いよいよクリスマスと年末・コロンビアは雨期の真っ只中

今年一年の仕事の集大成と申しますか、今まで航空券を購入されたお客様が続々と出国を始めています。出国の目的は様々で、例えば当地在住韓国人の方々のように年末年始など関係なく、例によって中国へ「仕入れ」に出掛ける為の「出張」もあったりします。中国は「旧暦」で正月を祝うようですから、年末年始は関係ないようですね。

そして今日12月16日からはコロンビアを含めカトリック教徒の多い国では「Novena(ノベナ)」が始まります。今日から9日間、毎夜家族や近所の人々が集い「ベーン、ベン、ベン」と歌い始め、聖書の一節を読み合います。我々家族もアパートの管理組合からお誘いを受けましたが、何しろ我が家は一家揃って「非カトリック教徒」。全く興味も関心もないので丁重にお断りしました。

このノベナと共に前述の「ベーン、ベン、ベン」を"タンバリン"を叩きながら歌う光景を見ると、「ああ、もうすぐクリスマスなんだな」と実感します。

Img_68921_2 別の話ですが、先日懇親会があり、我が社からもささやかな年末のプレゼントとして「ギフト券」の"目録"を取りまとめの方を通じて提供させて頂いたのですが、その後目録を受け取られたであろう二組の方からの御連絡が一向にありません。
目録とギフト券との引き換え・及びギフト券自体の御利用に期限はありませんが、出来ましたらお早めに御一報頂けますと幸甚です。

年末になると、日本で言う所の「お歳暮」に似たもので、いろいろなプレゼントが行き交うのは世界共通の習慣なんでしょうかね。かくいう私自身も航空会社からちょっとしたプレゼントを頂いたりして、オフィスのデスクの上に並べています。

Img_6783 それにしてもコロンビア国内の雨期の長さには呆れます。今年は結局「夏」もすっきりと晴れないまま終わってしまい、雨期に入ってからは断続して大雨と、空気を引き裂く程の雷の襲撃を受けています。

首都ボゴタの中~上流階層が住んでいる一帯はそれなりのインフラが整備されているので、大雨により一時的に冠水はしますが、時間の経過と共に水は引いてきます。ですので被害を被る程ではありません。

他方、インフラが全く整備されていない河川流域に住む人々や、首都から遠く離れた辺境地帯、山の斜面にしがみつくように建てられたバラック造りの家々などは、大雨による浸水や土砂崩れの被害をまともに受けています。

また、国内を網羅する航空路線などはここ最近遅延が多発しています。長距離を飛行する国際線は大幅な遅れが残燃料にも影響する為、例えば着陸便などはまず国外から到着する便を優先する方向にあります。一方、国内線はここ最近遅延がひどく、数時間の遅れや目的地の変更などが頻発しています。

これからコロンビアを訪れる方々、そして国内を空路移動される方々は時に遅延の影響を受ける事があります。くれぐれも御注意下さい。

|

« コロンビアへの出張・ビジネストリップ手配とボゴタの生花市場 | トップページ | コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURS、電話番号変更のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロンビアへの出張・ビジネストリップ手配とボゴタの生花市場 | トップページ | コロンビア・ボゴタの旅行会社ANDES TOURS、電話番号変更のお知らせ »