« 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 | トップページ | 娘の卒園式 »

首都ボゴタ・年末年始の光景-夜景編-

今回投稿するのは、画像に加えて動画も含むちょっと手間をかけたものです。

いよいよ年末ですね。新聞記事をチラッと見た所、先日11月26日は何やら「クリスマス飾りを公に行う日」だったようで、我が社が入居しているビル・そして社内も一斉に飾りを付け始めました。そして町中が一気にクリスマス・年末の雰囲気に包まれてきました。

20101127_img_4130 20101127_img_4132 首都ボゴタ随一の繁華街・"Zona T"及び周辺で撮影した画像の数々をご紹介します。Zona Tはつい最近まで"Zona Rosa(ソナ・ロサ)と呼ばれていた場所で、週末の夜ともなれば市内各所から大勢の人々が訪れる一大繁華街です。この地区には飲食店やカジノなどが密集しています。私はあまり興味がありませんが、「コロンビア美女」を見てみたいのであれば週末の夜にこの場へ来るのが良いでしょう。ちなみにこの一角には「ハードロックカフェ」もあります。私は滅多に夜のZona Tには来ませんが、この日はその滅多にない久しぶりの訪問でした。

20101127_img_4138_2 20101127_img_4152_2 Zona Tには多くの人々が集まる事もあり、奇麗な電飾がまるでアーケードのように美しく延びていました。画像でははっきりしませんが、電飾の回廊の下はものすごい数の人々で、場所によってはすれ違うのにも一苦労するほどでした。年末・クリスマスがいよいよ近づいてきた事を実感した空間でした。

日本ではクーラーをフル稼働する「夏」が電力消費のピークシーズンと記憶していますが、ボゴタでは年末・クリスマスに向けた「電飾」の為、この時期が年間を通じた電力消費のピークシーズンです。

20101127_img_4162_3 20101127_img_4166夜の賑わいを楽しみながら歩いていた所、ハプニング発生 sign03 7:00PMぴったりに何と「人工降雪」が始まりました。おーっ、年間を通じて雪が降る事など絶対ない首都ボゴタで降雪パフォーマンスですか。粋な演出ですねぇ。

と、肩に積もった「雪」に触れると・・・あっ、「違う impact 」これは。一瞬人工雪だと思ったのは何と「液体石鹸」のようなものでした。はっきり何とは判りませんでしたが、これを機械で吹き飛ばしていたのです。まあいいか、気分だけも降雪みたいなものでしたから。

この降雪パフォーマンスはこれから年末年始にかけて毎夜7時から行われるような話を聞きました。

20101127_img_4175_2 20101127_img_4178_2 こちらはZona Tの外れにある公園での風景です。こちらもなかなか奇麗な電飾ですね。華やかな光景です。ただ、何かが足りないよなぁ。そう、それは「ボゴタでは雪が降らない」からですね。山岳地帯の首都ボゴタは夜になるとそれなりに冷え込みますが、それでも雪が降るほどしんしんと冷え込むような気候にはなりません。この地に雪が降るような事があれば、歴史に残る「一大ニュース」になるでしょう。

20101127_img_4183 20101127_img_4186 そしてこちらはZona Tから北へおよそ5ブロックほど離れた場所にある"Parque el Virrey(Virrey公園)"です。こちらの電飾も素敵なものでした。幻想的な空間ですね。この場所にも大勢の人々が集っていました。前述のZona Tは一大繁華街ですので、喧騒とタバコの煙に満ちた場ですが、このVirrey公園は落ち着いた場所です。赤く染まった電飾の木々が素敵でした。

これからも機会があれば首都ボゴタにおける「師走の夜の光景」をご紹介します。そして下記に動画を投稿します。こちらで人工降雪パフォーマンスをご覧下さい。

|

« 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 | トップページ | 娘の卒園式 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首都ボゴタ旧市街・年末年始の光景 | トップページ | 娘の卒園式 »